S-MAX

決済

グーグルの決済サービス「Google Pay」が「QUICPay」に対応!JCBやJACCS、Kyashのクレジットカードで利用可能


Google Payが「QUICPay」に対応!JCBやJACCS、Kyashのクレカが登録可能

ジェーシービーは9日、Googleが提供する決済サービス「Google Pay」において同社の電子マネー「QUICPay」が利用できるようになったとお知らせしています。対応するJCB・JACCS・Kyashのクレジットカードを登録することで利用可能。

登録できるクレジットカードはJCB対応カードおよびJACCSが発行するすべてのVisa・Master・JCBのクレジットカード、Kyash Visa カードで、JCBプレモカードやJCB法人クレジットカードおよび一部のJCB個人クレジットカード、JACCSおよびKyashのプリペイドカードは対応外となっています。

続きを読む

LINEモバイル、毎月の利用料を「LINEポイント」で支払い可能に!クイズに答えて50万ポイントを山分けするキャンペーンも実施


LINE MOBILEの料金がポイントで支払えるように!

LINEモバイルは28日、同社がNTTドコモやソフトバンクから回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「LINE MOBILE」( https://mobile.line.me )において2018年8月28日(火)より利用料を「LINEポイント」で支払えるようになったとお知らせしています。

LINEモバイルでは契約者連携をしていれば月額基本利用料の1%ずつLINEポイントが貯まりますが、これを含めたLINEポイントをLINEモバイルの2018年9月請求分の月額基本利用料および
ユニバーサルサービス料をに使えるようになるとのこと。

またLINEポイントによる支払い開始を記念して「LINEモバイルクイズに答えてLINEポイント50万P山分けキャンペーン」を2018年8月28日(火)から10月1日(月)まで実施するということです。

続きを読む

NTTドコモが新たに開始したコード読み取りによる決済サービス「d払い」を新宿タカシマヤで試す!ポイント払いをしたい場合はやや手間【レポート】


shimajiro@mobiler

既報通り、NTTドコモがスマートフォン(スマホ)などの画面にバーコードやQRコードを表示してレジや決済端末で読み取ることで利用できる新しい決済サービス「d払い」を4月25日に提供開始した。利用はNTTドコモの携帯電話を契約していなくても「dアカウント」を作成すれば他社を使っている人でも利用可能だ。

そこで、さっそくd払いを試してみた。今回試したのはスタート時からd払いに対応している数少ない店舗の1つである「新宿タカシマヤ」だ。ただし、新宿タカシマヤ内にあるショップでも全店舗が対応しているわけではない模様。

実際に試そうとしたところ、食料品フロアでは「d払いが使えない」と言われてしまった。もちろん、スタッフが把握していなかった可能性もゼロではないけれど、はじまったばかりということもあり、どこで使えるのかも含めて注意が必要そうだ。

続きを読む

NTTドコモ、スマホにバー&QRコードを表示して買い物の代金を支払う決済サービス「d払い」を4月25日に提供開始!最大1万dポイントが抽選で当たるキャンペーンなども実施


docomoの新しいキャッシュレス決済サービス「d払い」が4月25日にスタート!

NTTドコモは24日、スマートフォン(スマホ)に表示させたバーコードなどを使って街の店舗における買い物の代金を毎月の携帯電話料金と合算して支払え、さらに「dポイント」が貯まる・使える新たな決済サービス「d払い」を2018年4月25日(水)より提供開始すると発表しています。

利用するにはAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)以上もしくはiOS 10.1以上のスマホが必要で、専用アプリ「d払いアプリ」をインストールして決済時にスマホの画面にバーコードまたはQRコードを表示し、レジや決済端末で読み取ってもらいます。

対応する機種にd払いアプリをインストールし、dアカウントでログインすれば、NTTドコモの携帯電話回線の契約は必要ありません。アプリはGoogle PayストアおよびApp Storeにて配信予定。なお、フィーチャーフォンやタブレットでは利用できないとのこと。

さらにd払いのサービス開始に合わせて「d払いアプリリリース キャンペーン」や「d払い継続ボーナスくじ キャンペーン」、「d払いアプリ ポイント2倍 キャンペーン」を実施し、抽選で最大10,000ポイントのdポイントが当たったりするということです。

続きを読む

イオングループ各店でNFCによる非接触決済サービス「Visa payWave」が2019年3月より導入開始!東京オリンピックに向け。非接触IC搭載の「イオンカード」も発行


イオングループで非接触決済サービス「Visa payWave」が導入に!

イオンおよびビザ・ワールドワイド・ジャパンは16日、全国の総合スーパーやスーパーマーケット、ドラッグストアなどのイオングループ各店舗約10万台のレジにNFC(NTC Type A/B方式)による非接触決済サービス「Visa payWave」を2019年3月から2020年3月にかけて順次導入すると発表しています。

イオングループではすでに独自の電子マネー「WAON」をはじめとして「Suica」などの鉄道系や「iD」、「QUICPay」、各ブランドのクレジットカードが利用できるようになっていますが、新たにVisa payWaveによる支払い方法が追加されます。さらに2018年9月からはVisaの非接触決済機能に対応したクレジットカード「イオンカード」も発行するとのこと。

同社では2020年に開催される東京オリンピックに向けてて訪日外国人(インバウンド)の増加がますます見込まれる中、新たにすでに日本でもマクドナルドなどで導入がはじまっており、世界70以上の国・地域でVisa payWaveに対応することでさらなるキャッシュレス化を推進していくとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。