S-MAX

AndroidBetaProgram

Google、スマホなど向け次期プラットフォーム「Android P」の開発者向けプレビュー版第5弾(Beta 4)を公開し、もうすぐ正式版リリースへ!Essential Phone PH-1向けも提供開始


Googleがスマホなど向け次期プラットフォーム「Android P」のDP5をリリース!

Googleは25日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android P」にて開発者向けプレビュー版「Android P Developer Preview」( http://developer.android.com/preview/ )における最終テスト用リリースコンディショナル(RC)版となるBeta 4の第5弾「Android P Developer Preview 5」(以下、DP5)を公開したとお知らせしています。

Android Pは今年3月にAndroid P Developer Previewの第1弾「Android P Developer Preview 1(初リリースのα版)」が公開され、その後も5月に第2弾「Android P Developer Preview 2(Beta版)」、6月に最終APIとなる第3段「Android P Developer Preview 3(Beta 2版)」、7月はじめにテスト用RC版となる第4段「Android P Developer Preview 4(Beta 3版)」、そして今回、正式版リリース直前に提供されるというDP5が配信開始されました。

Android PはRC5によってほぼ完成し、まもなく正式版がリリースされます。なお、正式版は2018年第3四半期(7〜9月)を予定し、晩夏とされていますが、RC5がリリースされたので8月には提供されそうです。正式版のバージョン番号は「9」になって「Android 9.0(開発コード名:P****)」などとなる見込みで、P****のお菓子の名称が付けられる開発コード名については現時点ではまだ不明。

Android PのDP5はAndroidエミュレーターのほか、Pixel、Pixel XL、Pixel Cで利用でき、ビルド番号は「PPP5.180610.010」でx86とARM(32・64bit)がサポートされており、一般向けベータプログラム「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )を利用している場合にはソフトウェア更新がネットワーク経由で順次提供されるということで、すでにファクトリーイメージ( https://developer.android.com/preview/download.html?hl=en )も提供開始されています。

さらに「Essential Phone PH-1」などのAndroid P Beta devicesにも最新のAndroid Pのコードが含まれたソフトウェア更新(OTA)が同日より配信開始されており、Essential Phone PH-1ではDP5(Beta 4)相当のAndroid P Beta 3がリリースされており、ビルド番号は「PPR1.180610.066」となっています。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期プラットフォーム「Android P」の開発者向けプレビュー版第4弾(Beta 3)を公開!Essential Phone PH-1向けにもソフトウェア更新が提供開始


Googleがスマホなど向け次期プラットフォーム「Android P」のDP4をリリース!

Googleは2日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android P」にて開発者向けプレビュー版「Android P Developer Preview」( http://developer.android.com/preview/ )におけるテスト用リリースコンディショナル(RC)版となるBeta 3の第4弾「Android P Developer Preview 4」(以下、DP4)を公開したとお知らせしています。

Android Pは今年3月にAndroid P Developer Previewの第1弾「Android P Developer Preview 1(初リリースのα版)」が公開され、その後も5月に第2弾「Android P Developer Preview 2(Beta版)」、6月に最終APIとなる第3段「Android P Developer Preview 3(Beta 2版)」をリリースしていました。

予定では6月下旬にDP4(RC版)が予定されていましたが、数日遅れて配信開始されたことになります。今後も正式版リリース直前に「Preview 5・RC版(最終テスト用リリースコンディショナル)」と経て、2018年第3四半期(7〜9月)に正式版がリリースされる予定。正式版ではバージョン番号が「9」になって「Android 9.0(開発コード名:P****)」などとなる見込みで、P****のお菓子の名称が付けられる開発コード名については現時点では不明です。

Android PのDP4はAndroidエミュレーターのほか、Pixel、Pixel XL、Pixel Cで利用でき、ビルド番号は「PPP4.180612.004」でx86とARM(32・64bit)がサポートされており、一般向けベータプログラム「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )を利用している場合にはソフトウェア更新がネットワーク経由で順次提供されるということで、すでにファクトリーイメージ( https://developer.android.com/preview/download.html?hl=en )も提供開始されています。

さらに「Essential Phone PH-1」などのAndroid P Beta devicesにも最新のAndroid Pのコードが含まれたソフトウェア更新(OTA)が同日より配信開始されており、Essential Phone PH-1ではDP4(Beta 3)相当のAndroid P Beta 2がリリースされており、ビルド番号は「PPR1.180610.030」となっています。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期プラットフォーム「Android P」の開発者向けプレビュー版第3弾を公開!SDKが最終版になり、APIレベル28のアプリが公開可能。Unicode 11.0の新絵文字追加など


Googleがスマホなど向け次期プラットフォーム「Android P」のDP3をリリース!

Googleは6日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android P」にて開発者向けプレビュー版「Android P Developer Preview」( http://developer.android.com/preview/ )におけるAPIとSDKが最終版となるβ2版の第3弾「Android P Developer Preview 3」(以下、DP3)を公開したとお知らせしています。

同社では今年3月にAndroid P Developer Previewの第1弾となる「Android P Developer Preview 1(初リリースのα版)」を公開し、その後も5月に開催された開発者向けイベント「Google I/O 2018」に合わせて第2弾の「Android P Developer Preview 2(β版)」をリリースしていました。

予定では6月にPreview 3(最終API・SDK)が予定されていたため、順調に配信開始されたことになります。今後も6月下旬(Preview 4・RC版/テスト用リリースコンディショナル)、正式版リリース直前に「Preview 5・RC版(最終テスト用リリースコンディショナル)」と経て、2018年第3四半期(7〜9月)に正式版がリリースされる予定です。

恐らく過去の例からすると8〜9月あたり提供開始されるものと見られ、正式版ではバージョン番号が「8」の次の「9」になると見られているので「Android 9.0(開発コード名:P****)」などとなる見込み。バージョン番号やお菓子の名称が付けられる開発コード名については現時点では不明。

DP3ではAndroid Pで採用されるAPIレベル28の最終版となって数百のバグ修正や最適化が行われ、公式なAndroid P APIによってアプリをコンパイルでき、Google Playストアで公開できるようになっているほか、Unicode 11.0の新しい157個の絵文字が追加され、いくつかの新機能が導入されているということです。

Android Pの開発者向けプレビュー版は、Androidエミュレーターのほか、Pixel、Pixel XL、Pixel Cで利用でき、ビルド番号は「PPP3.180510.008」でx86とARM(32・64bit)がサポートされており、一般向けベータプログラム「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )を利用している場合にはまもなくソフトウェア更新がネットワーク経由で提供されるということで、すでにファクトリーイメージ( https://developer.android.com/preview/download.html?hl=en )も提供開始されています。

さらに「Essential Phone PH-1」などのAndroid P Beta devicesにも最新のAndroid Pのコードが含まれたソフトウェア更新(OTA)が同日より配信開始されており、Essential Phone PH-1ではAndroidのバージョンが「9」となり、ビルド番号は「PPR1.180510.022」となっています。ただし、Essential Phone PH-1におけるPPR1.180510.022はあくまでAndroid P Beta 1となっているため、GoogleがリリースしたAndroid P DP3とは若干異なると思われます。

続きを読む

Googleのスマホなど向け次期OS「Android P」をSIMフリースマホ「Essential Phone PH-1」で試してみた!技適マークも表示され、日本でも安心して実機確認が可能【レポート】


SIMフリースマホ「Essential Phone PH-1」でAndroid Pを試す!

既報通り、Googleは8日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにて開発者向けイベント「Google I/O 2018」( https://events.google.com/io/ )の基調講演を行い、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向け「Android」の次期メジャーバージョン「Android P」についての詳細を説明し、新たにGoogle製スマホ「Pixel」シリーズ以外の一部メーカー製品でAndroid Pを試せる「Android P Beta Devices」が発表されました。

Android P Beta DevicesはSony Xperia XZ2(型番:H8216・H8266・H8296)」および「Xiaomi Mi Mix 2S」、「Nokia 7 Plus」、「OPPO R15 Pro」、「vivo X21」、「vivo X21UD」、「OnePlus 6」、「Essential Phone PH-1」の8機種で、これらの機種でAndroid Pが利用できるとのこと。

すでにこれまで提供されてきた「Pixel 2」や「「Pixel 2 XL」、「Pixel」、「Pixel XL」と同様に同日より開発者向けプレビュー版「Android P Developer Preview」のベータ版となる「Android P Developer Preview 2(incremental update)」が提供開始されています。

この中では日本国内でローミング以外で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)を取得しているのは「Essential Phone PH-1」のみということで、ようやく日本でも安心してAndroid Pが実機で試せる環境が整いました。

そこで今回は手持ちのEssential Phone PH-1に実際にAndroid Pを導入してみましたので、やり方とざっくりと現状のベータ版におけるAndroid Pの紹介をしたいと思います。なお、導入にはWindowsやMac、Linuxといったパソコン(PC)が必要となりますのでご注意ください。

続きを読む

Google、スマホなど向け最新プラットフォーム「Android 8.1 Oreo」の開発者向けプレビュー版を公開!Nexus 5X・6Pなどで利用でき、正式版は12月予定――Android Go最適化やAI機能強化など


GoogleがAndroid 8.1 Oreoを発表!開発者向けプレビュー版を配信開始

Googleは25日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の最新バージョン「Android 8.x(開発コード名:Oreo)」における次期マイナーバージョン「Android 8.1」における開発者向けプレビュー版「Android 8.1 Developer Preview」( http://developer.android.com/preview/ )を発表しています。

Android 8.1 Developer Previewは「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )によってソフトウェア更新が提供開始され、プログラムに登録していれば対応する「Pixel 2」や「Pixel 2 XL」、「Pixel」、「Pixel XL」、「Pixel C」、「Nexus 5X」、「Nexus 6P」、そしてAndroidエミュレーターに順次配信されます。

またすでにファクトリーイメージ( https://developer.android.com/preview/download.html )も公開されているため、ファクトリーアンロックを行っていれば手動でADBツールによってパソコン(PC)から導入することも可能で、ビルド番号は「OPP5.170921.005」。同社ではAndroid 8.1 Oreoの正式版は12月にリリース予定だとしています。

なお、APIやSDKも公開されており、APIレベルはAndroid 8.0.xの26から27に変わり、すでに最終段階にあるためにアプリ配信マーケット「Google Playストア」でもAPIレベル27のアプリを配信できるようになっているということです。

Android 8.1 Oreoでは内蔵メモリー(RAM)が1GB未満の性能が低い機種でも動作する「Android Go」への最適化やAI(人工知能)を利用する機能を強化するための新しい「Neural Networks API」の導入、パスワードなどを自動的に入力してくれるオートフィル機能の強化などが行われています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。