S-MAX

Google

グーグルが無料の音楽配信サービス「YouTube Music」を試す!広告なしの有料「YouTube Music Premium」や「YouTube Premium」はiPhone・iPadのアプリで申し込むと高くなるので注意【レビュー】


YouTube Premium・YouTube Music Premiumを使ってみた!iPhoneでオフライン再生を手軽にするなら必須

既報通り、グーグル(以下、Google Japan)は14日、日本にて無料の音楽配信サービス「YouTube Music」( https://music.youtube.com )を2018年11月14日(水)に提供開始しました。合わせて広告のない有料サービス「YouTube Music Premium」および動画配信サービス「YouTube Premium」も開始しています。

これまで通り、広告がある無料の動画配信サービス「YouTube」を加え、音楽と動画にそれぞれ広告のありなしなどで無料と有料のサービスが揃ったことになります。なお、YouTube PremiumはYouTube Music Premiumも含みます。

また既存の音楽配信サービス「Google Play Music」を有料で使っている場合にはそのまま使えるほか、YouTube Music Premiumも利用可能で、逆にYouTube PremiumやYouTube Music Premiumを契約してもGoogle Play Musicの有料サービスを利用できます。

月額料金はYouTube Music PremiumがAndroidおおよびWeb(iOSのSafari含む)では980円、iOS(アプリ)では1,280円、YouTube PremiumがAndroidおおよびWeb(iOSのSafari含む)では1,180円、iOS(アプリ)では1,550円(ともに税込)で、ともに家族などの同じ世帯の自分以外で最大5アカウントまで使える「ファミリー プラン」は月額600円追加で契約できます。

YouTube PremiumおよびYouTube Music Premiumでは同時にストリーミングできる台数が1台までとなっており、2台目で再生を開始するとそれまで再生していた1台目にエラーメッセージが表示されて停止されるようになっており、複数の製品で同時にストリーミングしたい場合にもファミリー プランを利用することになります。再生しない場合の利用については複数台同時利用が可能。

なお、iPhoneやiPadなどのiOS搭載製品でもSafariなどのWebブラウザーから申し込めばAndroidおよびWebと同額となるため、iOS向け「YouTube」アプリもしくは「YouTube Music」アプリから申し込むと高くなってしまうため、ご注意ください。Googleではこの料金差はiOSアプリにおけるApple取り分の手数料の影響だと説明しています。

その他、サービス開始に合わせてYouTube PremiumおよびYouTube Music Premiumが3ヶ月無料(アカウントによっては6ヶ月無料)で使えるトライアルが実施されていますので、実際にYouTube PremiumやYouTube Music Premiumを使ってみたファーストインプレッションをお届けします。

続きを読む

グーグルが無料の音楽配信サービス「YouTube Music」を日本で開始!有料の「YouTube Music Premium」や「YouTube Premium」も提供。無料トライアルも実施中


YouTube Music・YouTube Music Premium・YouTube Premiumが日本でスタート!

グーグル(以下、Google Japan)は14日、都内にて「YouTube 新サービス記者発表会」を開催し、海外では今年5月より提供している新しい音楽配信サービス「YouTube Music」( https://music.youtube.com )を2018年11月14日(水)に日本で開始したと発表しています。合わせて有料の動画配信サービス「YouTube Premium」も日本で利用可能となっています。

YouTube Musicは動画配信サービス「YouTube」( https://youtube.com )のチームが開発・提供する音楽配信サービスで、広告が表示されるものの、無料で利用できるYouTube Musicと、広告が表示されずにバックグラウンド再生やオフライン再生を利用できる有料の「YouTube Music Premium」が用意されています。

月額料金はYouTube Music PremiumがAndroidおおよびWeb(iOSのSafari含む)では980円、iOS(アプリ)では1,280円、YouTube PremiumがAndroidおおよびWeb(iOSのSafari含む)では1,180円、iOS(アプリ)では1,550円(ともに税込)で、YouTube PremiumにはYouTube Music Premiumの内容も含まれており、広告なしで動画だけでなく音楽も楽しめます。

また現在、既存の音楽配信サービス「Google Play Music」を有料で利用している場合にもYouTube Music Premiumを自動的に利用可能で、なおかつ、Google Play Musicについてもこれまでに購入したすべての音楽、アップロード、プレイリストにアクセスでき、何も変わらずにこれまで通り使えます。

YouTube Premiumでは、YouTubeのすべてのコンテンツを広告表示なし、バックグラウンド再生やオフライン再生に対応して楽しめるほか、YouTubeのオリジナル作品「コブラ会(人気映画「ベスト・キッド」の続編)」などの「YouTube Originals」を視聴できます。

さらにサービス開始に合わせてYouTube PremiumおよびYouTube Music Premiumが3ヶ月無料(アカウントによっては6ヶ月無料)で使えるトライアルが実施されていますので、是非チェックしてみてください。なお、Googleではこれまでに22カ国・地域でYouTube MusicおよびYouTube Music Premium、YouTube Premiumを提供しており、日本が23番目となるとのこと。

続きを読む

グーグルの新スマホ「Pixel 3」のSIMフリー版を購入したので開封してみた!ちょうど良いサイズ感で高性能+防水+おサイフケータイ対応に【レビュー】


Googleの新スマホ「Pixel 3」(64GB・クリアリー ホワイト)のSIMフリー版を購入!

日本では2015年10月に発売された「Nexus 5X」および「Nexus 6P」以来、3年ぶりとなるGoogleのスマートフォン(スマホ)「Pixel 3」および「Pixel 3 XL」が11月1日にGoogleのほか、NTTドコモとSoftBankから発売されました。

その間、GoogleブランドのAndroidのリファレンスモデルとして投入されていた「Nexus」シリーズはNexus 5X・6Pで終了し、2016年より新たにブランドだけでない“Made by Google”となった「Pixel」シリーズのスマホに変わっていました。

Pixelシリーズはリファレンスモデルという立ち位置からあくまでも他のメーカーと同様にGoogleがめざすスマホの在り方を示す製品となっており、新しいPixel 3・3 XLは「AI×Software×Hardware」をテーマで最新の技術が盛り込まれています。

一方、その影響もあってか、昨今の他社を含めたスマホ市場の本体価格の上昇に合わせてPixel 3・3 XLもNexusシリーズのときと比べるとかなり高価となり、価格(税込)はすでに紹介していますが、Googleが公式Webショップ「Google ストア」で販売するSIMフリー版では、Pixel 3が95,000円から、Pixel 3 XLが119,000円からとなっています。

そんなPixel 3・3 XLですが、筆者も発売日からは多少遅れてしまいましたが、Pixel 3のSIMフリー版(64GBモデル・クリアリー ホワイト)をGoogle ストアにて購入したのでまずは開封してパッケージや外観などを写真で紹介していきたいと思います。

続きを読む

NTTドコモがGoogleの新スマホ「Pixel 3 XL」の販売価格を発売前に変更!月々サポートを648円増額で実質値下げ。Pixel 3は変更なし


docomoがGoogleスマホ「Pixel 3 XL」の価格を発売前に値下げ!

NTTドコモは25日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」におけるGoogleの新しいスマートフォン(スマホ)「Pixel 3 XL」の販売価格を変更するとお知らせしています。なお、もう1機種の「Pixel 3」は変更ありません。

Pixel 3およびPixel 3 XLは日本ではNTTドコモのほか、Google公式Webストア「Google ストア」(SIMフリー版)およびSoftBankから販売され、発売日はともに2018年11月1日(木)を予定しており、ドコモオンラインショップでは2018年10月30日(火)10時より購入手続きが開始され、発売日以降にお届けとなります。

続きを読む

Googleスマホ「Pixel」がついに日本登場!おサイフケータイ対応で日本仕様となった「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」を写真と動画で紹介【レポート】


グーグルの最新スマホ「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」が日本上陸!11月1日に発売

既報通り、グーグル(以下、Google Japan)は10日、都内にて「新製品記者発表会」を開催し、最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」を搭載した最新スマートフォン(スマホ)「Google Pixel 3」(以下、Pixel 3)および「Google Pixel 3 XL」(以下、Pixel 3 XL)を2018年11月1日(木)に日本で発売すると発表した。

Pixel 3とPixel 3 XLの違いはすでに紹介しているように主に画面とバッテリー容量だ。共通するスペックはQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 845(SDM845)」や4GB内蔵メモリー(RAM)、64または128GB内蔵ストレージ、おサイフケータイ(FeliCa)、防塵・防滴などとなる。

Androidの開発・提供元であるGoogleが2016年から投入している自社開発の「Pixel」シリーズのスマホはこれまで日本では発売されてこなかったが、3世代目でついに日本で発売されることになった。しかも、日本でニーズの高い「おサイフケータイ(FeliCa)に対応して」だ。

日本ではGoogle Japanの公式Webショップ「Google ストア」で取り扱うSIMフリー版のほか、NTTドコモおよびSoftBankもそれぞれ取り扱い、すでにGoogle ストアでは10月10日より予約販売が開始され、NTTドコモとSoftBankでも10月19日より予約受付が実施されている。

なお、NTTドコモとSoftBankが取り扱うPixel 3シリーズはSIMロック版となり、SIMロック解除に対応する。価格も以前にまとめているようにGoogle ストアではPixel 3が95,000円から、Pixel 3 XLが119,000円からとなっている。

なお、KDDIではPixel 3とPixel 3 XLをauの相互接続性試験(IOT)をクリアしていることを公開しているため、SIMフリー版やSIMロック解除を行った状態ではau回線でも利用可能だ。

今回はそんなPixel 3およびPixel 3 XLについて発表会の展示会場で実機をタッチ&トライし、さらに貸出機も届いたので機能紹介や外観などを写真と動画で紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。