S-MAX

iPhoneSE

Apple、新しい9.7インチiPadの保証対象外修理価格を公開!画面割れなどはiPad 2・Airなどと同じ3万1104円に――iPhone 7・7 Plusの新色レッドやiPhone SEの32・128GBは既存色・容量と同様


Appleの新9.7インチタブレット「iPad(第5世代)」の保証対象外修理価格が案内!

Appleが新しく2017年3月25日に発売したタブレット「新しい9.7インチiPad」の画面の損傷による修理価格および保証対象外バッテリー修理価格、保証対象外修理価格を公式Webページにて公開しています。

新しい9.7インチiPadは製品名としては「iPad(第5世代)」となっており、日本ではAppleの他にもNTTドコモやau、SoftBankから販売され、Apple公式の保証「AppleCare+ for iPad」は税別9,400円(税込10,152)。

AppleCare+に未加入の場合における保証対象外のバッテリーと電源についてはiPadシリーズ全モデル共通の税別11,400円(税込12,312円)、画面割れならやそれ以外なら税別28,800円(税込31,104円)となっています。

なお、同じく3月25日に発売となった「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」の新色「(PRODUCT)RED Special Edition」(レッド)や「iPhone SE」の新容量32GBおよび128GBモデルについては既存の色・容量と同じAppleCare+および保証外修理価格です。

続きを読む

NTTドコモ、小型4インチスマホ「iPhone SE」の32GB・128GBモデルを3月31日に発売!価格も案内し、3月25日10時より事前予約開始ーー既存の16GBモデルはそろそろ販売終了へ


NTTドコモではiPhone SEの32・128GBモデルを3月31日に発売!

NTTドコモは24日、Apple製スマートフォン(スマホ)「iPhone SE」の32GBモデルと128GBモデルを2017年3月31日(金)に発売すると発表しています。

発売に先立って本日3月25日(土)10時よりNTTドコモ取扱店の店頭で事前予約受付および「ドコモホームページ(ドコモオンラインショップ)」におけるオンライン予約を開始するとお知らせしています。

合わせて価格も案内されているので紹介したいと思います。なお、既存の16GBモデルと64GBモデルについては在庫限りで販売を終了するようで、すでにドコモオンラインショップでは16GBモデルのゴールドについては販売を終了しています。

続きを読む

MVNOによる携帯電話サービス「UQ mobile」が4インチスマホ「iPhone SE」の32GBモデルを3月25日に発売!価格は本体代5万4540円の実質2万6028円に


UQ mobileからもiPhone SEが3月25日に発売!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は22日、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」においてApple製4インチ小型スマートフォン(スマホ)「iPhone SE」を2017年3月25日(土)に発売すると発表しています。

iPhone SEは新たに3月25日から32GBモデルと128GBモデルが販売開始され、Y!mobileでは32GBと128GBの両方を発売しますが、UQ mobileでは32GBのみとなります。

価格(すべて税込)は本体価格一括54,540円(頭金108円+分割2,268円/月×24回)で各プランともにマンスリー割-1,188円/月×24回(総額28,512円)の実質負担額26,028円(頭金108円+分割1,080円/月×24回)となっています。

UQ mobileではY!mobileに続いて昨年7月より2013年に発売された「iPhone 5s」を販売してきましたが、Y!mobileと同様に最近では一部で在庫切れなどとなっていたため、新しくiPhone 5sと同じサイズ感のiPhone SEを販売することになりました。

続きを読む

ワイモバイルが4インチスマホ「iPhone SE」の32GB・128GBモデルを3月25日に発売!価格はMNPでプランMなら実質2万6460円から――UQ mobileも取り扱いか


Y!mobileから「iPhoen SE」が3月25日に発売!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は22日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」においてApple製スマートフォン(スマホ)「iPhone SE」を2017年3月25日(土)に発売すると発表しています。

iPhone SEは新たに日本時間3月25日から32GBモデルと128GBモデルが販売開始されますが、Y!mobileが取り扱うのもこれらの32GBモデルと128GBモデルとのこと。価格(すべて税込)は32GBモデルが本体価格65,340円(頭金540円+分割2,700円/月×24回)で他社から乗り換え(MNP)でスマホプランM契約時なら実質26,460円となっています。

Y!mobileでは昨年3月より2013年モデルの「iPhone 5s」を発売し、直近でも販売台数ランキングに食い込むなど、かなり人気となっていました。

しかしながら、一部で在庫切れなどとなっていたため、新しくiPhone 5sと同じサイズ感のiPhone SEを販売することとなったようです。

続きを読む

Apple、小型4インチスマホ「iPhone SE」に32GBと128GBストレージモデルを追加!直営ストアでは3月25日0時1分より発売し、価格は16・64GBより値下げされた4万8384円から


AppleがiPhone SEに32GB・128GBモデルを追加!

Appleは21日(現地時間)、昨年3月に発表・発売した約4.0インチ640×1136ドットRetina液晶(326ppi、コントラスト比800:1)を搭載した新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone SE」において新たに内蔵ストレージが32GBモデルと128GBモデルを追加すると発表しています。

発売日は2017年3月24日(金)以降となっており、日本では公式Webストア「Apple Store」にて日本時間3月25日(土)0時1分より注文受付が開始されます。価格は32GBが44,800円、128GBが55,800円(すべて税別)。

Apple Storeでは分割払いにも対応しており、24回払い0%キャンペーンを利用すると分割手数料がかからずに32GBが2,000円/月×24回、128GBが2,500円/月×24回となります。

これまでの16GBモデルは47,800円、64GBモデルは59,800円でしたので内蔵ストレージが増量された上での値下げになりました。またすでにApple Store以外でもY!mobileが取り扱うことを発表しています。

続きを読む

ビッグローブ、BIGLOBE SIMとセットでスマホ「iPhone SE」の海外版新品・整備品を販売開始!価格はキャンペーン適用でAppleが販売するSIMフリー版とほぼ同等


BIGLOBE SIMとiPhone SEのセット販売がスタート!

ビッグローブは19日、NTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「BIGLOBE SIM」と組み合わせるスマートフォン(スマホ)「BIGLOBEスマホ」のラインナップに新たに「iPhone SE」(Apple製)の16GBモデルを追加すると発表しています。

申込受付を2017年1月19日(木)より開始し、価格はデータ通信のみで月3GBまでの高速通信が可能なエントリープランとのアシストパックL加入のセットで税別2,980円/月×24回、25カ月目以降はエントリープランの税別900円/月となります。iPhone SEの総額は税別2,080円×24回=49,920円、税込53,914円。

また販売を記念して2017年1月31日(火)までに申し込むとiPhone SEの価格となるアシストパックLが税別200円/月×24回割り引きとなるキャンペーンも実施され、この場合は総額が税別45,120円、税込48,730円。さらにBIGLOBE SIMのライトSや12ギガプランなら1,000円/月×6カ月の値引き特典も提供されています。

続きを読む

NTTドコモ、iPhone SEを端末購入サポートで新規・機変・MNPともに一括で16GBが1万5552円、64GBが2万2680円に値下げ!FOMAからの乗り換えやiPhone 5sの下取りなどで一括0円も


ドコモの「iPhone SE」が一括1万5552円からと値下げ!

NTTドコモは1日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて今年3月に発売した4インチの小型スマートフォン(スマホ)「iPhone SE」(Apple製)について新規契約および機種変更、他社から乗り換え(MNP)ともに12ヶ月の継続契約を条件に機種の購入代金を割り引くキャンペーン「端末購入サポート」の対象に追加とするとお知らせしています。

これにより、iPhone SEの価格(税込)が16GBモデルなら本体価格57,024円から端末購入サポートで41,472円割り引きされた一括15,552円(分割648円/月×24回)、64GBモデルなら本体価格69,984円から端末購入サポートで47,304円割り引きされた一括22,680円(分割945円/月×24回)となっています。

また、FOMAからの機種変更の場合に端末購入サポートをそれぞれさらに9,720円割引が増額され、16GBなら一括5,832円、64GBモデルなら12,960円になるとのこと。

その他、iPhone SEと同じサイズの「iPhone 5s」の「下取りプログラム」を12月1日より10,000円から15,000円に増額するなどしており、複数台をまとめて購入する「家族まとめて割」なども含めて各種キャンペーンを併用すると一括0円にすることも可能です。

続きを読む

アップル、既存スマホ「iPhone 6s」や「iPhone 6s Plus」、「iPhone SE」のSIMフリー版を最大3万円の値下げ!6sシリーズは32GBと128GBモデルのみに


AppleがSIMフリー版のiPhone 6s・6s Plus・SEを値下げ!

既報通り、Apple(アップル)は7日(現地時間)、米カリフォルニア州クパチーノにあるビル・グラム・シビック・オーディトリアム(Bill Graham Civic Auditorium)にてプレス向け発表会「Apple Events - Keynote September 2016」を行い、既存のスマートフォン(スマホ)「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」、「iPhone SE」の3機種を値下げしたと発表しています。

これは新しい「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」の発表・発売に合わせたもの。またiPhone 6sとiPhone 6s Plusではこれまでは内蔵ストレージが16GBと64GB、128GBでしたが、新たに32GBが追加され、16GBと64GBは販売終了となっています。

さっそく日本のApple Online Storeでもモデルおよび価格が改定されており、日本では特に円高の影響もあるのか、iPhone 6s Plusで最大30,000円、iPhone 6sでも最大29,000円、iPhone SEなら最大10,000円の値下げが行われています。

続きを読む

ソフトバンク、iPhoneの故障時に便利なサービス「配送交換」を「あんしん保証パック(i)プラス」に9月5日から追加


SoftBankがiPhoneの配送交換をあんしん保証パック(i)プラスに追加!

ソフトバンクは25日、SoftBank向け「iPhone」シリーズの故障時に提供している便利なサービス「配送交換」を「あんしん保証パック(i)プラス」に2016年9月5日(月)より追加するとお知らせしています。

対象機種は「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」、「iPhone 6」、「iPhone 6 Plus」、「iPhone SE」の5機種で、利用料金は20,000円(税別)。24時間受付なWebサポート「My SoftBank」または電話(113)から申し込みできます。

続きを読む

KDDI、au向け「iPhone SE」の利用料金が最安月額1980円になるイチキュッパキャンペーンを実施!新規・MNPでスーパーカケホとデータ定額1の契約で月1986円割引に


auでiPhone SEの月額利用料が最安1980円になるイチキュッパキャンペーンが実施!

KDDIおよび沖縄セルラーは17日、新規契約および他社から乗り換えでau向け「iPhone SE」を購入した場合に月額料金を割り引くキャンペーン「iPhone SE イチキュッパキャンペーン」を2016年6月17日(金)より実施すると発表しています。

1回5分以内なら国内通話がかけ放題の「スーパーカケホ」と月間1GBまでのデータ通信容量が利用できる「データ定額1」を契約した場合を対象に月額1,986円(すべて税抜)を最大2年間割引します。期間は2016年8月31日(水)まで。

これにより、さらに「auスマートバリュー」を適用すれば月々934円割り引きとなるため、最大2年間月額1,980円から利用できるようになっています。auスマートバリューに加入していない場合は月額2,914円。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。