S-MAX

音楽

音楽配信サービス「Spotify」にて学割プランが提供開始!プレミアムが月額480円で利用可能――LINE MUSICなどの他サービス対抗へ


音楽配信サービス「Spotify」が学割プランを日本でもスタート!

スポティファイジャパンは19日、日本では昨年にサービスが提供開始された定額制音楽配信サービス「Spotify(スポティファイ)」( https://spotify.com/jp )において新たに学生向け「Spotify Premium 学割プラン(以下、学割プラン)」を提供開始したとお知らせしています。

通常の有料プラン「Spotify Premium(以下、プレミアム)」は月額980円(税込)ですが、在籍を証明する書類を登録して認証することで12ヶ月間は月額480円(税込)で利用できるようになります。

対象はSheerIDが管理・運営する認証システムに対応する高等教育機関に在籍する学生(大学・短期大学・高等専門学校など)。12ヶ月間の更新が切れた時点で学生であれば再度認証すれば継続可能。

なお、同社ではすでに3カ国で学割プランを導入しており、今回、新たに日本を含む33カ国で学割プランがスタートし、合計36カ国になったとのこと。

続きを読む

定額制音楽配信サービス「LINE MUSIC」のアプリ累計ダウンロード数が2000万件を突破!バージョン3.0.0でiPhoneでも「LINE着うた」にも対応


LINE MUSICの累計アプリDL数が2000万突破!iPhoneでもLINE着うたが可能に

LINE MUSICは24日、同社が運営する定額制オンデマンド型音楽配信サービス「LINE MUSIC」( https://music.line.me )においてスマートフォン(スマホ)などアプリ(Android・iOS対応)の累計ダウンロード数が2000万件を突破したと発表しています。

またLINE MUSICアプリ内で友だちが設定している楽曲を確認できたり、時間帯やシーンに合わせたプレイリストをおすすめしてくれたりなど大規模アップデートをしたVersion 3.0.0を1月18日にリリースし、さらにこのバージョンではiPhone向け「LINE着うた」の提供もスタートしたということです。

続きを読む

音楽配信サービス「Spotify」が一般公開開始!招待コードなしで利用可能に――広告付き無料と月額980円の2プランを用意し、新たにSNS共有強化やShazam連携なども


Spotifyが日本で招待コードなく利用できるように!

スポティファイジャパンは10日、4000万曲以上が聴き放題になるサブスクリプション型音楽配信サービス「Spotify」を2016年11月10日(木)より日本にて一般公開開始したと発表しています。

日本ではこれまで9月29日にサービスを開始していましたが、事前にメールアドレスを登録し、送られてきた招待コードを登録することで利用できるようになっていましたが、招待コードがなくても利用可能になりました。

利用料は従来通りで広告が表示される無料プランと月額980円の有料プランが用意されており、広告の有無だけでなく、有料プランではオフライン再生や音質設定(最大320Kbps)、オンデマンド配信などに対応します。また新たにSNS連携強化や対応機器拡大も実施されています。

続きを読む

音楽配信サービス「Spotify」がついに日本でサービス開始!広告付き無料と月額980円の2プランを用意――まずは登録制で招待コードが送られてきたら利用可能に


音楽配信サービス「Spotify」が日本で開始!

スポティファイジャパンは29日、4000万曲以上が聴き放題になるサブスクリプション型音楽配信サービス「Spotify」を2016年9月29日(木)より日本にてサービスを開催したと発表しています。

まずは招待制で、公式Webサイトやスマートフォン(スマホ)など向けアプリからメールアドレスを登録し、送られてきた招待コードを登録することで利用できるようになります。

利用料は広告が表示される無料プランと月額980円の有料プランが用意されており、広告の有無だけでなく、有料プランではオフライン再生や音質設定(最大320Kbps)、オンデマンド配信などに対応します。

続きを読む

テラダ・ミュージック・スコア、世界初の13.3インチ電子ペーパーを2画面搭載した楽譜専用端末「GVIDO」を発表!VAIOが生産し、ワコムのペン技術にも対応した書き込みも


世界初の2画面電子ペーパー楽譜専用端末「GVIDO」が発表!

テラダ・ミュージック・スコアは3日(現地時間)、フランス・カンヌで2016年6月3日(金)から6月6日(月)まで開催している音楽フェスティバル「midem 2016」に合わせ、世界初の2画面電子ペーパー楽譜専用端末「GVIDO(グウィド)」を開発したと発表しています。

E-INK製13.3インチフレキシブル電子ペーパー「Mobius」を搭載し、見開きの大型2画面デバイスながら薄型軽量で楽譜とほぼ同じサイズを実現し、電子ペーパーの低消費電力の効果で長時間の使用を可能としたとのこと。

また、ワコムのペン入力技術を採用することで2画面とも付属のペンで紙のように書き込みや消去が可能。ファイル形式はPDFに対応し、手書きやブックマークなどとともに保存もできるということです。

今後はGVIDOの実用実験を通じて、使い勝手の良い商品を検証し、音楽に関わる個人や企業、さらに音楽大学、オーケストラなどとともにさまざまな活用の場を検討していくとしています。

続きを読む

グーグル、定額制音楽配信サービス「Google Play Music」の家族プランを日本で提供開始!月額1480円で最大6人まで利用可能


Google Play Musicのファミリープランが日本でも提供開始!

グーグルは28日、定額制音楽配信サービス「Google Play Music」( https://play.google.com/music )において本人だけでなくその家族5人(最大6人)までが一緒に使える「ファミリープラン(家族プラン)」を提供開始したとお知らせしています。

料金は月額1,480円(税込)。通常の本人1人で使うプランが月額980円(税込)なので2人以上で使うならお得になります(サービス開始キャンペーン適用の場合は780円ですが)。

続きを読む

ニンテンドーDSからiPhoneそしてiPadへ!どんどん進化しているシンセアプリ「KORG iDS-10」を紹介!本日まで半額セールも実施中【レビュー】

iPhone用のiDS-10がiPadにも対応!

KORGのiPhone向けシンセアプリ「KORG iDS-10」(以下、iDS-10)が先日のバージョンアップでユニバーサルアプリ化され、iPhoneだけでなくiPadにも対応した。

アプリ自体は昨年12月にiPhone向けとして発売されたものだが、元々は2008年発売の「ニンテンドーDS」向けのシンセサイザーソフト「KORG DS-10」(以下、DS-10)がベースとなっている。

DS-10との違いは新たに「ボイスシンセ」が加わり、ドラム部分もキック、スネア、ハイハット1/2、タム、パーカッションの専用ボイスセクションに進化している点だ。

このソフトのコンセプトはシンセサイザー初心者でも扱いやすいよう音作りに関しては基本パラメーターのみとしている一方で、2VCOによる複雑な音作りとパッチングによるキャラクター作りができる奥の深いものとなっている。

今回はこのiDS-10の最新版「バージョン2」をもとにどのようなアプリなのかをチェックしてみたいと思う。

続きを読む

バージョンアップでiPhoneにも対応!すんごいことになったオールインワン音楽制作アプリ「KORG Gadget」を試す――記念に各アプリが期間限定で半額セール中【レビュー】

オールインワン音楽制作アプリGadgetがすんごいことに!

iPad用オールインワン音楽制作アプリ「KORG Gadget」(以下、Gadget)の「iPhone」(「iPhone 6」以上推奨)および「iPad Pro」に対応するバージョン2(コードネーム:Mountain View)が2月16日にリリースされた。

以前にも紹介したことがあるGadgetは、20以上のガジェットと呼ばれる小型シンセサイザー・ドラムマシンでトラック作りが可能なオールインワン音楽制作アプリだ。

今回のバージョンアップでよりパワフルなiPad Proに対応するとともに、持ち歩きに便利なiPhoneでいつでもどこでもトラック制作が可能となった。だが、バージョンアップ内容はこれだけではない。

さまざまなデバイスで使い勝手が良くなるよう「iCloud」でトラックデータを常に最新の状態にキープできるようになり、さらにマスターミキサーにEQとコンプレッサーを各トラックに搭載することで、トラック間の調整をボリュームだけではなく音に対して細かくできるようになった。

今回はこの大規模バージョンアップで使い勝手が良くなったGadgetを紹介していく。

続きを読む

iPhoneやiPadなど向けのスゴい音楽アプリ「GarageBand」の新機能「Live Loops」で実際に演奏してみよう【レビュー】

GarageBandで遊ぼう!

前回に紹介したように今年1月のアップデートで機能が大幅アップしたAppleのiOS向けスタジオアプリ「GarageBand」。その中でも新機能「Live Loops」は、単体アプリで存在する機能をGarageBandに取り込んだ意欲作だ。

ドラムやベース、メロディーなどのパーツをリアルタイムでオン・オフしながら楽曲を構成・演奏する機能で、タッチするだけの分かりやすいUI(ユーザーインターフェイス)で実現されている。今回はこのLive Loopsでオリジナルパターンを作る方法を紹介したいと思う。


続きを読む

iPhoneやiPadなどで楽しく音楽制作ができる「GarageBand」の新機能「Live Loops」を紹介【レビュー】

GarageBandがすごいことに!

AppleのiPhoneやiPad、iPod touchで使えるiOS向けスタジオアプリ「GarageBand」は今年1月のアップデートで機能が大幅アップした。その中でも新機能「Live Loops」は、単体アプリで存在する機能をGarageBandに取り込んだ意欲作だ。

このLive Loopsは、ドラム、ベース、メロディーなどのパーツをリアルタイムでオン・オフしながら楽曲を構成・演奏する機能で、タッチするだけの分かりやすいUI(ユーザーインターフェイス)で実現されている。今回はこのGarageBandの新機能Live Loopsを紹介していく。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。