S-MAX

XperiaZ5Compact

ソニーモバイルが「Xperia Z5 Premium」のAndroid 6.0で追加アプリも"4K"に!OS標準サポートで対応――グローバル版のXperia Z5シリーズやZ4にもMarshmallowが提供開始


Xperia Z5 PremiumがAndroid 6.0で4Kを標準サポートに!

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は7日(現地時間)、同社の「Xperia」シリーズのうちの「Xperia Z5」および「Xperia Z5 Compact」、「Xperia Z5 Premium」、「Xperia Z3+」、「Xperia Z4 Tablet」のグローバル版に最新プラットフォーム「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を順次提供開始したとお知らせしています。

すでに日本でもNTTドコモ向け「Xperia Z5 SO-01H」および「Xperia Z5 Compact SO-02H」、「Xperia Z5 Premium SO-03H」の3機種に2016年3月2日からAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップが提供されていますが、グローバル版向けにもようやくリリースされました。

また、スマホでは世界初の4Kディスプレイを搭載したXperia Z5 Premiumでは今回のAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップによってOSが4K(2160×3840ドット)の表示に対応したため、スクリーンショットが画面解像度と同じ2160×3840ドットになったほか、アプリ側が対応すればプリインストールされている写真や動画以外でも4K表示ができるようになっています。

続きを読む

ソニーモバイルの最新エクスペリアスマホ「Xperia Z5」と「Xperia Z5 Compact」、「Xperia Z5 Premium」はどう違う?NTTドコモ版で3機種を比較してみた【レビュー】


Xperia Z5シリーズのスマホ3機種を比べた!

今秋冬の注目機種はやはり「iPhone 6s」シリーズと「Xperia Z5」シリーズの2つでしょう。今回はこのうちのXperia Z5シリーズの5.2インチベースモデル「Xperia Z5」と4.6インチコンパクトモデル「Xperia Z5 Compact」、5.5インチ大画面のプレミアムモデル「Xperia Z5 Premium」の3製品を比べてみました。

なお、日本国内ではXperia Z5はNTTドコモ向け「Xperia Z5 SO-01H」およびau向け「Xperia Z5 SOV32」、SoftBank向け「Xperia Z5 501SO」の3社から、Xperia Z5 CompactとXperia Z5 PremiumはNTTドコモのみから「Xperia Z5 Compact SO-02H」と「Xperia Z5 Premium SO-03H」としてすでに販売されています。

この他、海外のスマホなどを販売する「EXPANSYS Japan」にてSIMフリーのグローバルモデル「Xperia Z5 E6653」および「Xperia Z5 Compact E5823」、「Xperia Z5 Premium E6853」が販売されており、すでに紹介したように日本国内でローミング以外で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)の表示できるようになっています。

続きを読む

ミヤビックスが背面保護シート「OverLay Protector for Xperia Z5 Compact SO-02H(アンチグレア)」 を発売!Z5用はdocomoロゴが消えたけどZ5 Compact用はどう?【レビュー】


OverLay Protector for Xperia Z5 Compact SO-02H(アンチグレア)が発売!

ミヤビックスは9日、同社の公式Webストア「ビザビ」( http://www.visavis.jp )にてNTTドコモの最新コンパクトハイスペックスマートフォン(スマホ)「Xperia Z5 Compact SO-02H」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)用背面保護シート「OverLay Protector for Xperia Z5 Compact SO-02H(アンチグレア) 背面保護・衝撃吸収 シート フィルム カバー プロテクター OPSO02H」を発売したとお知らせしています。

価格はAmazon.co.jpでは1,296円(税込)。以前に紹介した「Xperia Z5 SO-01H」用では"docomo"ロゴが消えると話題でしたので、Xperia Z5 Compact SO-02H用の同じ「OverLay Protector(アンチグレア)」シリーズということで今回は試してみたので紹介したいと思います。

続きを読む

ソニーモバイルが「Xperia Z5 タッチ&トライ アンバサダーミーティング」を5都市で開催!初開催の仙台会場でZ5シリーズの魅力と地方都市開催の狙いを探る【レポート】

Xperiasendai01
初の仙台開催となったXperiaアンバサダーミーティング

ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)は今冬モデルのフラグシップスマートフォン(スマホ)としてNTTドコモ向け「Xperia Z5 SO-01H」およびau向け「Xperia Z5 SOV32」、SoftBank向け「Xperia Z5 501SO」のXperia Z5を日本国内でも10月に投入しました。

また、コンパクトモデル「Xperia Z5 Compact SO-02H」および世界初の4Kディスプレイ搭載の大型モデル「Xperia Z5 Premium SO-03H」もNTTドコモから11月に販売開始しています。

ここ最近では、ソニーモバイルは新モデル発表時に「Xperiaアンバサダーミーティング」というブロガーイベントを開催し、ブロガーへのプレゼンテーションやさまざまな展示・体験企画を催してきています。これまではこういったイベントはほぼ東京に限られていましたが、近年は地方都市開催が増加していて、今回のXperia Z5では福岡(11月19日開催)および仙台で初開催となり、東京(12月10日開催)、名古屋(11月25日開催)、大阪(11月12日開催)と合わせて5都市での開催となりました。

そこで、今回は筆者の住む仙台会場で12月3日にアンバサダーミーティングが行われましたので、イベントの様子やXperia Z5シリーズの魅力を紹介するとともに、担当者に地方開催の狙いについて伺ってきましたのでその模様をお送りします。

続きを読む

ついにXperiaも指紋認証に対応!小型ハイスペックスマホ「Xperia Z5 Compact SO-02H」で指紋センサーを使ってみた【レビュー】


Xperia Z5シリーズの指紋認証の使用感をチェック!

生体認証に対応したスマートフォン(スマホ)やタブレットが増えてきていますが、人気の「Xperia」シリーズもついに今秋冬の「Xperia Z5」シリーズから指紋センサーを搭載しました。

Xperia Z5シリーズの指紋認証の特長はセンサーが電源キーに内蔵されている点。他の機種ではiPhoneやGalaxyなどではホームキー、Nexusやarrows、AQUOSなどでは背面に搭載されていますが、大手メーカーで電源キーに搭載されたのはXperiaがはじめてだと思います。

そこで、今回はNTTドコモ向けに発売された小型モデル「Xperia Z5 Compact SO-02H」を使ってXperia Z5シリーズの指紋認証を試してみたので、設定の仕方や使用感などを紹介したいと思います。

続きを読む

NTTドコモの今冬注目な小型ハイスペックスマホ「Xperia Z5 Compact SO-02H」を開封してみた!Xperia Z3 CompactやiPhone 6sとも比較【レビュー】


ドコモスマホ「Xperia Z5 Compact SO-02H」を紹介!

NTTドコモから11月13日に発売された約4.6インチHD(720×1280ドット)IPS液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」や64bit対応オクタコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)採用のスマートフォン(スマホ)「Xperia Z5 Compact SO-02H」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)。

昨年冬に発売され、価格的にも手頃感があったために長らく人気機種となっていた同じ約4.6インチスマホ「Xperia Z3 Compact SO-02G」の後継機種として注目を集めています。とはいえ、現状では発売されたばかりということもあり、人気の理由のひとつだった価格面では本体価格84,888円の実質負担額約5千円〜4万円とまだ少し高いかなという状態。

ひとまず、夏モデルで問題となっていたかなりの発熱を伴うQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 810 MSM8994」を搭載しているということで気になったので手に入れてみました。そこで、まずは開封してざっくりとファーストインプレッションを紹介します。

続きを読む

最新スマホ「Xperia Z5」シリーズの指紋センサーによる画面ロックはスマートロックを設定していると5回失敗でも解除されるので注意しよう【ハウツー】


Xperia Z5シリーズの指紋認証でのロック解除での注意点!

人気のスマートフォン(スマホ)といえばアップルの「iPhone」シリーズの対抗としてはやはり日本国内ではソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia」シリーズでしょう。日本では最新の「Xperia Z5」シリーズはNTTドコモおよびau、SoftBankからXperia Z5がそれぞれ「Xperia Z5 SO-01H」および「Xperia Z5 SOV32」、「Xperia Z5 501SO」として、そして、NTTドコモからはさらに小型の「Xperia Z5 Compact SO-02H」が発売し、さらにNTTドコモから来週11月20日には4Kディスプレイを搭載した大型の「Xperia Z5 Premium SO-03H」が発売されます。

そんなXperiaもようやくこの冬モデルのから指紋認証に対応しました。Xperia Z5シリーズの指紋センサーは右側面に搭載した電源キーにセンサーが内蔵され、持ってこれから操作をしようとするときに電源キーを押す流れの中で画面ロックを解除できるようになっており、iPhoneシリーズなどのホームキーに内蔵されたのとはまた違いつつも使いやすくなっています。

そんなXperia Z5シリーズの指紋認証ですが、画面ロックの解除に利用している場合に「信頼できる場所」などを登録しておくと自動的にロック解除ができる「Smart Lock」を設定していると、ロック解除時に指紋認証を5回失敗すると解除できてしまう仕様となっているこが明らかになりました。

続きを読む

NTTドコモ、小型ハイスペックエクスペリアスマホ「Xperia Z5 Compact SO-02H」を11月13日に発売!気になる価格をチェック――本体価格8万4888円で実質3〜4万円に


NTTドコモが小型ハイスペックスマホ「Xperia Z5 Compact SO-02H」を11月13日に発表!

NTTドコモは9日、今冬および来春に発売する「2015-2016冬春モデル」のうちの約4.6インチHD(720×1280ドット)IPS液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」や64bit対応オクタコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)採用のスマートフォン(スマホ)「Xperia Z5 Compact SO-02H」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2015年11月13日(金)に発売すると発表しています。

すでに9月30日(水)からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されており、価格も公式Webサイトにて案内されていましたのでまとめて紹介したいと思います。

続きを読む

EXPANSYS Japan、SIMフリースマホ「Xperia Z5 E6653」と「Xperia Z5 Compact E5823」を発売!海外モデルながら技適マークが表示可能


海外モデルながらXperia Z5 E6653とXperia Z5 Compact E5823は技適マーク表示可能!

EXPANSYS Japanが最新エクスペリアスマートフォン(スマホ)「Xperia Z5」と「Xperia Z5 Compact」のSIMフリーな海外モデル「Xperia Z5 E6653」および「Xperia Z5 Compact E5823」を発売したとお知らせしています。

これらの2製品は「Xperia Z3」および「Xperia Z3 Compact」の海外モデル「D6603」と「D5803」と同様に日本国内でローミング以外で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)の表示が可能となっていることが明らかとなっています。

価格はXperia Z5 E6653(32GBモデル)が80,900円、Xperia Z5 Compact E5823(32GBモデル)が68,900円。なお、EXPANSYS JapanではXperia Z5のデュアルSIM版「Xperia Z5 Dual E6683」も販売されていますが、こちらは技適マークがないようなのでご注意ください。

続きを読む

コンパクトながら指紋認証や0.03秒AF対応2300万画素カメラを備えたNTTドコモのパワフルスマホ「Xperia Z5 Compact SO-02H」を写真と動画でチェック【レポート】

SO02H01
コンパクトながらパワフルなXperia Z5 Compact

既報通り、NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を開催し、4.6インチのHD(720×1280ドット)トリルミナスディスプレイ for mobileを備えたコンパクトモデルながら、64bit対応オクタコアCPU、約2300万画素カメラなどを搭載したAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)採用のソニーモバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「Xperia Z5 Compact SO-02H」(以下、SO-02H)を発表しました。

発売時期は2015年11月中旬を予定し、すでに9月30日からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。価格はまだ公表されていませんが、実質負担額で新規契約および機種変更、他社から乗り換え(MNP)で4万円台半ばを予定。

今回は昨日の発表会における展示会場でSO-02Hの実機をタッチ&トライすることができましたので、写真と動画でチェックしていきます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。