S-MAX

通信速度

KDDI、au向けデータ通信サービスを下り最大590Mbpsへ高速化!まずはモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」が5月16日より対応し、今後発売されるスマホでも利用可能に


auの下り最大通信速度が590Mbpsに高速化!

KDDIおよび沖縄セルラーは15日、au向けに新たに「4G LTE」(FDD-LTE方式)の150Mbpsと「WiMAX 2+」(TD-LTE方式互換)の440Mbpsをキャリアアグリゲーション(CA)によって束ねることで下り最大590Mbpsの高速データ通信サービスを東京都、愛知県、大阪府の一部エリアから2017年5月16日(火)より順次提供開始すると発表しています。

まずは同日より配信するソフトウェア更新の適用によってモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」が下り最大590Mbpsに対応するとのこと。また今後、発売を予定している最新のauスマートフォン(スマホ)では下り最大590Mbpsに対応するということです。

続きを読む

WiMAX 2+接続で速いのはどっち?モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」とスマホ「GALAXY S5 SCL23」のテザリングでスピードテストしてみた【レポート】


shimajiro@mobiler

UQコミュニケーションズの高速通信サービス「WiMAX 2+」に対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」(以下、NAD11)と、同じくWiMAX 2+にも対応しているau向けスマートフォン「GALAXY S5 SCL23」(以下、GALAXY S5)をともにWiMAX 2+に接続した状態で通信速度を測定してみた。

比較のためにGALAXY S5 SCL23もテザリングを有効にし、NTTドコモのスマートフォン「Xperia Z2 SO-03F」からNAD11とGALAXY S5にそれぞれ無線LAN(Wi-Fi)接続してスピードテストを行った。

続きを読む

UQコミュニケーションズと@nifty WiMAXではどちらが速い?モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」を使ってスピードテストしてみた【レビュー】


shimajiro@mobiler

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)の高速通信サービス「WiMAX 2+」に対応したNECアクセステクニカ製モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」を使い、UQ本家で契約したSIMカードと、MVNOとして提供している@nifty WiMAXで契約したSIMカードを入れ替えて通信速度の違いを比較してみた。

果たして、スピードテストの結果は!?違いがあるのか……紹介していく。上記はスピードテストの検証中の写真で、ともにNAD11に無線LAN(Wi-Fi)接続したau向け最新スマートフォン「GALAXY S5 SCL23」にてスピードテストを行った。

続きを読む

NTTドコモ、通信速度測定やエリア確認などができるAndroid向けアプリ「ドコモスピードテスト」を公開!docomo Wi-Fiスポットやドコモショップの検索なども


Android向けアプリ「ドコモスピードテスト」が公開!

NTTドコモは22日、通信速度の測定が行えるAndroid向けアプリ「ドコモスピードテスト」を公開しています。

アプリ配信マーケット「Google Playストア」からダウンロード・インストールでき、対応OSバージョンはAndroid 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich)以上となっており、利用料は無料。なお、NTTドコモ以外の機種からも利用可能。

速度測定以外にも、NTTドコモが提供する公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」のスポット(アクセスポイント)やドコモショップの検索、NTTドコモのサービスエリアマップの表示などもできるようになっています。

続きを読む

WiMAX 2+はWiMAXよりどれだけ速いの!?気になる速度をあらためて「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」で試してみた【レポート】

気になるWiMAX 2+の通信速度は?

紹介したように「WiMAX(ワイマックス)」を使い始めて2ヶ月以上が過ぎました。その結果、通信量は携帯電話会社が提供するパケットし放題プラン(月7GB制限など)では到底カバー仕切れない量でした。あらためて“ノーリミット”のありがたさを実感しています。

そして、明日6月20日(金)にクレードル経由で有線LANも使える、筆者的に待ちに待った「WiMAX 2+」対応NECアクセステクニカ製モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」(以下、NAD11)が発売となります。こちらは各プロバイダーのキャンペーンを吟味して契約してみようかと思っています。

そこで、今回は、NAD11の発表の前にWiMAX 2+対応機器を借りて実際にテストすることができましたので、“これからはじめるWiMAX”の番外編としてWiMAX 2+の通信速度とauの通信網が使えるファーウェイ製モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」(以下、HWD14)について紹介したいと思います。

続きを読む

SoftBank 4G LTEの下り最大112.5Mbps化でどれぐらい速くなった?“3倍速LTE”で他社と最高速度が同じになったiPhoneで速度計測してきた【レポート】


SoftBank 4G LTEの3倍速LTEで一体どれぐらい速くなった!?

既報通り、ソフトバンクモバイルが一部地域にてFDD-LTE方式によるデータ通信サービス「SoftBank 4G LTE」において2100MHz帯(Band 1)での15MHz幅×2による下り最大112.5Mbpsおよび上り最大50Mbpsを開始しています。

ソフトバンクモバイルでは今年9月に新しいApple製スマートフォン「iPhone 5s」および「iPhone 5c」の発売歌詞に合わせ、従来までの5MHz幅×2による下り最大37.5Mbpsから10MHz幅×2による下り最大75Mbpsに急ピッチでネットワーク整備を行い、“倍速ダブルLTE”としてアピールしています。

この倍速ダブルLTEが今回、ダブルではなく、さらに一部地域のみではありますが、高速化されて“3倍速LTE”になったというわけです。なお、下り最大112.5Mbpsになるのは、UE Category 4という規格に対応した機種が必要となり、ソフトバンクモバイルでは今冬モデル「AQUOS PHONE Xx 302SH」や「ARROWS A 301F」などから導入され、現時点では利用できる機種は出ておらず、上述のiPhone 5sなどでは下り最大100Mbpsとなります。

今回は、この3倍速LTE化したエリアに赴き、iPhone 5cを用いて実際にどの程度の速度が出るのか、実際に測定してきましたので紹介したいと思います。

続きを読む

KDDI、auケータイのデータ通信速度制御を緩和!速度制限の条件を4月1日から変更

9cc4984d.jpg

制御条件はどう変わる?

KDDIおよび沖縄セルラーは、auケータイの通信速度制御の実施条件を4月1日より変更すると発表しました。

KDDIでは、2008年10月からCDMAネットワークをより多くのユーザーに快適な環境で利用できるためという理由で、auケータイからCDMAネットワークを介して連続的かつ大量のインターネット通信を利用した一部のユーザーを対象にネットワーク資源の公平性確保の観点から通信速度の制御、いわゆる「速度制限」を実施していた。

この通信速度の制御について、2013年4月1日から従来の実施条件を一部変更するという内容になっています。

続きを読む

NTTドコモのLTEは地下鉄トンネル内で速いのか?都営新宿線にてスピードテストをしてみた【レポート】

5c16c536.jpg

shimajiro@mobiler

すでにNTTドコモの高速データ通信サービス「Xi(クロッシィ)」が都営新宿線内の一部区間で繋がることを確認したということは紹介した。写真は都営新宿線 新宿三丁目駅 曙橋側のトンネル付近でXiに接続(駅端)。

このことについて、もう少し細かく確認をしてみると、
 地下鉄駅構内:基本的にはFOMA接続/端っこに行くとXiに繋がる事がある
 エリア化済みのトンネル内:Xiに接続が可能
という状態で、やはり地下鉄トンネル内(エリア化済み区間)はXiエリア化されているみたいなんだけれど、電車が地下鉄駅に到着するなりして一度FOMAに接続された場合、その先のトンネル内がXiに対応していても、端末のネットワーク接続を再起動しないとXiには繋がらないような挙動になる事が多いので、残念ながら「地下鉄移動中にずっとXi接続が可能」とはならなかった。

新しくエリア化されたトンネル区間がXiに対応しているのに、駅構内がXiに対応していないがために、結果的にトンネル内でもFOMA接続になってしまうのは、なんだか勿体ないなぁ……と思ったり。

2012年3月末から都内の一部地下鉄区間が携帯電話のサービスエリア化されており、実際に「地下鉄のXiは速いのか?」を確認するためにスピードテストを行ってみた。

続きを読む

その“スピード”はホンモノ?Xi対応ドコモスマートフォン「MEDIAS LTE N-04D」で通信速度チェック【レビュー】

09a85809.jpg

ただいま絶賛予約受付中です!

先日3日、ドコモショップでの購入事前予約が始まった「MEDIAS LTE N-04D」(NECカシオモバイルコミュニケーションズ製、以下「NECカシオ」)。あくまで自分周囲の話ではありますが、結構注目度は高いようで、「予約した」という声もちらほら聞きます。

そんなMEDIAS LTE N-04Dですが、国産スマートフォンとしては2機種目、そしてNECカシオとしては初めてのLTE規格の高速データ通信サービス「Xi(クロッシィ)」に対応したスマートフォン。やはり、LTEエリア内での通信速度が非常に気になるところです。

そこで、お借りした試作機を使って、東京の大動脈たる山手線で、FOMA(3G)ではパケット通信が困難になりがちな駅を中心にホーム上でスピードテストをしてきました。

計測アプリはSPEEDTEST.NETで、サーバーは比較的安定しているIizukaサーバーを使いました。果たして、FOMAと違って快適な通信はできるのでしょうか……!?

早速、結果を紹介していきたいと思います。

続きを読む

SoftBankとauのiPhone 4Sはどちらが速いのか?通信速度の違いを実測調査

55311171.jpg

iPhone 4Sは、auとSoftBankでどちらが速いのか!?

2011年10月14日から販売が開始されたAppleの最新iPhone「iPhone 4S」。このモデルから、従来国内でiPhoneを販売してきたSoftBankに加えて、新たにKDDIもiPhoneの販売に参入した。ここで気になるのは「SoftBankとKDDI、どちらのiPhoneがより魅力的か」ということではないだろうか。

そこで、全3回にわたりSoftBankとKDDIのiPhone 4Sを徹底的に比較し、読者の皆様に判断材料を提供したい。

第2回の今回は、両社のiPhone 4S比較で真っ先に話題となることが多い「通信速度」に着目。条件を揃えて筆者在住の札幌と東京で複数の場所・時間で速度測定を行い、実際のところ速度はどうなのか分析を試みた。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。