S-MAX

iPadアプリ

任天堂がスマホなど向けゲームアプリ「どうぶつの森 ポケットキャンプ」を配信開始!当初はアクセス過多で通信トラブルがあったものの、現在は解消されスムーズにプレイ可能


ゼロから始めるスマートフォン

任天堂が新しいスマートフォン(スマホ)など向けゲームアプリ「どうぶつの森 ポケットキャンプ」を2017年11月22日(水)より配信すると発表しました。当初、11月22日配信開始予定と発表していましたが、先行して11月21日より配信が開始されています。

対応OSはAndroid 4.2(開発コード名:JellyBean)以上およびiOS 9.0以降となっており、それぞれの公式アプリストアから無料でダウンロードでき、有料のアイテムも用意されています。

ダウンロードするにはスマホなどの本体記憶領域に350MB程度の空き容量が必要で、ダウンロードするまでに準備して欲しいと案内しています。

また配信開始直後はアクセス過多によってサーバーの通信トラブルが発生し、ゲームが遊べない状態がしばらく続いていましたが、現在はトラブルが解消されている模様で、問題なくプレイすることができます。

続きを読む

インターネットテレビ「AbemaTV」のスマホなど向けアプリに「通信節約モード」が追加!これまでの推奨画質とほぼ同じ画質で通信量は最低画質のさらに半分に


ゼロから始めるスマートフォン

サイバーエージェント傘下のアベマティーヴィーは20日、同社が運営するインターネットテレビ局「AbemaTV」においてスマートフォン(スマホ)など向けアプリに新しい画質モード「通信節約モード」が追加したと発表しています。

これまでの「最低画質」のさらに約半分のデータ通信量で視聴できるとのことで、月当たりのGB(ギガバイト)が足りない月末などでも視聴しやすくなりまいた。なお、すでにAndroid版およびiPhoneなどのiOS版の両方で対応しています。

続きを読む

ヤマハのスマホなど向けハイレゾ音源対応の音楽再生アプリ「mysoundプレーヤー」に曲のコードを解析して表示する機能が追加!耳コピや弾き語りに便利


ゼロから始めるスマートフォン

ヤマハミュージック エンタテインメントホールディングス(以下、ヤマハ)がスマートフォン(スマホ)など向け音楽再生アプリ「mysoundプレーヤー」に“耳コピ”や“弾き語り”に便利な新機能「コード表示機能」を2017年9月26日(火)に追加したと発表しています。

対応OSはAndroid 4.0(開発コード名:KitKat)以上およびiOS 8.0以降で、利用料は無料。なお、コード表示機能は音声信号解析でコードを判定するので、実際のコードと異なる結果が表示されることもあるということです。

続きを読む

知らない間にお金が貯まっていく貯金アプリ「しらたま」。家計簿アプリのマネーフォワードがまずはiPhoneなどのiOS向けをリリース、Android向けは今後提供予定


ゼロから始めるスマートフォン

家計簿アプリなどを提供しているマネーフォワードは19日、貯金のためのスマートフォン(スマホ)など向けアプリ「しらたま」を2017年9月19日(水)よりiPhoneなどのiOS向けにリリースしたと発表しています。利用料は無料で、Android向けも今後開発される予定。

連携金融機関内に貯金専用口座を作り、メイン口座と貯金専用口座を連携させて自動的に貯金ができるようにしたアプリです。名前の由来は“(しら)ずにお金が(たま)る”自動貯金がイメージされています。

続きを読む

iPhoneやiPadなどで使えるGoogleのiOS向け文字入力アプリ「Gboard」が日本語に対応!Google日本語入力を統合して実現し、高い変換性能と便利なWeb検索が合体


ゼロから始めるスマートフォン

Googleは19日(現地時間)、iPhoneやiPadなどで使えるiOS向けの文字入力(ソフトウェアキーボード)アプリ「Gboard」の最新バージョン1.11.0を提供開始し、日本語に対応させたとお知らせしています。

Gboardは、Google検索が統合されたキーボードアプリで、キーボード上の「G」ボタンをタップすると検索窓が表示され、キーボード上でGoogleのWeb検索ができるのが特長です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。