S-MAX

XperiaZ3Compact

NTTドコモ、Xperia Z3 SO-01GやXperia Z3 Compact SO-02G、Xperia A4 SO-04GにAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


Xperia Z3 SO-01GやXperia Z3 Compact SO-02G、Xperia A4 SO-04GがAndroid 6.0に!

NTTドコモは9日、同社がすでに販売中の既存製品における「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを提供する機種について発表している中で新たにソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン(スマホ)「Xperia Z3 SO-01G」および「Xperia Z3 Compact SO-02G」、「Xperia A4 SO-04G」の3機種に対してAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2016年8月9日(火)より提供開始したとお知らせしています。

更新によって変更される点は主にAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップに伴い内容で、案内されている変更点は3機種ともに同じで以下の通り。

主なアップデート内容
1)Now on Tapの追加
アプリを使用中にホームボタンを長押しすると、起動中のアプリで表示されている内容から欲しい情報を予測して提案します。

2)消費電力の最適化
スマートフォン/タブレットを使用していないときの消費電力を低減します。また、普段あまり使用していないアプリの消費電力も低減します。

3)アプリに渡す情報をコントロール
アプリからの必要な情報へのアクセス許可について、これまでインストール時に一括で確認してきましたが、これからは情報を必要とするときに個別に確認します。また、アプリへ渡す情報は設定メニューから変更でき、より安全にお使いいただけるようになります。

4)カメラ
カメラのUIが新しくなり、スワイプ操作でビデオ撮影やマニュアルなどへ切替できるようになります。

5)ダイヤル
通話履歴画面で「通話履歴フィルター」(不在着信、着信、発信等)の項目が常時表示されるようになります。

6)ホーム
Xperiaホームに、画面スワイプ時のエフェクトを変更する機能が追加されます。ホーム画面を自分好みにカスタマイズできるようになります。

7)スモールアプリ
最近利用したアプリ画面の視認性が向上します。画面の操作に合わせて、下部に表示されるスモールアプリバーが隠れるようになります。

8)通知パネル
通知パネルに表示されるスクリーンショット画像を、通知パネル上で共有に加え、消去もできるようになります。

9)改善される事象
・ブラウザアプリの履歴が正常に表示されない場合がある。

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

Sony Mobile、Xperia Z3 D6603とXperia Z3 Compact D5803の利用者向けにAndroid 6.0 Marshmallowのベータテスターを先着1万人募集


Xperia Z3とXperia Z3 CompactにAndroid 6.0 Marshmallowのベータテスターを募集!

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は7日(現地時間)、同社の「Xperia」シリーズのスマートフォン(スマホ)およびタブレットにおいて先日正式版がGoogleから提供開始された最新プラットフォーム「Android(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを実施する機種一覧を前日10月6日に発表していましたが、先行してベータ版のXperia向け最新ソフトウェアを利用できる「Sony’s Concept for Android initiative」にてXperia向けAndroid 6.0 Marshmallowのベータテスターを募集しています。

今回のAndroid 6.0 Marshmallowのベータテスターはスウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランド、アイスランド、エストニア、ラトビア、リトアニア、イギリス、アイルランド、ドイツの「Xperia Z3(型番:D6603)」および「Xperia Z3 Compact(型番:D5803)」の利用者で申し込みを行った先着1万人。今後数週間に渡って順次提供していくということです。

続きを読む

Sony Mobile、XperiaシリーズのAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップ提供機種一覧を発表!グローバルモデルのZシリーズではXperia Z2以降が対象


XperiaシリーズのAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップは?

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は6日(現地時間)、同社の「Xperia」シリーズのスマートフォン(スマホ)およびタブレットにおいて先日正式版がGoogleから提供開始された最新プラットフォーム「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを実施する機種一覧を発表しています。

グローバルモデルでは「Xperia Z5」および「Xperia Z5 Premium」、「Xperia Z5 Compact」、「Xperia Z4 Tablet」、「Xperia Z3+」(日本の「Xperia Z4」に相当)、「Xperia Z3」、「Xperia Z3 Compact」、「Xperia Z3 Tablet Compact」、「Xperia Z2」、「Xperia Z2 Tablet」、「Xperia M5」、「Xperia C5 Ultra」、「Xperia M4 Aqua」、「Xperia C4」の14機種。

続きを読む

動く"800万画素"が可能に!カメラが強化された最新スマホ「iPhone 6s」の4K動画を「Xperia Z3 Compact」の4K動画と比較してみた【レビュー】

iPhone 6sの4K動画撮影をレビュー!

新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」のリアカメラが約1200万画素イメージセンサーに進化し、感圧操作「3D Touch」と連動した動く写真「Live Photo」といった新機能も用意された。さらにAndroidスマホでも対応機種が増えている4K(3840×2160ドット)動画撮影にも対応し、iPhone 6sとiPhone 6s Plusは静止画・動画ともに文句なしのスペックとなった。

前回のiPhone 6sの静止画に引き続き、今回は4K動画について「Xperia Z3 Compact」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)との比較も交えてレポートしていく。

続きを読む

注目の画素数が1200万画素にアップした「iPhone 6s」のカメラを「iPhone 6」と「Xperia Z3 Compact」と比較してみた【レビュー】

iPhone 6sのカメラはどれだけ新しくなったのか?

発売日の9月25日にAppleの新スマートフォン(スマホ)「iPhone 6s」や「iPhone 6s Plus」を購入した人はそろそろ環境が落ち着いて使い勝手も慣れてきたころだろう。今回のiPhone 6sシリーズのiSightカメラ(リアカメラ)は前機種「iPhone 6」シリーズの800万画素から1200万画素に画素数がアップし、さらに4K(3840×2160ドット)動画対応にもなった。

そこで、カメラモジュールが一新されたiPhone 6sとiPhone6、そして、カメラスマホとしてカメラ機能に注力しているサイズ的にも近いライバル機のソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia Z3 Compact」の3機種を比較してみたいと思う。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。