S-MAX

フレッツ光

NTTドコモ、フレッツ光による固定通信サービス「ドコモ光」と携帯電話とのセット割引「ドコモ光パック」を3月1日に開始!2月16日から事前受付ーー最大3200円割引


NTTドコモが「ドコモ光」と「ドコモ光パック」などの詳細を発表!

NTTドコモは29日、最大1Gbpsの高速通信を使い放題で利用できる東日本電信電話(以下、NTT東日本)および西日本電信電話(以下、NTT西日本)が提供する「フレッツ光」の回線を利用した光ブロードバンドサービス「ドコモ光」および、ドコモ光と携帯電話(スマートフォン含む)をまとめて契約する場合に割引が受けられるデータ通信オプション「ドコモ光パック」を2015年3月1日(日)から提供予定であると発表しています。また、ドコモ光の提供開始に先立ち、2015年2月16日(月曜)から事前受付を開始します。

ドコモ光は光ブロードバンドサービスのみ利用する「『ドコモ光』単独型」と、NTTドコモが提携するISP(インターネットサービスプロバイダ)のインターネット接続サービスをセットで利用できる「ISP料金一体型」が用意されており、提携ISPによって料金が異なるタイプAとタイプBがあります。

なお、ISP料金一体型で選択できるISPは順次拡大する予定で、フレッツ光に対応しているISPには全対応するとしているほか、新たにISP料金一体型タイプAに対応したISPサービス「ドコモnet」を提供します。

ドコモ光の月額利用料は単独型で戸建て向け5,000円、集合住宅向け3,800円、ISP料金一体型(タイプA)で戸建て向け5,200円、集合住宅向け4,000円、ISP料金一体型(タイプB)で戸建て向け5,400円、集合住宅向け4,200円。ISP料金一体型(タイプB)は提供開始予定日が2015年6月予定。価格はすべての2年契約時で税抜。

また、ドコモ光パックはドコモ光の利用料金と「カケホーダイ&パケあえる」における「パケットパック」を組み合わせることで、ドコモ光とスマホなどの携帯電話をまとめておトクに利用いただけるもので、利用するデータ通信量に応じた複数のプランを用意しており、利用可能なデータ通信量が多いプランほどお得になっています。

さらに、スマホを新規契約または他社から番号をそのままで乗り換え(MNP)し、ドコモ光パックにおける「光シェアパック」に加入の場合を対象に基本プランを最大12か月間1,350円(税抜)割引する「光スマホ割」を開始します。

加えて、ドコモ光パックは「U25応援割」および「ずっとドコモ割」が適用されるため、25歳以下の人とその家族、さらに、NTTドコモを長く利用している人はさらに割り引きを受けられます。

その他、ドコモ光の提供に合わせて、ドコモ光やドコモnetをより安心して利用いただくためのサポートサービス「光リモートサポート」および「光訪問サポート」を新たに提供。これにより、屋内外問わず高速通信を使えるブロードバンド環境を提供するとともにドコモ光とモバイルを組み合わせた新たなサービスの提供による価値創造に取り組んでくとしています。

続きを読む

ソフトバンク、フレッツ光回線を借り入れた独自固定サービスを提供予定!SoftBank携帯電話とのセット割引も導入へ


ソフトバンクもフレッツ光の独自固定サービスと携帯電話とのセット割を提供へ!

ソフトバンクモバイルおよびソフトバンクBBは31日、東日本電信電話(以下、NTT東日本)および西日本電信電話(以下、NTT西日本)が提供する光回線サービス「フレッツ光」を借り入れた独自の固定ブロードバンドサービスをソフトバンクBBが提供する予定だと発表しています。

また、ソフトバンクモバイルはソフトバンクBBが提供する予定の光回線による独自の固定ブロードバンドサービスを取り扱い、一緒に契約するとソフトバンクのスマートフォン(スマホ)などの通信料金から一定金額を割り引くセット割引サービスを提供する予定。なお、サービスの内容などは準備が整い次第、案内するとしています。

続きを読む

総務省がNTTグループで携帯電話と固定通信のセット割引を解禁することを検討!NTT法を一部改正へ――代わりにNTT光回線を開放か!?


NTTドコモの携帯電話と固定通信のセット割ができる!?

日本経済新聞は10日、総務省がNTTグループに対して携帯電話と自宅で使う固定通信サービスの「セット割引」を解禁する検討を始めると報道しています。その他のメディアでも報道同様の内容が伝えられています。

記事では他の携帯電話事業を行っているKDDIグループやソフトバンクグループではすでに提供されていますが、NTTグループはシェアが高かったことにより、現在は市場の独占につながるとして禁止しています。

しかしながら、競争激化でNTTグループのNTTドコモの国内シェアが4割まで低下したため、通称「NTT法」と呼ばれる電気通信事業法の一部見直しの必要があると判断したとしています。NTTの1985年における民営化以来、NTTを縛ってきた「独占規制」が転換点を迎えるということです。

続きを読む

NTT西日本、LTE対応のモバイルWi-Fiルーター「光ポータブルLTE」のレンタルを開始!SIMフリーでドコモやイー・アクセスのMVNOなどで利用可能

LTEに対応したモバイルWi-Fiルータのレンタルを開始!

NTT西日本は30日、固定回線サービス「フレッツ光」の契約者向けに、SIMフリーでLTEに対応したモバイルWi-Fiルーター「光ポータブルLTE」(NECアクセステクニカ製)のレンタルを2013年8月1日(木)より開始すると発表しています。

光ポータブルLTEのレンタル料金は月額315円で、通信サービスについては別途モバイルデータ通信事業者と契約を行う必要があります。

NTT西日本では、光ポータブルLTEのレンタル提供の開始に合わせて、フレッツ光とモバイルデータ通信サービスをセットにした「フレッツ光モバイルパック」にLTE対応プランを追加します。

続きを読む

KDDIに対抗!?日本通信、NTT東日本フレッツ光モバイルパック向けに低速格安モバイルデータサービス「b-mobile FMC for フレッツ光」を提供

168bc11f.jpg

b-mobile FMC for フレッツ光が登場!

日本通信は27日、東日本電信電話(以下、NTT東日本)が提供するFTTHによる固定通信サービス「フレッツ光モバイルパック」向けにフレッツ光用ISPとNTTドコモの3G回線によるモバイルデータ通信サービスを利用できるSIMカードを組み合わせたサービス「b-mobile FMC for フレッツ光」を提供することを発表しています。NTT東日本にて2012年2月1日(水)午前9時から受付が開始され、価格は月額1560円となっています。

また、あわせて、b-mobile FMC for フレッツ光をNTT東日本が販売する販売委託およびその料金回収代行をNTT東日本が行う契約をNTT東日本と締結したとのことです。

KDDIが先日発表した固定とモバイルの同時契約で割り引きを行うサービス「auスマートバリュー」に対抗する形となる、固定とモバイルをセットにしたFMCサービスとなります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。