S-MAX

モトローラ

SIMフリースマホ「motorola edge 20」の日本向け製品にAndroid 12へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が提供開始


ミッドハイレンジスマホ「motorola edge 20」がAndroid 12に!

Lenovo傘下のMotorola Mobility(以下、Motorola)の日本法人であるモトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)が販売する5G対応スマートフォン(スマホ)「motorola edge 20(型番:XT2143-1)」(SKU:PAR0030JP)に対して最新プラットフォーム「Android 12」を含むソフトウェア更新を2022年4月21日(木)より順次提供開始しています。

更新は本体のみで無線LAN(Wi-Fi)や携帯電話回線にてネットワーク経由(OTA)で実施でき、更新後のビルド番号は「S1RG32.53-18-11」、Androidセキュリティパッチレベルは「2022年3月1日」となっており、更新ファイルサイズが1.08GBと大きいため、Wi-Fiでの更新が推奨されます。

なお、すでにMotorolaでは日本向け製品のうちの「moto g PRO」や「moto g30」にもAndroid 12を提供しており、さらに以前に紹介しているようにAndroid 12へのOSバージョンアップ予定機種が案内されていて他にも「motorola edge 20 fusion」や「moto g100」、「moto g50 5G」、「razr 5G」へAndroid 12が提供される予定となっています。

続きを読む

モトローラ、初の防水・防塵&FeliCa対応の日本独自なスタンダードスマホ「moto g52j 5G」を発表!6月3日発売。価格は3万9800円


手頃な価格で防水やおサイフケータイに対応したエントリースマホ「moto g52j 5G」が登場!

モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)は18日、オールラウンドな機能を追求する「moto g」ファミリーにおいて同社初の防水・防塵(IP68相当)およびおサイフケータイ(FeliCa)に対応した日本独自モデルのスタンダードスマートフォン(スマホ)「moto g52j 5G(モデル名:XT2219-1)」(Motorola Mobility製)を発表しています。

発売日は2022年6月3日(金)を予定し、発売に先立って5月18日(水)より予約受付を実施しています。価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格および公式Webショップ「MOTO STORE」では39,800円で、販路はMOTO STORE以外にも量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)で取り扱われます。

Amazon.co.jpやヨドバシカメラなどの量販店やECサイトでは39,800円の10%(3,980ポイント)還元で実質35,820円となっているほか、goo Simseller(OCN モバイル ONE)では通常価格36,500円で6月3日11時から販売するとのこと。なお、moto g52j 5Gはオープン市場向けメーカー版(いわゆるSIMフリーモデル)として販売されます。

続きを読む

モトローラ、5G対応プレミアムスマホ「motorola edge30 PRO」を6月3日に発売!価格は8万6800円から。プレゼントキャンペーンも


ようやく5G対応プレミアムスマホ「motorola edge30 PRO」が6月3日に発売!価格は86,800円に

モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)は18日、5G対応ハイエンドスマートフォン(スマホ)「motorola edge30 PRO(モデル名:XT2201-1)」(Motorola Mobility製)を2022年2022年6月3日(金)に発売すると発表しています。

当初は4月下旬発売予定でしたが、生産国での輸送制限とロックダウンの影響によって発売が6月上旬に延期されていましたが、ようやく正式な発売日が案内されました。また延期されたこともあってか、これまでは内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージが12GB+256GBモデルのみでしたが、新たに8GB+128GBモデルも追加されました。

日本市場ではオープン市場向けメーカー版(SIMフリーモデル)として販売され、販路は仮想移動体通信事業者(MVNO)ではIIJmioやgoo Simseller(OCN モバイル ONE)など、量販店ではエディオン、ケーズデンキ、ジョーシン、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラなど、ECサイトではAmazon.co.jpやe-TREND、ひかりTVショッピング、murauchi.com、楽天市場など。

価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格および公式Webショップ「MOTO STORE」では8GB+128GBモデルが86,800円、12GB+256GBモデルが89,800円となっています。またgoo Simsellerでは通常価格86,500円で6月3日11時から販売するということです。

またモトローラではmotorola edge30 PROの日本発売を記念して「Twitterプレゼントキャンペーン」を2022年5月18日(水)12:00から2022年6月7日(火)23:59まで実施し、同社の公式Twitterアカウント( @MotorolaJP )をフォローしてキャンペーン投稿をリツイートすると抽選で2人にmotorola edge30 PROがそれぞれ1台プレゼントされるということです。なお、色やモデルは選べないとのこと。

続きを読む

モトローラ、motorola edge 20 fusionやmoto g50 5G、moto e7、moto e7 powerでもデュアルSIMで緊急通報できない不具合を案内


モトローラのmotorola edge 20 fusionやmoto g50 5G、moto e7、moto e7 powerにデュアルSIMで緊急通報できない不具合!

モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)は10日、同社が日本のオープン市場向けに販売しているAndroidスマートフォン(スマホ)「motorola edge 20 fusion」および「moto g50 5G」、「moto e7」、「moto e7 power」(ともにMotorola Mobility製)においてデュアルSIMで利用する際に緊急機関(110番、118番、119番)へ発信(以下、緊急通報)できない場合があることが判明したとお知らせしています。

同社ではすでに「moto g31」において同様の不具合を案内していましたが、新たに4機種を追加して合計5機種で該当の不具合が起きているとしています。同社では引き続いて原因究明を進めており、対応が確定し次第、改めて案内するとしています。

またシングルSIMで利用した場合には緊急機関への発信ができることは確認できているため、問題が解消されるまではシングルSIMでの利用を推奨すると案内しています。なお、デュアルSIMで緊急通報ができない不具合はこれまでにiPhoneやPixel、Xiaomiでも起きており、これらについてはすでにソフトウェア更新によって修正が行われています。

続きを読む

モトローラ、SIMフリースマホ「moto g31」にデュアルSIMで緊急通報できない場合がある不具合を案内!解決策を後日案内へ


モトローラのSIMフリースマホ「moto g31」にデュアルSIMで緊急通報できない不具合!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは28日、同社が今年1月に発売したオープン市場向け4G対応の低価格なAndroidスマートフォン(スマホ)「moto g31(モデル名:XT2173-3)」(Motorola Mobility製)においてデュアルSIMで利用する際に緊急機関(110番、118番、119番)へ発信できない場合があることが判明したとお知らせしています。

同社では原因究明を進めており、回避策を含めて対応が確定次第別途案内するとし、シングルSIMで利用した場合には緊急機関への発信ができることは確認できているため、問題が解消されるまではシングルSIMで利用するよう案内しています。

なお、同事象についてはmoto g31を販売する「IIJmio」(インターネットイニシアティブ)や「mineo」(オプテージ)といった仮想移動体通信事業者(MVNO)からもお知らせされており、それぞれメーカーであるモトローラ・モビリティ・ジャパンが対応を進めており、対応策が確定したらお知らせするとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。