S-MAX

iPhone6Plus

アップル、SIMフリー版のiPhoneを一斉値下げ!iPhone SEは発売1ヶ月経たずに早くも――購入後14日以内なら申請すれば差額返金可能


AppleがSIMフリー版iPhoneシリーズを5〜9千円値下げ!

アップルは22日、同社の直営店舗「Apple Store」や公式Webストア「Apple Online Store」にて販売しているスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズのSIMフリー版を一斉に値下げしたとお知らせしています。

対象は3月31日に発売されたばかりの「iPhone SE」を含み、「iPhone 6s」や「iPhone 6s Plus」、「iPhone 6」、「iPhone 6 Plus」といった現行ラインナップ全機種・全モデル。

例えば、iPhone SEの16GBおよび64GBモデルはそれぞれ5,000円の値下げとなっており、理由は明らかにされていませんが、最近の為替相場において円高傾向が続くことだと見られています。

続きを読む

NTTドコモ、iPhoneで高音質通話サービス「VoLTE」の海外対応を提供開始!iPhone SEを含むiPhone 6以降で利用可能――対象国は韓国で今後拡大予定


NTTドコモがiPhone 6以降でVoLTEの海外対応がスタート!

NTTドコモは23日、Apple製スマートフォン(スマホ)の「iPhone 6」以降の機種において高音質通話サービス「VoLTE(Voice over LTE)」の海外対応を2016年3月22日(火)より提供開始したとお知らせしています。

利用するには最新プラットフォーム「iOS 9.3」にアップデートされている必要があるほか、キャリア設定がドコモ24.1となっていることを確認するように案内されています。なお、ビデオコール(テレビ電話)は非対応。

続きを読む

iPhoneやiPadなどで「1970年1月1日」に設定して再起動すると再起不能になるので要注意!iPhone 5s以降などの64bit対応機種が対象で、各所の追試実験でお亡くなりに


iPhoneで1970年1月1日にしちゃ駄目、絶対!

コミュニティーサイト「Reddit」にてvista980622氏がiPhoneやiPadなどのiOS搭載機種で「1970年1月1日」に設定して再起動すると、起動しなくなるだけでなく、復元もできなくなるとして各所で注意喚起が行われています。

条件としては、64bit対応のApple A7およびA8、A8X、A9、A9Xプロセッサーを搭載したiOS搭載製品がすべて対象で、当初は13時という時間指定も含まれていましたが、現時点では1970年1月1日であれば何時でも起こることが判明しています。

なお、この不具合を悪用してすでに「1970年1月1日に設定すればiPhoneの動作が軽くなる」などのデマも流れており、Apple Storeのジーニアスバーに持ち込んでの修理となってしまうため、試さないように周囲の人も含め注意したいところです。

続きを読む

ケイ・オプティコム、MVNOによる携帯電話サービス「mineo」のauプランでiOS 9.2にしたiPhone 6・6 Plusを初期化するとSMSが利用できなくなる問題を解決


mineoのAプランにおける問題を解消!

ケイ・オプティコムがNTTドコモやauから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」( http://mineo.jp )のうちのau回線を用いたauプラン(Aプラン)において最新のiOS 9.2に更新すると「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」にて一度初期化するとSMSが送信できなくなってしまう問題について詳細が判明したとお知らせしています。

万が一、iOS 9.2にしたiPhone 6およびiPhone 6 Plusで初期化をしてSMSが送信できなくなった場合には「設定」→「一般」→「リセット」→「すべての設定をリセット」を行い、プロファイルを削除してから再度プロファイル( http://mineo.jp/apn/mineo-a2.mobileconfig )をインストールすることで解決するとのこと。

なお、iPhone 6sやiPhone 6s Plusでは問題なかったほか、ドコモプラン(Dプラン)でもiOS 9.2以前と同様に利用できており、同社ではAプランおよびDプランともにiOS 9.2へアップデートしても利用に問題がないことを確認したと案内しています。

続きを読む

NTTドコモ、複数のスマホなどをシェアグループで購入すると割り引かれる「家族まとめて割」が期間限定で機種変更でも1万800円に増額!iPhone 6や6 Plusはさらにのりかえボーナスも倍額に


NTTドコモが家族まとめて割やのりかえボーナスを一部条件で割引額倍に!

NTTドコモは4日、同社の直営Webストア「ドコモオンラインショップ」にて家族などで複数台を購入する場合に適用される「家族まとめて割」における機種変更時の割引額を2015年12月4日(金)から2016年1月11日(月)まで通常の1台(回線)ごとに最大5,400円から最大10,800円に増額するとお知らせしています。

同社の公式Webサイトやドコモショップポータルサイト「DS NAVI」でも案内されているため、各ドコモショップでも実施していると見られ、下取りプログラムを併用することで「iPhone 6s」の16GBなら機種変更でも実質0円まで下げることが可能です。

また、携帯電話番号ポータビリティー(MNP)制度を利用して他社から乗り換えした場合に購入代金から割り引くキャンペーン「のりかえボーナス」についても「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」限定で倍額の21,600円を割り引くと案内しています。

これにより、MNPでiPhone 6の16GBを購入した場合には一括0円かつ月々サポート-864円/月×24回(総額-20,736円)が付くので他のドコモにチェンジ割や下取りプログラムなどを利用すればさらに安く利用できるようになるほか、複数台の家族まとめて割ならiPhone 6の64GBも一括0円かつ月々サポート-918円/月×24回(総額-22,032円)が付くようになります。なお、金額はすべて税込。

続きを読む

コペックジャパン、iPhone 6s・6s Plus・6・6 PlusのWi-Fiを高速化できるクリアケース「LINKASE CLEAR(with WIFI) for iPhone6/6s・6+/6s+」を発売!ステンレス製EMWアンテナ内蔵

04
Wi-Fi EMWアンテナ内蔵のクリアケース!

コペックジャパンは16日、無線LAN(Wi-Fi)の2.4GHz帯の電波強度(シグナル)を拡張する機能を有するケース「LINKASE CLEAR(with WIFI) for iPhone6/6s・6+/6s+」(ABSOLUTE technology製)の発売を発表した。

製品名にあるようにApple製スマートフォン(スマホ)の最新モデル「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」、そして昨年モデル「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」に対応し、クリアケースにスライド式のWi-Fiアンテナを内蔵することで最大10倍の速度でデータ通信を可能にするというケースだ。

iPhone 6・iPhone 6s用モデルとiPhone 6 Plus・iPhone 6s Plus用モデルの2種類が用意されており、2015年10月15日(木)よりAmazon.co.jpやヨドバシカメラ、ビックカメラ、専門店などで販売されている。価格はAmazon.co.jpではどちらのモデルも3,218円。

続きを読む

4K動画撮影可能となったiPhone 6sと6s Plusに合わせてiPad Air 2でも4K動画再生可能に!XperiaやGalaxyで撮った4K動画も視聴・編集できた【レビュー】

いつの間にかiPad Air 2も4K動画再生可能に!

いよいよ25日に発売となるアップルの最新スマホ(スマートフォン)「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」はカメラ性能が向上していることが報じられている。その中でも動画撮影は新たに4K(3840×2160ドット)サイズに対応し、スマホのディスプレイだけではなく、大画面テレビでも美しい映像を楽しむことができることもトピックのひとつだ。

また、iPhone 6sシリーズの4K動画撮影対応に合わせて、先日配信開始されたiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 9」の動画編集アプリ「iMovie」が、いち早く4K動画編集に対応した。

このような動きの中、既存のタブレット「iPad Air 2」もiOS 9から4K動画再生に対応していることがわかった。今回はこの4K動画の対応についてレポートしていく。

続きを読む

ケイ・オプティコム、MVNOによる携帯電話サービス「mineo」のauプランがiOS 8〜9を搭載したiPhone 6と6 Plus、iPad mini 2以降のiPadシリーズで正式対応!iPhone 5と5s、5cは非対応


mineoのauプランがiOS 8や9以降のiPhone 6などに公式対応!

ケイ・オプティコムは17日、回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」( http://mineo.jp )におけるau回線を用いた「auプラン(Aプラン)」においてiOS 8以降に使えなくなっていたiPhneやiPadのiOS 9での動作確認結果を公開し、今年7月よりテスト配布していたCellular Payloadによるアクセスポイント(APN)構成プロファイルによって「iPhone 6」や「iPhone 6 Plus」などの一部機種では使えるとして公式に対応したことを案内しています。

一方で、テスト配布していたCellular Payloadのプロファイルを用いても「iPhone 5s」および「iPhone 5c」では使えないとして非対応となりました。テスト配布中もデータ通信はできるものの、接続が不安定だったりしていたので恐らく動作を保証できないとして非対応になったものと思われ、記載されていませんが「iPhone 5」も同様かと思われます。なお、各機種ともにau版およびSIMフリー版で同様の結果となっています。

続きを読む

Appleの新型スマホ「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を既存モデル「iPhone 6」シリーズや「iPhone 5s」と比較してみた


iPhone 6sおよびiPhone 6s PlusをiPhone 6シリーズなどと比較!

Apple(アップル)から発表された新しいスマートフォン(スマホ)の「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」。既存モデルで昨年発売された「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」との最も大きな違いはディスプレイが感圧対応になった点、そして、新色ローズゴールドがある点あたりでしょう。

その他にも約1200万画素リアカメラや約500万画素フロントカメラ、新しい「Apple A9」プロセッサーなどスペックアップしていますが、サイズもケースが使いまわせる程度にほぼ同じで、さらに前の一昨年に発売された「iPhone 5s」以前と比べるとiPhone 6シリーズからはそれほど大きく変わったという感じはしないかもしれません。

一方で、iPhone 5s以前からはiPhone 6シリーズと同様に画面サイズが4インチから4.7インチもしくは5.5インチと大型化しており、大きさと質量ともに大幅にアップしています。

今回はそんなiPhone 6sおよびiPhone 6s PlusをまずはこれまでのiPhone 6およびiPhone 6 Plus、そしてちょうど発売から2年経って機種を変えるという人も多そうなiPhone 5sなどと比較してみましたので紹介したいと思います。

続きを読む

Apple、最新プラットフォーム「iOS 9」を9月16日に提供開始!iPhone 4S以降およびiPad 2以降、第5世代iPod touch以降で無料アップデート可能


AppleがiOS 9の正式版を9月16日に提供開始!

既報通り、Apple(アップル)は9日(現地時間)、米カリフォルニア州クパチーノにあるビル・グラム・シビック・オーディトリアム(Bill Graham Civic Auditorium)にてプレス向け発表会「Apple Events - Special Event September 2015」を行い、今年6月に発表したスマートフォン(スマホ)およびタブレットなどのモバイル製品向け最新プラットフォーム「iOS 9」を2014年9月16日(水)より提供開始すると発表しています。

対応機種はiPhone 4SおよびiPhone 5、iPhone 5c、iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPad 2、iPad Retinaディスプレイモデル、iPad Air、iPad Air 2、iPad mini、iPad mini 2、iPad mini 3、第5世代iPod touch、第6世代iPod touchとなっており、それぞれ無料でダウンロードしてアップデートすることが可能です。

なお、同時に発表された新しいスマホである「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」、タブレットである「iPad Pro」および「iPad mini 4」はプリインストールされていて購入時から利用できます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。