S-MAX

arrows

いきなりSIMロック解除も実施!docomo with対応第1弾の安価なエントリースマホ「arrows Be F-05J」を購入したので開封して同梱品などをチェック【レビュー】


NTTドコモ注目の新割引サービス「docomo with」対応初製品となる「arrows Be F-05J」を購入&開封!

NTTドコモから「2017年夏モデル」の新しいスマートフォン(スマホ)として6月1日にに発売された「arrows Be F-05J」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)。

月々サポートや端末購入サポートといった購入補助がない代わりに、利用料金から毎月1,500円(税別)をずっと割り引く新しい料金割引「docomo with」が適応される対象製品第1弾となります。なお、docomo with対象製品としてはすでにもう1つ「Galaxy Feel SC-04J」も6月15日から販売開始されています。

arrows Be F-05Jは前機種「arrows SV F-03H」からスペックの変更はないものの、arrows SV F-03HをベースとしてOSをAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)へと刷新するなどのバージョンアップがされています。

NTTドコモから販売されるスマホとしてもdocomo with対応の2機種は比較的安価で、arrows be F-05Jについては本体価格(税込)が28,512円(分割1,188円/月×24回)という安価に購入可能というのもポイントで、これまでの月々サポートと同じ考え方をするならば、2年間で実質0円以下となります。

筆者も利用料が安く抑えられるようになるため、docomo with対応機種はどちらかは買おうと思っていたのですが、購入理由の上位となる「レッドがある」ということで、今回はarrows Be F05Jを全額dポイント支払いにて購入しました。

そこで本記事では恒例の開封レポートとして同梱物などを紹介するほか、arrows Be F-05Jの「購入前後に準備しておくこと」をまとめて紹介したいと思います。


続きを読む

楽天モバイルなら通信料金も端末代も全部込みで月額2980円!?圧倒的なハイコストパフォーマンスを実現したSIMフリーのタフネススマホ「arrows M03」を写真でチェック【レポート】

m03-003
SIMフリースマホ「arrows M03」は高い堅牢性とロングライフバッテリーも魅力!

既報通り、富士通は28日、SIMフリーの約5.0インチHD(720×1280ドット)IPS液晶やクアッドコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用スマートフォン(スマホ)「arrows M03」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しました。発売は7月下旬を予定しています。

仮想移動体通信事業者(MVNO)や家電量販店などから販売が予定されており、同日に開催された楽天モバイルの「2016夏新サービス・新製品発表会」にて取り扱われることが発表されました。

今回はこの楽天モバイルの発表会における展示会場にて実機に触れる機会がありましたので写真と共にご紹介したいと思います。

続きを読む

NTTドコモ向け富士通製スマホ「F-03H」が各種認証を通過!arrows Fit F-01Hの後継機種のミドルレンジ、夏モデルとして5月11日に発表か


NTTドコモ向け富士通製スマホ「F-03H」が認証通過!写真はarrows Fit F-03H

無線LAN製品の普及促進を図ることを目的とした業界団体「Wi-Fi Alliance」は2日(現地時間)、富士通製スマートフォン(スマホ)「F-03H」が2016年4月27日(水)に通過したことを公開しています。NTTドコモの型番ルールに沿っており、arrowsシリーズとして「2016年夏モデル」として発表されると予想されます。

認証はIEEE802.11a/b/g/n準拠で取得しており、acに対応していないため、ミドルレンジクラスと見られ、昨冬モデル「arrows Fit F-01H」の後継機種と見られます。

また、arrows Fit F-01HベースのSIMフリースマホ「arrows M02」や「arrows RM02」があったように、すでに存在が明らかになっているSIMフリースマホ「arrows M03」および「arrows RM03」のベースモデルの可能性が高いように思われます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。