S-MAX

iPhoneSE

秋吉 健のArcaic Singularity:“特別”なiPhone、再び!密かに発表されたiPhone SE(第2世代)の魅力をメリット・デメリットとともに考察する【コラム】


iPhone SE(第2世代)について考えてみた!

モバイル系ニュースを日々チェックしいるようなみなさんならすでにご存知かとは思いますが、新型コロナウイルス感染症関連で各メディアが埋め尽くされる中、先日ひっそりと発表されたスマートフォン(スマホ)があります。Appleの「iPhone SE(第2世代)」です。

発売日は4月24日(金)を予定しており、すでに4月17日よりAppleの公式Webストアでは事前予約が始まっています。また移動体通信事業者(MNO)であるNTTドコモやau(KDDI・沖縄セルラー電話)、ソフトバンクの3者も4月20日(月)からの予約開始を発表しており、発売日は4月27日(月)です。

※新型コロナウイルス感染症問題を受けた緊急事態宣言に従い、一部MNOではオンラインショップおよび公式サイトのみでの受付となります。詳しくは各社公式サイトをご覧ください。

価格はAppleの公式WebストアにおけるSIMフリー版の場合、64GBが44,800円(以下、すべて税別)、128GBが49,800円、256GBが60,800円と、iPhone 11 Proシリーズの半額以下です。さらに下取りも活用すれば29,800円から購入でき、価格的なインパクトは十分でしょう。

iPhone SE(第2世代)の魅力はチップセット(SoC)や機能面でも多くあり、価格だけではありません。一方、時代的な変化からのメリットやデメリットをハッキリと感じられる製品でもあります。果たしてどのような人に向いている機種なのでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はiPhone SE(第2世代)の魅力や、そのメリットとデメリットを考察します。

続きを読む

ソフトバンクオンラインショップ限定のアウトレットセール「スペシャルフェア」が機種変更でも購入可能に!iPhone SEが1万800円、Xperia XZ2が2万8320円、HTC U11が1万3920円など


ソフトバンクオンラインショップ限定スペシャルフェアが機種変更も対象に!

ソフトバンクは10日、携帯電話サービス「SoftBank」における公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」限定で実施されているアウトレットセール「スペシャルフェア」が機種変更でも購入できるようになったとお知らせしています。

従来は新規契約および他社から乗り換え(MNP)のみでしたが、機種変更でもスペシャルフェアの対象製品が購入可能となりました。現時点における対象製品は「iPhone SE」(32GB)および「Xperia XZ2」、「Xperia XZ1」、「Xperia XZs」、「HTC U11」の5機種で、ともに通常のメーカー保証対象となっています。

ただし、販売数には限りがあるため、購⼊⼿続きの時点で売り切れの場合があるとのことで、商品がなくなり次第セールは終了するということです。条件はスペシャルフェアのページからウルトラギガモンスター+またはミニモンスターに加入して購入することとなっています。

続きを読む

販売ランキング上位に食い込む!ワイモバイルなどでも販売開始された人気スマホ「iPhone 7」と旧機種の「iPhone 6s」や「iPhone SE」はどれを買うべき?


Y!mobileなどで販売している人気スマホ「iPhone 7」と「iPhone 6s」、「iPhone SE」を比較してみた!

これまでに紹介してきたように2016年9月に発売されたスマートフォン(スマホ)「iPhone 7」が毎月の利用料が安い“格安SIM”と呼ばれる携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」や「UQ mobile」、「BIGLOBEモバイル」などでも昨年12月より販売開始された。

これにより、今年の“春商戦”ではNTTドコモやau、SoftBankといった大手携帯電話会社の「iPhone 8」や「iPhone XR」とともに人気となっている。一方でワイモバイルなどの格安SIMではさらに古い「iPhone 6s」や「iPhone SE」もまだ販売しており、取り扱いはじめたばかりのiPhone 7よりも安く購入可能だ。

そういったことから家電量販店などの販売ランキングを公開しているBCNでは2019年4月8~14日の「週間売れ筋ランキング」にてワイモバイルのiPhone 6sがauやNTTドコモのiPhone 8に続いて3位にランクインしていることを明らかにした。

そこで今回は果たしてワイモバイルなどではiPhone 7を購入したほうが良いのか、はたまたより安いiPhone 6sやiPhone SEを購入したほうが良いのか?を各機種の仕様や性能を実際に公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」で購入した製品で比べながら確かめていく。

続きを読む

携帯電話サービス「mineo」が事業説明会を開催!ユーザーをサポートスタッフとして起用するアンバサダー制度など、挑戦的な新施策とその戦略について解説【レポート】


格安SIMのマイネオが事業説明会を開催!招待キャンペーンはアンバサダーに

仮想移動体通信事業者(MVNO)として携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」( https://mineo.jp )を運営するケイ・オプティコムは18日、都内にて事業説明会を開催し、新たな事業行動指針「mineo way」を骨子とした7つの新施策を発表しました。

mineoは2018年4月に100万回線契約を達成し、現在もMVNO市場において上位のシェアを持つ大手MVNOです。その特徴は同事業が掲げるブランドステートメント「Fun with Fans!」にある通り、ユーザーファーストの姿勢で事業運営を取り組み、公式コミュニティーサイト「マイネ王」などのユーザーコミュニティーの醸成を中心とした口コミ効果を使ったシェア拡大にあります。

今回発表された行動指針や新施策はこれまでに培ってきたユーザーコミュニティをさらに加速させ、事業運営にも食い込ませていく野心的な施策となっています。事業説明会で語られた戦略や方向性とともに、同サービスの今後について考察します。

続きを読む

LINEモバイルがiPhone SEを販売開始!ソフトバンク回線とのセットで、価格は32GBが3万3264円、128GBが4万4064円に。SIMロック解除にも対応


LINE MOBILEがiPhone SEを販売開始!

LINEモバイルは19日、同社がNTTドコモやソフトバンクから回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「LINE MOBILE」( https://mobile.line.me )において新たに「iPhone SE」(Apple製)を販売開始しています。

販売されているのはiPhone SEの32GBと128GBのシルバーおよびスペースグレイ、ゴールド、ローズゴールドの全4色で、ソフトバンク回線とのセットで購入可能。価格(税込)は一括払いで32GBが33,264円、128GBが44,064円、分割払いも利用できるものの、総額は一括払いよりも高くなっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。