S-MAX

iPadOS13

Appleがタブレット向け最新プラットフォーム「iPadOS」を前倒しで9月24日(日本時間9月25日)から提供!iPadの第5世代・Air 2・mini 4以降やPro全機種で無料アップデート可能


iPadOSは日本時間9月25日に前倒しでリリース!

Appleは19日(現地時間)、同社のタブレット「iPad」向けプラットフォーム「iPadOS」の正式版を現地時間(EST)の2019年9月24日(火)にリリースすると案内しています。当初は現地時間で9月30日(月)に配信開始するとしていましたが、前倒しとなりました。

対応機種は「iPad Air」(初代)および「iPad mini 2」、「iPad mini 3」が対象外となり、iPad Air 2以降およびiPad mini 4以降、iPad(第5世代)以降、iPad Pro全機種でそれぞれ無料でダウンロードしてアップデートすることが可能です。

なお、9月30日より順次発売される最新機種「iPad(第7世代)」はiPadOSがプリインストールされています。日本時間(JST)では日本向けWebページにて9月25日(水)と案内されているため、恐らく日本時間の9月25日未明(通常通りなら2時頃)に配信開始されると見られます。

続きを読む

Appleが最新プラットフォーム「iOS 13」を9月19日、「iPadOS」を9月30日に提供開始!iPhone 6s以降やiPod touch(第7世代)、iPadの第5世代・Air 2・mini 4以降やPro全機種で無料アップデート可能


AppleがiPhoneやiPod touch向け「iOS 13」とiPad向け「iPadOS」の正式版の提供開始日を案内!

既報通り、Appleは10日(現地時間)、本社キャンパス「Apple Park」内にある大ホール「Steve Jobs Theater」にてプレス向け発表会「Apple Events - Keynote September 2019」を開催し、新しいスマートフォン(スマホ))「iPhone 11」および「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」、タブレット「iPad(第7世代)」、スマートウォッチ「Apple Watch Series 5」などの新製品や新サービスを発表しました。

発表会では「iOS」や「iPadOS」などの各プラットフォームにはほとんど言及されませんでしたが、公式Webサイトにて今年6月に発表されたiPhoneやiPod touch向け「iOS 13」を9月19日(木)に、iPad向け「iPadOS 13」を9月30日(月)にリリースすると案内しています。なお、iOS 13については日本向けページでも同様に9月19日となっているものの、iPadOS 13については10月1日(火)となっているため、恐らく日本時間の10月1日未明(通常通りなら2時頃)に配信開始されるものと見られます。

対応機種は既存のiOS 12とは異なり、iOS 13では「iPhone 5s」および「iPhone 6」、「iPhone 6 Plus」、「iPod touch(第6世代)」が対象外となり、iPhone 6sシリーズ以降および「iPod touch(第7世代)」で12機種、iPadOSでは「iPad Air」(初代)および「iPad mini 2」、「iPad mini 3」が対象外となり、iPad Air 2以降およびiPad mini 4以降、iPad(第5世代)以降、iPad Pro全機種でそれぞれ無料でダウンロードしてアップデートすることが可能です。

また同時に発表された新しいスマホであるiPhone 11およびiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro MaxにはiOS 13が、iPad(第7世代)にはiPadOS 13がそれぞれプリインストールされていて購入時から利用可能。なお、アップデートに向けてバックアップをしっかりと取っておくことをオススメするほか、いくつかのアプリでは動作確認が取れるまでアップデートを待つように案内しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。