S-MAX

XperiaZ2Tablet

KDDI、au向け2014年夏タブレット「Xperia Z2 Tablet SOT21」にAndroid 5.0 LollipopへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


au向けタブレット「Xperia Z2 Tablet SOT21」がAndroid 5.0 Lollipopに!

KDDIは15日、au向け2014年夏モデルのAndroidタブレット「Xperia Z2 Tablet SOT21」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)に対してより新しい「Android 5.0(開発コード名:Lollipop)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

案内されている主な変更点は以下の通り。更新はXperia Z2 Tablet SOT21の本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または4G(LTEおよびWiMAX 2+)、3Gにて行なう方法およびパソコンに接続して行なう方法が用意されており、更新にかかる時間は単体のWi-Fiおよび4Gで約40分、3Gで約80分、パソコンに接続する場合に約40分、アップデートファイルサイズは単体なら約800MB、パソコンと接続する場合に約1.5GBとなっています。

・OSアップデート後は画面デザインや一部の操作方法が変更となります。

<主な変更内容>
 ホーム画面が新デザインに変わり、画面下にステージが追加され、よりアプリが起動し易くなります。

※ホーム画面に配置のお客様アプリの位置が変わる場合があります。
 マナーモードの設定が電源ボタンでの長押しでの設定から、音量ボタンからの変更となります。

・OSアップデート後は端末の設定の一部が初期状態にリセットされます。
 OSアップデート完了後、再度設定を行ってください。

<主な初期化内容>
 音設定/音量設定が初期値に戻る為、OSアップデート後に音量が変更される場合があります。
 Bluetoothロック解除、フェイスアンロックの設定が初期化されます。
 アップデート後は当該ロック機能設定時に入力したPINコード、もしくはパターン入力が必要となります。
 アラームの「マナーモード中の鳴動」設定が削除されます。
 OSアップデート後は常に鳴動します。

その他、変更点は以下をご確認ください。
 OSアップデートによる変更点(1.09MB)[PDF]


続きを読む

Sony Mobile、XperiaシリーズのAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップ提供機種一覧を発表!グローバルモデルのZシリーズではXperia Z2以降が対象


XperiaシリーズのAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップは?

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は6日(現地時間)、同社の「Xperia」シリーズのスマートフォン(スマホ)およびタブレットにおいて先日正式版がGoogleから提供開始された最新プラットフォーム「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを実施する機種一覧を発表しています。

グローバルモデルでは「Xperia Z5」および「Xperia Z5 Premium」、「Xperia Z5 Compact」、「Xperia Z4 Tablet」、「Xperia Z3+」(日本の「Xperia Z4」に相当)、「Xperia Z3」、「Xperia Z3 Compact」、「Xperia Z3 Tablet Compact」、「Xperia Z2」、「Xperia Z2 Tablet」、「Xperia M5」、「Xperia C5 Ultra」、「Xperia M4 Aqua」、「Xperia C4」の14機種。

続きを読む

NTTドコモ、10.1インチタブレット「Xperia Z2 Tablet SO-05F」にAndroid 5.0 LollipopへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


Xperia Z2 Tablet SO-05FがAndroid 5.0 Lollipopに!

NTTドコモは17日、同社がすでに販売中の既存製品における「Android 5.x(開発コード名:Lollipop)」へのOSバージョンアップを提供する機種について発表している中で新たにソニーモバイルコミュニケーションズ製タブレット「Xperia Z2 Tablet SO-05F」に対してAndroid 5.0 LollipopへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

本体(Wi-FiおよびXi、FOMA)のみで直接更新する方法とパソコンにUSBケーブルで接続して更新する方法が用意されており、更新時間は約70分および約22分。更新期間は2019年3月末の修理受付終了までを予定。ソフトウェア更新による主な変更点は以下の通り。
◯主なアップデート内容
1)Xperiaホーム
・ホーム画面の下段に表示されているアイコンが固定になり、左右にスワイプして別のホーム画面に切り替えても常に表示されるようになります(最大8個配置可能)。
・アプリ一覧画面を表示するアイコンも従来の右上から下段中央に変更になります。
・ホーム画面上に置けるアプリやウィジェットの数が変わります。
 バージョンアップ前:横8個×縦7個=最大56個
 バージョンアップ後:横7個×縦5個=最大35個 + 8個(固定)
 ※バージョンアップ前にホーム画面に配置していたアプリやウィジェットも、入りきらないものは別のホーム画面に移動し、ホーム画面が一杯だった場合は新たなホーム画面が生成されます。
 ※最大7画面のホーム画面に収まりきらなかった場合、入りきらなかったアプリやウィジェットはホーム画面から削除されます。
img_01

2)音楽再生
・ハイレゾ対応ヘッドホンやスピーカー(別売)をつなぐだけで、CDの音質を超えるハイレゾ音源が再生可能。
・また、「DSEE HX」をオンにすることで、圧縮音源をハイレゾ相当の高解像度音源にアップスケーリングして楽しめます。
img_02

3)リモートプレイ
・「PS4 Remote Play」を使ってPS4本体、Xperia Z2 Tablet、ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK4)をつなぐことで、PS4ならではの操作感覚でゲームが楽しめます。
img_03

4)カメラ
・カメラアプリに新たに「フェイスインピクチャー」「サウンドフォト」「ARファン」「マルチカメラ」機能が追加されます。
img_04

5)搭載アプリケーション
「Lifelog」「Movie Creator」「音声レコーダー」を新たに搭載します。
img_05

6)設定
・設定メニュー内を検索できるようになります。
img_06

7)便利機能
・クイック設定パネル機能が一新され、さらに使いやすくなります。
img_07
・What's Newで一部のアプリを更新できるようになります。
img_08

8)改善される事象
・まれに、特定のサイトの読み込みに失敗する場合がある。
※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

ソニー、国内向けタブレット「Xperia Z2 Tablet」と「Xperia Z3 Tablet Compact」のWi-FiモデルにAndroid 5.1.1 LollipopへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


Xperia Z2 TabletとXperia Z3 Tablet CompactのWi-FiモデルにAndroid 5.1に!

ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)は30日、日本国内にて昨年5月に発売した10.1インチAndroidタブレット「Xperia Z2 Tablet」のWi-Fiモデル(型番:SGP511JPおよびSGP512JP)および昨年11月に発売した8インチAndroidタブレット「Xperia Z3 Tablet Compact」のWi-Fiモデル(型番:SGP611JPおよびSGP612JP)について最新プラットフォーム「Android 5.x(開発コード名:Lollipop)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

変更内容は以下の通り。更新は本体のみで無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由による方法とパソコン(PC)とUSBケーブルで接続して行なう方法が用意されています。

・「設定」アイコンと、画面下に表示されるナビゲーションキー(戻る / ホーム / タスク)アイコンのデザインが変更
・「設定」画面内のアイコンデザインや構成が変更
・画面上部を下にスワイプして表示する「クイック設定」のユーザーインターフェイス変更と機能拡張
・「通知」や「タスク」の全消去ボタンのデザインが変更
・「更新センター」アプリが削除(代わりに一部アプリの更新は「What’s New」アプリが担う)
・ロック画面に通知が表示されるように
・ロック画面の時計のデザインを変更可能に
・「Bluetoothロック解除」と「フェイスアンロック」が「Smart Lock」に集約
・ハイレゾオーディオ機器を自動認識してハイレゾ音源の再生が可能に
・「アルバム」アプリの「SensMe slideshow」機能が削除(通常のスライドショー機能は利用可)
・「電卓」アプリの計算結果のコピー機能が削除
・日付や時刻の設定方法が変更


続きを読む

ソニー、国内向けタブレット「Xperia Z2 Tablet」と「Xperia Z3 Tablet Compact」のWi-FiモデルにAndroid 5.1.1 LollipopへのOSバージョンアップを7月下旬に提供開始


Xperia Z2 TabletとXperia Z3 Tablet CompactのWi-FiモデルにAndroid 5.1が提供へ!

ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)は16日、日本国内にて昨年5月に発売した10.1インチAndroidタブレット「Xperia Z2 Tablet」のWi-Fiモデル(型番:SGP511JPおよびSGP512JP)および昨年11月に発売した8インチAndroidタブレット「Xperia Z3 Tablet Compact」のWi-Fiモデル(型番:SGP611JPおよびSGP612JP)について最新プラットフォーム「Android 5.x(開発コード名:Lollipop)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2015年7月下旬に提供するとお知らせしています。

これらの2機種については「Xperia Z4 Tablet」のWi-Fi版が日本国内で発売される発表にて当初7月上旬以降と案内していましたが、今回、7月下旬となり、さらにOSバージョンもAndroid 5.1.1(開発コード名:Lollipop)とより新しくなっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。