S-MAX

SoftBank

Y!mobileにて口座振替の請求が3千円未満の場合に10月請求分から翌月合算支払いに!割賦代金があるなどは対象外。SoftBankでは5千円未満に変更


ワイモバイルでも口座振替が3,000円未満だと翌月合算支払いに!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は17日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」において2020年10月の請求分(2020年10月1日~2020年10月31日に利用され、2020年11月26日の引き落としされる分)より当月の請求金額が3,000円未満(税込)であった場合に翌月の請求分に合算して引き落としをする運用を開始するとお知らせしています。

またソフトバンクは17日、携帯電話サービス「SoftBank」ではすでに同様の当月の請求金額が3,000円未満(税込)であった場合に翌月の請求分に合算して引き落としをする運用を行っていますが、2020年10月の請求分から翌月合算引き落としの対象となる当月の請求金額を3,000円未満(税込)から5,000円未満(税込)に変更すると案内しています。

続きを読む

SoftBankのプリペイドサービス「シンプルスタイル」向けエントリースマホ「Libero 3」が9月18日発売!価格は1万円分無料チャージ付で2万4200円


SoftBankのプリペイドサービス「シンプルスタイル」向けエントリースマホ「Libero 3」が9月18日発売!

ソフトバンクは15日、携帯電話サービス「SoftBank」のプリペイドサービス「シンプルスタイル」向けエントリースマートフォン(スマホ)「Libero 3(型番:A001ZT)」(ZTE製)を2020年9月18日(金)に発売すると発表しています。

販路はソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」で、事前予約受付は実施されず、価格は直営店で10,000円分の無料チャージが付属して24,200円(税込)となるとのこと。

またシンプルスタイル(スマートフォン)は基本使用料無料で、「200MBプラン」(税抜900円)や「700MBプラン」(税抜2,700円)、「3GBプラン」(税抜4,980円)から使い方に合ったデータ通信容量を選んで、使いたい時にチャージして利用します。

続きを読む

NTTドコモやau、ソフトバンクがiPad(第8世代)とApple Watch Series 6・SEを9月23日発売、9月17日予約開始!iPad Air(第4世代)も取扱


docomoやau、SoftBankでもiPad(第8世代)やiPad Air(第4世代)、Apple Watch Series 6、Apple Watch SEが取り扱い!

既報通り、Appleが新しいタブレット「iPad Air(第4世代)」および「iPad(第8世代)」、スマートウォッチ「Apple Watch Series 6」および「Apple Watch SE」を発表しました。

Appleでは日本を含む1次販売国・地域ではiPad(第8世代)およびApple Watch Series 6、Apple Watch SEが9月18日(金)に発売され、すでに同社の公式Webストア(公式Webサイト「Apple.com」および公式アプリ「Apple Store」)では予約受付を実施しています。またiPad Air(第4世代)は10月発売予定です。

一方、これを受け、NTTドコモおよびKDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクは16日、これらのiPad(第8世代)およびApple Watch Series 6、Apple Watch SEを9月23日(水)に発売すると発表しています。また発売に先立って9月17日(木)に予約受付を開始します。予約は各社ともにオンラインでは10時から、店頭では開店時からとなっています。

予約は各社ともにドコモショップやauショップ、ソフトバンクショップなどのiPad取扱店およびApple Watch取扱店のほか、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」および「au Online Shop」、「ソフトバンクオンラインショップ」となっており、オンラインで予約して店頭での受け取りにも対応しています。なお、ドコモオンラインショップではiPad(第8世代)が9月20日(日)10時に購入手続きが開始され、9月23日から順次お届け、Apple Watch Series 6およびApple Watch SE(ともにNikeモデル含む)が9月23日10時に購入手続きが開始され、月25日(金)から順次お届けとのこと。

さらに各社ともにiPad Air(第4世代)も10月より販売開始する予定であることを案内しています。なお、NTTドコモやau、SoftBankのiPadシリーズにおけるWi-Fi+Cellularモデルは購入時にはSIMロックがかかっており、SIMロック解除に対応しています。ただし、NTTドコモは条件を満たしていれば購入時からSIMロック解除が行われています。

またiPadシリーズはNTTドコモとauではWi-Fi+Cellularモデルのみ、SoftBankおよびAppleではWi-Fi+CellularモデルとWi-Fiモデル、量販店などではWi-Fiモデルが販売され、Apple WatchシリーズはNTTドコモとau、SoftBankではGPS+Cellularモデルのみ、AppleではGPS+CellularモデルとGPSモデル、量販店などではGPSモデルが販売されます。

続きを読む

ソフトバンク、法人向けZTE製USBスティック型データ通信専用端末「SoftBank A002ZT」を9月16日に発売


USBスティック型データ通信専用端末「SoftBank A002ZT」が9月16日発売!

ソフトバンクは11日、携帯電話サービス「SoftBank」の新商品として法人向けUSBスティック型データ通信専用端末「SoftBank A002ZT」(ZTE製)を2020年9月16日(水)に発売すると発表しています。価格は法人向けなので相対契約となるとのこと。

持ち運びに便利なUSBスティック型のデータ通信専用端末で、ソフトバンク回線では下り最大368Mbpsの高速通信に対応しているほか、国際ローミングにも対応しているため、海外出張などでもノートパソコンなどUSBに対応する機器を快適に使用できるということです。

続きを読む

シャープの新スマホ「AQUOS zero5G basic」と見られるソフトバンク向け「A002SH」が技適通過!au向けも同時に取得し、型番は「SHG02」か


SHARP AQUOS zero5G basicがソフトバンクとauから発売へ!技適を取得

既報通り、シャープは11日、オンラインで「スマートフォンAQUOS新製品発表会」を開催し、新しいスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero5G basic」や「AQUOS sense5G」、「AQUOS sense4」、「AQUOS sense4 plus」を2020年秋冬モデルとして発表しました。

発売時期はAQUOS zero5G basicおよびAQUOS sense4、AQUOS sense4 plusが2020年秋以降、AQUOS sense5Gが2020年冬以降となっており、現時点で各製品ともに販路は明らかにされておらず、詳細な発売日や価格は各販路から発表される予定となっています。

一方、総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにシャープが「A002SH」および「DD2874B」(認証番号:201-200496)の相互承認(MRA)による工事設計認証(いわゆる「技適」)を2020年7月23日付けでTeleficationによって取得しています。

A002SHおよびDD2874Bは同じハードウェアとなると見られ、型番ルールや携帯電話ネットワークの対応周波数帯からA002SHがソフトバンク向け、DD2874Bがau向けと推定され、A002SHは製品型番ですが、DD2874Bは開発コード名となっており、A002SHおよびDD2874Bは5Gに対応していることから恐らく「SHG02」となると予想されます。

また「A001SH」はすでにSoftBank向け「シンプルスマホ5」であることがわかっており、発売時期からシャープの5G対応製品ではAQUOS sense5Gの方がAQUOS zero5G basicよりも後であるため、A001SHの次のA002SHはAQUOS zero5G basicである可能性が高いと推測されます。

なお、NTTドコモ向けは多くの製品でハードウェアが別となっているため、現時点では販売されるとも販売されないとも判断できません。販売されるとすれば、NTTドコモ向けは「AQUOS zero5G SH-53A」となりそうで、販売されずにAQUOS sense5Gは取り扱われるなら「AQUOS sense5G SH-53A」となりそうです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。