S-MAX

送金

もうもらった?1000円相当のLINE Payボーナスを無料でプレゼントできるキャンペーン「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」を写真と動画で紹介【レポート】


1,000円相当のLINE Payボーナスがもらえる!

既報通り、LINE Payは20日、LINEアカウントで送金や決済を始められるスマートフォン(スマホ)向けサービス「LINE Pay」の新キャンペーンを発表する『「LINE・LINE Pay」記者発表会』を開催し、LINE史上最大の還元祭「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」を5月29日(水)まで開催することを発表した。

日本でもスマホやタレットなどの二次元コードを読み撮って決済するコード払いに対応した「○○Pay」サービスが急激に増えており、各サービスでキャッシュバックキャンペーンなどを実施し、ニュースで取り上げられることもあり、利用者数も増加しているがまだまだ一般層に普及しているとは言えない状況だ。

またサービスの増加自体も数年前の仮想移動体通信事業者(MVNO)によるいわゆる“格安SIM”サービスのような状況にも似ており、どのPayサービスを選べば良いのかもまだ利用したことがない人には難しく感じ、使い方も含めまだまだ敷居が高いように思われる。

そうした中でもLINE Payはコンビニエンスストアなどの店舗で利用可能なコード払いのほか、Android向けのタッチ払い(QUICPay+/Google Pay)やオンライン払い、クレジットカードのように使えるプリペイド式のJCBカードとしての機能も追加することができ、対応する公共料金の支払いにも使えるなど、充実した決済サービスを提供している。

今回のキャンペーンではLINE Payのもう1つの特徴であるLINEの友だちに簡単に送金できる機能を訴求するための施策であり、LINE Payでは単に送金するだけでなく簡単に割り勘して自分の分の金額を幹事役の人にLINE Payで渡すといったことも行え、こうした機能も決済サービスと合わせて使って欲しいということだ。

すでに祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭は5月23日時点で300億円のうちの半分に相当する150億円相当の送金が行われているとのことなので、まだもらってない人はLINEの友だちに送ってもらうと良いだろう。今回はこの祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭についてサービスのポイントなどを紹介していく。

続きを読む

スマホ向け決済サービス「LINE Pay」にて友だちにタダで千円分をプレゼントできるキャンペーン「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」を5月20〜29日に実施


LINE Payにて「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」が開催!

LINEおよびLINE Payは16日、スマートフォン(スマホ)など向け送金・決済サービス「LINE Pay」( https://line.me/pay )において2019年5月20日(月)11:00~5月29日(水)23:59にキャンペーン「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」( https://linepay.line.me/campaign/30bill.html )を実施すると発表しています。

祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭は上記キャンペーンページから自分のLINEの友だちにLINE Payの送金機能を利用するような感覚で「LINE Payボーナス」を送ることができ、期間中に友だちからLINE Payボーナスが送付されると、特典としてLINE Payボーナス1,000円相当がプレゼントされます。

この送られた特典の総額が300億円相当分すべて付与されるまで実施され、特典額としてはLINEグループ史上最大の還元祭となるとのこと。期間中であれば、LINEの友だちやグループに送ることができるので、普段から親しくしている人から久しぶりに連絡してみたい人までたくさんの友だちと新時代を迎えたコミュニケーションを楽しくとれるということです。

またキャンペーンに参加して友だちに1,000円相当のLINE Payボーナスを送信完了すると、キャンペーンキービジュアルや元号発表をモチーフにしたLINEキャラクター起用の「LINEスタンプ」(全8種類)もプレゼントされます。自分で無料でダウンロードする必要がありますが、キャンペーンを通してLINEの友だちとやりとりする際に楽しく使えます。

続きを読む

みずほ銀行がスマホなど向けコード決済サービス「J-Coin Pay」を3月に提供開始!個人間送金にも対応し、新生銀行などの約60の金融機関の預金口座が登録可能に


みずほ銀行を中心としたスマホなど向けコード決済サービス「J-Coin Pay」が登場!

みずほ銀行は20日、約60の金融機関と協働して“銀行系デジタル通貨のプラットフォーム”としてQRコードを活用したスマートフォン(スマホ)など向け決済サービス 「J-Coin Pay(ジェイ コイン ペイ)」を2019年3月より提供開始すると発表しています。

J-Coin Payはお店での買い物の代金を支払うだけでなく、企業・個人間送金サービスにも対応しており、金融機関の預金口座との入出金(アプリにチャージや口座に戻すといった機能)を含めてすべてスマホ上のアプリを使っていつでもどこでも無料でできるとのこと。

まずは3月1日よりAndroidおよびiOS向けアプリが提供開始され、みずほ銀行の預金口座が登録できるようになり、その後、3月25日以降に他の金融機関の預金口座も順次登録可能となる予定。チャージなどは1円単位で行え、チャージは50万円/日(最大500万円)まで、送金は25万円/日までで、各種手数料は無料。

利用できる店舗はファミリーマートやビックカメラ、ヤマダ電機、ダイソー、ウエルシア薬局、すかいらーくホールディングス、松屋、コスモ石油、東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、ヤマトフィナンシャル、JapanTaxiなどが検討しているとしています。

なお、J-Coin Payでは「UnionPay(銀聯)」や「Alipay」との連携を皮切りに今後、アジアを中心にグローバルにネットワークを拡大していく予定で、訪日外国人も使えるサービスをめざしているということです。

続きを読む

もうチャージ不足でもたつく恥ずかしい思いはしない!au WALLET プリペイドカードで支払い時に残高不足分を即時チャージできる世界初の「リアルタイムチャージ」を追加


au WALLETポイント300円分をもれなくプレゼントするキャンペーンも実施!

KDDIおよび沖縄セルラー電話、じぶん銀行は5日、世界で初めて「au WALLET プリペイドカード」にて残高不足時にその場で不足分をチャージする「リアルタイムチャージ」を2018年4月5日(木)より提供開始すると発表しています。

同社はau向け決済サービス「au WALLET」を活用したスマートフォン(スマホ)などによる支払いを推進し、スマホ決済改革を行うとのことで、その第1弾としてリアルタイムチャージが提供され、さらに携帯電話番号による個人間の「送金」やじぶん銀行への「払出」の機能も追加。

これにより、スマホひとつでさまざまな決済が可能となり、これまで以上に便利にau WALLETが利用できるようになるとのこと。なお、追加機能は世代を問わず広く手軽に使えるau WALLET プリペイドカードとじぶん銀行口座を連携することで利用可能となります。

さらにこれらの機能追加を記念して2018年4月5日から2018年5月31日(木)の期間中にじぶん銀行のオートチャージを利用した人全員にもれなくWALLET ポイントを300ポイントプレゼントする「じぶん銀行オートチャージキャンペーン」( https://www.jibunbank.co.jp/campaign/2018/20180405_wallet-card-auto/ )を実施します。

続きを読む

iPhoneやAndroid向け「Skype」アプリで決済サービス「Paypal」による個人間送金が可能に!まずは22カ国で提供開始され、日本は予定エリアにも含まれず


SkypeアプリからPaypal送金ができるように!22カ国でスタート

MicrosoftのSkype Teamは2日(現地時間)、コミュニケーションサービス「Skype(スカイプ)」のスマートフォン(スマホ)など向けアプリにユーザー間の決済サービス「Paypal」による送金機能に対応したと発表しています。

利用できる国は、オーストラリア、ベルギー、カナダ、キプロス、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、ラトビア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポルトガル、サンマリノ、スロバキア、スロベニア、スペイン、アメリカ、イギリスの22カ国。

現状では北米および欧州のいくつかの国だけとなっており、日本を含むアジア地域は対象になっていません。また対応OSもiPhoneなどのiOSおよびAndroidで、Windows 10 Mobileは含まれていません。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。