S-MAX

SHARP

KDDI、au向けフラッグシップスマホ「AQUOS R3 SHV44」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を1月22日10時より提供


auスマホ「AQUOS R3 SHV44」がAndroid 10に!

KDDIは21日、携帯電話サービス「au」向け「2019年夏モデル」として昨年5月から販売しているフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R3(型番:SHV44)」(シャープ製)に対応して最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2020年1月22日(水)10時より提供するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および4G(LTE/WiMAX 2+)によるネットワーク経由(OTA)で実施する方法が用意されており、更新にかかる時間はWi-Fiなら約20分、4Gなら約35分、アップデートファイルサイズは約1.7GBとなっており、アップデートファイルサイズが大きいのでダウンロードにはWi-Fiの利用が推奨されます。

なお、更新を実施するには内蔵ストレージに約2.2GB以上の空きがあり、50%上の電池残量が必要となっているほか、更新前にソフトウェア更新によってビルド番号を「01.00.13」にしておく必要があります。更新後のビルド番号は「02.00.05」。主な更新内容は以下の通り。その他、更新は提供開始後に手動で行えますが、提供開始時刻より順次、各対象製品向けにアップデートのお知らせが通知されます。

○主な機能追加・変更内容
1)通話画面から音量を設定する時の表示が変更
2)電話アプリの「クイックアクセス」および「履歴」、「連絡先」の位置が変更
3)電話帳アプリで画面右上の連絡先削除アイコンが変更
4)電話帳アプリで画面右上の連絡先削除アイコンが変更
5)電話帳アプリにおける連絡先の削除方法が変更
6)カメラの機能が改善
7)ファイル管理アプリが「コンテンツマネージャー」から「Files」へ変更
8)黒基調の画面になる「ダークテーマ」が追加
9)テーマ「自動(壁紙連動)」は削除

○主な削除項目
10)OSアップデート後、機能が削除される主な項目は以下の通りです。ご注意ください。
・電話帳で連絡先詳細画面の「履歴を一緒に表示」機能(電話履歴、SMS履歴、予定など)が削除

○その他OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
  OSアップデートにおける追加・変更/削除項目について(6.1MB)(PDF)


続きを読む

NTTドコモ、軽量141gで6.4型有機EL搭載の最新フラッグシップスマホ「AQUOS zero2 SH-01M」を1月30日に発売!価格は8万7912円で予約・購入キャンペーンが実施中


docomoスマホ「AQUOS zero2 SH-01M」が1月30日発売!

NTTドコモは21日、昨年10月に発表した「2019-2020年冬春モデル」のうちの新開発の4倍速の高速表示を実現した約6.4インチFHD+有機ELディスプレイを搭載したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero2 SH-01M」(シャープ製)を2020年1月30日(木)に発売するとお知らせしています。

販路はドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて行われ、価格(税込)はドコモオンラインショップでは87,912円(分割2,442円/月×36回)で、36回払いで購入することで本体価格の最大12回分の分割支払金の支払いが不要になる「スマホおかえしプログラム」の対象となっており、25ヶ月目で適用した場合の実質負担額2,442円/月×24回(総額58,608円)とのこと。

なお、ドコモオンラインショップでは発売に先立って1月27日(月)10時から購入手続きが開始され、お届けは発売日の1月30日から順次となっています。またドコモオンラインショップでは対象製品を購入するとdポイント5,000ポイントがプレゼントされる「オンラインショップ Welcome特典」が1月31日(金)まで実施されており、AQUOS zero2 SH-01Mも対象に追加されるということです。

さらにシャープではAQUOS zero2 SH-01Mを購入して応募するとdポイント5,000ポイント、さらに発売日前までに予約していれば+3,000ポイントの最大8,000ポイントをプレゼントするキャンペーン「docomo AQUOS zero2 SH-01M dポイント 最大8,000ポイントプレゼント」( http://k-tai.sharp.co.jp/campaign/zero2cp/docomo/ )を実施しています。購入期間は3月15日(日)まで、応募期間は3月22日(日)まで。

続きを読む

スマホに近いタッチ操作に生まれ変わったNTTドコモの子ども向け「キッズケータイ SH-03M」を写真と動画で紹介!成長に応じた漢字表示にも対応【レポート】


フィーチャーフォンからスマホへのスムーズな乗り換えに!docomoの「キッズケータイ SH-03M」を写真と動画でチェック

既報通り、NTTドコモが昨年10月に発表した「2019-2020冬春モデル」のうちの約3.4インチQHD(540×960ドット)TFT液晶を搭載した子ども向けケータイ「キッズケータイ SH-03M」(シャープ製)を1月17日(金)に発売しました。

キッズケータイ SH-03Mは2017年3月に発売された「キッズケータイ F-03J」以来、約3年ぶりに登場の「キッズケータイ」シリーズとなります。価格(金額はすべて税込)は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などの直営店では14,256円(分割396円/月×36回)となっています。なお、スマホおかえしプログラムは対象外。

最大の特長は発話キー・終話キーなどの物理キーが前面から廃止され、スマートフォン(スマホ)と同様に画面がタッチパネルとなり、超小型のスマホのような操作系になったことです。従来型携帯電話(フィーチャーフォン)を持つ人が大幅に減り、キッズケータイを持つ子どもたちも成長すればスマホを持つことになるので将来、スムーズに“スマホデビュー”できるようにタッチパネル操作に変わりました。また新たに4G LTEやVoLTEにも対応しています。

今回はそんなキッズケータイ SH-03Mの実機を発表会における展示会場でタッチ&トライすることができましたので、写真や動画で紹介したいと思います。なお、製品詳細については『NTTドコモが「キッズケータイ SH-03M」を発表!今冬発売で、シリーズ初のLTEやVoLTE、タッチ操作などに対応。防水・防塵・耐衝撃で安心・安全に - S-MAX』も合わせてご覧ください。

続きを読む

KDDI、au初のシャープ製モバイルルーターとなる法人向け「Speed Wi-Fi NEXT W07」を発表!下り最大958Mbpsや大容量4000mAhバッテリー搭載。3月発売予定


au向けモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W07」が登場!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は16日、携帯電話サービス「au」における法人向け新商品として大容量4000mAhバッテリーを搭載したモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W07」(シャープ製)を発表しています。発売時期は2020年3月以降を予定。

au 4G LTEおよびWiMAX 2+に対応して下り最大958Mbpsおよび上り最大75Mbpsで利用でき、大容量バッテリーによって長時間通信可能なため、外出時でも電池持ちを気にせず使えるためビジネスシーンに最適な製品となっています。なお、auでシャープ製のモバイルWi-Fiルーターを発売するのは初めて。

続きを読む

NTTドコモ、軽量141gで6.4型有機EL搭載の最新フラッグシップスマホ「AQUOS zero2 SH-01M」を1月17日に予約開始!今冬発売で価格は8万2080円を見込む


docomoスマホ「AQUOS zero2 SH-01M」が1月17日予約開始!

NTTドコモは16日、昨年10月に発表した「2019-2020年冬春モデル」のうちの新開発の4倍速の高速表示を実現した約6.4インチFHD+有機ELディスプレイを搭載したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero2 SH-01M」(シャープ製)の事前予約受付を2020年1月17日(金)10時に開始するとお知らせしています。

発売時期は今冬を予定しており、1月下旬以降となる見込み。予約は販路となるドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて行われ、価格(税込)は未定ながら直営店では本体価格が82,080円程度となる見込みで、スマホおかえしプログラムの対象となる予定です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。