S-MAX

SO-04J

NTTドコモ、5.5インチ4K HDRディスプレイ搭載の最上位エクスペリアスマホ「Xperia XZ Premium SO-04J」に真紅の新色「Rosso」を追加!Android 8.0 Oreoで3Dクリエイターや4CAにも対応


docomoが5.5型4K画面搭載スマホ「Xperia XZ Premium SO-04H」に新色Rosso(レッド)を追加!10月27日発売

NTTドコモは19日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、今年6月に発売した約5.5インチ4K(2160×3840ドット)トリルミナスディスプレイ for mobileや64bit対応オクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したプレミアムスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ Premium SO-04J」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)に新色「Rosso」を追加すると発表しています。

発売日は2017年10月27日(金)で、本日10月18日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約開始されおり、価格は既存色と同じ本体価格93,960円(分割3,915円/月×24回)で、月々サポートと実質負担額は新規契約および機種変更なら-2,268円/月×24回(総額-54,432円)および39,528円(分割1,647円/月×24回)、他社から乗り換え(MNP)なら-3,267円/月×24回(総額-78,408円)および15,552円(分割648円/月×24回)。

また発売時はAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)でしたが、12月以降に最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へOSバージョンアップを予定し、これによって「Xperia XZ1」などと同様に新機能「3Dクリエイター」などのカメラ機能が強化され、さらに4波のキャリアアグリゲーション(CA)に対応して下り最大788Mbpsのエリア以外でも下り最大644Mbpsで利用できるようになります。

続きを読む

NTTドコモが国内最速の下り最大788Mbpsを提供開始!Galaxy S8+やXperia XZ Premium、AQUOS Rには対応するためのソフトウェア更新を配信、Wi-Fi STATION N-01Jは後日予定


docomoが国内最速の受信時788Mbpsをスタート!

NTTドコモは4日、すでに案内していた高速通信サービス「PREMIUM 4G」における下り(受信時)最大788Mbpsを2017年9月4日(月)より提供開始するとお知らせしています。

下り最大788Mbpsは2017年年9月末までに東名阪の一部地域における全国約250都市において提供され、それ以外の地域では下り最大738Mbpsとなります。なお、9月4日時点での利用可能エリアは関東甲信越管内とのこと。

対応製品は「Galaxy S8+ SC-03J」および「Xperia XZ Premium SO-04J」、「AQUOS R SH-03J」、「Wi-Fi STATION N-01J」の4機種。これにより、auが9月1日より下り最大708Mbpsでサービス開始して国内最速となっていましたが、再び、NTTドコモが国内最速となりました。

続きを読む

NTTドコモの値下げされた最新スマホ「Xperia XZ Premium SO-04J」や「Galaxy S8+ SC-03J」、「AQUOS R SH-03J」などの価格を改めてチェック!冬モデルも見据えて購入を検討しよう


docomoが2017年夏モデルのXperia XZ PremiumやGalaxy S8+などを値下げ!

既報通り、NTTドコモは1日、人気スマートフォン(スマホ)「iPhone 7」(Apple製)などの多数の既存機種について公式Webストア「ドコモオンラインショップ」やドコモショップ店頭などにて2017年9月1日(金)より値下げするとお知らせしています。

すでにiPhone 7・7 Plusについてはまとめて改定後の価格を紹介しましたので、今回は「2017年夏モデル」のうちで9月1日に値下げされた「Xperia XZs SO-03J」および「Xperia XZ Premium SO-04J」、「Galaxy S8+ SC-03J」、「AQUOS R SH-03J」の4機種について見ていきたいと思います。

これらの4機種については毎月の利用料から割り引く「月々サポート」が増額され、新規契約および機種変更が値下げされ、実質負担額でXperia XZs SO-03Jが32,400円から25,920円、Xperia XZ Premium SO-04Jが45,360円から39,528円、Galaxy S8+ SC-03Jが64,800円から58,968円、AQUOS R SH-03Jが32,400円から25,920円となっています。

なお、2017年夏モデルには他に「Galaxy S8 SC-02J」もありますが、先行して値下げされていたので今回は対象ではないようで、またdocomo with対象の「arrows Be F-05J」および「Galaxy Feel SC-04J」についても価格の変更はありません。

続きを読む

NTTドコモが最新プレミアムスマホ「Xperia XZ Premium SO-04J」を早くも値下げ!8月31日まで期間限定でMNPが端末購入サポートによって一括約1.5万円に


docomoのプレミアムスマホ「Xperia XZ Premium SO-04J」がMNPで一括約1.5万円から!

NTTドコモは21日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて「2017年夏モデル」として今年6月16日に発売されたばかりの最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ Premium SO-04J」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)について他社から乗り換え(MNP)で12ヶ月の継続契約を条件に機種の購入代金を割り引く「端末購入サポート」に期間限定で追加するとお知らせしています。

これにより、対象機関の2017年7月21日(金)から8月31日(木)まではMNPなら本体価格が大幅に値下げされて販売され、ドコモオンラインショップで案内されている価格(税込)はMNPでは支払額15,552円(本体価格93,960円、割引額-78,408円)となっており、分割だと648円/月×24回です。なお、解除料は39,204円。

続きを読む

NTTドコモ、4K HDRディスプレイやスーパースローモーション動画撮影などに対応した最新ハイエンドスマホ「Xperia XZ Premium SO-04J」を6月16日に発売!気になる価格もチェック


NTTドコモがハイエンドスマホ「Xperia XZ Premium SO-04J」を6月15日に発売!

NTTドコモは12日、今夏以降に発売する「2017年夏モデル」のうちの約5.5インチ4K(2160×3840ドット)トリルミナスディスプレイ for mobileや64bit対応オクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ Premium SO-04J」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2017年6月16日(金)に発売すると発表しています。

すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が実施されており、ドコモオンラインショップでは6月14日(水)10時より購入手続きが開始され、お届け日は6月16日からとなっています。

またXperia XZ Premium SO-04Jを購入した人の中から抽選で200人に「ソニーストア」で使える100,000円分のお買い物券(シリアルナンバー付きメッセージR)を9月上旬以降順次プレゼントする「Xperia XZ Premium SO-04J 購入キャンペーン」も実施されます。期間は7月31日(月)までで、購入後にキャンペーンページより応募する必要があり、応募期間は8月10日(木)まで。

続きを読む

ソニー渾身の独自開発なメモリー積層型センサー搭載!最新スマホ「Xperia XZs」と「Xperia XZ Premium」で対応したスーパースローモーションを試してみた【レビュー】


ソニーの新スマホ「Xperia XZs」と「Xperia XZ Premium」で対応したスーパースローモーションを紹介!

ソニーブランドの最新ハイエンドスマートフォン(スマホ)「Xperia XZs」および「Xperia XZ Premium」が新たに対応したのが新開発のメモリー積層型センサー「Motion Eyeカメラ」システムによって実現したスーパースローモーション動画撮影や静止画の先読み撮影です。

今回はすでに5月26日より販売されているXperia XZs(NTTドコモ向け「Xperia XZs SO-03J」およびau向け「Xperia XZs SOV35」、SoftBank向け「Xperia XZs 602SO」)を使ってスーパースローモーション撮影を試してみたので作例も含めて紹介したいと思います。

なお、Xperia XZ Premiumについては日本ではNTTドコモ向け「Xperia XZ Premium SO-04J」のみが販売予定で、発売時期は2017年6月中旬を予定しています。すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」で事前予約受付も実施されているので気になる人は是非チェックしてみてください。

続きを読む

日本国内で販売するのはドコモだけ!4K HDRディスプレイの美しさに酔いしれる最新ハイエンドスマホ「Xperia XZ Premium SO-04J」を写真と動画で紹介【レポート】


日本ではdocomoだけから発売のXperia XZ Premium SO-04Jをチェック!

NTTドコモは5月24日、今夏以降に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」を開催し、約5.5インチの4K HDR(2160×3840ドット)トリルミナスディスプレイ for mobileを備えた、64bit対応クアッドコアCPU、約1920万画素Motion Eyeカメラなどを搭載したAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ Premium SO-04J(以下、SO-04J)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しました。

発売時期は6月中旬となっており、すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて予約受付中で、価格(税込)は本体代93,960円、実質負担額で新規契約および機種変更で4万円台、他社から乗り換え(MNP)で1万円台が予定されています。

SO-04Jは「Xperia Z5 Premium SO-03H(以下、SO-03H)」以来のプレミアムモデルで、日本国内ではNTTドコモのみの発売となります。4K HDRディスプレイを搭載する他、受信時最大788Mbpsに対応し、スペックも非常に高いハイエンドと呼ぶに相応しいモデルとなっています。

今回は発表会における展示会場でSO-04Jの実機をタッチ&トライすることができましたので、写真と動画でチェックしていきます。なお、製品の詳細については「NTTドコモ、最新の最上位エクスペリアスマホ「Xperia XZ Premium SO-04J」を発表!4K HDRディスプレイやMotion Eyeカメラ、Snapdragon 835、4GB RAMなどを搭載し、6月中旬発売 - S-MAX」も合わせてご覧ください。

続きを読む

NTTドコモ、2017夏モデルを発表!スマホ7機種やタブレット1機種の合計8機種+新色1機種――新料金プラン「docomo with」や4K・HDR、みえる留守電、進化版スグ電、下り最大788Mbpsなど


NTTドコモが8機種・新色1機種の2017夏モデルを発表!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する「2017年夏モデル」を発表しています。また、本日12:00から都内でこれらの新商品および新サービスを披露する発表会を開催し、発表会の模様は「YouTube」や「ニコニコ生放送」といった各動画配信サイトにてライブ配信およびオンデマンド配信が行われ、また公式Twitterアカウント「@docomo」や公式Facebookページ「NTTドコモ - Facebook」でも発表会について投稿しています。

発表されたのは、スマートフォン(スマホ)が「Xperia XZ Premium SO-04J」および「Xperia XZ SO-03J」、「Galaxy S8+ SC-03J」、「Galaxy S8 SC-02J」、「Galaxy Feel SC-04J」、「AQUOS R SH-03J」、「arrows Be F-05J」の7機種、タブレットが「dtab Compact d-01J」の1機種と合計8機種を投入します。また今年2月に発売されたディズニースマホ「Disney mobile on docomo DM-01J」の新色ホワイトも発売されることが発表されました。

すでにこれらの機種については全国ドコモショップおよび公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などのオンライン予約にて事前予約受付が開始されています。さらに、旗艦店「ドコモスマートフォンラウンジ名古屋では順次展示も実施しています。

さらに以前に発表していた家族間のみの通話定額が利用できる月額980円(税別)の新料金プラン「シンプルプラン」の申込が本日5月24日に開始されたほか、新たに月々サポートや端末購入サポートといった購入補助割引が付かない代わりに毎月の利用料から1,500円が割り引かれる新料金プラン「docomo with」も発表され、対象機種はGalaxy Feel SC-04Jとarrows Be F-05Jの2機種でそれぞれ価格(税込)は36,288円(1,512円/月×24回)および28,512円(1,188円/月×24回)と購入しやすくなっています。

一方、サービス面ではLTE-Advancedの技術要素のひとつである「キャリアアグリゲーション(CA)」を利用した高速データ通信サービス「PREMIUM 4G」が変調方式「256QAM」やマルチアンテナ「4x4 MIMO」に加えて、新たに伝送モードを変更して制御チャンネルの情報量を減らすことによって国内最速の下り最大788Mbpsを2017年8月以降に対応するXperia XZ Premium SO-04JやGalaxy S8+ SC-03J、AQUOS R SH-03J、すでに販売しているモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01J」にて利用可能となるとのこと。

また昨年夏に導入された「スグ電」がさらに進化し、話した「バイバイ」や「じゃーね」、「ほな、さいなら」などといった内容で終話することでできるようになります。その他、新サービスとしても「dジョブ」や「dエンジョイパス」も導入され、ホームコミュニケーションデバイス「petoco(ペトコ)」も共同開発で提供されます。

なお、ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも発表会の模様をリアルタイムで更新していきます。S-MAXのTwitterアカウント「@smaxjp」またはFacebookページ「S-MAX - Facebook」でも発表会情報をリアルタイムで投稿していきます!また、現地における展示による端末レポートなどの詳細記事も投稿していきますのでご期待ください!!

続きを読む

NTTドコモ、最新の最上位エクスペリアスマホ「Xperia XZ Premium SO-04J」を発表!4K HDRディスプレイやMotion Eyeカメラ、Snapdragon 835、4GB RAMなどを搭載し、6月中旬発売


docomoが5.5インチスマホ「Xperia XZ Premium SO-04J」を発表!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、約5.5インチ4K(2160×3840ドット)トリルミナスディスプレイ for mobileや64bit対応オクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ Premium SO-04J」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しています。

発売時期は2017年6月中旬を予定しており、本日5月24日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。

2015年冬モデルとして発売された世界初4Kディスプレイ搭載スマホ「Xperia Z5 Premium」(NTTドコモ向けは「Xperia Z5 Premium SO-03H」)の後継機種で、新たに同じ4KディスプレイながらHDR技術を導入したより輝度の高い明るいディスプレイパネルを搭載しています。また同時に発表された「Xperia XZs」と同じく新開発の「Motion Eyeカメラ」を搭載し、スーパースローモーションや先読み撮影に対応しています。

日本ではNTTドコモのみから販売され、NTTドコモ版ではおサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ・フルセグにも対応するほか、3.5GHz帯(Band 42)に対応することで2017年8月以降にソフトウェア更新によって国内最速の下り最大788Mbpsに対応します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。