アプリ売上高で日本がアメリカを抜きトップに!

調査会社App Annieは11日(現地時間)、世界のスマートフォンやタブレット向けのアプリなどを配信するストア(マーケット)の2013年10月における調査結果を公開しています。

今回の調査で、日本でのAndroid向け「Google Playストア」およびiOS向け「App Store」での売上高が米国を抜き、世界トップになったことが明らかにされています。

この要因として、同社では日本市場におけるスマートフォンやタブレットなどの販売台数が堅調に伸びており、とりわけゲームアプリ市場が大幅に拡大していることを挙げています。

調査では、2013年10月のGoogle PlayストアとApp Storeの日本国内における売上高が米国を抜き、世界トップとなったことが示されています。

日本では2013年になってスマートフォン・タブレット市場が引き続き拡大しており、携帯電話でのデジタルコンテンツの購入もこれまでのケータイ(フィーチャーフォン)からスマートフォン・タブレットに移行しているとのこと。

また、プラットフォーム別では、日本におけるGoogle Playストアでの売り上げは、2012年ではApp Storeの約半分でしたが、2013年にはApp Storeに追いついたことが示されています。日本以外では、現在もApp Storeの売り上げがGoogle Playストアを上回っています。

日本では機種販売ランキングやシェアでは海外と比べてiPhoneやiPadの比率が高く、Android搭載機種を販売するメーカーが劣勢となっていますが、アプリ売上高では逆転現象が起きているというなかなか面白い調査結果となっています。

02

03


これは日本では米国などに比べてクレジットカードの保持や決済する比率が低いものの、携帯電話料金と合算して支払える仕組みが根付いており、これまでケータイを利用し、新しくスマートフォンなどに移行したユーザーが手軽に利用している点が考えられます。

特に日本ではスマートフォンにおけるゲーム市場が大幅に伸びており、2013年は前年比3.9倍と、ゲーム以外の前年比1.3倍の約3倍の伸び率となっています。

中でも、人気ゲーム「パズル&ドラゴンズ(通称:パズドラ)」のガンホー・オンライン、LINEゲームやLINEスタンプのLINE Corp.、クイズRPG「魔法使いと黒猫のウィズ」が当たったコロプラ、さらには、ゲーム会社大手のSEGA(セガ)やバンダイナムコゲームス(バンナム)の上位5社の売上高がこれらを除くゲームアプリ開発会社および開発者の合計を上回っているということです。

04


さらに、今後も日本でのスマートフォンのユーザーは比率が2014年には62%にまで達すると予想されており、米国の50%を追い抜き、よりスマートフォン・タブレット向けのアプリ市場が拡大するとしています。

記事執筆:S-MAX編集部


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Japan Spotlight: Hey Big Spender! Japan Outspends US, Continues Its Meteoric Growth | App Annie BlogApp Annie Blog