S-MAX

送金

もうチャージ不足でもたつく恥ずかしい思いはしない!au WALLET プリペイドカードで支払い時に残高不足分を即時チャージできる世界初の「リアルタイムチャージ」を追加


au WALLETポイント300円分をもれなくプレゼントするキャンペーンも実施!

KDDIおよび沖縄セルラー電話、じぶん銀行は5日、世界で初めて「au WALLET プリペイドカード」にて残高不足時にその場で不足分をチャージする「リアルタイムチャージ」を2018年4月5日(木)より提供開始すると発表しています。

同社はau向け決済サービス「au WALLET」を活用したスマートフォン(スマホ)などによる支払いを推進し、スマホ決済改革を行うとのことで、その第1弾としてリアルタイムチャージが提供され、さらに携帯電話番号による個人間の「送金」やじぶん銀行への「払出」の機能も追加。

これにより、スマホひとつでさまざまな決済が可能となり、これまで以上に便利にau WALLETが利用できるようになるとのこと。なお、追加機能は世代を問わず広く手軽に使えるau WALLET プリペイドカードとじぶん銀行口座を連携することで利用可能となります。

さらにこれらの機能追加を記念して2018年4月5日から2018年5月31日(木)の期間中にじぶん銀行のオートチャージを利用した人全員にもれなくWALLET ポイントを300ポイントプレゼントする「じぶん銀行オートチャージキャンペーン」( https://www.jibunbank.co.jp/campaign/2018/20180405_wallet-card-auto/ )を実施します。

続きを読む

iPhoneやAndroid向け「Skype」アプリで決済サービス「Paypal」による個人間送金が可能に!まずは22カ国で提供開始され、日本は予定エリアにも含まれず


SkypeアプリからPaypal送金ができるように!22カ国でスタート

MicrosoftのSkype Teamは2日(現地時間)、コミュニケーションサービス「Skype(スカイプ)」のスマートフォン(スマホ)など向けアプリにユーザー間の決済サービス「Paypal」による送金機能に対応したと発表しています。

利用できる国は、オーストラリア、ベルギー、カナダ、キプロス、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、ラトビア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポルトガル、サンマリノ、スロバキア、スロベニア、スペイン、アメリカ、イギリスの22カ国。

現状では北米および欧州のいくつかの国だけとなっており、日本を含むアジア地域は対象になっていません。また対応OSもiPhoneなどのiOSおよびAndroidで、Windows 10 Mobileは含まれていません。

続きを読む

ヤフー、割り勘や送金のためのスマホなど向けアプリ「さっと割り勘 すぐ送金 from Yahoo!ウォレット」を提供開始!電子マネー「Yahoo!マネー」利用で、1500円相当プレゼントも実施中


ゼロから始めるスマートフォン

ヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)は26日、割り勘や送金のためのスマートフォン(スマホ)など向けアプリ「さっと割り勘 すぐ送金 from Yahoo!ウォレット」を2016年5月26日(木)より提供開始したと発表しています。

Yahoo! JAPAN初の電子マネーサービス「Yahoo!マネー」を使った割り勘や個人間送金が簡単にでき、Android 4.0.3(開発コード名:IceCream Sandwich)以降およびiOS 8.0以降に対応しています。アプリは無料で利用でき、送金手数料もかかりません。

さらに2016年5月26日~2016年7月31日の期間にYahoo!マネーの新規登録をして利用すると最大1,500円相当をプレゼントするキャンペーンが実施されています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。