S-MAX

AndroidStudio

Googleがスマホなど向け次期プラットフォーム「Android 10 Q Beta 4」を提供開始!最終APIおよび公式SDKに。正式版は7〜9月にリリース予定


Googleがスマホなど向け次期プラットフォーム「Android Q Beta 4」をリリース!

Googleは5日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android Q」における先行プレビュー版( https://developer.android.com/preview/ )の最終ベータ版となる「Android Q Beta 4」を公開したとお知らせしています。

Android Q Betaは今年3月に第1弾「Android Q Beta 1(初リリースのα版)」が公開され、その後も3月下旬に第2弾「Android Q Beta 2(増分更新)」、5月上旬に開発者向けイベント「Google I/O 2019」に合わせて第3段「Android Q Beta 3(増分更新)」が提供されてきましたが、今回これらに続いて最終APIおよび公式SDKとなるAndroid Q Beta 4がリリースされました。

これにより、新たにAPIレベル29となり、公式なAndroid Q APIによってアプリをコンパイルでき、Google Playストアで公開できるようになっています。なお、正式版のバージョン番号は「10」になって「Android 10(開発コード名:Q****)」などとなる見込みで、Q****のお菓子の名称が付けられる開発コード名については現時点ではまだ不明です。

Android Q Beta 4はAndroidエミュレーターのほか、Pixel 3やPixel 3 XL、Pixel 3a、Pixel 3a XLを含む「Pixel」シリーズで利用でき、ビルド番号は「QPP4.190502.018」でx86とARM(32・64bit)がサポートされており、一般向けベータプログラム「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )を利用している場合にはソフトウェア更新がネットワーク経由で順次提供されるということで、すでにファクトリーイメージ( https://developer.android.com/preview/download.html?hl=en )も提供開始されています。

さらに「Essential Phone PH-1」や「ZenFone 5Z ZS620KL」などのAndroid Q Beta devices( https://developer.android.com/preview/devices )にも最新のAndroid Q Beta 4のコードが含まれたソフトウェア更新(OTA)が同日より配信開始されており、Essential Phone PH-1ではビルド番号は「QP1A.190502.046」( https://twitter.com/essential/status/1136338624096677888 )となっています。

なお、Android Qは今後、7月以降に「Beta 5(テスト用リリース候補版)」および「Beta 6(最終テスト用リリース候補版)」を経て2019年第3四半期(7〜9月)に正式版がリリースされる予定で、過去の例からすると8月頃に正式版が提供開始されるものと見られ、Googleでは“夏の終わり頃”としています。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期プラットフォーム「Android Q」の先行プレビュー版第2弾(Beta 2)を公開!Pixelシリーズ向けにソフトウェア更新が提供開始


Googleがスマホなど向け次期プラットフォーム「Android Q」のBeta 2をリリース!

Googleは3日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android Q」にて先行プレビュー版「Android Q Beta」( https://developer.android.com/preview/ )におけるベータ版となる第2弾「Android Q Beta 2」を公開したとお知らせしています。

Android Qは今年3月にAndroid Q Betaの第1弾「Android Q Beta 1」(初リリース)が公開され、今回、3月下旬以降に配信予定だった機能追加や不具合修正などを行ったBeta 2(増分更新)がリリースされました。

今後は4月中旬以降に「Beta 3(増分更新)」、5月上旬の「Google I/O 2019」に合わせて「Beta 4(最終APIと公式SDK・Playサービス)」、6月下旬以降に「Beta 5(テスト用リリース候補版)」および「Beta 6(最終テスト用リリース候補版)」を経て2019年第3四半期(7〜9月)に正式版がリリースされる予定です。

恐らく過去の例からすると8〜9月あたりに正式版が提供開始されるものと見られます。なお、現時点では開発コード名やバージョン番号は明らかにされていませんが、順当なら現在のAndroid 9.x(開発コード名:Pie)の次なので「Android 10(開発コード名:Q****)」となると見られます。

Android Q Beta 2はBeta 1と同様にAndroidエミュレーターのほか、Pixel、Pixel XL、Pixel 2、Pixel 2 XL、Pixel 3、Pixel 3 XLで利用でき、ビルド番号は「QPP2.190228.021」でx86とARM(32・64bit)がサポートされており、ファクトリーイメージ( https://developer.android.com/preview/download.html?hl=en )が提供されています。

またPixelシリーズではベータプログラム「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )を利用すれば、ネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)が順次提供されます。詳細な更新内容は「Support and Release Notes  |  Android Developers」をご参照ください。なお、Androidの2019年4月分のセキュリティーパッチレベルも適用されているとのこと。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期プラットフォーム「Android Q」のプレビュー版「Beta 1」を公開!Pixelシリーズとエミュレーターで利用可能。正式版は2019年Q3にリリース予定


Googleがスマホなど向け次期OS「Android Q」の開発者向けプレビュー版をリリース!

Googleは13日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android Q」におけるプレビュー版「Android Q Beta」( http://developer.android.com/preview/ )の初リリース「Beta 1」を公開したと発表しています。

今回提供されたAndroid Q Betaは、Androidエミュレーターのほか、Pixel、Pixel XL、Pixel 2、Pixel 2 XL、Pixel 3、Pixel 3 XLでテストするためのシステムイメージやSDKが含まれています。対象機種にて「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )に登録し、ネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)にて導入できます。

またすでにファクトリーイメージ( https://developer.android.com/preview/download.html )も公開されていることから手動で導入することも可能。Pixelシリーズにおけるビルド番号は「QPP1.190205.018.B4」。APIやSDKなども公開されており、今後、現バージョン「Android 9(開発コード名:Pie)」のときと同様に他メーカーの一部製品にも順次Android Beta Programが提供されます。

またエミュレーターで利用するためには「Android Studio」のバージョン「3.3」( https://developer.android.com/studio/archive.html )以上が必要で、別途、Q Developer Preview SDKとツールを導入する必要があり、最新のAndroid QをサポートするにはAndroid Studio 3.5以降が推奨されています。なお、Android Q Betaが提供されている機種についても必ずしも正式版が提供されるとは限らないとのこと。

また新機能についてもある程度公開されており、位置情報取得において実行中のみなどのより詳細な設定が可能になったり、無線LAN(Wi-Fi)でWP3やOWEのサポートなどといったプライバシーやセキュリティーの強化やフォルダブルスマホなどの折りたたみ型製品への対応などが追加されるとしているほか、5月に開催される「Google I/O 2019」でさらに詳細な説明を行うとしています。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期プラットフォーム「Android P」の開発者向けプレビュー版を公開!Pixelシリーズとエミュレーターで利用可能で、正式版は2018年Q3にリリース予定


Googleがスマホなど向け次期OS「Android P」の開発者向けプレビュー版をリリース!

Googleは7日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android P」における開発者向けプレビュー版「Android P Developer Preview」( http://developer.android.com/preview/ )で導入される予定の新機能やAPI、SDKなどを公開したとお知らせしています。

今回提供されたAndroid Pの開発者向けプレビュー版は、Androidエミュレーターのほか、Pixel、Pixel XL、Pixel 2、Pixel 2 XLでテストするためのシステムイメージやSDKが含まれています。ビルド番号は「PPP1.180208.014」。Android Oこと、現バージョン「Android 8.x(開発コード名:Oreo)」からはNexus 6PとNexus 5X、Nexus Player、Pixel Cがなくなりました。

現在開発者向けプレビュー版が提供されている機種についても必ずしも正式版が提供されるとは限らないとのこと。またエミュレーターで利用するためには「Android Studio」の最新バージョン「3.2 Canary」( https://developer.android.com/studio/archive.html )をインストールするか、P Developer Preview SDKとツールをAndroid Studio 3.1に導入する必要があるとのこと。

開発者向けプレビュー版を利用するには公開されているファクトリーイメージ( https://developer.android.com/preview/download.html )から手動で導入することが可能。なお、「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )に登録してネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)は現時点では利用できないとのこと。製品版に近づいたときに一般向けプレビュー版を提供し、そのときにAndroid Beta Programが利用可能になるとしています。

なお、今後に提供される予定の各プレビュー版についてもOTAで提供されるということで、Android Oのときと同様に一般向けプレビュー版も提供される予定。新機能についてもある程度公開されており、無線LAN(Wi-Fi)を使った屋内測位機能や切り欠き(いわゆる「ノッチ」)への表示対応、デュアルカメラAPI、さらになる電力効率化などが追加されるとしているほか、5月8〜19日に開催される「Google I/O 2018」でさらに詳細な説明を行うとしています。

続きを読む

Android Studioを利用してWindows 10でAndroid 8.x Oreoを試す環境を構築してみた!手順をわかりやすく紹介【ハウツー】


Android Studioを使ってWindowsでAndroid 8.xを試す環境を構築!

Googleからスマートフォン(スマホ)など向けプラットフォーム「Android」の最新バージョン「Android 8.x(開発コード名:Oreo)」がリリースされてからしばらく経ち、対応機種も当初の「Nexus 5X」や「Nexus 6P」、「Pixel」シリーズに加えて、日本でもかなり増えてきました。

発売時から搭載している「Xpera XZ1」や「Xperia XZ1 Compact」などをはじめとして、OSバージョンアップでも「Android One」シリーズや「Xperia XZ Premium」、「AQUOS R」などで提供されており、比較的新しい機種であればだいぶ対応が早くなってきた印象です。

一方で、アプリ開発などをする場合には実機でテストをしたほうが良い面もありますが、すべての機種でチェックするのは難しいですし、エミュレーターを使えば必ずしも実機がなくてもテストはできます。

そこで今回は、前回導入したAndroid Studioを利用して最新のAndroid 8.x Oreoを搭載した機種を持っていなくてもテストを行うことができますので、Androidのテスト環境を構築する手順を紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。