S-MAX

404SC

ソフトバンク、SoftBank向けスマホ「Galaxy S6 edge 404SC」にAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SoftBank向けスマホ「Galaxy S6 edge」がAndroid 7.0 Nougatに!

ソフトバンクは10日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2015年夏モデル」として発売したスマートフォン(スマホ)「Galaxy S6 edge(型番:404SC)」(サムスン電子製)に対して最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年5月10日(水)より提供開始するとお知らせしています。

ソフトウェア更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)回線によるOTAによる方法およびUSBケーブルでパソコンと接続して実施する方法が用意されており、更新にかかる時間は単体の方法では最大60分程度。ただし、回線環境やバックアップするデータ量によって更新時間は異なる場合があるとのこと。

更新時には内蔵ストレージが約2.3GB以上の空き容量と電池を十分に充電した状態で実施するように案内されています。更新後のビルド番号は「NRD90M.404SCSCU1DQDA」。更新内容は「Android 7.0 アップデート」となっており、それ以外にもより快適に利用するための更新が含まれているとしています。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け「Galaxy S6 edge」にAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SoftBank向け「Galaxy S6 edge」がAndroid 6.0 Marshmallowに!

ソフトバンクは5日、同社がすでに販売中のSoftBank向け既存製品における「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを提供する機種について発表している中で新たにサムスン電子製スマートフォン(スマホ)「Galaxy S6 edge(型番;404SC)」に対してAndroid 6.0.1 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2016年4月5日(火)より提供開始したとお知らせしています。

スマホ本体(Wi-Fi)のみで直接更新する方法とパソコンにUSBケーブルで接続して更新する方法が用意されており、本体のみで更新する場合には完了までに最大60分程度かかるとしているほか、更新には内蔵ストレージの空き容量が約2.3GB以上必要だということです。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けスマホのAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップ予定機種を案内!Xperia Z4・Z5とGalaxy S6 edgeの3機種のみ


SoftBankのAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップ予定機種が案内!

ソフトバンクは8日、同社が展開する携帯電話サービス「SoftBank」において販売しているスマートフォン(スマホ)について最新プラットフォーム「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを提供する予定の機種一覧をお知らせしています。

案内された機種は「Xperia Z5(型番:501SO)」および「Xperia Z4(型番:402SO)」、「Galaxy S6 edge(型番:404SC)」の3機種。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け2015年スマホ「Galaxy S6 edge」の32GB版をMNP一括0円に!1年の継続利用を条件に「一括購入割引」――ただし契約直後の解除料は5万6580円


SoftBank向け「Galaxy S6 edge」の32GB版がMNPなら一括0円に!

ソフトバンクが販売中の「2015年夏モデル」のディスプレイの左右側面に曲面有機ELを採用した"デュアルエッジスクリーン"を搭載したAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)スマートフォン(スマホ)「Galaxy S6 edge(型番:404SC)」(サムスン電子製)。

そのSoftBank向けGalaxy S6 edgeを発表した今年5月に行われた同社の夏モデル発表会では代表取締役社長の宮内謙氏がSIMロック解除の義務化に当たって購入後6ヶ月の期間を設けたことに関して、購入後すぐに転売するケースを加味してのこととし、そういったケースが出てしまっている現状を指して「一括0円をやった僕らがバカ」と発言していました。

そんなソフトバンクですが、ソフトバンクショップ店頭や公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて早くも今夏モデルのGalaxy S6 edgeの32GB版を他社から乗り換え(MNP)で一括0円で販売しています。

続きを読む

デュアルカーブディスプレイを使いこなせ!ソフトバンク向け初のギャラクシースマホ「Galaxy S6 edge」を写真と動画でチェック【レポート】

Galaxy S6 edge
ディスプレイを曲げたらスマホが面白くなった!

既報通り、ソフトバンクモバイルは19日、今夏以降に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015夏モデル新商品発表会」を都内で10時から開催し、SoftBank向けにディスプレイの左右側面に曲面有機ELを採用した"デュアルエッジスクリーン"を搭載したAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)スマートフォン(スマホ)「Galaxy S6 edge(型番:404SC)」(サムスン電子製)を発表しました。

発売日は2015年5月29日(金)を予定しており、5月20日よりSoftBank携帯電話取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などにて事前予約受付が開始されています。価格はすでに紹介しているように本体価格が64GBで97,920円、32GBで88,320円、実質負担額が64GBで31,176円から、32GBで20,376円から。価格はすべて税込。

スマートフォンの一大ブランドを築いたGalaxyシリーズのスマホがついにソフトバンクから登場です。日本では2010年にドコモから「GALAXY S SC-02B」が発売されたのが初となり、その後シリーズを重ねつつ2012年にはauから「GALAXY S II WiMAX ISW11SC」が登場。以後ドコモとauの2社からは継続的にGalaxyシリーズが発売されてきましたが、ソフトバンクでは2014年にタブレット端末の「GALAXY Tab 4(型番:403SC)」が発売されたのが最初となり、スマホとしては本機が初となります。

これでサムスン電子も日本国内の主要通信キャリア3社から同じ端末を発売することとなりましたが、1端末を多キャリア展開する流れはアップルやソニーに追随する形となります。その主な狙いはコスト削減と開発力の集約にありますが、本機の場合とくに開発力の部分で光るアイデアが詰め込まれています。

そんな「edge」の名前を冠する本機にはどのようなアイデアとギミックがあるのでしょうか。SoftBank版を発表会のタッチ&トライコーナーで試作機に触れることができましたので写真や動画とともに紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。