S-MAX

SC-01H

NTTドコモ、最強タフネススマホ「Galaxy Active neo SC-01H」を11月12日に発売!気になる価格をチェック――本体価格5万8968円で実質2〜3万円に


NTTドコモが小型タフネススマホ「Galaxy Active neo SC-01H」を11月12日に発表!

NTTドコモは9日、今冬および来春に発売する「2015-2016冬春モデル」のうちのNTTドコモ史上最も"強い"製品となるAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)採用のスマートフォン(スマホ)「Galaxy Active neo SC-01H」(サムスン電子製)を2015年11月12日(木)に発売すると発表しています。

すでに9月30日(水)からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されており、価格も公式Webサイトにて案内されていましたのでまとめて紹介したいと思います。

続きを読む

ママにも使って欲しい!?落下・水濡れに強い安心のドコモ史上最強タフネススマホ「Galaxy Active neo SC-01H」を写真と動画で紹介【レポート】

落としても壊れない濡れても大丈夫なコンパクトスマホ

既報通り、NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を開催し、水と衝撃、落下に強い安心のタフネススマホ「Galaxy Active neo SC-01H」(サムスン電子製)を発表した。

発売時期は2015年11月上旬を予定し、すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。価格はまだ公表されていませんが、実質負担額で新規契約および機種変更、他社から乗り換え(MNP)で2万円台後半を予定。

Galaxy Active neo SC-01Hは、米国国防総省の軍用規格「MIL-STD-810G」の21項目に準拠したほか、メーカー独自試験4項目に準拠するタフネススマホで、これらの性能を日常生活にフォーカスすることで普段使いでも安心して使えることを強みとしている。今回は発表会展示会場のタッチ&トライコーナーでの実機レポートを行っていく。

続きを読む

NTTドコモ、MIL規格21項目準拠のタフネススマホ「Galaxy Active neo SC-01H」を発表!手袋などをしたままでも押せる物理キーに加え、4.5インチと小型でよりしっかりと持ちやすく


NTTドコモがタフネススマホ「Galaxy Active neo SC-01H」を発表!

NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を開催し、NTTドコモ史上最も"強い"製品となるAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)採用のスマートフォン(スマホ)「Galaxy Active neo SC-01H」(サムスン電子製)を発表しています。2015年11月上旬に発売開始予定で、本日9月30日(水)からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。

Galaxy Active neo SC-01Hは昨年冬に発売された「GALAXY S5 Active SC-02G」に続く、Galaxyシリーズのタフネルモデルで、防水(IPX5、IPX8準拠)および防塵(IP5X準拠)に加えてアメリカ(米国)の国防総省(いわゆる「米軍」)が定める耐久試験「MIL-STD-810G」(以下、MIL規格)に新たに21項目準拠したほか、独自基準のテストもクリアしているとのこと。

約4.5インチWVGA(480×800ドット)TFT液晶ディスプレイ(約207ppi)で比較的小型で、アウトドアやウィンタースポーツ、マリンスポーツなどでも携帯しやすくなっており、手袋をしたままでも操作できる高感度タッチパネルや落としにくいストラップ穴、衝撃や傷に強いCorning製強化ガラス「Gorilla Glass 4」、そして、操作しやすい物理キーなどを搭載しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。