S-MAX

Google

開発者向けイベント「Google I/O 2020」が完全に中止に!オンラインでも行わず。新型コロナウイルスの影響で


Google I/O 2020が中止!オンラインも実施せず。カルフォルニア州の外出禁止令で

Googleは20日(現地時間)、今年の開発者向けイベント「Google I/O 2020」( https://events.google.com/io/ )を新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で実施しないとお知らせしています。

当初は2020年5月12日(火)から5月14日(木)までの3日間に渡ってメリカ・カルフォルニア州マウンテンビューのGoogle本社近くにある「Shoreline Amphitheatre」という会場で行われる予定でした。

その後、一度、新型コロナウイルスの感染拡大の影響でShoreline Amphitheatreにおけるリアルイベントは実施せず、オンラインのみで開催するとしていましたが、今回、そのオンラインでの開催も行わないと案内しました。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期プラットフォーム「Android 11」の開発者向けプレビュー版第2弾を公開!正式版は2020年Q3にリリース予定


Googleがスマホなど向け次期OS「Android 11」の開発者向けプレビュー版第2弾をリリース!

Googleは18日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 11」における開発者向けプレビュー版の第2弾「Android 11 Developer Preview 2」(以下、DP2)を公開したとお知らせしています。

提供されているのは今年2月に公開された「Android 11 Developer Preview 1」(以下、DP1)と同様にAndroidエミュレーターのほか、Pixel 2、Pixel 2 XL、Pixel 3、Pixel 3 XL、Pixel 3a、Pixel 3a XL、Pixel 4、Pixel 4 XLでテストするためのファクトリーイメージやSDKが含まれており、ファクトリーイメージ( https://developer.android.com/preview/download )から手動で導入するようになっています。

また同社ではファクトリーイメージをフラッシュする(焼く)のを少し簡単にするために「Android Flash Tool」を提供開始したとのこと。さらにすでにDP1またはその後に提供開始されていた不具合修正版の「Android 11 Developer Preview 1.1」を導入している場合はネットワーク経由のソフトウェア更新(OTA)も提供されます。

DP2ではPixelシリーズにおけるビルド番号が「RPP2.200227.009」で、すでにAndroidセキュリティーパッチレベルは「March 2020」のまま、Google Play servicesは「20.11.12」となり、エミュレーターでは32bitおよび64bitのx86がサポートされ、APIレベルは「R(DP2)」となっています。

なお、ネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)は現時点では用意されておらず、今後提供が開始される予定の一般向けベータ版「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )によって提供され、ベータ版はPixelシリーズ以外にも従来通りに他メーカーの一部製品にも順次提供される見込み。

続きを読む

Googleスマホに新機能「Pixel feature drops」が追加!169個の新絵文字やポートレートセルフィーなど。2020年3月のAndroidセキュリティーパッチも


Googleスマホ「Pixel」シリーズにおける新機能や2020年3月分のセキュリティーパッチが案内!

Googleは2日(現地時間)、昨年12月から実施している同社が開発・販売するスマートフォン(スマホ)「Pixel」シリーズに提供する新機能「Pixel feature drops」の第2弾を提供開始したとお知らせしています。

第2弾では169個の新絵文字追加やダークモードのスケジュールオン・オフ機能、最新フラッグシップスマホ「Pixel 4」シリーズにおける「Motion Sense」に新しいジェスチャー追加、フロントカメラにおいて奥行きのある写真に対応し、ポートレートセルフィーなどが行えるようになるなどしています。

これらのPixel feature dropsはすでに提供が開始されており、今後数週間に渡ってソフトウェア更新およびアプリ配信マーケット「Google Play」における各アプリで順次配信される予定とのこと。なお、同社は合わせてAndroidの月次セキュリティーパッチの2020年3月分を提供開始しています。

Pixelシリーズについては2020年3月5日付けのAndroidセキュリティーパッチレベルを含むソフトウェア更新が提供開始されており、セキュリティー関連以外にも機能面でカメラのオートフォーカス改善やジェスチャーナビゲーションのアニメーション改善、Pixel 4の本体下部スピーカー改善、カーネルアップデートなどが行われているということです。

更新後のビルド番号は「Pixel 4」シリーズではグルーバル向けが「QQ2A.200305.003」、AT&T向けが「QQ2A.200305.004.A1」、「Pixel 3」シリーズおよび「Pixel 3a」シリーズ、「Pixel 2」シリーズでは「QQ2A.200305.002」となっており、すでにファクトリーイメージも配信開始されています。

続きを読む

三井住友カード、プリペイドカード「Visaプリペ」も次世代デザインにリニューアル!Apple Payに続いてGoogle Payにも対応


三井住友カードのプリペイドカード「Visaプリペ」がApple Payに続いてGoogle Payにも対応!

三井住友カードは2日、今年2月にリニューアルした同社のクレジットカードに続いてプリペイドカード「Visaプリペ」も次世代カードとして2020年3月2日(月)からリニューアルすると発表しています。

Visaプリペは昨年9月から提供されているVisaの非接触IC機能「NFC Type A/B」によるタッチ決済「Visaのタッチ決済」に対応したプリペイドカードで、審査不要で6歳(小学生)以上から発行手数料無料で持てます。

これまでも「Apple Pay」に対応していましたが、次世代カードのVisaプリペではクレジットカードと同様に表にカード番号がない新デザインでの発行が開始されるほか、新たに既存カードも含めてアプリ連携や「Google Pay」にも対応しています。

続きを読む

Googleのスマートスピーカーが期間限定で特価販売中!Nest Miniが45%OFFの3300円に、Nest Hubが36%OFFの9900円に。ヨドバシカメラなどで


グーグルのスマートスピーカー「Nest Mini」やスマートディスプレイ「Nest Hub」が特価に!

Google Asia Pacificが運営する日本向けGoogle公式Webショップ「Google ストア」( https://store.google.com )にてスマートスピーカー「Google Nest Mini」および「Google Nest Hub」が日本時間(JST)の2020年2月21日(金)0:00から3月31日(火)23:59まで割引販売されています。

Google Nest Miniは通常6,050円のところを2,000円OFFで4,050円、Google Nest Hubは通常15,400円のところを5,500円OFFで9,900円となっています(金額はすべて税込)。割引販売は数に限りがあり、在庫状況に応じて変更される可能性があるとのこと。

またヨドバシカメラではGoogle Nest Miniを2020年3月1日(日)から3月31日(火)まで期間限定で大特価の45%OFFで販売しており、価格は3,300円の1%(33ポイント)還元となっています。

さらにビックカメラなどの他の量販店でも期間限定かどうかは不明ですが、同様に3,300円の1%(33ポイント)還元で販売されており、各所ともに3月2日時点で在庫もある状態となっています。

一方、Google Nest Hubについてもヨドバシカメラでは2020年2月21日(金)~3月22日(日)まで期間限定の特価として9,900円の1%(99ポイント)還元で販売しているほか、同じようにビックカメラなどの量販店でもとして9,900円の1%(99ポイント)還元でとなっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。