S-MAX

ASUS_JAPAN

ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone Max (M2) ZB633KL」を約3千円値下げで税別2万3500円に!ZenFone Max Pro (M2) ZB631KLは販売終了に


SIMフリースマホ「ASUS ZenFone Max (M2) ZB633KL」が値下げ!

ASUS JAPANは27日、今年3月に発売した大容量バッテリーを搭載したSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone Max (M2)」(型番:ZB633KL)を2019年9月26日(金)より価格を改定して値下げしたとお知らせしています。

ZenFone Max (M2)はこれまでメーカー希望小売価格が税別26,500円(税込28,620円)でしたが、約3千円値下げされて税別23,500円(税込25,380円)となっています。対象は日本向けモデルのミッドナイトブラック(型番:ZB633KL-BK32S4)およびスペースブルー(型番:ZB633KL-BL32S4)、メテオシルバー(型番:ZB633KL-SL32S4)。

すでに公式Webストア「ASUS Shop」のほか、量販店やECサイトの各所で値下げされており、ヨドバシ.comでは税込25,380円の1%(254ポイント)還元となっています。なお、同時に発表された上位モデル「ZenFone Max Pro (M2)」(型番:ZB631KL)はASUS Shopでは販売していますが、量販店などでは販売終了となっており、在庫限りの販売となっています。

続きを読む

ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone Max (M1) ZB555KL」を約3千円値下げして税込2万1060円に!1ヶ月以上電池が持つ大容量4000mAhバッテリー搭載


SIMフリースマホ「ZenFone Max (M1) ZB555KL」が値下げ!

ASUS JAPANは6日、昨年9月に発売したアスペクト比9:18の縦長画面による“ほぼ全画面デザイン”を採用したASUSTeK Computer(以下、ASUS)製SIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone Max (M1)」(型番:ZB555KL)の価格を改定したとお知らせしています。

価格はオープンながら希望小売価格としてこれまで直営店「ASUS Store AKASAKA」や公式Webショップ「ASUS Store」では税抜22,800円(税込24,624円)で販売されていましたが、税抜19,500円(税込21,060円)に値下げされました。

対象は日本向けのZenFone Max (M1) ZB555KLとなっており、ディープシーブラック(型番:ZB555KL-BK32S3)およびルビーレッド(型番:ZB555KL-RD32S3)、サンライトゴールド(型番:ZB555KL-GD32S3)となっています。

続きを読む

エイスースの最新ゲーミングスマホ「ROG Phone II ZS660KL」が日本でも発売へ!総務省が技適通過を公開。SIMフリーで量販店やMVNOが販売か


最新ゲーミングスマホ「ASUS ROG Phone II ZS660KL」が日本で発売へ!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにASUSTeK Computer(以下、ASUS)の「ASUS_I001D」および「ASUS_I00DC」(認証番号:003-190144)が8月14日付でディーエスピーリサーチにて電波法に基づく工事設計認証(いわゆる「技適」)を取得しています。

ASUS_I001DまたはASUS_I00DCはすでに紹介しているように最新ゲーミングスマートフォン(スマホ)「ROG Phone II(型番:ZS660KL)」であると判明しており、技適を取得したことで日本市場でも発売されることになりそうです。時期を見て日本法人のASUS JAPANから正式発表があると見られます。

なお、ROG Phone IIはドイツ・ベルリンで9月11日(水)まで開催されている「IFA 2019」にてグローバル向けに正式発表されましたが、IFA 2019におけるASUSのブースにて展示されている実機にてROG Phone IIに技適マークの電子式表示がされており、電波法に基づく番号として同じ003-190144が記載されていました。電気通信事業法に基づく認証番号は「ADF190113003」。

続きを読む

フリップカメラを搭載した最新フラグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」を写真と動画で紹介!ASUS設立30周年記念モデルも登場【レポート】


エイスースの最新フラッグシップスマホ「ZenFone 6 ZS630KL」をチェック!

既報通り、ASUS JAPAN(以下、エイスース)は20日、都内で『スマートフォン・ノートPC新製品発表会「WISER TOGETHER~30 Years Together」』を開催し、最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 6(型番:ZS630KL)」(ASUSTeK Computer製)を日本で発売すると発表しました。

ZenFone 6 ZS630KLはチップセット(SoC)にQualcomm製のハイエンド向け「Snapdragon 855」を搭載し、内蔵メモリー(RAM)と内臓ストレージは下位モデルでも6GB RAM・128GBストレージと大容量なだけでなく、180度回転してフロントカメラとしても利用できる「フリップカメラ」としてソニー製約4800万画素イメージセンサー「IMX586」をメインカメラとして搭載するなど、フラグシップモデルらしい高性能な1台に仕上がっています。

価格はオープンながら希望小売価格(金額はすべて税込)は6GB RAM・128GBストレージモデルが75,060円、8GB RAM・256GBストレージモデルが89,100円となっており、本体カラーはミッドナイトブラックおよびトワイライトシルバーの2色で、トワイライトシルバーの8GB RAM・256GBストレージモデルのみが8月30日(金)に発売され、それ以外は8月23日(金)に発売されます。

販売拠点は直営店「ASUS Store Akasaka」や公式Webショップ「ASUS Store」のほか、ECサイトや量販店、仮想移動体通信事業者(MVNO)の各所となっており、すでに各所で予約販売が開始されています。また、ASUS Store AkasakaおよびASUS Storeでは12GB RAM・512GBストレージのオリジナルカラーとなる30周年記念モデル「ZenFone 6 Edition 30」も台数限定で111,272円にて販売されています。

今回は発表会会場に併設されたタッチ&トライコーナーでZenFone 6 ZS630KLの通常モデルに加えて30周年記念モデルも合わせてそれぞれ実機を試すことができましたので、写真や動画を交えて製品の外観や特徴を紹介したいと思います。

続きを読む

ASUS JAPAN、最新フラッグシップスマホ「ZenFone 6 ZS630KL」を8月23日に発売!SIMフリーで価格は6GB RAM・128GBストレージが7万5060円、8GB RAM・256GBストレージが8万9100円


エイスースの最新フラッグシップスマホ「ZenFone 6 ZS630KL」が8月23日発売!

ASUS JAPAN(以下、エイスース)は20日、都内で『スマートフォン・ノートPC新製品発表会「WISER TOGETHER~30 Years Together」』を開催し、最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 6(型番:ZS630KL)」を2019年8月23日(金)より順次発売すると発表しています。

日本で販売されるZenFone 6 ZS630KLは内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージが6GB RAMおよび128GBストレージと8GBおよび256GBストレージの2モデルで、価格はオープンながら希望小売価格はそれぞれ6GB RAM・128GBストレージが税別69,500円(税込75,060円)、8GB RAM・256GBストレージが税別82,500円(税込89,100円)となっています。

販路は直営店「ASUS Store Akasaka」や公式Webショップ「ASUS Store」のほか、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)の各所となっており、すでにASUS Storeなどでは予約販売が開始されています。なお、ASUS Storeでは12GB RAMおよび512GBストレージの30周年記念モデル「ZenFone 6 Edition 30」も販売され、価格は税別103,030円(税込111,272円)とのこと。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。