S-MAX

MiNote10Lite

シャオミ、SIMフリースマホ「Redmi Note 9S」と「Mi Note 10 Lite」を6月9日に発売!すでに予約を開始し、価格は2万4800円から


SIMフリースマホ「Mi Note 10 Lite」と「Redmi Note 9S」が発売に!

Xiaomi(以下、シャオミ)は2日、オンラインにて新製品発表会を開催して日本にてSIMフリースマートフォン(スマホ)「Redmi Note 9S」および「Mi Note 10 Lite」(ともにXiaomi Communications製)を2020年6月9日(火)に発売すると発表しています。

価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格ではRedmi Note 9Sの4GB RAM・64GB内蔵ストレージが24,800円、6GB RAM・128GB内蔵ストレージが29,800円、Mi Note 10 Liteの6GB内蔵メモリー(RAM)・64GB内蔵ストレージが39,800円、6GB RAM・128GB内蔵ストレージが44,800円。

発売に先立って6月2日(火)より事前予約受付を開始し、販路はこれまでのAmazon.co.jpに加えて量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)の各社に広がり、MVNOではRedmi Note 9Sの4GB RAM+64GB内蔵ストレージをIIJmioおよびgooSimseller、LINEモバイル、Mi Note 10 Liteの6GB RAM+64GB内蔵ストレージをIIJmioおよびgooSimsellerが取り扱います。

取り扱いを予定しているNTTレゾナントの「gooSimseller」では携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」とのセットで販売を行い、通常価格がRedmi Note 9Sが16.720円、Mi Note 10 Liteが30,030円で、発売日の11:00から7月1日(水)11:00までは販売開始記念特価でRedmi Note 9Sが11,990円、Mi Note 10 Liteが23,980円となるとのこと。

さらに通常価格および販売開始記念特価ともに対象オプション同時加入で1,000円OFF、他社から乗り換え(MNP)で5,000円OFFとなり、販売開始記念特価なら対象オプション同時加入かつMNPだとMi Note 10 Liteが17,380円、Redmi Note 9Sが5,390円となるということです。

その他の販路についてはRedmi Note 9Sの4GB RAM+64GB内蔵ストレージとMi Note 10 Liteの6GB RAM+64GB内蔵ストレージはAmazon.co.jpおよびひかりTVショッピング、Redmi Note 9Sの6GB RAM+128GB内蔵ストレージとMi Note 10 Liteの6GB RAM+128GB内蔵ストレージはビックカメラグループおよびヨドバシカメラ、ヤマダ電機、エディオン、上新電機、ケーズデンキ、ノジマとのこと。

またRedmi Note 9SおよびMi Note 10 Liteは「Mi Note 10」や「Mi Note 10 Pro」では対応していなかった移動体通信事業者(MNO)の楽天モバイルにも対応しているとのこと。さらに同社ではこれまで提供してきた日本向け公式Twitterアカウント( @XiaomiJapan )に加えて新たに公式LINEアカウントを開設したと案内しました。

続きを読む

シャオミ、SIMフリースマホ「Mi Note 10 Lite」と「Redmi Note 9S」の日本での発売を発表!価格などは6月2日14時からの発表会で案内


SIMフリースマホ「Mi Note 10 Lite」と「Redmi Note 9S」が発売に!

Xiaomi(以下、シャオミ)は30日、新たに日本市場にてミッドレンジスマートフォン(スマホ)「Mi Note 10 Lite」および「Redmi Note 9S」(ともにXiaomi Communications製)を発売すると発表しています。昨年12月に発売した「Mi Note 10」や「Mi Note 10 Pro」と同様にSIMフリーで販売されます。

また両機種の製品情報はおおよそ明らかにされているものの、発売日や価格などはすでに案内してい6月2日(火)14時から実施される発表会にて案内するとのこと。また同社では発表会の模様は公式Twitterアカウントおよび公式YouTubeチャンネルにてライブ中継するということです。

続きを読む

シャオミが6月2日14時から製品発表会を開催!Mi Note 10の廉価版で技適取得済みのスマホ「Mi Note 10 Lite」を発表へ


Xiaomiの日本市場第2弾スマホが6月2日に発表!価格を抑えたMi Note 10 Liteを投入へ

Xiaomi(以下、シャオミ)は27日、同社の日本向け公式Twitterアカウント( @XiaomiJapan )にて2020年6月2日(火)14:00から日本市場向けの新製品発表会を開催するとお知らせしています。同アカウントにて発表会の模様をライブストリーミングするとのこと。

また発表される新製品は昨年12月より販売しているSIMフリースマートフォン(スマホ)「Mi Note 10」および「Mi Note 10 Pro」に続いてMi Note 10シリーズの最新作とされており、すでに紹介しているように日本向けの認証(いわゆる「技適」)を取得している「Mi Note 10 Lite(型番:M2002F4LG)」になると見られます。

続きを読む

Xiaomi製スマホ「Mi Note 10」の廉価版「Mi Note 10 Lite」が発表!技適取得済みなので日本でも発売か


シャオミがミッドハイレンジスマホ「Mi Note 10 Lite」を発表!日本でも発売へ

Xiaomi Communications(以下、シャオミ)は30日(現地時間)、日本でも販売しているスマートフォン(スマホ)「Mi Note 10」ファミリーとして新たに廉価版の「Mi Note 10 Lite(型番:M2002F4LG)」を発表しています。

欧州などで発売され、価格は内蔵メモリー(RAM)と内臓ストレージによって6GB RAM+64GBストレージで349ユーロ(約41,000円)、6GB RAM+128GBストレージで399ユーロ(約47,000円)となっており、他に8GB RAMモデルも用意されています。

なお、すでに紹介しているように画面やチップセット(SoC)などの基本仕様はMi Note 10と同じとなっており、日本向けの認証(いわゆる「技適」)も取得しているので日本で販売される可能性は高そうです。

続きを読む

Xiaomi製スマホ「Mi Note 10」の廉価版が日本で発売へ!未発表の「M2002F4LG」が技適取得。1億画素から6400万画素へダウン


Xiaomiの未発表スマホ「M2002F4LG」が技適通過!日本で発売へ

Xiaomi Communications(以下、シャオミ)が新たに未発表のスマートフォン(スマホ)「M2002F4LG」について日本向けの認証(いわゆる「技適」)をTeleficationを通じて2020年3月24日付で取得していることが明らかとなりました。認証番号は技術基準適合証明/工事設計認証(電波法)が「201-190821 / 01」、技術基準適合認定(電気通信事業法)が「ADF 19 0195 201 / 01」。

それぞれ日本で販売されている「Mi Note 10(型番:M1910F4G)」および「Mi Note 10 Pro(型番:M1910F4S)」と同じ「201-190821」および「ADF 19 0195 201」となっており、M2002F4LGは2020年3月26日に米連邦通信委員会(FCC)の認証も取得し、Mi Note 10とRF部などが電気的に同一であると示されているほか、Mi Note 10との違いについて公開されています。

FCCの資料によれば、画面や電池容量、チップセット(SoC)などはMi Note 10と同じで、M2002F4LGはリアカメラが約6400万画素CMOS+約800万画素CMOS+約800万画素CMOS+約500万画素CMOS+約200万画素CMOSのペンタ(5眼)構成となり、レーザーオートフォーカスに非対応となるなどするとされています。

またMi Note 10はソフトウェアで日本で利用されているBand 41に非対応となっているのに対し、M2002F4LGは対応。またM2002F4LGはOSがAndroid 10ベースとなっているとのこと。なお、海外ではMi Note 10の廉価版「Mi Note 10 Lite」(仮称)として投入されると噂されています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。