S-MAX

LINEモバイル

携帯電話サービス「LINEモバイル」が新料金プランを発表!すべてLINEで通信量は消費せず音声・データの500〜12GBまでの8種類。他のカウントフリーはオプションに


LINE MOBILEが新料金プランやキャンペーンを発表!

ソフトバンク傘下のLINEモバイルは10日、都内にて春商戦に向けた事業戦略を発表する記者発表会を開始し、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「LINE MOBILE」( https://mobile.line.me )において新料金プランや対象のSNSが最大2ヶ月間使い放題0円のキャンペーンなどの新しい3つの取り組みを発表しています。

まず新料金プラン「ベーシックプラン」は月当たりの高速データ通信容量が500MBおよび3GB、6GB、12GBの音声通話SIMとデータSIM(SMS付き)の8通りが2020年2月19日(水)から提供開始され、それぞれにコミュニケーションサービス「LINE」のデータ通信容量がカウントされないオプション「LINEデータフリー」が無料で付属します。

月額利用料は音声通話SIMが500MBで1,100円、3GBで1,480円、6GBで2,200円、12GBで3,200円、データSIMが500MBで600円、3GBで980円、6GBで1,700円、12GBで2,700円(金額はすべて税別)。これにより、同社では音声通話SIMの3GBまでなら月額1,480円で使え、主要な「格安SIM」の中では最安としています。

また別途、3GB以上ならTwitterとFacebookを加えた3つのサービスがカウントフリーとなる月額280円のオプション「SNSデータフリー」、さらにInstagramやLINE MUSICも加えた5つのサービスがカウントフリーとなる月額480円のオプション「SNS音楽データフリー」が用意されます。さらにSNS音楽データフリーは今夏以降にカウントフリーとなる対象の音楽配信サービスを追加予定とのこと。

続いて対象のSNS使い放題0円など4つのキャンペーンを実施するとのこと。キャンペーンは『月額基本利用料2ヶ月0円キャンペーン』および『データフリーオプション2ヶ月0円キャンペーン』、『全スマホ対象!格安スマホ大還元祭』、『SNS使い放題!学生も社会人も誰でも5,000円相当プレゼントキャンペーン』、『TwitterシェアでAmazonギフト券最大19万円分が当たる!「ギフトが貰える!心理テストTwitterキャンペーン』。

最後にLINEモバイルは音声通話SIMでの契約が75%を超え、メイン回線としての利用が増加している一方で、格安SIMの業界全体としてみると、いきなり乗り換えて大丈夫かといった不安の声もあり、同時にインバウンド需要の増加に伴い、短期間利用といったニーズの拡大も見込まれているため新たにプリペイドSIMの提供を今夏に開始予定だとしています。

その他、女優の本田翼さんを起用した新しいTVCM「LINEモバイルダンス・サプライズ」篇を2020年2月22日(土)から全国(一部地域を除く)にて放映開始します。本シリーズは第1弾が2018年11月度の作品別CM好感度ランキングで4位、第2弾が2019年3月度の作品別CM好感度ランキングで2位を獲得して好評となっているということです。

続きを読む

携帯電話サービス「LINEモバイル」が音声通話SIMで5000円相当、データSIM(SMS付き)で1000円相当をプレゼント!iPhone 6sなどのセール販売も


LINE MOBILEで「学生応援!社会人にもあげちゃう最大5,000円相当プレゼントキャンペーン」が実施

ソフトバンク傘下のLINEモバイルは22日、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「LINE MOBILE」( https://mobile.line.me )において「学生応援!社会人にもあげちゃう最大5,000円相当プレゼントキャンペーン」を実施するとお知らせしています。

キャンペーンでは音声通話SIMを契約した場合にLINEポイント5,000ポイントもしくはLINE Pay残高5,000円相当のどちらかの特典、データSIM(SMS付き)を契約した場合にLINEポイント1,000ポイントもしくはLINE Pay残高1,000円相当のどちらかの特典プレゼントするとのこと。

また同日から2月下旬まで「2020 冬の格安スマホSALE」も実施され、SIMフリースマートフォン(スマホ)「iPhone 6s」や「OPPO AX7」、「HUAWEI P30 lite」が割引価格で販売されています。ただし、セールは在庫切れによって早期終了する場合があるとし、新規契約および他社から乗り換え(MNP)と機種変更では異なる価格となっています。

続きを読む

携帯電話サービス「LINEモバイル」が音声通話SIM契約で「選べる5000円相当!LINEポイント・LINE Pay残高プレゼントキャンペーン」を実施


LINE MOBILEの音声通話SIM契約で5千円相当をプレゼントするキャンペーン!

ソフトバンク傘下のLINEモバイルは13日、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「LINE MOBILE」( https://mobile.line.me )において「選べる5000円相当!LINEポイント・LINE Pay残高プレゼントキャンペーン」を実施するとお知らせしています。

キャンペーンでは音声通話SIMの対象プラン(コミュニケーションフリーおよびMUSIC+)を契約した場合にLINEポイント5,000ポイントもしくはLINE Pay残高5,000円相当のどちらかの特典をプレゼントするというもので、これまでもLINEポイント5,000ポイントをプレゼントしていたので実質的には変わりませんが、特典にLINE Pay残高が選べるようになっています。

続きを読む

消費者庁、LINEモバイルに対して「エントリーパッケージ」の表示について景品表示法に違反で措置命令!公式Webサイトで「優良誤認」


消費者庁がLINEモバイルに対して景品表示法に違反で措置命令!

消費者庁は2日、仮想移動体通信事業者(MVNO)として携帯電話サービス「LINE MOBILE」を提供するLINEモバイルに対して同社が供給する「エントリーパッケージ」に係る表示について景品表示法に違反する行為(同法第5条第1号(優良誤認)に該当)が認められたことから同法第7条第1項の規定に基づいて措置命令を行ったと発表しています。

具体的にはLINE MOBILEの公式Webサイトにて「エントリーパッケージを事前にご購入いただくことで、お申し込み時に必要な登録事務手数料が不要となります。」と表示し、あたかも対象商品がLINE MOBILEのすべての携帯電話サービス申込時の登録事務手数料が不要であるかのように示す表示をしていたとのこと。

実際にはLINEモバイルが提供するサービスのうちの料金プラン「LINEフリープラン」における「データSIM」の申込時には使用できず、当該役務に係る申込時の登録事務手数料については不要となるものでははかったということです。

そのため、同庁ではLINEモバイルに対してこれらの内容を景品表示法に違反するものである旨を一般消費者に周知徹底し、今後、同様の表示を行わず、再発防止策を講じてこれを役員および従業員に周知徹底するよう通達したということです。

続きを読む

携帯電話サービス「LINEモバイル」がau回線のサービスを提供開始!3キャリア対応記念で「ドコモ・au・ソフトバンクユーザー全員集合!3,000ポイントバックキャンペーン」を実施


LINE MOBILEがau回線のサービスを提供開始!

ソフトバンク傘下のLINEモバイルは22日、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「LINE MOBILE」( https://mobile.line.me )において新たにau回線を利用したサービスの提供を開始したと発表しています。

これにより、同社ではこれまで提供してきたNTTドコモ回線およびソフトバンク回線と併せて国内すべてのMNOの回線を利用できるトリプルキャリアに対応し、今使っているスマートフォン(スマホ)のままでSIMロック解除不要で使えるようになるとしています。

なお、料金プランは3回線ともに同一の月額基本利用料で提供し、au回線のサービスは本日4月22日(月)より先行して公式Webサイトからの申し込みが可能となっており、店舗での即日の受け渡しは後日対応予定となっています。

併せて「誰でも」手に取りやすくなったことを記念して昨年11月より開催中の「SNS使い放題 新・月300円キャンペーン」に加えて、新規契約した場合にLINEポイントを3,000ポイントプレゼントする「ドコモ・au・ソフトバンクユーザー全員集合!3,000ポイントバックキャンペーン」を実施しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。