S-MAX

未発表

ソニーの次期フラッグシップスマホ「Xperia 2」と見られるJ9210がEEC認証を通過!2019年後半はさらに日本限定液晶モデルや5G対応と高性能機が合計3機種か


Sonyブランドの未発表のJ9210がEEC認証通過!次期フラッグシップスマホ「Xperia 2」か

ロシアやカザフスタン、ベラルーシなどのユーラシア経済連合の管理組織であるユーラシア経済委員会(Eurasian Economic Commission;EEC)は13日(現地時間)、未発表のSony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)製スマートフォン(スマホ)「J9210」(Notification number: RU0000043012)が認証を取得したことを公開しています。

現行のフラッグシップスマホ「Xperia 1」の型番が「J8110」および「J8170」、「J9110」などとなっていることから同様にハイエンドモデルだと見られ、噂されている次期フラッグシップスマホ「Xperia 2」もしくは「Xperia 1s」(ともに仮称)に当たるのではないかと推測されます。

Xperia 2と噂される製品は @OnLeaks ことSteve Hemmerstoffer氏とともにCashKaroにて得た情報から予測したレンダリング画像を作成して公開しており、アスペクト比9:21のシネマワイドディスプレイやトリプルリアカメラ、Snapdragon 855はXperia 1を継承しているものの、画面は約6.1インチと小型化されるなどとしています。

例年通りであれば、ドイツ・ベルリンにて2019年9月6日(金)〜9月11日(水)に開催される「IFA 2019」に合わせて発表される見込みです。なお、Xperia 1のファームウェアを解析したところXperia 2と噂される製品の他にもSnapdragon 855を搭載する製品が2019年下期にもう2機種あり、1つが液晶を搭載した日本限定モデル、もう1つが5G対応モデルになると見られています。

続きを読む

ファーウェイの次期フラッグシップタブレット「HUAWEI MediaPad M6」のSCM-AL09とSCM-W09がEEC認証を通過!アメリカによる制裁の影響を受けそう


次期フラッグシップタブレット「HUAWEI MediaPad M6」がECC認証取得!写真はM5 Pro

ロシアやカザフスタン、ベラルーシなどのユーラシア経済連合の管理組織であるユーラシア経済委員会(Eurasian Economic Commission;EEC)は23日(現地時間)、未発表のHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製タブレット「HUAWEI MediaPad M6(型番:SCM-AL09およびSCM-W09)」が認証を取得したことを公開しています。

それぞれ現行機種「HUAWEI MediaPad M5」シリーズの後継機種と見られ、HUAWEI MediaPad M5 10のLTEモデルがCMR-AL09、Wi-FiモデルがCMR-W09などであるため、HUAWEI MediaPad M6においてもSCM-AL09がLTEモデル、SCM-W09がWi-Fiモデルとなると予想されます。

続きを読む

防水・FeliCa対応に期待!OPPOの6.4インチFHD+ディスプレイやS710、デュアルカメラを搭載したミッドハイスマホ「CPH1983」が工事設計認証(技適)を取得


オッポの未発表スマホ「CPH1928」が技適通過!写真はR17 Pro

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにOPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)の「CPH1983」が認証技術支援センターにて電波法に基づく工事設計認証(いわゆる「技適」)を5月15日付で取得していることが明らかとなりました(認証番号:018-190130)。

CPH1983は海外でも未発表ですが、Bluetooth SIGにて5月7日付で認証を取得しており、約6.4インチFHD+ディスプレイやSnapdragon 710、デュアルカメラなどを搭載したミッドハイレンジクラスのスマートフォン(スマホ)であることが判明しています。

OPPOの日本法人のオッポジャパンでは日本で新しい「OPPO Reno」シリーズを投入予定であるほか、日本市場でニーズの高い防水やおサイフケータイ(FeliCa)に対応した製品を引き続いて投入していくことを予告しています。

そうした中で、すでにOPPO Renoシリーズの上位モデルで10倍ハイブリッドズームに対応した「OPPO Reno 10x Zoom(型番:CPH1919)」が技適を取得して日本で発売されると可能性が高まっており、合わせてより購入すやすいミッドハイレンジのCPH1928も発売されることになりそうです。

続きを読む

ASUSが最新フラッグシップスマホ「ZenFone 6 ZS630KL」が日本でも発売へ!メーカー型番「ASUS_I01WD」が工事設計認証(技適)を取得


エイスースの最新フラッグシップスマホ「ZenFone 6 ZS630KL」が技適通過!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにASUSTeK Computer(以下、ASUS)の「ASUS_I01WD」がディーエスピーリサーチにて電波法に基づく工事設計認証(いわゆる「技適」)を4月18日付で取得していることが明らかとなりました(認証番号:003-190060)。

ASUS_I01WDはこれまでの各種認証情報からASUSが5月16日(現地時間)にスペイン・バレンシアにて発表した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 6(型番:ZS630KL)」であることが判明しており、従来の「ZenFone」シリーズと同様にZenFone 6 ZS630KLも日本で発売される見通しとなりました。

続きを読む

Appleの次期スマホ「iPhone XI」や「iPhone XI Max」、「iPhone XIR」と見られる11モデルの型番がEEC認証を通過!今秋投入予定で、トリプルカメラなどを搭載へ


次期iPhoneシリーズと見られる製品がEEC認証通過!

ロシアやカザフスタン、ベラルーシなどのユーラシア経済連合の管理組織であるユーラシア経済委員会(Eurasian Economic Commission;EEC)は23日(現地時間)、未発表のApple製スマートフォン(スマホ)「A2111」および「A2160」、「A2161」、「A2215」、「A2216」、「A2217」、「A2218」、「A2219」、「A2220」、「A2221」、「A2223」の合計11モデルが認証を取得したことを公開しています。

それぞれ昨秋に発売された「iPhone XS」および「iPhone XS Max」、「iPhone XR」の後継機種と見られ、Apple関連メディアの9to5MacではA2111およびA2161、A2215の3モデルがiPhone XRの後継、残りがそれぞれ4モデルずつiPhone XSとiPhone XS Maxの後継ではないかと予想しています。

Appleの「iPhone」シリーズは今秋もディスプレイサイズなどの違いから3モデルが用意されると噂されており、iPhone XSおよびiPhone XS Maxの後継はそれぞれ「iPhone XI(iPhone 11)」および「iPhone XI Max(iPhone 11 Max)」(ともに仮称)として登場すると見られています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。