S-MAX

アップルが2020年春に小型&廉価なスマホを発売か?iPhone 8などと同じ4.7インチ液晶を搭載し、その他の多くは上位機種とほぼ部品を採用。日経が報道


iPhone 8s的なAppleの小型&廉価なスマホが2020年春に登場か?写真はiPhone 8

日本経済新聞は4日、Appleが2020年春にスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズにおいて小型で価格を抑えた新製品を発売することが明らかになったと伝えています。現在、Appleでは2017年11月に発売した「iPhone X」から続く大画面なフルスクリーンモデルを展開していますが、高価なこともって販売台数が落ち込んでいます。

そこで、現行の「iPhone SE」の後継機種として「iPhone 8」や「iPhone 7」、「iPhone 6s」、「iPhone 6」の4.7インチとほぼ同じ画面の大きさで、高価な有機ELではなく、安価な液晶を採用することで価格を抑え、ライバルのサムスン電子が販売している「Galaxy A30」などの競合商品に対抗するとしています。

続きを読む

次期スマホは「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」か?ProはApple Pencilに対応など、これまで出ている噂をまとめて紹介


次期iPhoneはどうなる?ペンに対応するなどの噂もあるiPhone 11シリーズの事前情報をまとめ

既報通り、いよいよ現地時間9月10日10時(日本時間9月11日2時)よりAppleの発表会「Apple Events - Keynote September 2019」が開催され、次期スマートフォン(スマホ)「iPhone 11(イレブン)」(仮称)シリーズなどの新製品が発表されると見られています。

これまでにも早い段階から今年の「iPhone」シリーズは昨年の「iPhone XS」および「iPhone XS Max」、「iPhone XR」と同様に5.8インチと6.5インチの有機ELモデル、6.1インチの液晶モデルの3製品になると予想されており、現時点においてもこれは変わっていません。

一方で製品名やより詳細な仕様についても新たな噂が出てきており、昨年は液晶を採用するなどしてコストダウンをし、廉価モデルとも言われていた派生モデルのiPhone XRの後継機種となる6.1インチ液晶モデルがベースモデル「iPhone 11」(またはiPhone XI)になるとのこと。

そしてその上位モデルに5.8インチ有機ELモデル「iPhone 11 Pro」(iPhone XI Pro)と6.5インチ有機ELモデル「iPhone 11 Pro Max」(iPhone XI Pro Max)がラインナップされ、これらのProシリーズは「iPad Pro」シリーズと同様にペン入力「Apple Pencil」に対応するというのです。

これらは周辺機器メーカーがペンを収納できるiPhone 11 Pro向けケースを掲載していることなどから予想されているようです。その他、従来から言われているようにリアカメラがiPhone 11はデュアルカメラ、iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxはトリプルカメラになり、3製品ともにワイヤレス給電にも対応。

続きを読む

ソニーの次期フラッグシップスマホ「Xperia 2」と見られるJ9210がEEC認証を通過!2019年後半はさらに日本限定液晶モデルや5G対応と高性能機が合計3機種か


Sonyブランドの未発表のJ9210がEEC認証通過!次期フラッグシップスマホ「Xperia 2」か

ロシアやカザフスタン、ベラルーシなどのユーラシア経済連合の管理組織であるユーラシア経済委員会(Eurasian Economic Commission;EEC)は13日(現地時間)、未発表のSony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)製スマートフォン(スマホ)「J9210」(Notification number: RU0000043012)が認証を取得したことを公開しています。

現行のフラッグシップスマホ「Xperia 1」の型番が「J8110」および「J8170」、「J9110」などとなっていることから同様にハイエンドモデルだと見られ、噂されている次期フラッグシップスマホ「Xperia 2」もしくは「Xperia 1s」(ともに仮称)に当たるのではないかと推測されます。

Xperia 2と噂される製品は @OnLeaks ことSteve Hemmerstoffer氏とともにCashKaroにて得た情報から予測したレンダリング画像を作成して公開しており、アスペクト比9:21のシネマワイドディスプレイやトリプルリアカメラ、Snapdragon 855はXperia 1を継承しているものの、画面は約6.1インチと小型化されるなどとしています。

例年通りであれば、ドイツ・ベルリンにて2019年9月6日(金)〜9月11日(水)に開催される「IFA 2019」に合わせて発表される見込みです。なお、Xperia 1のファームウェアを解析したところXperia 2と噂される製品の他にもSnapdragon 855を搭載する製品が2019年下期にもう2機種あり、1つが液晶を搭載した日本限定モデル、もう1つが5G対応モデルになると見られています。

続きを読む

シャープの次期フラッグシップスマホ「AQUOS R3」の外観画像がリーク!デュアルリアカメラやデュアルノッチを搭載か?未発表のSoftBank向けと見られる「HRO00273」もFCC通過

諸事情により本記事は非公開としました。読者のみなさまにはご期待されたコンテンツが提供できず心より深くお詫び申し上げます。

続きを読む

Googleの廉価版スマホ「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」が公式Webストアに一瞬登場!Android Q Betaのソースコードや開発者向けコンソールからコード名やスペックが判明


Googleの廉価版スマホは「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」に!発表間近か

既報通り、Googleが最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Pixel 3」および「Pixel 3 XL」の廉価版を開発しており、各種認証を取得しています。これにより、日本を含む各国・地域で販売される可能性が高まっています。

そんなGoogleの廉価版スマホですが、これまでは「Pixel 3 lite」および「Pixel 3 XL lite」と呼ばれていましたが、先日公開された次期プラットフォーム「Android Q」のベータ版「Android Q Beta」のソースコードから「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」が見つかりました。

同時に開発コード名が「sargo」と「bonito」で、これらはGoogle Play Developer Consoleにて一部のスペックも記載されており、Pixel 3a=sargo、Pixel 3a XL=bonitoであり、さらについに公式Webストア「Google Store」にてPixel 3aが登場したとAndroid Policeが伝えています。

Google Storeではリニューアルを予定しているようで、一瞬だけ新しいデザインとなり、ページトップのメニューがドロップダウンとなり、メニューの「Phones」の中にPixel 3aが並んでいたほか、他の機種と比較できる「Compare Phonep」などにて確認できたとのこと。

また発売時期が2019年中頃とされており、OSがAndroid 9(開発コード名:Pie)となっていることからAndroid Qの正式版がリリースされる予定の第3四半期(7〜9月)より前に発売されると予想できるため、早ければ今月、5〜7月頃には正式に発表されるのではないかと思われます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。