S-MAX

LINECorp

LINEがFIDOアライアンスのボードメンバーに!これからのインターネットセキュリティーを考える「LINE INTERTRUST SECURITY SUMMIT SPRING 2017 TOKYO」を解説【レポート】


これからのインターネットセキュリティーを考える技術サミットをLINEおよびインタートラストが開催!

LINE Corp.およびIntertrust Technologies(以下、インタートラスト)は17日、インターネット上でのサイバーセキュリティーを議題とした技術会議「LINE INTERTRUST SECURITY SUMMIT SPRING 2017 TOKYO」を共同開催しました。

IT技術やIoT製品が世界に浸透し人々がその恩恵を享受する現在、それらの機器を対象としたウィルスやマルウェアなどによるサイバー攻撃は激化と高度化の一途を辿っています。世界の技術者はそれらの攻撃に対抗すべく「絶対に安全な暗号化システム」を目指し研究を行っていますが、現在のところそのような夢の技術は実現されていません。今回開催された技術会議はそういった世界中の研究者を一同に集め、意見交換や技術情報の共有を目的としています。

会議では総計8時間にもおよぶ各研究者や技術者によるプレゼンやトークセッションが行われましたが、今回はそれらの発表から現在のインターネットセキュリティー事情や暗号化技術の最先端、そしてこれからのセキュリティーについて解説します。

続きを読む

もう試した?キリンがスマホなどの「LINE」をかざすとポイントが貯まる自販機「Tappiness」サービスを開始!使い方を写真と動画で紹介【レポート】


キリンとLINEがお得な自動販売機「Tappiness(タピネス)」をスタート!

キリンビバレッジバリューベンダーとLINE Corp.は13日、新自動販売機サービス「Tappiness(タピネス)」の発表会を開催し、スマートフォン(スマホ)など向けコミュニケーションサービス「LINE(ライン)」をかざすとポイントがたまる自動販売機サービスを開始することを発表した。

タピネスは自動販売機に取り付けられた「LINE Beacon」がLINEアプリと接続し、購入ごとに1ドリンクポイントが付与される。15ドリンクポイント貯まると自動販売機で好きな飲料と無料交換が可能な特典チケットが付与される。この特典チケットはLINEの友だちへプレゼントすることも可能だ。

また、電子マネー非対応の自動販売機では「LINE Pay」による決済を可能としている。現在、首都圏・近畿圏を中心にサービスが開始されており、2017年夏以降は全国主要都市部でも順次展開、サービス開始から1年で2万台の展開を見込んでいる。

今回は発表会でデモンストレーションが行われた、タピネスの使い方を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

電子コミックスは書店フェアの夢を見るか。電子書籍の購買動向や従来の書店販売との連携を探る「LINEマンガ主催 プレスセミナー」を写真とともに解説【レポート】


LINEマンガ主催のプレスセミナーから出版業界の“今”を読み解く!

LINE Corp.は11日、都内にてLINEマンガ主催のプレスセミナーを開催しました。セミナーには同社執行役員の森啓氏のほか、多数の出版業界関係者が登壇し、各テーマに沿ってそれぞれの立場から現在の出版業界の状況や今後の課題についてトークセッションが行われました。

これまで印刷物を中心としてきた出版業界にとってデジタルモバイルデバイスであるスマートフォン(スマホ)は「脅威の対象」であり、敵対する存在であるという認識が一般的でした。しかしその状況もここ数年で大きく変化し、大手の出版社や書店はデジタルデバイスとそれを使いこなす「デジタルネイティブ」の世代を上手く紙の出版物へと誘導し始めています。

出版業界がどう変化しスマホ全盛時代を生きる若いマンガ世代にアプローチしているのか、また今後どのようにアプローチしようとしているのか、今回行われたプレスセミナーの内容とともに解説したいと思います。

続きを読む

LINEのBlackBerry OSやFirefox OS、Nokia Asha、Windows 8 Store Application向けサービスが7月3日に終了!新規登録は4月27日まで――継続利用はiPhoneやAndroidなどに移行が必要


BlackBerryなどの一部OS向けLINEが終了に!

LINE Corp.は3日、同社が提供・運営するコミュニケーションサービス「LINE(ライン)」( http://line.me )においてBlackBerryなどの一部OS向けサービスを2017年7月3日(月)に提供終了するとお知らせしています。

今回終了するのは、BlackBerry OSおよびFirefox OS、Nokia Ashaシリーズ、Windows 8 Store Applicationとのこと。これらのサービスについては終了に先立って2017年4月27日(木)をもって新規登録を中止します。

続きを読む

iPhoneやAndroidのLINEアプリへ災害時に家族や友人に無事を知らせる「LINE災害連絡サービス」が追加!東日本大震災から6年を迎え、ドネーションスタンプ販売なども


LINEアプリに災害連絡サービスが追加!

LINE Corp.は2日、同社が提供するスマートフォン(スマホ)など向けコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」( http://line.me )において災害時に家族や友人に無事を知らせる「LINE災害連絡サービス」を追加したと発表しています。これにより、AndroidおよびiPhone向けLINEアプリのタイムライン上には家族や友人の投稿が集まり、安否の確認をすることが可能となるとのこと。

東日本大震災から6年を迎えるこの時期に合わせ、同社が推進するCSR活動「LINE SMILE+ PROJECT(ラインスマイルプラスプロジェクト)」の一環として導入され、同時にLINEを通じた東日本大震災被災地の復興活動・団体への寄付も受付開始したということです。

続きを読む

MVNOによる携帯電話サービス「LINE MOBILE」で基本利用料が最大3ヶ月無料になるキャンペーンを3月31日まで実施!音声通話SIMを新規した場合に初月と6・7月分


LINEモバイルが音声通話SIMの新規申込なら最大3ヶ月利用料無料キャンペーン!

LINE Corp.の子会社であるLINEモバイルは9日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「LINE MOBILE」( https://mobile.line.me )において2017年2月1日(水)から3月31日(金)まで「春の新生活応援 月額基本利用料 無料キャンペーン」を実施しているとお知らせしています。

キャンペーンでは期間中に各料金プランにおける音声通話SIM(データ+SMS+音声通話)を利用開始した場合に6月・7月の2ヶ月分の基本利用料を無料になり、もともとLINE MOBILEでは初月の利用料が無料なので最大3ヶ月分の利用料が無料になるということです。

なお、期間中に申込ではなく利用開始となっており、3月31日に申し込んだ場合は、利用開始日が4月1日以降になってしまうため、キャンペーンの対象外となります。逆に1月30日に申し込んだ場合は2月1日が利用開始日なので対象とのこと。

続きを読む

スマホなど向けパズルゲーム「LINE:ディズニー ツムツム」が3周年で合計3万3333名に「TSUM TSUM」グッズなどが当たるプレゼントキャンペーンなどを実施!3年間で52兆超ツムに


LINE:ディズニー ツムツムが3周年でキャンペーンを開催中!

LINE Corp.は7日、スマートフォン(スマホ)など向け定番カジュアルパズルゲーム「LINE:ディズニー ツムツム」(以下、ツムツム)が2017年1月29日に3周年を迎えたとして記念してプレゼントキャンペーンなどのさまざまなイベントを開催するとお知らせしています。さらに2月はあまーい新イベントの開催予定であることを案内しています。

なお、ツムツムは2016年に複数回のテレビCM放映や2016年に公開されたディズニー映画との連動イベントなどによってユーザーが増加しているとのことで、2016年10月29日には世界累計6500万ダウンロードを突破。

この3年間にゲーム内で消されたツムの総数(2016年12月16日時点)は世界累計52兆9496億7681万697個、ガチャから登場したツムの総数は世界累計21億8150万7959個となったとのこと。同社では今後も引き続き、世界中の人に楽しんでもらえるサービスをめざしていくとしています。

続きを読む

定額制音楽配信サービス「LINE MUSIC」のアプリ累計ダウンロード数が2000万件を突破!バージョン3.0.0でiPhoneでも「LINE着うた」にも対応


LINE MUSICの累計アプリDL数が2000万突破!iPhoneでもLINE着うたが可能に

LINE MUSICは24日、同社が運営する定額制オンデマンド型音楽配信サービス「LINE MUSIC」( https://music.line.me )においてスマートフォン(スマホ)などアプリ(Android・iOS対応)の累計ダウンロード数が2000万件を突破したと発表しています。

またLINE MUSICアプリ内で友だちが設定している楽曲を確認できたり、時間帯やシーンに合わせたプレイリストをおすすめしてくれたりなど大規模アップデートをしたVersion 3.0.0を1月18日にリリースし、さらにこのバージョンではiPhone向け「LINE着うた」の提供もスタートしたということです。

続きを読む

MVNOによる携帯電話サービス「LINEモバイル」にて音楽もカウントフリーになる「MUSIC+プラン」を提供開始!TwitterやFacebook、Instagramに加え、まずはLINE MUSICが対象に


LINEモバイルがLINE MUSICもカウントフリーになる「MUSIC+プラン」をスタート!

LINE Corp.の子会社であるLINEモバイルは18日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「LINE MOBILE」( https://mobile.line.me )においてこれまでの「LINE」や「Twitter」、「Facebook」、「Instagram」に加えて新たに音楽サービスのデータ消費がカウントフリーとなる料金プラン「MUSIC+プラン」を2017年1月18日(水)より提供開始すると発表しています。

第1弾としてまずは定額制オンデマンド型音楽配信サービス「LINE MUSIC」( https://music.line.me )がカウントフリーの対象となり、データ通信(SMS付)のみなら3GBの月額1,810円から、データ通信+SMS+音声通話なら3GBの月額2,390円から(ともに税別)。なお、LINE MUSICの利用には別途利用料金が発生し、LINE MUSICの料金プランは「LINE STORE」( https://store.line.me/family/music/ja )を参照してください。

今回、MUSIC+プランが新たに登場したことを記念して、3つのプレゼントキャンペーンを開催。1つはMUSIC+プランを契約した人の中から抽選で10組20名に「乃木坂46」ライブチケットプレゼント、2つめはMUSIC+プランを初めて契約した場合もれなくLINE MUSICを30日間無料で利用できる「MUSIC+利用特典30日間無料チケット」をプレゼント、最後に誰でも参加できる「Beatsヘッドホン」プレゼントとなっています。

続きを読む

LINE NEWSの1年を振り返る。キュレーションメディア「NAVERまとめ」の新方針にも触れた「LINE ニュース事業 記者説明会」の様子を写真とともに解説【レポート】

波乱の締めくくりとなった2016年のオンラインメディア。LINE NEWSやNAVERまとめの2017年を予想する

LINE Corp.(以下、LINE)は5日、同社が運営する「LINEアカウントメディアプラットフォーム」のサービス開始後1年間の実績および今後の展開に関する記者説明会を開催しました。LINEアカウントメディアプラットフォームとは参画メディアがLINEの公式アカウントを開設し、フォローしたユーザーに対して媒体独自の視点で編成・編集されたニュースや情報をダイジェスト形式で配信することができるニュースプラットフォームで、サービス運用が2015年12月1日に開始されています。

これまでオンラインニュースメディアと言えば、Yahoo! JAPANやLINEが運営するlivedoorといった「ポータルサイト」型が中心であり、ユーザーはポータルサイトをブックマークしたり、検索することで情報を手に入れてきました。しかし、スマートフォン(スマホ)とSNSが情報コミュニケーションの中心となった今、これらの「PULL(プル)」型のニュースソースではなく、媒体側から自動的にニュースが送られてくる「PUSH(プッシュ)」型のニュースソースが主流になりつつあります。

LINEアカウントメディアプラットフォームもまたそういったプッシュ型のニュースメディアをめざした取り組みであり、現在は「LINE NEWS」としてLINEアプリの利用者に広く利用されるようになりました。本記事ではこのLINE NEWSの1年間の取り組みの成果や同時に発表された「LINE MEDIA AWARD 2016」の表彰式の模様などをお伝えしつつ、昨今話題となっている「キュレーションメディア」の先駆けともなった「NAVERまとめ」の現状と今後について、同社の発表内容を交えて解説したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。