ソフトバンクがオンライン専用の新ブランド「SoftBank on LINE」を発表!2021年3月に提供開始

ソフトバンクは22日、オンラインにて「新しい料金サービスに関する発表会」を開催し、オンライン専用の新ブランド「SoftBank on LINE」(仮称)を立ち上げ、データ容量20GBを月額2,980円(金額はすべて税抜)で利用できる4G/5G共通の料金サービスを2021年3月に提供開始すると発表しています。

新ブランドはブランドコンセプトにコミュニケーションアプリ「LINE」がデータ容量を消費せずに使い放題となる「LINEがギガノーカウント」を提供するとともに、LINEでさまざまな手続きができるようにする予定だということです。eSIMも提供予定で、海外ローミングには対応するものの、キャリアメールは提供されないということです。

これは2021年3月に予定しているLINE Corp.とソフトバンク傘下でヤフーの親会社であるZホールディングスの経営統合を機にソフトバンクがLINEプラットフォームを活用した通信事業における新サービスを提供することについてLINE Corp.と今後詳細を協議していくことによって実現する計画だとのこと。

なお、LINEモバイルが仮想移動体通信事業者(MVNO)として現在提供している携帯電話サービス「LINE MOBILE」ついては今後ソフトバンクの100%子会社化および吸収合併に向けて検討を進める予定となっており、新ブランドのSoftBank on LINEはLINE MOBILEとは異なるサービスとなっています。

近年、さまざまな生活シーンにおいてオンライン化が進展していますが、新型コロナウイルス感染症の影響などによって非対面で手間や費用を抑えることができるオンラインで完結するサービスへのニーズがさらに高まっており、このような環境変化に対応するために新ブランドを立ち上げ、今後、ソフトバンクでは3つの自社ブランドで多様化するニーズに応えていくとしています。

02

新ブランドはSoftBank on LINEをブランドコンセプトとし、ソフトバンクショップなどの実店舗を介さず、オンラインのみで申込手続きを行い、月間高速データ通信容量が20GBまでと5分までの国内通話が何度でも無料で月額2,980円となっています。

またコミュニケーションアプリのLINEがデータ容量を消費せずに使い放題となるLINEがギガノーカウントを提供するとともに、LINEアプリ上でのさまざまな手続きが可能となる予定で、eSIMにも対応する予定だといことです。

03

04

LINEがギガノーカウントの対象はLINEトークやLINE通話などを予定しており、LINE内で使い放題の対象外となるサービスや技術的要因などにより使い放題の対象外となる場合があるとし、有料コンテンツを利用する場合は別途支払いが必要です。詳細については後日案内するとのこと。

20GBを使い切った場合のLINE以外についてのデータ通信についても最大上下1Mbpsで利用でき、500円/1GBのデータ容量を追加チャージすれば速度制限を解除することも可能。5分を超える国内通話も無料になる通話オプション(月額1,000円)も用意されます。

05

さらに利用するネットワークもSoftBankおよびY!mobileと同じソフトバンクの移動体通信事業者(MNO)による回線となり、同じ品質で利用でき、3Gや4Gに加えて5Gにも対応します。なお、SoftBank on LINEの提供に合わせて既存のLINE MOBILEの新規申込受付を終了するとのこと。

ソフトバンクとLINE Corp.では新ブランドにて昨今の環境変化にも柔軟に対応するとともに、幅広い世代に広く利用されているLINEをベースとして使いやすいUI/UX、シンプルな料金プランの提供と、ソフトバンクのネットワーク品質や5Gへの対応など、両社の強みを活かしたサービス提供をめざしていくということです。

06

07






記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
20GB+「LINEがギガノーカウント」を月額2,980円で提供~オンライン専用の新ブランドを立ち上げて2021年3月にサービス開始~(PDF形式)
ソフトバンクとの協業により、オンライン専用の新MNOブランドを立ち上げ 20GB+「LINEがギガノーカウント」を月額2,980円で提供 | ニュース | LINE株式会社
SoftBank ON LINE | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク