S-MAX

V20PRO

NTTドコモ、LGエレクトロニクス製ハイスペックスマホ「V20 PRO L-01J」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


docomo向けスマホ「V20 PRO L-01J」がAndroid 8.0 Oreoに!

NTTドコモは23日、同社が「2016-2017冬春モデル」として2017年2月に発売したハイスペックスマートフォン(スマホ)「V20 PRO L-01J」(LG Electronics製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新はに本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはFOMA、Xi回線によるネットワーク経由(OTA)による方法が用意されており、更新時間は約34分、更新後のビルド番号は「L01J10h」。主な変更点は以下の通り。

主なアップデート内容
1)ピクチャー イン ピクチャー(PiP)機能の追加
2)スマートなテキスト選択機能の追加
3)ログイン情報の入力が容易になる「AutoFill」機能の追加
4)拡張キャプチャ機能の追加
5)ゲームツールの追加
6)GIFアニメーション機能の追加
7)LGホームアプリの機能性向上

改善される事象
8)より快適にご利用いただけるよう品質を改善いたします。
9)セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが 2018年6月になります。)

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

NTTドコモの機種変更含めた全オーダーで一括648円のハイエンドスマホ「V20 PRO L-01J」が人気!店頭在庫は少なめで、頭金・変更手数料無料は公式オンラインショップ限定


shimajiro@mobiler

既報通り、NTTドコモが1月19日より“春商戦”向けに多くの機種を値下げしており、中でも「2016-2017年冬春モデル」として昨年2月に発売されたハイスペックスマートフォン(スマホ)「V20 PRO L-01J」が人気となっている。

人気の理由は、今回の値下げでV20 PRO L-01Jと「Disney Mobile on docomo DM-01J」の2機種は機種変更(契約変更含む)を含めた新規契約・他社から乗り換え(MNP)の全オーダーで「端末購入サポート」によって一括648円(税込)で販売されているためだ。

下取りプログラムなどの他の施策を使わずに単純に購入した場合の価格が648円なのだ。もちろん、端末購入サポートなので端末購入の翌月から12カ月間が「規定利用期間」となり、この期間中に機種変更やパケット定額の解約・回線解約などを行うと、割引額の半額がペナルティーとして発生する注意点はある。

しかし、規定利用期間の間はきっちり使う回線があるのなら特にV20 PRO L-01Jは今でも性能的には十分であり、かつ、最新のAndroid 8.x(開発コード名:Oreo)へのOSバージョンアップも予定されており、魅力があると言える。

特にドコモショップや量販店などの店頭では在庫が少なかったり、すでに販売を終了しているところもある上、在庫があった場合でも本体代金とは別に「頭金」が設定されることが多いが、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」なら頭金はなく、機種変更なら通常かかる事務手数料も無料となるのでオススメだ。

続きを読む

NTTドコモ、Xperia XZ SO-01JとV20 PRO L-01Jの下り最大通信速度を3月9日より500Mbpsに高速化!多値変調256QAM導入で、3波CAと組み合わせ


docomo PREMIUM 4GでXperia XZとV20 PROが下り最大500Mbpsに!

NTTドコモは7日、すでに販売中の「2016-2017冬春モデル」のうちのスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ SO-01J」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)および「V20 PRO L-01J」(LGエレクトロニクス製)の2機種において2017年3月9日(木)より受信時最大通信速度を500Mbpsに向上するとお知らせしています。

これは同日より変調方式「256QAM」が導入開始され、これまでの変調方式「64QAM」と3波のキャリアアグリゲーション(CA)の組み合わせによる375Mbpsから約1.33倍となるため。

3CC CAは800MHz帯(Band 19)の15MHz幅および1.7GHz帯(Band 3)の20MHz幅、2GHz帯(Band 1)の15MHz幅のと合わせて実現するため、下り最大500Mbpsになるのは東名阪エリアのみ。東名阪以外でも256QAMは40都市で提供開始されるため、最大通信速度の高速化は行われます。

なお、実際には電波強度が十分に強い場所でないと256QAMにならなかったりするのでどこまで通信速度向上に効果があるかはわかりません。とはいえ、少しでも通信が速くかつ安定するのに期待したいところです。

続きを読む

NTTドコモ、5.5型WQHD液晶や4GB RAM、デュアルカメラ、クアッドDACなど搭載のハイエンドスマホ「V20 PRO L-01J」を2月17日に発売!気になる価格は新規・MNPなら一括1.5万円に


NTTドコモがハイエンドスマホ「V20 PRO L-01G」を2月17日に発売!

NTTドコモは15日、昨冬から今春に発売する予定の「2016-2017冬春モデル」のうちの約5.2インチQHD(1440×2560ドット)ディスプレイや4GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージなどを搭載したハイスペックなAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「V20 PRO L-01J」(LG Electronics製)を2017年2月17日(金)に発売すると発表しています。

LGのグローバルモデル「V20」シリーズの大型モデルで、デュアルカメラやメインディスプレイの他に常時表示可能な有機EL方式のサブディスプレイを搭載し、さらにESS Technology製DAC「ES9218」を搭載して低ノイズでハイレゾオーディオを再生でき、デンマークの音響機器メーカー「B&O(バング&オルフセン)」が技術協力して音質のチューニングを行った音響機能が特長となっています。

すでにドコモショップなどの取扱店店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて1月13日より事前予約受付を実施しています。今回、ドコモオンラインショップですでに購入手続きが開始されており、価格も案内されていましたので合わせて紹介したいと思います。

続きを読む

NTTドコモが「V20 PRO L-01J」と「らくらくスマートフォン4 F-04J」の事前予約受付を1月13日から開始!発売時期もより具体的に2月の下旬と中旬へ


ドコモスマートフォン「V20 PRO L-01J」と「らくらくスマートフォン4 F-04J」が予約開始!

NTTドコモは12日、すでに発表している昨冬から今春に発売する「2016-2017冬春モデル」のうちの「V20 PRO L-01J」(LGエレクトロニクス製)と「らくらくスマートフォン4 F-04J」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)のスマートフォン(スマホ)2機種を2017年1月13日(金)より事前予約受付するとお知らせしています。

事前予約受付はドコモショップ店頭などのNTTドコモの携帯電話取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」。同社では合わせてこれまで2月に発売予定としていた発売時期についてもV20 PRO L-01は2月下旬、らくらくスマートフォン4 F-04Jは2月中旬とより具体的に案内しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。