S-MAX

V30+

NTTドコモ、ハイエンドスマホ「V30+ L-01K」に「ThinQ AI」機能に対応するソフトウェア更新を提供開始!Googleアシスタント連携などのカメラ機能が向上


docomoスマホ「V30+ L-01K」が「ThinQ AI」に対応!

NTTドコモは26日、今年1月に発売した「2017-2018冬春モデル」のうちのプレミアムスマートフォン(スマホ)「V30+ L-01K」(LGエレクトロニクス製)においてAI(人工知能)を活用した「ThinQ AI」に対応するソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはXi、FOMAの各回線によるネットワーク経由による方法(OTA)が用意されており、更新にかかる時間は約24分。ただし、回線環境などによって更新時間は異なる場合があるとのこと。

更新後のビルド番号(ソフトウエアバージョン)は「L01K10i」とのことで、確認方法は「設定」→「システム」→「端末情報」→「ソフトウェア情報」となっています。なお、更新方法は「ソフトウェアアップデートガイド(isai V30+ LGV35 )(417KB)[PDF]」をご確認ください。主な更新内容は以下の通りで、詳細はメーカーであるLGエレクトロニクス・ジャパンのお知らせをご参照ください。

※下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。

改善される事象
・カメラの機能を向上いたします。
・セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2018年6月になります。)


続きを読む

NTTドコモが6インチ縦長画面搭載のハイエンドスマホ「V30+ L-01K」を1月25日に発売!価格は本体代9万9144円で実質2万6568円から、Daydream対応でVRゴーグルがもれなくプレゼント


docomoが6インチ縦長ほぼ全画面デザインのプレミアムスマホ「V30+ L-01K」が1月25日発売!

NTTドコモは22日、同社の「2017-2018冬春モデル」のうちの約6.0インチQHD+(1440×2880ドット)有機EL(OLED)フルビジョン(FullVision)ディスプレイ(約538ppi)やオクタコアCPU、4GB LPDDR4X内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用プレミアムスマートフォン(スマホ)「V30+ L-01K」(LGエレクトロニクス製)を2018年1月25日(木)に発売すると発表しています。

すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が実施されており、価格(すべて税込)も本体代は99,144円で、実質負担額が新規契約・機種変更では49,896円、他社から乗り換え(MNP)では26,568円となっています。なお、ドコモオンラインショップでは2018年1月23日(火)午前10時以降に購入手続きを開始するとのこと。

またすでに案内されているようにV30+ L-01Kの発売に合わせてより多くの人にGoogleのVRプラットフォーム「Daydream」の世界を体験してもらうため、購入者全員にVRゴーグル「Google Daydream View」をプレゼントするキャンペーンを実施します。

キャンペーンは景品がなくなり次第終了とのこと。さらにキャンペーン開始に合わせてNTTドコモの動画配信サービス「dTV」のコンテンツがDaydreamで視聴できるようになるとのこと。

発売開始日以降は全国の一部ドコモショップにてV30+ L-01Kを使ってDaydreamを体験できるようになるとしています。その他、2018年2月2日(金)~2月4日(日)の期間に東京ミッドタウン アトリウムにてVR体験イベント「MOBILE VR PARK」を実施するということです。

続きを読む

NTTドコモのDaydream対応LG製ハイエンドスマホ「V30+ L-01K」を写真と動画で紹介!大画面6インチ縦長“ほぼ全画面デザイン”で軽く持ちやすい【レポート】


docomoのLG製ハイエンドスマホ「V30+ L-02K」を写真と動画でチェック!

既報通り、NTTドコモの「2017-2018冬春モデル」のうちの約6.0インチQHD+(1440×2880ドット)有機EL(OLED)フルビジョン(FullVision)ディスプレイ(約538ppi)やオクタコアCPU、4GB LPDDR4X内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用プレミアムスマートフォン(スマホ)「V30+ L-01K」(LGエレクトロニクス製)が2018年1月下旬以降に発売予定になっています。

LGのグローバル向け最上位スマホ「LG V30」の内蔵ストレージが増量されたモデルで、縦長画面ながら6インチクラスの中では約158gと軽量なボディーが特長で、ライバルの「Galaxy S8+」(6.2インチ)や「Galaxy Note8」(6.3インチ)が少し大きいなという人に良さそうです。

またGoogleのVRプラットフォーム「Daydream」にも対応し、NTTドコモではV30+ L-01Kを購入するとVRゴーグル「Daydrem View」がもれなくもらえるキャンペーンも実施します。

すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が実施されており、価格(税込)も本体代は99,144円で、実質負担額が新規契約・機種変更では49,896円、他社から乗り換え(MNP)では26,568円と案内されています。

発表から時間が経過していますが、間もなく発売となりますので、昨年10月18日に行われた発表会会場にてV30+ L-01Kの実機に触れることができましたので、その模様をファーストインプレッションとしてお送りいたします。

続きを読む

NTTドコモがジョジョスマホ第2弾「JOJO L-02K」の詳細を12月15日10時に発表!ベースモデルのLG製プレミアムスマホ「V30+ L-01K」と合わせて12月20日正午に事前予約受付を開始


ジョジョスマホ第2弾「JOJO L-02K」とベースモデル「V30+ L-01K」が12月20日に予約開始!

NTTドコモは8日、今冬および来春に発売する「2017-2018年冬春モデル」のうちの約6.0インチQHD+(1440×2880ドット)有機EL(OLED)フルビジョン(FullVision)ディスプレイ(約538ppi)やオクタコアCPU、4GB LPDDR4X内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックスマートフォン(スマホ)「V30+ L-01K」および「JOJO L-02K」(ともにLGエレクトロニクス製)を2017年12月20日(水)正午に事前予約受付を開始するとお知らせしています。

また人気漫画・アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」30周年記念スペシャルモデルとして“ジョジョスマホ”第2弾となるJOJO L-02Kについては搭載されるコンテンツなどの詳細を予約に先立って12月15日(金)10時に発表すると案内しています。

販売および予約はドコモショップや量販店などのドコモ取扱店舗や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などで行われ、価格は追って案内される予定。

なお、発売時期については当初は両機種ともに2018年1月以降とされており、JOJO L-02Kについては現段階でも2018年1月以降のままですが、V30+ L-01Kについては2018年1月下旬になっています。またV30+ L-01KについてはキャンペーンでGoogleの「Daydream View」が購入者全員にプレゼントされます。

続きを読む

ついに発表されたNTTドコモの「2017-2018冬春モデル」を東京と名古屋の直営店で先行展示中!さっそくXperia XZ1・XZ1 CompactやGalaxy Note8、V30+などを試してきた【レポート】


ついに発表されたdocomoの2017-2018冬春モデルをひと足早く体験!

既報通り、NTTドコモは18日、今冬および来春に発売する「2017-2018冬春モデル」としてスマートフォン(スマホ)11機種とタブレット2機種の合計13機種を新たに発売することを発表しました。発売時期は機種ごとによって異なり、早い製品では10月下旬より順次販売が開始されます。

発売に先駆けて、同社では「ドコモショップ丸の内店」(東京)および「ドコモスマートフォンラウンジ名古屋」(愛知)の直営の旗艦店2店舗では発表されたばかりの新製品を先行展示しています。

そこで筆者もさっそくこれらの先行展示されている新製品をドコモショップ丸の内店にて試してきたので、写真多めでご紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。