S-MAX

P20

進化したAIとオートフォーカスでさらに使いやすく!ファーウェイの新しいSIMフリースマホ「HUAWEI P20」を写真と動画で紹介【レポート】


ファーウェイがフラグシップスマホ「HUAWEI P20」をSIMフリーで発売!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は11日、都内にて「ファーウェイ・ジャパン『HUAWEI P20』シリーズ新製品発表会」を開催し、SIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20」(以下、P20)および「HUAWEI P20 lite」(以下、P20 lite)を2018年6月15日(金)に発売すると発表した。

P20 liteはすでに発表されていたようにauおよびUQモバイルワイモバイルも取り扱うが、今回発表されたSIMフリー版のP20 liteはUQモバイルやY!mobile版に仕様が近い、32GB内蔵ストレージモデルで、au版のみ64GB内蔵ストレージとなる。

そして本発表会において国内初お披露目となったP20は、NTTドコモが取り扱う「HUAWEI P20 Pro HW-01K」(以下、P20 Pro)と同世代のフラグシップモデルであり、P20 Proのトリプルカメラとは異なったダブルカメラだが、AIを利用したカメラ機能などは同様だ。

今回はこのP20について、発表会終了後のタッチ&トライコーナーで実機に触れることができたので写真と動画で紹介していく。なお、P20の価格はオープンながら希望小売価格で税抜69,800円(税込75,384円)となっている。

続きを読む

ファーウェイ、最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P20」のSIMフリー版を6月15日に発売!価格は税込7万5384円に。縦長ノッチありな5.8インチFHD+液晶やダブルカメラなど


ファーウェイがSIMフリースマホ「HUAWEI P20」を6月15日発売!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は11日、都内にて「ファーウェイ・ジャパン『HUAWEI P20』シリーズ新製品発表会」を開催し、SIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20」および「HUAWEI P20 lite」(ともにHuawei Technologies製)を2018年6月15日(金)に発売すると発表しています。

価格はオープンながら希望小売価格では、HUAWEI P20で税抜69,800円(税込75,384円)、HUAWEI P20 liteで税抜31,980円(税込34,538円)となっており、すでに公式Webショップ「ファーウェイ・オンラインストア」などにて予約販売を開始しています。

販路はファーウェイ・オンラインストア以外に各機種ともに量販店およびECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)となっており、すでに先行して発表されていたUQ mobileおよびY!mobileのHUAWEI P20 liteのSIMフリー版についても同日6月15日に発売するということです。

上位モデルの「HUAWEI P20 Pro」は日本ではNTTドコモ専売となりましたが、標準モデルのHUAWEI P20はこれまで通りにSIMフリーで販売されることになりました。HUAWEI P20はSIMフリーということでNTTドコモ向け「HUAWEI P20 Pro HW-01K」とは異なっておサイフケータイ(FeliCa)には対応しません。本記事では主にHUAWEI P20について紹介します。

発表時点におけるHUAWEI P20の販路は量販店がビックカメラおよびヤマダ電機、ヨドバシカメラほか、ECサイトがエディオンおよび上新電機、ノジマ、Amazon.co.jp、ひかりTVショッピング、NTT-X Store、Caravan Yu、E-TREND、ムラウチドットコムほか、MVNOではIIJmioおよびイオンモバイル、エキサイトモバイル、QT mobile、DMM mobile、NifMo、BIGLOBEモバイル、mineo、LINEモバイル、楽天モバイル、LinksMateほかとなっています。

続きを読む

ファーウェイ、最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P20」などの日本向けSIMフリー版を6月11日に発表へ!P20 ProはNTTドコモ専売となったものの、引き続いてオープンマーケットも注力


ファーウェイが最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P20」を日本投入へ!?

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は3日、同社の公式Twitterアカウント( @huawei_japan_pr )において2018年6月11日(月)に最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20」シリーズの日本展開について発表することを示唆したティザー画像を公開しています。

すでにHUAWEI P20シリーズは日本においてNTTドコモ向け「HUAWEI P20 Pro」、au向け「HUAWEI P20 lite」、そしてSIMフリー版のHUAWEI P20 liteがUQ mobileおよびY!mobileから販売されることが発表されています。

このうちのHUAWEI P20 Proについては日本ではNTTドコモのみの販売となることが案内されていますが、一方で引き続いて日本におけるSIMフリー製品を販売するオープンマーケットにも注力していくことが明らかにされています。

すでにHUAWEI P20 liteのSIMフリー版がUQ mobileおよびY!mobileから販売されることが決まっていますが、ティザーでは「進化したLeicaレンズでSmartphone撮影が変わる」とも書かれており、HUAWEI P20 liteは「Leica」レンズではないため、より上位のHUAWEI P20が投入されるものと見られます。

またHUAWEI P20 liteについてもUQ mobileやY!mobile以外の仮想移動体通信事業者(MVNO)や量販店、ECサイトといった販路でも取り扱われるといった発表もあるかもしれません。なんと言っても、販売台数では「lite」シリーズが中心ですし、販路が広がることでこれまでの「HUAWEI P9 lite」や「HUAWEI P10 lite」に続く人気機種になりそうです。

続きを読む

最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P20」シリーズを正式発表!流行りの縦長画面搭載で、上位モデル「HUAWEI P20 Pro」はトリプルカメラ搭載で光学5倍相当や暗所撮影に対応


ファーウェイが新フラッグシップスマホ「HUAEWI P20」シリーズを正式発表!上位のP20 Proはトリプルカメラに

Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)は27日(現地時間)、フランス・パリにてプレスカンファレンス「HUAWEI P20 SEE M◯◯◯RE WITH AI」を開催し、同社の新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20」およびその上位モデル「HUAWEI P20 Pro」、ポルシェデザインモデル「PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate RS」、廉価モデル「HUAWEI P20 lite」などを発表しています。

本記事ではまずHUAWEI P20およびHUAWEI P20 Proについてまとめますが、両機種の発売時期は発表会が実施されたフランスなどの最も早い1次販売国・地域では、HUAWEI P20が本日3月27日から、HUAWEI P20 Proが4月6日からグローバル市場で順次投入され、価格はフランスではHUAWEI P20が649ユーロ(約85,000円)から、HUAWEI P20 Proが899ユーロ(約118,000円)からとなっています。

なお、現時点では日本での販売については明らかにされていませんが、HUAWEI P20・P20 Proともに発売される可能性は高そうです。またこの発表会では同社のロゴマークおよびロゴにおけるフォントが変更され、よりシンプルになったことも紹介されました。

続きを読む

ファーウェイの次期フラッグシップスマホ「HUAWEI P20・P20 Pro・P20 lite」の画像がリーク!ノッチのある縦長画面ながらP20とP20 Proは指紋センサーが前面に。Proは3眼カメラも


次期フラッグシップスマホ「HUAWEI P20」シリーズの画像がリーク!

さまざまな製品のリーク情報を提供しているEvan Blass氏( @evleaks )は7日(現地時間)、Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)の次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20」および「HUAWEI P20 Pro」、「HUAWEI P20 lite」のプレスリリース用画像をリークしています。

ファーウェイではすでに公式にフランス・パリにて2018年3月27日(火)にプレスイベントを開催することを明らかにしており、HUAWEI P20やHUAWEI P20 Proを発表するとしています。なお、イベントの模様はライブ中継も実施される予定。

公式発表のティザー画像ではキャッチコピー「SEE M◯◯◯RE WITH AI」と示されており、このうちの「◯◯◯」部分がレンズが3つあるトリプルレンズカメラを示していると思われ、今回、公開された画像でも背面に3つのカメラが搭載されている機種があることがわかります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。