S-MAX

SoftBank

総務省が中古端末のSIMロック解除やネットでのMNP予約番号取得を義務化へ!ガイドライン&指針の案を発表。MNP円滑化や解約時日割などもMNO各社に指導・要請


モバイル市場の公正競争促進に関する検討会を受けて!

総務省は6日、昨年から実施していた携帯電話などのモバイル市場におけるガイドラインなどの内容を検討する「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」の取りまとめを受け、NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクの大手携帯電話会社に対してモバイル市場の公正競争促進に関する必要な措置を講ずるよう指導・要請を行ったと発表しています。

またそれらのモバイル市場におけるガイドラインや指針についても「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」および「電気通信事業法の消費者保護ルールに関するガイドライン」の改正案、「携帯電話・PHSの番号ポータビリティの実施に関するガイドライン」の案を公開しています。

これら3つのガイドライン・指針についてはそれぞれ2018年6月7日(木)から7月6日(金)までの間に意見募集を行い、寄せられた意見を踏まえて速やかにガイドラインの改正を行う予定だとしています。なお、意見は電子政府の総合窓口「e-Gov」( http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public )の意見提出フォームまたは電子メール、郵送、FAXで受け付けています。

続きを読む

総務省、ソフトバンクに対して行政指導を実施!スマホなどの販売価格の割引などについて具体的な金額を提案していたとして“不適正”な端末購入補助に


総務省がソフトバンクを行政指導!不適切な端末購入補助で

総務省は6日、ソフトバンクに対して同社の端末価格の割引などに関する販売店への対応の適正化を図るために具体的な割引きなどの提案を行わないことや再発防止などの必要な措置を取るよう指導したと発表しています。

ソフトバンクが販売店に対して端末の販売価格の割引などの具体的な金額を提案していたことが書面で確認できたとして「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」(以下、同指針)における“不適切”な「端末購入補助」に当たるとしています。

続きを読む

NTTドコモおよびau、SoftBankにて最新フラッグシップスマホ「AQUOS R2」が6月8日に発売!縦長6インチWQHD+ハイスピードIGZO液晶やツインカメラを搭載。各社の違いや価格をまとめて紹介


docomoやau、SoftBankから最新フラッグシップスマホ「AQUOS R2」が6月8日に発売!

NTTドコモおよびKDDI、沖縄セルラー電話は4日、ソフトバンクは5日、シャープ製の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R2」をそれぞれ2018年6月8日(金)に発売すると発表しています。

AQUOS R2は「AQUOS」シリーズとして新たにアスペクト比9:19の縦長画面を採用し、約6.0インチQHD+(1440×3040ドット)ハイスピードIGZO液晶(約561ppi)やQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 845」、ツインカメラなどを搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用のハイエンドモデルです。

各社ともに6月上旬発売予定とされていましたが、一斉に6月8日にNTTドコモ向け「AQUOS R2 SH-03K」およびau向け「AQUOS R2 SHV42」、SoftBank向け「AQUOS R2 706SH」が発売されます。すでに各社ともに各店舗や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」および「au Online Shop」、「ソフトバンクオンラインショップ」にて事前予約受付を実施中なので価格も改めてまとめて紹介します。

なお、ドコモオンラインショップでは発売に先立って2018年6月6日(水)10時より購入手続きが開始され、商品のお届け日が発売日の6月8日からとなっています。さらにシャープではNTTドコモおよびau、SoftBankの各販路において最大8,000円分のポイントなどをプレゼントするキャンペーンを実施。その他、各社ともに公式アクセサリーブランドにてAQUOS R2向けの専用周辺機器を販売します。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けハイエンドスマホ「AQUOS Xx3」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SoftBankスマホ「AQUOS Xx3」がAndroid 8.0 Oreoに!

ソフトバンクは4日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2016夏モデル」として2016年6月に発売されたハイスペックスマートフォン(スマホ)「AQUOS Xx3(型番:506SH)」(シャープ製)に対してより新しいプラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および3G・4Gの各回線によるネットワーク経由によるソフトバンク更新(OTA)が用意されており、更新にかかる時間は最大80分程度で、更新にかかる通信料は3G・4G回線で無料ですが、同社ではWi-Fi回線での実施を推奨しています。

更新による変更点は以下の通り。詳細はシャープの公式Webページ「OSアップデート|AQUOS Xx3サポート情報|サポート|AQUOS:シャープ」をご参照ください。更新後のビルド番号は「S2010」。

・Android 8.0 アップデート
※ 上記以外にもより快適にご利用いただくための更新が含まれております。
※ ソフトウェア更新を行うと、ホーム画面が「Feel Home」から「AQUOS Home」に変更されます。ソフトウェア更新後は、元の「Feel Home」に戻すことはできません。
※ 「Feel Home」でのアイコンの配置によっては、更新の際に「AQUOS Home」でのアイコンの配置がかわります。
※ お客さまの使いやすさ、シンプルさにこだわった最新のホーム画面です。最新バージョンの詳細については<<メーカーサイト>>(別ウィンドウで開きます)にてご確認ください。


続きを読む

九州新幹線の新大牟田駅~熊本駅間トンネル内でNTTドコモとau、ソフトバンク&ワイモバイルの携帯電話が6月26日より利用可能に!新八代駅~新水俣駅手前までも工事中


九州新幹線の新大牟田駅~熊本駅駅のトンネル内で携帯電話が使えるように!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクは30日、九州旅客鉄道(以下、JR九州)と共同で高速鉄道路線「九州新幹線」における携帯電話サービスエリア拡大や品質改善を目的にエリア整備を進めており、新たに九州新幹線「新大牟田駅~熊本駅」間での携帯電話サービスの提供を2018年6月26日(火)始発より開始すると発表しています。

これにより、新大牟田駅から熊本駅の間にある9つのトンネル内において携帯電話サービスを快適に利用できるようになるということです。なお、ワイモバイルの携帯電話も利用可能で、各社では電車内における携帯電話の利用についてマナーを守るように案内しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。