S-MAX

Google

Google、Androidスマホをもっと便利にするアイデアコンテスト「Android Experiments OBJECT」のグランプリ4作品のプロトタイプが完成!スマホ連携の電子ペーパーカレンダーなど


ゼロから始めるスマートフォン

Google Japanは13日、Googleが取り組んでいるAndroidスマートフォン(スマホ)と連動するデバイスのアイデアコンテスト「Android Experiments OBJECT」のグランプリ4作品のプロトタイプが完成したとお知らせしています。

昨年の5月から日本で第1回目のアイデア募集を開始し、寄せられたアイデアの中から一般投票と審査によってグランプリ4作品を選出。その後、Googleやサポーター企業の協力のもと、プロトタイプの開発が進められてきました。

そして今回、そのプロトタイプが完成したということで、実際に触れる形での展示が2017年2月13日(月)から開始されました。また、YouTubeでは各作品の紹介動画を見ることができます。

続きを読む

開発者向けイベント「Google I/O 2017」が5月17〜19日に開催!チケットの申込は2月22〜27日で、今年も抽選で参加可能に


Google I/O 2017が2016年5月17〜19日に開催!

Googleが毎年開催している開発者向けイベント「Google I/O」( https://events.google.com/io/ )ですが、今年は「Google I/O 2017」が2016年5月17日(水)から5月19日(金)までの3日間に渡って開催されます。

場所は昨年と同様に、アメリカ(米国)のカルフォルニア州マウンテンビューにあるGoogle本社近くにある「Shoreline Amphitheatre」という会場で行われます。

今年も参加するには抽選となっており、チケットの申込期間が現地時間(PST)の2017年2月22日(水)10時から2月27日(月)17時までとなっています。日本時間(JST)では2月23日(木)3時から2月28日(火)10時まで。

続きを読む

iPhoneやiPadなどでGmailやなどを使うときに簡単にGoogleアカウントの管理やセキュリティー保護ができるアプリ「Google Smart Lock for iOS」が提供開始


iPhoneなど向け「Google Smart Lock for iOS」がリリース!

Googleがスマートフォン(スマホ)などの端末やアカウントを簡単に保護することができるサービス「Google Smart Lock」のiOS向けアプリ「Google Smart Lock for iOS」を2017年1月11日に提供開始しています。

その後、バグの修正とパフォーマンスの改善を行ったバージョン1.0.1が1月26日にリリースされています。今後、iPhoneなどのiOS搭載製品におけるGoogleアカウントの管理やセキュリティー関連機能の統合が行われると見られます。

続きを読む

GoogleがiPhoneなどのiOS向けWebブラウザー「Chrome」にQRコード/バーコードリーダー機能を追加!使い方はを紹介――アプリはオープンソース化に


iOS向けChromeがオープンソースに!QRコードリーダー機能も追加

Googleは1日(現地時間)、iPhoneなどのiOS向けWebブラウザーアプリ「Chrome」の最新バージョン56.0.2924.79を公開し、新たにQRコードやバーコードを読み取る機能を追加しています。なお、Android向けChromeでは現時点ではQRコード・バーコードの読み取り機能は対応してない模様。

また同社では1月31日にiOS向けChromeアプリについてオープンソースにしたと発表しています。これにより、iOS向けChromeの開発スピードが上がるとしています。

iOS向けWebブラウザーアプリではレンダリングエンジンにAppleのWebKitを採用する必要があり、他のChromeではBlinkを採用しているため、WebKitとBlinkの両方に対応しなければならず、ソースコードが複雑になっていたとのこと。

続きを読む

月面探査の賞金レースに挑む「HAKUTO」の月面探査機の操縦を体験できる!通信技術部分でサポートするKDDIがオープンしたばかりの旗艦店「au SENDAI」で体験イベントを開催【レポート】

auHAKUTO01
月面探査機操縦をau SENDAIで体験できる!

昨年末の2016年12月28日に宮城県仙台市のアーケード商店街ぶらんど~む一番町にオープンしたKDDI直営フラッグシップストア「au SENDAI」。オープン時のメディア向けお披露目会にて紹介しています。イベントも多く開催され、先月にはVR体験イベントも行われました。

そしてau SENDAIでまたまた2月4日(土)と5日(日)「au×HAKUTO MOON CHALLENGE 月面探査ローバー操縦体験イベント」が開催されています。

KDDIは人類初の月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」に挑む日本唯一のチーム「HAKUTO」を通信技術面でバックアップしています。今回は月面を走る車両「月面探査ローバー」の試作機を実際にタブレットを使って操縦できるイベントを行い、「HAKUTO」の挑戦を広くアピールしました。

続きを読む

Googleが2016年に取り下げた不正広告は17億件に!中でもスマホなどのモバイル関連で爆発的増加――同社の調査から明らかに


2016年にGoogleが取り下げた不正広告は17億件!モバイルへの影響も

Googleは25日(現地時間)、同社が2016年中に取り下げた「不正広告」に関するレポートを公開しました。レポートによると、同社が不正広告だと見なして取り下げた数は、なんと17億にも上ったとのこと。

またレポートの中ではスマートフォン(スマホ)などのモバイルにおける不正広告についても触れていましたので、今回は主にモバイル部分にフォーカスを当てて紹介してみたいと思います。

続きを読む

ソフトバンク、発表会「Y!mobile 2017 Spring」を1月18日11時から開催!SoftBankとは別に実施で、Google副社長のジェイミー・ローゼンバーグ氏も登壇予定


発表会「Y!mobile 2017 Spring」が1月18日に実施!写真は過去の発表会のもので左が寺尾氏

ソフトバンクは12日、携帯電話ブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」向けの2017年春商戦における新製品や新サービスを披露する発表会「Y!mobile 2017 Spring」を2017年1月18日(水)11時から実施すると報道関係者など向けに案内しています。

登壇者にはソフトバンク執行役員 プロダクト&マーケティング統括 Y!mobile事業推進本部 本部長の寺尾 洋幸氏のほか、ヤフー 副社長執行役員 最高執行責任者 川邊 健太郎氏やGoogleでAndroid/Google Play 担当副社長を務めるジェイミー・ローゼンバーグ氏が名前を連ねています。

続きを読む

Google、VRプラットフォーム「Daydream」対応スマホに「AXON 7」や「Mate 9 Pro」、「Porsche Design Mate 9」、「ZenFone AR」を追加


GoogleのDaydream-readyに「AXON 7」や「ZenFone AR」などが正式に追加!

Googleは5日(現地時間)、同社が開発するVR(拡張現実)向けプラットフォーム「Daydream」に対応した製品「Daydream-ready」に新たに「HUAWEI Mate 9 Pro」および「HUAWEI Porsche Design Mate 9」(ともにHuawei Technologies製)、「AXON 7」(ZTE製)および「ZenFone AR」(ASUSTeK Computer製)の4機種を追加するとお知らせしています。

なお、AXON 7は日本でも発売していますが、現時点ではOSがAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)となっており、Android 7.0(開発コード名:Nougat)へのOSアップデートを実施後に対応するということです。

続きを読む

年末のGoogle社内にゴングが鳴り響く!恒例のライトニングセッションも行われた「Google 2016年末懇親会」を写真と動画で紹介【レポート】

google2016-001
Google懇親会に今年も参加してきました!

Google(グーグル)は15日、都内にて1年の総決算を祝う「Google 2016年末懇親会」を開催しました。この年末懇親会は毎年恒例の行事となっており、立食パーティ以外にも1年間の成果や現在進めているプロジェクトの内容を2分間で発表する「ライトニングセッション」などが披露されます。

Googleにとって2016年はどのような年だったのでしょうか。また2017年はどういった年にしていくのでしょうか。ユーモアたっぷりで笑いの絶えなかったライトニングセッションの様子を中心に懇親会の模様をご紹介したいと思います。

続きを読む

2016年を象徴するベストアプリ・ベストゲームは?グーグルが日本で人気のアプリとゲーム「Google Play Best of 2016」を発表【レポート】

グーグルが2016ベストアプリ・ベストゲームを発表!

Google Japan(以下、グーグル)は8日、都内にて「Google Play Best of 2016授賞式」を開催し、今年日本で人気を集めた「2016年ベストアプリ」および「2016年ベストゲーム」を発表した。

2016年ベストアプリは「ベストトレンドアプリ部門」および「ベストイノベーティブアプリ部門」、「ベストシェアアプリ部門」、「ベストデザインアプリ部門」、「ベストローカルアプリ部門」、「ベストエンターテインメントアプリ部門」、「ベスト自己改善アプリ部門」、「ベストファミリー部門」にノミネートされたタイトルから選出。

一方、2016年ベストゲームは「ベストトレンドゲーム部門」および「ベスト対戦ゲーム部門」、「ベストイノベーティブゲーム部門」、「ベストインディーゲーム部門」、「ベストエキサイティングゲーム部門」、「ベストアトラクティブゲーム部門」、「ゲストグラフィックゲーム部門」にノミネートされたタイトルから選出された。

今回は、これらの各部門の大賞を受賞したアプリと、2016年ベストアプリ、2016年ベストゲームをGoogle Playのリンク付きで紹介していく。各部門で大賞を受賞した気になるタイトルを体験してみて欲しい。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。