S-MAX

LGエレクトロニクス

ジュピターテレコム、LTE対応J:COMタブレット「LG G Pad 8.0 Ⅲ LGT02」を3月1日に発売!8インチWXGA液晶やAndroid 7.0 Nougat、モバイルバッテリー機能など


J:COMタブレットに「LG G Pad 8.0 Ⅲ LGT02」が追加!

ジュピターテレコムは20日、テレビサービス「J:COM TV」の放送中の番組やJ:COMオンデマンドをいつでも好きな場所で2台目のテレビとして楽しむことができるLTE対応のJ:COMタブレット「LG G Pad 8.0 Ⅲ(型番:LGT02)」(LGエレクトロニクス製)と、サポート充実の「J:COM MOBILE」サービスのスマートフォン(スマホ)「arrows M03」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を2017年3月より全国のJ:COMエリアで販売開始すると発表しています。

LG G Pad 8.0 Ⅲは3月1日(水)より、arrows M03は3月より順次発売するとのこと。これにより、新たに「J:COM MOBILE スマホセット」を契約の際に折りたたみ型ガラホ「LG Wine Smart」(LGエレクトロニクス製)とarrows M03のいずれかを選択できるようになります。

続きを読む

次期フラッグシップスマホ「LG G6」がMWC 2017に合わせて2月26日に発表へ!18:9の5.7インチQHD+ディスプレイやベゼルレスデザインに適した角丸表示の新UI「LG UX 6.0」を採用


LGの次期フラッグシップスマホ「G6」が2月26日に正式発表に!

LG Electronics(以下、LG)が次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「LG G6」をスペイン・バルセロナにて2017年2月27日(月)から3月2日(木)に開催される「Mobile World Congress 2017(MWC 2017)」に合わせて2017年2月26日(日)に発表すると予告しています。

同社では正式発表に向けて少しずつ情報を公開しており、これまでにアスペクト比18:9の縦長の5.7インチQHD+(1440×2880ドット)ディスプレイやESS Technology製「クアッドDAC(デジタル・アナログコンバーター)」を搭載するなどを発表しています。

従来の16:9のアスペクト比だった前機種「LG G5」などからさらに縦長になり、画素密度も約564ppiと高解像度することから新たにそれらに適したユーザーインターフェース(UI)「LG UX 6.0」を採用するとのこと。

リッチな画面領域を活かして角が丸く表示され、最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」でOS標準機能となったマルチウィンドウで正方形で2画面を表示できるなどして使いやすくなっているという。

また外観もディスプレイの周りの縁が狭いベゼルレスデザインを採用するということで、角や縁をカットしたりできるだけ余裕を持たせる表示することは、誤操作を防ぐ意味合いもありそうです。

LG G5は日本では発売されませんでしたが、その前の「LG G4」や別シリーズ「LG V20」はいくつか派生モデルが日本でも発売されたため、LG G6についても日本に投入されることを期待したいところです。

続きを読む

NTTドコモ、5.2インチスマホ「Disney Mobile on docomo DM-02H」を発表!スワロフスキー・クリスタルやミッキーやミニーのラインアート、光るハートが現れるディズニーパレードが輝く


NTTドコモがディズニースマホ「Disney Mobile on docomo DM-02H」を発表!

NTTドコモは11日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2016夏モデル新商品発表会」を都内で11時から開催し、OSはAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)を採用したミッキーマウスとミニーマウスのラインアートが背面に描かれたディズニースマートフォン(スマホ)「Disney Mobile on docomo DM-02H」(LGエレクトロニクス製)を発表しています。

発売時期は2016年7月上旬を予定しており、本日5月11日(水)10時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。価格は実質負担額で新規契約/機種変更/MNPで3万円台後半の見込み。

昨年夏モデル「Disney Mobile on docomo DM-01G」から"DM"型番が付けられているNTTドコモ向けのディズニースマホですが、前機種「Disney Mobile on docomo DM-01H」のシャープから再びDisney Mobile on docomo DM-01Gと同じLGエレクトロニクスが開発を担当しています。

スペックとしては約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)TFT液晶や64bit対応Qualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 430 MSM8937」(1.4GHzクアッドコアCPU+1.2GHzクアッドコアCPU)、2GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージなどのミドルハイレンジクラスとなっています。

また、今回のテーマは「光るハートが現れる。ディズニーパレードが輝くスマートフォン。」とし、背面のラインアートのほか、着信時に光るハートが浮かび上がり、イルミネーションの世界を演出するなど、まさに"ディズニーパレード"を思い描いた製品となっています。

続きを読む

日本初上陸のガラケーのようなスマホ!ジュピターテレコム独占販売のJ:COM MOBILE向け折りたたみ型Androidスマホ「LG Wine Smart LGS01」を写真と動画で紹介【レポート】

2つ折りスマホ「LG Wine Smart LGS01」をじっくり紹介!

既報通り、ジュピターテレコム(以下、J:COM)は13日、都内にて「J:COM MOBILE 記者発表会」を開催し、au by KDDIが提供する「au 4G LTE」や「au VoLTE」に対応したSIMカードとセットでテンキーを搭載したAndroidスマートフォン(スマホ)「LG Wine Smart(型番:LGS01)」(LG Electronics製)、4G LTEに対応した8インチタブレット「LG G Pad 8.0 L Edition(型番:LGT01)」(LG Electronics製)、さらに、NTTドコモのネットワークを利用したSIM単体を10月29日より発売することを発表した。

LG Wine Smartは"ガラケー"とも呼ばれる折りたたみ式の従来型携帯電話(フィーチャーフォン)ような出で立ちだが、OSにスマホと同じAndroid 5.1.1(開発コード名:Lollipop)を採用し、ハードキーの他にタッチパネルにも対応し、もちろん、Gmailなどの各種Gmailアプリやアプリ配信マーケット「Google Playストア」も利用可能なれっきとしたスマホだ。

ハードウェアはプロセッサーに1.1GHzクアッドコア(Qualcomm製「Snapdragon 210 MSM8909」)、ディスプレイに約3.2インチHVGA(320×480ドット)TFT液晶、内蔵メモリー(RAM)に1GB、内蔵ストレージに4GBという構成となる。

前回は主に発表会のプレゼンテーションを中心に紹介したが、今回はこのハードキーを持つ折りたたみ型スマホのLG Wine Smart LGS01を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

LG、Android 5.1.1 Lollipop搭載折りたたみ型ガラホ「Wine Smart」をグローバル市場で展開!日本にも投入することが明らかに


折りたたみ型ガラホ「LG Wine Smart」が日本でも登場へ!

LG Electronics(以下、LG)は5日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)など向けプラットフォーム「Android 5.1.1(開発コード名:Lollipop)」を採用しながら日本国内では"ガラケー"とも呼ばれる従来型の携帯電話(フィーチャーフォン)のような折りたたみ型形状のいわゆる"ガラホ"の「LG Wine Smart」を2015年7月末よりグローバル市場で展開していくと発表しています。まずはフランスおよびイタリア、ポーランド、スペイン、カザフスタン、日本を含めた国・地域で販売すると明らかにしています。

なお、LG Wine Smartはすでに韓国や台湾で販売されていますが、これらの国で販売されているLG Wine Smartではなく、韓国で販売されている「LG Gentle」とグローバル市場ではLG Wine Smartとして販売するということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。