S-MAX

novalite2

SIM通でSIMフリースマホ「HUAWEI Mate 10 Pro・P10 lite・nova lite 2」や「ZenFone 4 Max」、「g08」の割引販売セールを開始!OCN モバイル ONEと音声SIMとセットで


goo SIM通でSIMフリースマホの「春の新生活応援!! SPRING SALE」が実施中!

NTTレゾナントは12日、同社が提供・運営するWebポータルサービス「goo」においてスマートフォン(スマホ)やSIMカード(携帯電話契約)の選び方から購入までをトータルでサポートする「SIM通」においてSIMフリー製品を割引販売する「春の新生活応援!! SPRING SALE」( https://sim2.goo.ne.jp/campaign/lp_2018011 )を開始しています。

期間は2018年4月12日(木)10時00分から4月16日(月)10時00分まで。NTTコミュニケーションズが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」の音声対応SIMとセットで「HUAWEI Mate 10 Pro」が54,800円や「HUAWEI P10 lite」が6,800円、「HUAWEI nova lite 2」が8,800円、「ZenFone 4 Max(型番:ZC520KL)」が12,800円、「g08」が13,800円で販売されています(金額はすべて税抜)。

続きを読む

gooSimsellerにてSIMフリースマホが最大1万2960円OFFの「格安スマホ春得セール」を実施中!HUAWEI nova lite 2やAQUOS sense lite SH-M05、ZenFone 4 Maxなどがお買い得


gooSimsellerの「格安スマホ春得セール」で人気のSIMフリースマホなどがお安く!

NTTレゾナントは10日、同社が運営するSIMフリー製品の公式Webストア「gooSimSeller」において「格安スマホ春得セール」を2018年4月10日(火)10時00分から4月20日(金)9時59分まで実施しています。

NTTコミュニケーションズが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」の音声契約が必須の「らくらくセット」にてSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova lite 2」や「AQUOS sense lite SH-M05」、「g07++」、「g08」、「arrows M04」、「ZenFone 4 Max(型番:ZC520KL)」、「ZenFone 4 Selfie(型番:ZD553KL)」の7機種が最大税別12,000円(税込12,960円)OFFとなっています。

またgooSimSellerには本店以外に楽天市場店およびYahoo!ショッピング店もあり、これらでも同様に「格安スマホ春得セール」を同期間に実施しており、HUAWEI nova lite 2やAQUOS sense lite SH-M05、g07++、ZenFone 4 Max、ZenFone 4 Selfieの他に「ZenFone 4(型番:ZE554KL)」や「ZenFone 4 Selfie Pro(型番:ZD554KL)」、「Moto G5s」、「Moto G5s Plus」の9機種とモバイルWi-Fiルーター「Aterm MR05LN」が最大税別8,000円(税込8,640円)OFFとなっています。

なお、楽天市場店およびYahoo!ショッピング店ではOCN モバイル ONEの契約が必須ではない通常セットでのセールで、通常セットでは必ずしもOCN モバイル ONEを契約しなくても良いため、単体購入も可能となっています。その他、通常セットはOCN モバイル ONEの初期費用を含む一方、らくらくセットでは初期費用税抜3,000円(税込3,240円)が別途かかります。

続きを読む

SoftBank・Y!mobile向けと見られる未発表のファーウェイ製スマホ「704HW」がWi-Fi Allianceの認証を通過!HUAWEI nova lite 2と同等モデルか


ソフトバンク/ワイモバイル向けスマホ「704HW」が認証通過!写真はSIMフリー版のHUAWEI nova lite 2

無線LAN製品の普及促進を図ることを目的とした業界団体のWi-Fi Allianceは30日、ソフトバンク向けと見られるHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製スマートフォン(スマホ)「704HW」が認証通過したことを2018年3月30日(金)に公開しています。

型番ルールからソフトバンクが展開する携帯電話サービス「SoftBank」または「Y!mobile」(もしくはその両方)向けと見られ、公開されている資料には「Product」として「HL2FIGOM」と記載されているため、ファーウェイのFIGシリーズとして展開されている製品に相当するだと予想されます。

FIGシリーズは日本では「HUAWEI nova lite 2」(型番:FIG-LA1)として販売されており、他の国・地域では「HUAWEI P smart」(型番:FIG-LX1など)や「HUAWEI Enjoy 7S」(型番:FIG-AL10やFIG-TL10など)となっており、どれも低価格ながらアスペクト比9:18の縦長画面とデュアルリアカメラを搭載したモデルです。

これまでにもワイモバイル向けにはすでにSIMフリー版が販売されていた「HUAWEI nova lite」が「HUAWEI nova lite for Y!mobile(型番:608HW)」として発売されたりしているため、同様にワイモバイル向けのHUAWEI nova lite 2となる可能性が最も高そうです。

一方、現時点ではソフトバンク向けのファーウェイ製は「MediaPad M3 Lite s 702HW」までが正式発表されているため、704HWの前の「703HW」も存在すると思われ、その場合はSoftBank版とY!mobile版がそれぞれ703HWと704HWになるケース、もしくは703HWはまったく別の製品になるケースなどが考えられます。

続きを読む

携帯電話サービス「NifMo」にてSIMフリースマホ7機種が最大60%OFFの「大決算セール」を実施中!人気のHUAWEI nova lite 2やZenFone Max Plus (M1)、AQUOS sense lite SH-M05など


格安SIM「NifMo」とセットで人気SIMフリースマホがセール!

ニフティは20日、NTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「NifMo」( http://nifmo.nifty.com )においてSIMフリースマートフォン(スマホ)が最大60%OFFになる「大決算セール」( https://nifmo.nifty.com/smp_set/eofy_sale/ )を実施しています。

期間は2018年3月20日(火)から3月26日(月)までで、対象機種は「ZenFone Max Plus (M1)」および「HUAWEI nova lite 2」、「AQUOS sense lite SH-M05」、「ZenFone 4 Max」、「ZenFone 4 Selfie」、「ZenFone 4」の7機種。

なお、当初はNifMoの既存利用者向けに機種変更でもセールがありましたが、現在はすでに好評につき完売したということで、NifMoの音声通話対応SIMカード(最低利用期間6ヶ月)とのセット販売となります。支払いは一括払いのみ。

続きを読む

NTTレゾナント、SIMフリースマホ「HUAWEI nova lite 2」が9504円などの8機種を割引販売する「春を先取りセール」を開始!OCN モバイル ONEとセットで一部機種はデータSIMもOK


goo SIM通でSIMフリースマホの「春を先取りセール」が実施中!

NTTレゾナントは21日、同社が提供・運営するWebポータルサービス「goo」においてスマートフォン(スマホ)やSIMカード(携帯電話契約)の選び方から購入までをトータルでサポートする「SIM通」においてSIMフリー製品を割引販売する「春を先取りセール」( https://sim2.goo.ne.jp/campaign/lp_2018004 )を開始しています。

期間は2018年2月21日(水)10時00分から2月26日(月)10時00分まで。NTTコミュニケーションズが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」のSIMカードとセットで「HUAWI nova lite 2」が8,800円(通常16,800円)などで販売されています。

セットのOCN モバイル ONEのSIMカードはHUAWEI nova lite 2を含む一部機種ではデータSIMでもOKで、最低利用期間はデータSIMなら1ヶ月、音声SIMなら6ヶ月となっています。なお、初期費用3,000円が別途必要(金額はタイトル以外は税抜)。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。