S-MAX

SoftBank

JR東日本「中央本線」の四方津駅〜猿橋駅間トンネル内でNTTドコモとau、ソフトバンク・ワイモバイルの携帯電話が3月10日より順次利用可能に


JR中央本線の四方津駅〜猿橋駅間トンネル内で携帯電話が使えるように!

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は27日、同社が運行する「中央本線」における「四方津駅〜猿橋駅」間のトンネル内(約7.7Km)で携帯電話サービスの提供を2020年3月10日(火)より順次開始すると発表しています。

対象はNTTドコモおよびau(KDDI)、ソフトバンク(ワイモバイル含む)およびその仮想移動体通信事業者(MVNO)となっており、鳥沢駅〜猿橋駅は3月10日始発より、四方津駅〜梁川駅は3月20日(金)始発より、梁川駅〜鳥沢駅は3月31日(火)始発より開始予定。

続きを読む

ソフトバンク・ワイモバイル向け折りたたみ型フィーチャーフォン「DIGNO ケータイ3」が3月6日発売!価格は発売日に案内


SoftBank・Y!mobile向け「DIGNO ケータイ3」が3月6日に発売!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は27日、携帯電話サービス「SoftBank」および「Y!mobile」向けの新商品として使いやすさと相手の声の聞き取りやすさを追求して電話が快適に利用できる折りたたみ型フィーチャーフォン(以下、ケータイ)「DIGNO ケータイ3」(京セラ製)を2020年3月6日(金)に発売すると発表しています。

販路はソフトバンクショップやワイモバイルショップ、量販店などのSoftBank・Y!mobile取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」や「ワイモバイルオンラインストア」となっており、価格は発売日に案内するとし、事前予約は実施しないとのこと。

なお、型番はSoftBank向けが「902KC」、Y!mobile向けが「903KC」となっており、その他にソフトバンクではSoftBank向けとしてDIGNO ケータイ3からカメラとワンセグを非搭載にした「DIGNO ケータイ3 for Biz(型番:904KC)」をすでに2月21日から販売しています。

続きを読む

SoftBank向け新料金プラン「メリハリプラン」および「ミニフィットプラン」を発表!3月12日から申込開始。通話オプションも刷新


ソフトバンクが新料金プラン「メリハリプラン」および「ミニフィットプラン」を発表!既存プランは3月11日に申込終了

ソフトバンクは25日、携帯電話サービス「SoftBank」向けに新料金プラン「メリハリプラン」および「ミニフィットプラン」、「定額オプション+(プラス)」、「準定額オプション+」を発表しています。申込受付を2020年3月12日に開始するとのこと。

メリハリプランは毎月50GBまで利用できる高速データ容量に加えて対象の動画サービスやSNSが使い放題となる「動画SNS放題」の対象サービスが利用できる料金サービスで、各種割引によって月額3,480円(金額はすべて税抜)からで利用できます。

月額料金は基本プラン(音声/データ)が980円、データプランメリハリが6,500円で合計7,480円で、半年おトク割およびおうち割 光セット、みんな家族割+の最大割引で3,480円に。さらに動画SNS放題分を含めた月間データ使用量が2GB以下の場合には自動的に1,500円割引されて月額1,980円からで利用可能。

一方、ミニフィットプランはデータ通信の利用が少ない人向けにデータ使用量に応じて3段階の定額料が自動的に適用され、月額料金は基本プラン(音声/データ)が980円、ミニフィットプランが1GBまでが3,000円、2GBまでが5,000円、5GBまでが6,500円で、各種割引で、1GBまでが1,980円から、2GBまでが3,980円から、5GBまでが5,480円からに。

さらに基本プラン(音声)で利用できる通話が定額になるオプションを刷新し、国内通話が24時間無料になる「定額オプション+(プラス)」(月額1,800円)、1回5分以内の国内通話が無料になる「準定額オプション+」(月額800円)を3月12日から提供します。それぞれ「留守番電話プラス」および「割込通話」「グループ通話」「一定額ストップサービス」も追加料金なしで利用可能。

これに伴って現在提供している「データプラン50GB+」および「データプランミニ」「定額オプション」「準定額オプション」の申込受付を3月11日に終了するということです。なお、3月11日までに申し込んだ場合には継続して利用はできるとのこと。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けフラッグシップスマホ「Xperia XZ3」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SoftBankスマホ「Xperia XZ3」がAndroid 10に!

ソフトバンクは25日、携帯電話サービス「SoftBank」向けに2018年11月に発売したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ3(型番:801SO)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)に対して最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2020年2月25日(火)から順次提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話回線(3G・4G)によるネットワーク経由(OTA)が用意されており、更新の完了までに最大40分程度かかる場合があり、内蔵ストレージの空き容量が約1GB以上必要とのこと。なお、更新にかかる通信料は無料ですが、更新ファイルサイズが大きいのでWi-Fiが推奨されています。

更新後のビルド番号は両機種ともに「52.1.D.0.178」。主な更新内容は以下の通りですが、より詳細な内容はソニーモバイルコミュニケーションズの公式Webページ『ソフトバンク Android(アンドロイド)10 対応 OSバージョンアップ | ソニーモバイル公式サイト』を参照するよう案内されています。

・Android 10へのOSバージョンアップ
・セキュリティの向上
※ 上記以外にもより快適にご利用いただくための更新が含まれております。


続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けフラッグシップスマホ「AQUOS R3」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SoftBankスマホ「AQUOS R3 808SH」がAndroid 10に!

ソフトバンクは3日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2019年夏モデル」として昨年5月から販売しているフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R3(型番:808SH)」(シャープ製)に対応して最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2020年2月3日(月)から順次提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話回線(3G・4G)によるネットワーク経由(OTA)で実施する方法が用意されており、更新にかかる通信料は無料ですが、同社では更新のためのファイルサイズが大きいので、Wi-Fiで実施することを推奨しています。なお、更新の完了までの最大20分程度かかる場合があるとのこと。

更新後のビルド番号は「S1006」。主な更新内容は以下の通りがすが、詳細についてはシャープの公式Webページを確認するよう案内されており、Android 10へのOSバージョンアップ以外にもリアカメラの超広角レンズのほうで写真撮影が可能になるなどしているということです。。

・Android 10へのOSバージョンアップ
・セキュリティの向上
※ 最新バージョンの詳細については<<メーカーサイト>>にてご確認ください。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。