S-MAX

256QAM

NTTドコモ、Xperia XZ SO-01JとV20 PRO L-01Jの下り最大通信速度を3月9日より500Mbpsに高速化!多値変調256QAM導入で、3波CAと組み合わせ


docomo PREMIUM 4GでXperia XZとV20 PROが下り最大500Mbpsに!

NTTドコモは7日、すでに販売中の「2016-2017冬春モデル」のうちのスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ SO-01J」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)および「V20 PRO L-01J」(LGエレクトロニクス製)の2機種において2017年3月9日(木)より受信時最大通信速度を500Mbpsに向上するとお知らせしています。

これは同日より変調方式「256QAM」が導入開始され、これまでの変調方式「64QAM」と3波のキャリアアグリゲーション(CA)の組み合わせによる375Mbpsから約1.33倍となるため。

3CC CAは800MHz帯(Band 19)の15MHz幅および1.7GHz帯(Band 3)の20MHz幅、2GHz帯(Band 1)の15MHz幅のと合わせて実現するため、下り最大500Mbpsになるのは東名阪エリアのみ。東名阪以外でも256QAMは40都市で提供開始されるため、最大通信速度の高速化は行われます。

なお、実際には電波強度が十分に強い場所でないと256QAMにならなかったりするのでどこまで通信速度向上に効果があるかはわかりません。とはいえ、少しでも通信が速くかつ安定するのに期待したいところです。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けスマホ「AQUOS Xx3」にLTE-Advancedの256QAMに対応するソフトウェア更新を提供開始!同社初で、下り最大350Mbpsに


SoftBank向けスマホ「AQUOS Xx3」が256QAMに対応して下り最大350Mbpsに!

ソフトバンクは28日、SoftBank向けAndroidスマートフォン(スマホ)「AQUOS Xx3(型番:506SH)」(シャープ製)について4G LTEの次世代高速通信規格「LTE-Advanced」の技術である「256QAM」に対応したソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

これにより、従来の64QAMの通信速度が約1.3倍になって下り最大262.5Mbpsから下り最大350Mbpsになります。なお、SoftBankのスマホでは256QAM対応は初で、今冬モデルでは「Xperia XZ(型番:601SO)」も発売時から対応します。

続きを読む

NTTドコモ、USB Type-C端子採用のモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01J」を発表!3CC CAや256QAM、4x4 MIMOに対応し、下り最大682Mbpsを実現


NTTドコモが新モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01J」を発表!

NTTドコモは19日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2016-2017冬春モデル新商品発表会」を開催し、高速通信サービス「PREMIUM 4G」においてLTE-Advancedの技術要素である3波の「キャリアアグリゲーション(CA)」(3CC CA)や辺性方式「256QAM」、4x4 MIMOによって下り最大682Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01J」(NECプラットフォームズ製)発表しています。2017年3月に発売予定で、事前予約などは後日別途開始される予定。

今年6月に発売した「Wi-Fi STATION HW-01H」に続くモバイルWi-Fiルーターで、NTTドコモでは初のTD-LTE方式のサービス開始となった3.5GHz帯(Band 42)や3CC CAによる下り最大370Mbpsからさらに256QAMと4x4 MIMOによって下り最大682Mbpsまで高速化されます。

さらに新たにスマートフォン(スマホ)向けアプリと周辺機器を連携させる「Linking」機能に対応し、AWS IoTなどのさまざまなLinking対応IoT(Internet of Things)機器とつながります。

また、NECプラットフォームズとしては今年2月に発売した「Wi-Fi STATION N-01H」の約1年ぶりの後継機種で、同様に約110g台と軽量コンパクトモデルになっています。なお、Wi-Fi STATION N-01Hと同じくアンテナ内蔵クレードルが付属。新しく充電や通信など用の端子がUSB Type-C(USB 3.0)になっています。

続きを読む

iPhone 7・7 Plusが1.5GHz帯に対応してより快適に!NTTドコモ、下り最大512Mbpsサービスを2017年3月から開始――対応端末は2017年冬春モデルとして投入か【レポート】

NTTドコモが2017年3月から国内最速下り最大512Mbpsを導入予定!

NTTドコモ(以下、ドコモ)は13日、都内にて「ドコモのネットワークに関する説明会」を開催し、2017年3月から受信時国内最速の下り512Mbpsサービスを提供開始すると発表した。

説明会冒頭では数日後の9月16日に発売予定だった新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」が新たにNTTドコモが利用している1.5GHz帯(Band 21)に対応しており、全国でより快適に利用できることをアピールした。なお、iPhone 7およびiPhone 7 Plusは東名阪約360都市を下り最大337.5Mbps超で通信可能とする「PREMIUM 4G」に対応している。

同社では今年3月の発表で2017年度内に500Mbps超とするロードマップに触れていたが、今回はその500Mbps超を実現するための具体的な施策について説明が行われた。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。