S-MAX

未発表

楽天モバイルがオリジナルスマホ「Rakuten BIG s」を投入へ!未発表の「3917JR」が各種認証を通過。開発はCoolpadを展開するYulongが担当


楽天モバイルオリジナルスマホ「Rakuten BIG s」が開発中!写真はRakuten BIG

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにYulong Computer Telecommunication Scientific(宇龍計算機通信科技、以下、Yulong)が「3917JR」(認証番号:003-200256)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2020年10月9日付けでディーエスピーリサーチによって取得しています。

3917JRはどういった製品なのか不明でしたが、Bluetooth認証機関のBluetooth SIGは23日(現地時間)、Yulongの3917JRが2020年11月23日付で認証を通過したとして情報を公開しており、製品カテゴリー「Phone」やデザイン名「Rakuten BIG s」であるとしていることから楽天モバイル向けスマートフォン(スマホ)「Rakuten BIG s(型番:3917JR)」となると予想されます。

楽天モバイルでは現在、5Gに対応したオリジナルスマホ「Rakuten BIG(型番:ZR01)」(ZTE製)を販売しており、同様に大画面を搭載した後継モデルもしくは派生モデルとしてRakuten BIG sを投入する可能性が高そうです。なお、Yulongはグローバル市場にて「Coolpad(酷派)」ブランドで展開している大手メーカーで、Rakuten BIG sを販売することになれば日本市場参入となります。

続きを読む

未発表のNTTドコモ向けLG製「L-52A」がQi認証通過!デュアルスクリーン対応の5Gスマホ「LG VELVET」を投入へ


docomoから5Gスマホ「LG VELVET L-52A」が登場へ!各種認証を取得

米連邦通信委員会(FCC)は30日(現地時間)、LG Electronics(以下、LG)製スマートフォン(スマホ)「OA2007」が2020年9月29日付けで認証取得していることを公開しています。FCC IDは「ZNFOA2007」。

公開されている資料から電子ラベルに日本向けの認証(いわゆる「技適」)が記載されているほか、過去のLG製品のFCC IDからモデル名が「O」で始まるものはNTTドコモ向けとなっていることもあり、NTTドコモ向け製品となると見られます。

またワイヤレス充電(Qi)の認証を行っているWPC(Wireless Power Consortium)では2020年9月18日付でLG製スマホ「L-52A」(Qi Registration id:10208)が通過しており、前面画像が掲載されているほか、FCCによって公開されている資料に周辺機器としてデュアルスクリーン「LM-G905N」が記載されています。

このLM-G905NはLGの5Gスマホ「LG VELVET」用であるため、認証のタイミングからこれらが同一製品でNTTドコモから「LG VELVET 5G L-52A」として「2020秋冬モデル」として10月以降に投入されるのではないかと推察されます。

続きを読む

モトローラの低価格な大容量5000mAhバッテリー搭載エントリースマホ「moto e7 plus」が日本で発売へ!「XT2081-3」が技適通過


5000mAhバッテリー搭載のエントリースマホ「moto e7 plus XT2081」が技適通過!日本で発売へ

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにMotorola Mobility(以下、モトローラ)が「XT2081-3」(認証番号:006-000905)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2020年9月10日付けでSGSジャパンによって取得しています。

XT2081-3を含むXT2081-*(*は任意の数字)はすでにグローバル向けに発表されている最新エントリースマートフォン(スマホ)「moto e7 plus」の型番であることが判明しており、これまでの「moto」シリーズと同様に日本でも発売されることになりそうです。

続きを読む

NTTドコモ向けタブレット「dtab Compact」の次機種はレノボ製に!ELF-8605Lが認証通過。Snapdragon 665や4GB RAMなど


次期dtab Compactはレノボ製に!写真は既存モデルの「d-02K」

米連邦通信委員会(FCC)は28日(現地時間)、Lenovo Electronics Technology(以下、レノボ)製タブレット「ELF-8605L」が2020年9月26日付けで認証取得していることを公開しています。FCC IDは「O57ELF8605L」。またLenovo ELF-8605Lは2020年9月28日付けでBluetooth SIGの認証も取得しています。

FCCにて公開されている資料からEQUIPMENT(装置名)が「dtab Compact」、BRAND NAME(ブランド名)が「NTT docomo」となっており、NTTドコモのオリジナルタブレットブランド「dtab」シリーズの小型モデル「dtab Compact」の次機種になると見られ、商品名は順当なら「dtab Compact d-42A」となりそうです。

さらにLenovo ELF-8605Lについてベンチマークアプリ「Geekbench 5」の結果も掲載されており、スコアはシングルコアが304、マルチコアが1327などで、内蔵メモリー(RAM)が4GB、OSがAndroid 10、Motherboardが「trinket」とQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 665」の開発コード名となっています。

続きを読む

Sonyの次期フラッグシップスマホ「Xperia 5 II」と見られる「XQ-AS72」が中国MIIT認証を取得!本体画像が公開。多くのプレス画像リークも


ソニーの次期スマホ「Xperia 5 II」と見られる製品が認証取得!本体画像も公開

中華人民共和国(以下、中国)の国務院に属する工業和信息化部(Ministry of Industry and Information Technology;MIIT)は8日(現地時間)、Sony(以下、ソニー)の中国法人である索尼(中国)が未発表の5G対応Androidスマートフォン(スマホ)「XQ-AS72」(許可証号:00-D810-208636)の認証を取得したことを公開しています。

製造はソニー子会社のSony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)が行うとされており、詳細は不明ながら恐らく次期フラッグシップスマホ「Xperia 5 II(エクスペリア ファイブ マークツー)」(仮称)と見られます。なお、Xperia 5 IIについてはEvan Blass( @evleaks )氏がプレス用と見られる画像をリークしています。

またすでに紹介しているようにソニーでは現地時間(CEST)2020年9月17日(木)9:00からソニーモバイルが開発・製造する「Xperia」シリーズの新商品発表をXperiaの公式YouTubeチャンネル( https://www.youtube.com/sonyxperia )にて開催します。日本時間(JST)では同9月17日16:00から。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。