S-MAX

腕時計型

モトローラ、Android Wearスマートウォッチ「Moto 360(2nd Gen)」の国内販売を本格化!Googleストア以外でも販売し、42mmモデルも登場


ゼロから始めるスマートフォン

モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)は5日、Android Wear搭載スマートウォッチ「Moto 360(2nd Gen)」を日本にて2016年4月下旬に発売すると発表しました。同日より予約受付けを開始しています。市場想定価格(税抜)は37,500円~41,204円。

すでに紹介したようにMoto 360(2nd Gen)の国内販売は先月末より「Googleストア」を通じて行われていますが、今後販売が本格化され、4月下旬からは仮想移動体通信事業者(MVNO)や量販店、オンラインストアなどの各所でも販売されるようになります。

続きを読む

グーグル、Android Wearスマートウォッチ「Moto360 2nd Gen」を日本のGoogle ストアにてようやく販売開始!価格は44,500円で、1~2営業日以内に出荷予定


ゼロから始めるスマートフォン

グーグルは31日、日本の公式Webストア「Google ストア」( https://store.google.com )にてウェアラブル向けプラットフォーム「Android Wear」を採用したMotorola Mobility製スマートウォッチ「Moto 360 2nd Gen(第2世代)」を販売開始しています。

当初は昨年12月上旬以降に発売予定であると案内していましたが、かなり発売が遅れました。価格(税込)は44,500円で、1~2営業日以内に出荷すると案内されています。

続きを読む

スマートウォッチ「Apple Watch」に新たにナイロンバンドモデルを発表!既存モデルよりも安い299ドルで販売――他にも新色を追加


スマートウォッチ「Apple Watch」がナイロンバンドで最安価格に!

Appleは21日(現地時間)、米国(アメリカ)のカルフォルニア州クパチーノにある本社キャンパスにてプレス向け発表会「Special Event」を開催し、昨年に発売した同社初のスマートウォッチ「Apple Watch」に新たにナイロン製バンドを付属させたモデル「Apple Watch Nylon」を発表しています。また、既存のバンドについても新色が追加。

価格は米国では、これまでのモデルで最も安いApple Watch Sportの349ドルよりも50ドル安い299ドル(約33,000円)。日本でも同様のアルミニウムケースとスポーツバンドの組み合わせの42,800円(税抜)よりも安い36,800円(税抜)と6,000円安くなっています。

続きを読む

KDDI、防水・防塵・耐衝撃に対応したau向け子ども用スマートウォッチ「mamorino Watch」を3月18日に発売!価格は新規・MNPなら実質0円に


au向けキッズウォッチ「mamorino Watch」が3月18日に発売!

KDDIおよび沖縄セルラーは16日、au向けの子どもの安全と保護者の安心をサポートする国内初となる通話もできるキッズウォッチ「mamorino Watch」(ZTE製)を2016年3月18日(金)に発売すると発表しています。

価格(税込)は本体価格が38,772円(分割1,077円/月×36回)で、実質負担額は毎月割が新規契約および他社から乗り換え(MNP)で1,077円/月×36回の0円、機種変更で657円/月×36回で15,120円(420円/月×36回)となっています。

また、発売に併せて、月々の基本料998円の「mamorino Watchプラン」を提供開始し、基本料のみで家族間なら国内通話・国内SMSともに24時間無料で利用できるほか、家族以外のau携帯電話宛の通話も1時~21時まで無料で利用できるほか、特典として「アップグレードプログラム(ジュニア)」にも対応します。

さらに、公式アクセサリーブランド「au +1 collection」から家の鍵・小銭・カードなどを一緒に持ち歩けるランドセル用ポーチや子どもの目を守るブルーライトカット機能付き保護フィルムなどのより安心・安全に使える専用周辺機器も販売されます。

続きを読む

価格を抑えた時計らしいデザインが魅力!ASUSの2世代目なAndroid Wearスマートウォッチ「ZenWatch 2」のパッケージや外観を写真でチェック【レビュー】

クラウンボタンをもつZenWatch

ASUS JAPANが11月より販売開始した第2世代のASUSTeK Computer(以下、ASUS)製Android Wear搭載スマートウォッチ「ZenWatch 2」(型番:WI501QおよびWI501Q)。これまで本革ストラップモデルが11月13日、メタルストラップモデルが同月20日に発売され、そして、12月4日に発売となったローズゴールドで3モデル全て揃ったことになる。

ファーウェイ・ジャパンやサムスン電子ジャパンも新しいスマートウォッチを発表・発売しているが、ZenWatch 2はガジェット感を排除したまさに"腕時計"らしいデザインを狙いつつ、なおかつ29,800円(税別)と価格を抑えているのが魅力だ。

筆者も初代「ZenWatch」を使って1年となるが、Android Wear自体も進化して今どんな状況なのかを把握しやすくなっている。主な用途は着信の気付きと、ごく普通に時計ライフログを取ることが目的となった。今ではごく普通に身につけるものとして愛着が沸いてきている。

そこで、今回は発売されて間もない第2世代のZenWatch 2(49mm)のパッケージと外観を紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。