S-MAX

iPhone6s

300万契約突破と人気のdocomo with対象機種はどれを買えば良い?Galaxy Feel2やAQUOS sense2、らくらくスマートフォンme、iPhone 6sなどの現行機種を徹底比較


2018-2018冬春のdocomo withを比べてみた!

既報通り、NTTドコモが今冬から来春にかけて発売する「2018-2019冬春モデル」を発表し、月々サポートや端末購入サポートといった購入補助割引が付かない代わりに毎月の利用料から1,500円(金額は特に記載がない限り税抜)が割り引かれる料金プラン「docomo with」の対象機種を3機種追加します。

新機種は11月9日に発売した「Galaxy Feel2 SC-02L」および今冬発売予定の「AQUOS sense2 SH-01L」、来春発売予定の「らくらくスマートフォンme F-01L」の3機種で、ともにdocomo with対象だった前機種「Galaxy Feel SC-04J」および「AQUOS sense SH-01K」、「らくらくスマートフォンme F-03K」の後継機種となります。

さらに「2017-2018冬春モデル」として発売された「MONO MO-01K」や「2018年夏モデル」として発売された「arrows Be F-04K」および「LG style L-03K」、そして今年9月より追加された「iPhone 6s」がdocomo with対象機種としてラインナップされています。なお、docomo with対象機種のうちすでに後継機種が発売されている「arrows Be F-05J」とGalaxy Feel SC-04Jについては公式Webストア「ドコモオンラインショップ」では販売終了となっています。

そのため、AQUOS sense SH-01Kやらくらくスマートフォンme F-03Kも後継機種の発売とともに在庫限りで販売終了となる可能性はあるものの、ひとまずこれらの2機種を含めた合計9機種が2018-2019冬春の商戦期におけるdocomo with対象機種となります。そこで本記事では8機種を比較しつつ、今冬から来春にかけてdocomo with対象機種を買うならどれが良いのか検討してみたいと思います。

続きを読む

NTTドコモ、ずっと利用料が月1500円OFFになる料金施策「docomo with」の対象機種に「iPhone 6s」(32GB)が9月1日より追加!本体価格は3万9600円に


iPhone 6sが人気のdocomo withスマホに!

NTTドコモは24日、利用料から毎月1,500円(税抜)をずっと割り引く施策「docomo with」の対象機種に「iPhone 6s」(Apple製)の32GBモデルを2018年9月1日(土)より追加すると発表しています。

docomo withではこれまで専用の対象機種を用意してきましたが、人気のiPhoneシリーズが旧機種ながらついに追加されます。販売チャネルは全ドコモ取扱店(Apple Store除く)で、市場想定価格は新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)の全オーダーで39,600円(税抜)。

公式Webストア「ドコモオンラインショップ」では9月1日10時から取り扱いが開始され、すでにdocomo with対象機種として予約受付を実施しており、価格は市場想定価格と同様で税込では42,768円(分割1,782円/月×24回)。

続きを読む

ケイ・オプティコム、携帯電話サービス「mineo」にて人気スマホ「iPhone 6s」の海外版メーカー認定整備済品を販売開始!価格は約5万円でまずは16GBモデルのローズゴールドのみ


mineoでiPhone 6sの海外版メーカー認定整備済品が販売!

ケイ・オプティコムは14日、NTTドコモやauから回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」( http://mineo.jp )において新たに人気スマートフォン(スマホ)「iPhone 6s」(Apple製)のメーカー認定整備済品を2018年5月15日(火)より販売開始するとお知らせしています。

販売するiPhone 6sは北米向け(型番:A1688)の16GB/ローズゴールドで、mineoのAプラン(VoLTE対応)およびDプランともに対応し、価格(すべて税抜)は49,800円(分割2,075円/月×24回)。メーカー認定整備済品のため、メーカーによる1年間のハードウェア保証付き。

購入後30日以内であればAppleの公式Webサイトや直営店「Apple Store」にて保証サービス「AppleCare+ for iPhone」に加入可能。なお、mineoで提供している「端末安心保証サービス」は申し込みできないとのこと

また製品自体は海外向けですが、A1688はきちんと技適も取得しており、同梱されるACアダプターについても日本仕様のPSEマークが記載されているものと入れ替えているということです。同社では今後、他の色についても引き続き調達を進めていくとしています。

続きを読む

iPhoneの電池劣化時に性能が落とされているかどうかを確認する方法を紹介!iOS 11.3で導入された「バッテリーの状態(ベータ)」機能の内容を説明【ハウツー】


iPhoneのバッテリー劣化状態を確認してみよう!

Appleから日本時間3月30日2時頃より提供が開始されたiPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 11.3」。AR機能やアニ文字の強化、ビジネスチャットやヘルスケアアプリの健康記録機能の追加など、さまざまな改善や機能追加、不具合修正が行われています。

そんな中でもやはり最も注目したいのは昨年末から話題となっていた使っているうちにバッテリーが劣化したときにピーク性能を落とす機能が「iPhone 6」シリーズ以降の「iPhone」で導入されている問題に対し、iOS 11.3ではこの機能をオフにできるようになったことでしょう。

また合わせてiPhone 6シリーズ以降ではバッテリーの劣化状況も最大容量のパーセントとして確認できるようになっています。今回はそんな新たに追加された「バッテリーの状態(ベータ)」機能について紹介したいと思います。

続きを読む

NTTレゾナント、gooSimsellerにて人気スマホ「iPhone 6s」を販売開始!SIMフリーのメーカー認定整備済製品で、OCN モバイル ONEとセットで16GBが3万2184円から


gooSimsellerでもiPhone 6sのメーカー認定整備済製品が発売!

NTTレゾナントは8日、同社が運営するSIMフリー製品の公式Webストア「gooSimseller」( https://simseller.goo.ne.jp )においてスマートフォン(スマホ)「iPhone 6s」(Apple製)を2018年2月8日(木)10:00から販売すると発表しています。

販売されるiPhone 6sはメーカー認定整備済製品で、NTTコミュニケーションズが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」の契約が必須な「らくらくセット」となっており、モデル番号は「A1688」とのこと。

価格は16GB(ゴールド)が36,800円(分割1,800円/月×24回)、64GB(ゴールド)が49,800円(分割2,100円/月×24回)で、販売開始を記念して16GB(ゴールド)は台数限定特価で29,800円(分割1,400円/月×24回)で販売されています。なお、別途、初回請求時に契約事務手数料3,000円がかかります(金額はともに税抜)。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。