S-MAX

Google

Google ストアにてハイエンドスマホ「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」のSIMフリー版が7月18日までセール!128GBモデルは各々8万1000円と10万1000円に


グーグル直販オンラインストアでSIMフリースマホ「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」が20%OFFセール!

Google Asia Pacificが運営する日本向けGoogle公式Webショップ「Google ストア」( https://store.google.com )にてハイエンドスマートフォン(スマホ)「Pixel 3(型番:G013B)」(128GB)および「Pixel 3 XL(型番:G013D)」(64GB・128GB)のSIMフリー版が20%OFFのセール販売されています。

割引は「夏をもっと特別に。」と第したサマーセールとして実施されているキャンペーンで、期間は日本時間(JST)の2019年7月11日(木)0:00から7月18日(木)23:59まで。これにより、割引後の価格はPixel 3の128GBが81,000円、Pixel 3 XLの64GBが89,000円、128GBが101,000円となっています(金額はすべて税込)。

なお、Pixel 3の64GBは対象外で、対象製品も在庫状況によっては割引販売を早期に終了する場合もあるとしています。現時点では対象製品の各色ともに在庫ありとなっています。

続きを読む

Googleがスマホなど向け次期プラットフォーム「Android 10 Q Beta 5」を提供開始!Pixelシリーズなどで利用可能。正式版は7〜9月にリリース予定


Googleがスマホなど向け次期プラットフォーム「Android Q Beta 5」をリリース!

Googleは10日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android Q」における先行プレビュー版( https://developer.android.com/preview/ )の最終ベータ版となる「Android Q Beta 5」を公開したとお知らせしています。

Android Q Betaは今年3月に第1弾「Android Q Beta 1」が公開され、その後も4月3日に第2弾「Android Q Beta 2」、5月7日に開発者向けイベント「Google I/O 2019」に合わせて第3段「Android Q Beta 3」、6月5日より「Android Q Beta 4」が提供されてきましたが、今回これらに続いてリリース候補(RC)版となるAndroid Q Beta 5がリリースされました。

すでにAndroid Q Beta 4にて最終API(APIレベル29)および公式SDKとなっていますが、今回のAndroid Q Beta 5で機能的には最終調整され、次の正式版リリース直前のAndroid Q Beta 6(最終テスト用RC版)が最後となり、2019年第3四半期(7〜9月)に正式版がリリースされる予定で、過去の例からすると8月頃に正式版が提供開始されるものと見られ、Googleでは“夏の終わり頃”としています。

同社ではAndroid Qで新たに導入されるジェスチャーナビゲーションを調整しており、ナビゲーションバーのないフルスクリーンを体験しやすくしているとしています。なお、正式版のバージョン番号は「10」であることがすでに示されているので「Android 10(開発コード名:Q****)」などとなる見込みで、Q****のお菓子の名称が付けられる開発コード名については現時点ではまだ不明です。

続きを読む

Amazon Fire TV向け公式YouTubeアプリが配信開始!Fire TV Stick 4K・Stick(第2世代)ですでに利用可能で、他も数ヶ月以内に。Prime VideoもChromecastに対応


Amazon Fire TV向け公式YouTubeアプリがリリース!プライム・ビデオもChromecastに対応

Amazon.com(以下、Amazon)は9日(現地時間)、今年4月にGoogleと映像系のサービスや製品について和解して相互協力することになったことによって新たにメディアストリーミング製品「Fire TV」シリーズにて「YouTube」の公式アプリを提供開始したと発表しています。

YouTube公式アプリは、日本でも販売している「Fire TV Stick(第2世代)」および「Fire TV Stick 4K」ですでに利用可能となっているほか、2017年以前に発売した「Fire TV(第2世代・第3世代)」および「Fire TV Stick(第1世代)」向けにも今後数カ月以内に配信される予定です。

さらに同日よりAmazon.comの動画配信サービス「Prime Video」におけるAndroidとiOS向けアプリがGoogleのメディアストリーミング製品「Chromecast」に対応し、ChromecastおよびChromecast built-in搭載製品へのキャストによる視聴が可能になったとしています。

続きを読む

画面が付いて何が変わった?!スマートディスプレイ「Google Nest Hub」を写真と動画で紹介。いよいよ本命のアシスタントデバイスがやってきた【レポート】


1万円台で買えるスマートディスプレイ「Google Nest Hub」を紹介!

既報通り、グーグル(以下、Google Japan)は5日、都内にて「新ハードウェア製品記者発表会」を開催し、Googleアシスタントを搭載したスマートディスプレイ「Google Nest Hub」を6月12日に税抜14,000円(税込15,120円)で発売すると発表した。

主な仕様としてタッチ操作に対応した約7.0インチWSVGA(1024×600ドット)液晶ディスプレイ、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5GHz)の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 5.0、フルレンジスピーカー、内蔵マイク2マイク配列、Chromecast Built-inなどだ。

カラーバリエーションはSandおよびAqua、Chalk、Charcoalの4色。なお、バッテリーは非搭載であるため専用の電源アダプターが必要となる。販路は公式Webショップ「Google ストア」のほか、量販店やECサイトの各所となっている。

Google Nest Hubの「スマートスピーカー」+「ディスプレイ」という構成の製品はすでにAmazonの「Echo Show」や「Echo Spot」、LINEの「Clova Desk」などが発売されており、日本では本製品が最後発となるわけだが、今回はそんなGoogle Nest Hubの機能や利用シーンなどを写真と動画で紹介していく。

続きを読む

ソフトバンク、Googleスマホ「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」の本体価格を最大5万5680円の大幅値下げ!5万7120円からの半額サポートで実質2万8560円からに


SoftBank向けGoogleスマホ「Pixel 3・3 XL」の本体価格が大幅値下げ!

ソフトバンクは14日、公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にてGoogle製ハイエンドスマートフォン(スマホ)「Pixel 3」および「Pixel 3 XL」の本体価格を値下げするとお知らせしています。また在庫切れとなっていましたが、同日に再入荷したとのこと。

本体価格(金額はすべて税込)は新規契約および機種変更、他社から乗り換え(MNP)の全オーダーで同じとなっており、Pixel 3の64GBが98,400円から57,120円、128GBが103,680円から64,800円、Pixel 3 XLの64GBが119,520円から67,860円、128GBが131,040円から75,360円になっています。

各製品ともに48回払いで「半額サポート」(無料)に加入して25ヶ月目以降に次の機種変更をして返却すれば26回目以降の分割支払金(最大24回分)が免除されて実質最大半額OFFとなります。期間は指定されていないため、キャンペーンではない値下げだと見られます。なお、Pixel 3はGoogle ストアで6月23日まで26,000円OFFの69,000円からで販売されています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。