S-MAX

SoftBank

ソフトバンク、Googleスマホ「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」の本体価格を最大5万5680円の大幅値下げ!5万7120円からの半額サポートで実質2万8560円からに


SoftBank向けGoogleスマホ「Pixel 3・3 XL」の本体価格が大幅値下げ!

ソフトバンクは14日、公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にてGoogle製ハイエンドスマートフォン(スマホ)「Pixel 3」および「Pixel 3 XL」の本体価格を値下げするとお知らせしています。また在庫切れとなっていましたが、同日に再入荷したとのこと。

本体価格(金額はすべて税込)は新規契約および機種変更、他社から乗り換え(MNP)の全オーダーで同じとなっており、Pixel 3の64GBが98,400円から57,120円、128GBが103,680円から64,800円、Pixel 3 XLの64GBが119,520円から67,860円、128GBが131,040円から75,360円になっています。

各製品ともに48回払いで「半額サポート」(無料)に加入して25ヶ月目以降に次の機種変更をして返却すれば26回目以降の分割支払金(最大24回分)が免除されて実質最大半額OFFとなります。期間は指定されていないため、キャンペーンではない値下げだと見られます。なお、Pixel 3はGoogle ストアで6月23日まで26,000円OFFの69,000円からで販売されています。

続きを読む

SoftBank向けあんしんスマホ「arrows U」が予約受付開始!6月下旬以降発売で、価格は本体代3万720円で半額サポートの対象。縦長5.8インチFHD+液晶やS450、3GB RAMなど


ソフトバンク向けあんしんスマホ「arrows U」の予約がスタート!

ソフトバンクは11日、今夏以降に発売する携帯電話サービス「SoftBank」向け「2019年夏モデル」のうちのFujitsuブランドの日本メーカーによるあんしんスマートフォン(スマホ)「arrows U(型番:801FJ)」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)の事前予約受付を2019年6月14日(金)に開始するとお知らせしています。

発売時期は6月下旬以降を予定し、予約はソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などにて実施されており、価格(税込)は本体代30,720円(分割640円/月×48回)で48回払いの場合には24回目を支払った後に次の機種に乗り換えて返却すればそれ以降の割賦金が免除される「半額サポート」の対象となっていて実質負担額15,360円からとなっています。

なお、ソフトバンクでは傘下のコード決済サービス「PayPay」と連動した「PayPayもらえちゃうキャンペーン」( https://paypay.ne.jp/event/smartphone/ )を実施し、arrows Uを購入した場合には必ずもらえる3,000円相当の還元がプレゼントされます。期間は購入が7月31日(水)まで、応募が8月10日(土)までで、付与時期は8月中旬以降を予定。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け折りたたみ型ケータイ「かんたん携帯10」を6月14日に発売!価格は本体代4万7520円で新規・MNPなら実質0円、機変なら実質1万7640円


ソフトバンクからあんしんケータイ「かんたん携帯10」が発売!

ソフトバンクは11日、今夏以降に発売する携帯電話サービス「SoftBank」向け「2019年夏モデル」のうちの4GやVoLTEに対応したフィーチャーフォン(従来型携帯電話)「かんたん携帯10」(シャープ製)を2019年6月14日(金)に発売すると発表しています。

ソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などにてすでに販売が開始されています。なお、前機種「かんたん携帯9」も在庫がある間は併売されるとのこと。

かんたん携帯10の価格(税込)は本体代47,520円(分割1,320円/月×36回)で、新規契約および他社から乗り換え(MNP)なら月月割-1,320円/月×36回の実質負担額0円、機種変更なら月月割-830円/月×36回の実質負担額17,640円(分割490円/月×36回)となっています。

続きを読む

ソフトバンク、 SoftBank向けフラッグシップスマホ「Xperia 1」を6月14日に発売!価格は本体代13万6320円で半額サポートの対象。docomoやauと同日に


docomoも最新フラッグシップスマホ「Xperia 1」を6月14日に発売!

ソフトバンクは11日、今夏以降に発売する携帯電話サービス「SoftBank」向け「2019年夏モデル」のうちのシネマワイドディスプレイやトリプルカメラなどを搭載したソニーブランドの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2019年6月14日(金)に発売すると発表しています。

発売に先立ってソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などにて事前予約を実施しており、価格(税込)はすでに紹介しているように本体価格が136,320円となっており、48回払いで返却して次の機種変更を行うと残債が免除される「半額サポート」によって実質負担額68,160円からとなっています。

なお、ソフトバンクでは傘下のコード決済サービス「PayPay」と連動した「PayPayもらえちゃうキャンペーン」( https://paypay.ne.jp/event/smartphone/ )を実施し、Xperia 1またはXperia XZ3を購入した場合には必ずもらえる5,000円分に加え、抽選で500人に20,000円分の最大25,000円分の還元がプレゼントされます。期間は購入が7月31日(水)まで、応募がXperia 1では8月7日(水)まで、Xperia XZ3では7月31日まで。

続きを読む

ソフトバンクオンラインショップでGoogleスマホ「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」が自宅受取で最大2万円分還元キャンペーンを開始!半額サポートで実質8560円から。新CMも放映


SoftBankが白石麻衣さん起用のGoogle Pixel 3a新CMをスタート!最大2万円分還元キャンペーンも

ソフトバンクは7日、携帯電話サービス「SoftBank」向けに販売しているGoogleスマートフォン(スマホ)「Pixel 3a」および「Pixel 3a XL」の新しいCMとしてイメージキャラクターに白石麻衣さんを起用した「Google Pixel 3a『半額ブギウギ』篇」を 2019年6月8日(土)に全国で放映を開始すると発表しています。

今回の新CMでは1960年代のレトロなファッションをイメージにしつつ現代っぽさも兼ね備えた色とりどりの衣装と、まさにSNS映えしそうなポップな街並みが登場し、その街で白石麻衣さんがPixel 3aを片手にair:manさんが振り付けしたミュージカル風のキュートなダンスを披露するというものになっています。

また楽曲は歌謡曲『東京ブギウギ』をアレンジした『半額ブギウギ』となっており、SoftBankにおいて48回払いで購入した製品のうちで最大24回分の割賦金が免除される割引キャンペーン「半額サポート」とともにPixel 3aシリーズを紹介しています。 なお、新CMやメイキング映像はすでにSoftBankの公式YouTubeチャンネルにて視聴可能となっています。

さらにSoftBankでは公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて6月5日17時よりPixel 3aおよびPixel 3a XLを購入して自宅受取(自宅などの特定の場所へ配送)した場合に最大2万円分の商品券をプレゼントする「最大2万円分の商品券をプレゼント」キャンペーンを実施しています。特典の商品券は他社から乗り換え(MNP)なら2万円分、新規契約および機種変更なら1万円分となっており、申込月の翌月中旬以降から順次発送予定とのこと。

ソフトバンクオンラインショップでの価格(以下、すべて税込)はPixel 3aが57,120円、Pixel 3a XLが67,680円となっており、48回払いならPixel 3aが1,190円/月×48回、Pixel 3a XLが1,410/月×48回となり、半額サポートで25ヵ月目に返却する場合、残りの24回分の割賦が免除されるため、Pixel 3aが実質28,560円、Pixel 3a XLが実質67,680円となり、今回のキャンペーンを利用してMNPで購入すればPixel 3aが実質8,560円となります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。