S-MAX

SoftBank

総務省が新型コロナウイルス感染症の影響拡大で通信環境の確保を要請!NTTドコモやau、ソフトバンクでは25歳以下は50GBまで無料化


大手携帯電話各社が新型コロナウイルス感染症の影響拡大で学生などの通信環境確保を支援!

総務省は3日、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響に伴って電気通信事業者関連4団体(テレコムサービス協会および電気通信事業者協会、日本ケーブルテレビ連盟、日本インターネットプロバイダー協会)に対して学生などの学習に係る通信環境の確保について要請を行ったと発表しています。

これに対し、携帯電話会社ではNTTドコモやau(KDDIおよび沖縄セルラー電話)、ソフトバンク(ウィルコム沖縄含む)といった移動体通信事業者(MNO)の大手3者は同日に日本全国の25歳以下の個人の利用者を対象に追加データの購入料金を最大50GBまで無償化すると案内しています。

実施期間はNTTドコモが2020年4月1日(水)から5月31日(日)まで、auが4月1日から4月30日(木)まで、ソフトバンクが4月1日から4月30日まで。なお、ソフトバンクでは携帯電話サービス「SoftBank」だけでなく「Y!mobile」も対象となっています。

続きを読む

SoftBank&Y!mobile向けAndroid Oneスマホ「S3」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が提供開始


シャープ製スマホ「Android One S3」がAndroid 10に!

ソフトバンクは2日、携帯電話サービス「SoftBank」および「Y!mobile」向け「Android One」シリーズのスマートフォン(スマホ)「Android One S3」(シャープ製)に対する最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新の提供を2020年4月2日(木)より順次提供開始したとお知らせしています。

両機種ともに更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新時間は最大30分程度かかる場合があるとのこと。また更新にかかる通信料は無料ですが、更新ファイルサイズが大きいため、Wi-Fi回線での実施が推奨されています。更新後のビルド番号はとも「S2003」となっており、更新内容は以下の通り。

・Android 10へのOSバージョンアップ
・セキュリティの向上


続きを読む

最新フラッグシップスマホ「AQUOS R5G」を写真で紹介!唯一のNTTドコモ・au・SoftBankの3キャリアから発売【レビュー】


docomo・au・SoftBankから発売される5G対応高性能スマホ「AQUOS R5G」を写真でチェック!

今年2月に発表されたシャープ初の5G対応となる最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R5G」。当初は日本における今春の5Gサービス開始に合わせて発売されると案内されていたが、その後、SoftBank、NTTドコモ、auの順で取り扱いが発表された。

まずはNTTドコモ向け「AQUOS R5G SH-51A」が3月25日(水)に発売され、続いてau向け「AQUOS R5G SHG01」およびSoftBank向け「AQUOS R5G(型番:908SH)」が3月27日(金)に発売される。なお、5GサービスはNTTドコモは3月25日、auは3月26日(木)、SoftBankは3月27日に提供開始となる。

すでに各社ともにドコモショップやauショップ、ソフトバンクショップ、量販店などの各取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」、「ソフトバンクオンラインショップ」にて事前予約受付が実施されており、価格(税込)は各直営店ではNTTドコモ向けが111,672円、au向けが129,145円、SoftBank向けが129,600円。

また各社ともに購入サポート施策の対象とし、実質負担額はNTTドコモでは「スマホおかえしプログラム」によって74,448円(3,102円/月×24回)、auでは「かえトクプログラム」によって76,475円(3,325円×23回)、SoftBankでは「トクするサポート+」によって64,800円(2,700円/月×24回)となっている。

各社にてキャンペーンも実施され、NTTドコモではAQUOS R5G SH-51Aを含む5Gスマホ全製品を対象に「5G WELCOME割」を実施し、機種変更となる契約変更(FOMA→5GおよびXi→5G)では5,500円割引、新規契約および他社から乗り換え(MNP)では20,000円割引(ドコモオンラインショップではdポイント20,000ポイント還元)するとのこと。

さらにシャープはNTTドコモ向けAQUOS R5G SH-51Aを予約・購入・応募するとdプレゼントで8,000ポイント、購入・応募すると5,000ポイント、au向けAQUOS R5G SHG01を購入・応募するとau PAY残高へ5,000円(不課税)、SoftBank向けAQUOS R5を購入・応募するとPayPayボーナス5,000円相当をプレゼントするキャンペーンを実施している。

その他、SoftBankではAQUOS R5を含む5Gスマホを購入した人に先着でVRゴーグルをプレゼントする「5Gスマホを買ってVRゴーグルもらおうキャンペーン」( http://k-tai.sharp.co.jp/campaign/r5gcp/softbank/vr/ )を実施し、AQUOS R5GではVRゴーグル「pico U Lite」が先着2万人にプレゼントされる。

すでにAQUOS R5Gについては『シャープ初の5G対応!新フラッグシップスマホ「AQUOS R5G」を写真と動画で紹介。6.5型QHD+液晶や8K対応のクアッドカメラなど【レポート】 - S-MAX』を公開しているが、本記事では改めてNTTドコモ・au・SoftBank向けの外観や仕様の違いを写真を交えつつ紹介したいと思う。

続きを読む

東北・上越・北陸新幹線の一部トンネル内でNTTドコモとau、ソフトバンク&ワイモバイルの携帯電話が3月31日より利用可能


東北新幹線「新青森駅(手前)~新青森駅」間と上越新幹線「浦佐駅(手前)~浦佐駅」間も2020年度内に提供を開始予定!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクは23日、東日本旅客鉄道(以下、JR皮脂日本)と共同で「東北新幹線」および「上越新幹線」、「北陸新幹線」のトンネル内における携帯電話サービスエリア拡大や品質改善を目的にエリア整備を進めており、新たに一部区間での携帯電話サービスの提供を2020年3月31日(火)始発より開始すると発表しています。

新たに対応するのは東北新幹線「七戸十和田駅(手前)~新青森駅(手前)」間、上越新幹線「越後湯沢駅~浦佐駅(手前)」間および「浦佐駅~長岡駅(手前)」間、北陸新幹線「飯山駅~上越妙高駅」間のトンネル内となっています。

その他、JR東日本においては東北新幹線「新青森駅(手前)~新青森駅」間および上越新幹線「浦佐駅(手前)~浦佐駅」間については2020年度内に提供を開始予定だとしています。なお、ワイモバイルや各社の仮想移動体通信事業者(MVNO)も同様に利用可能で、各社では電車内における携帯電話の利用についてマナーを守るように案内しています。

続きを読む

NTTドコモやau、SoftBankが新しいiPad Pro(11インチ第2世代と12.9インチ第4世代)を3月27日に発売!すでに予約中。価格をまとめて紹介


新しいiPad Pro(11インチ第2世代と12.9インチ第4世代)の価格をまとめてチェック!

既報通り、NTTドコモおよびKDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクは19日、新しいタブレット「11インチiPad Pro(第2世代)」および「12.9インチiPad Pro(第4世代)」(ともにApple製)を取り扱うと発表しています。

両製品ともにAppleから3月18日(現地時間)に発表され、Appleでは3月25日(水)に発売し、すでに同社の公式Webストア(公式Webサイト「Apple.com」および公式アプリ「Apple Store」)では予約注文が実施されています。

一方、NTTドコモやau、SoftBankでは3月27日(金)に発売し、予約は3月20日から実施しており、オンラインでは各社の公式Webストアである「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」、「ソフトバンクオンラインショップ」にて予約できます。

そこで本記事では各社における価格(金額はすべて税込)をまとめて紹介します。なお、NTTドコモおよびauではWi-Fi+Cellularモデルのみ、AppleおよびSoftBankではWi-Fi+CellularモデルおよびWi-Fiモデル、量販店などではWi-Fiモデルのみが取り扱われます。またAppleが販売するWi-Fi+CellularモデルはSIMフリーです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。