S-MAX

SC-02M

NTTドコモ、エントリースマホ「Galaxy A20 SC-02M」を発表!11月1日発売で価格は2万1384円。FeliCaや防水・防塵、ストラップ穴、FMラジオなど


docomoスマホ「Galaxy A20 SC-02M」が登場!11月1日発売で価格は2万1384円に

NTTドコモは11日、今冬から来春かけて発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2019-2020冬春 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、縦長画面やおサイフケータイ、防水・防塵などに対応したエントリースマートフォン(スマホ)「Galaxy A20 SC-02M」(サムスン電子製)を発表しています。

Galaxy A20は海外向けに販売されている「Galaxy A10e」をベースに日本向けに防水(IPX5およびIPX8準拠)や防塵(IP6X)、おサイフケータイ(FeliCa)、ストラップ穴といったニーズの高い機能に対応し、さらにFMラジオにも対応しており、インターネットラジオ「radiko」とともに利用できるハイブリッドラジオ「ラジスマ」に対応したエントリー向けです。

NTTドコモ版ではすでに先行して発表されているau版とハードウェアは共通となっており、本体カラーもブラックおよびホワイト、レッドの3色展開と同じになっています。NTTドコモではこれまでにも低価格なGalaxyシリーズとして「Galaxy Feel」シリーズを展開してきましたが、それ以上にコストを抑えた低価格な製品となっています。

発売時期は2019年11月1日(金)を予定し、発売に先立ってすでに本日10月11日12:00よりドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されており、価格(税込)は直営店では本体価格が21,384円です。なお、スマホおかえしプログラムは対象外。ドコモオンラインショップでは2019年10月29日(火)10時より購入手続きが開始され、お届けは発売日より順次となっています。

その他、Galaxy A20 SC-02Mを購入した人すべてに「Galaxy A20 使いこなしガイド」をプレゼントする購入キャンペーンを実施します。対象はすべての販売拠点で、購入期間は発売日(事前購入手続き期間含む)からなくなり次第終了となっています。

続きを読む

日本市場向けミッドレンジスマホ「Galaxy A10e(SM-A102JPN)」がFCC通過!NTTドコモ向け「SC-02M」およびau向け「SCV46」として発売へ


日本向けGalaxy A10eがFCC通過!docomo向け「SC-02M」とau向け「SCV46」に

米連邦通信委員会(FCC)は10日(現地時間)、サムスン電子製スマートフォン(スマホ)「Galaxy A10e(型番:SM-A102)」の日本向けモデル(型番:SM-A102JPN)が2019年9月9日付けで認証取得していることを公開しています。FCC IDは「A3LSMA102JPN」。

また公開された資料からこの製品が「SC-02M」および「SCV46」となることが示されており、それぞれ型番ルールよりNTTドコモおよびau向けとして2019年10月以降に「2019年秋冬モデル」として発表・発売されると見られます。

製品名はauは過去に「Galaxy A30 SCV43」を発売していることもあり、そのまま「Galaxy A10e SCV46」となりそうですが、NTTドコモはサムスン電子製のミッドレンジスマホは「Galaxy Feel」シリーズとしているので「Galaxy Feel3 SC-02M」となるのか、改めて「Galaxy A10e SC-02M」となるのかは不明です。

続きを読む

Note10はなしで「Galaxy Note10+」と高コスパなミッドレンジスマホの2機種を投入か?NTTドコモ向け「SC-01M」や「SC-02M」、au向け「SCV45」や「SCV46」が登場予定


Galaxy Note10+がdocomoとauから2019-2020冬春モデルとして登場予定!

Primate Labsが提供するベンチマークアプリ「Geekbench 4」の測定結果としてNTTドコモ向けと見られる「SC-01M」および「SC-02M」が公開されているほか、Wi-Fi AllianceおよびBluetooth SIGにてau向けと見られるサムスン電子製スマートフォン(スマホ)「SCV46」がそれぞれの認証を通過しています。

Geekbench 4のスコアからSC-01Mはハイエンドモデル、SC-02Mはミッドレンジモデルだと思われ、例年通りなら下期に「Galaxy Note」シリーズが投入されるため、SC-01Mはすでに発表されている「Galaxy Note10」シリーズとなると思われ、SC-02Mは高コスパな「Galaxy Feel」シリーズの次期製品「Galaxy Feel3」になるのではないかと考えられます。

一方、SCV46から「SCV45」も存在すると見られ、こちらも認証情報からGalaxy Note10シリーズでは「WPA3」などの最新技術にも対応するものの、SCV46は対応していないのでミッドレンジモデルと想定でき、SCV45がGalaxy Note10シリーズ、SCV46は「Galaxy A30 SCV43」のような高コスパスマホになると予想します。

サムスン電子では日本向け公式WebページにはGalaxy Note 10シリーズの製品情報を掲載しており、ベースモデル「Galaxy Note10」と上位モデル「Galaxy Note10+」の両方が掲載されていますが、ファームウェアを掲載しているEasy FirmwareではGalaxy Note10+のメーカー型番であるNTTドコモ向け「SM-N975D」とau向け「SM-N975J」はあるものの、Galaxy Note10のSM-N970DやSM-970JはないのでSC-01MとSCV45はGalaxy Note10+になりそうです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。