S-MAX

モトローラ

ソフトバンク、フォルダブルスマホ「motorola razr 40s」を大幅値下げ!価格は9万7200円。割引&返却で実質24円から、最大2万ポイント還元も


SoftBank向けフォルダブルスマホ「motorola razr 40s」が大幅値下げ!実質24円からに

ソフトバンクは22日、携帯電話サービス「SoftBank」にて販売している5G対応フォルダブルスマートフォン(スマホ)「motorola razr 40s(型番:A303MO、メーカー型番:XT2323-7)」(Motorola Mobility製)の公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などの直営店における価格(金額はすべて税込)を改定して値下げしています。

motorola razr 40sはこれまで発売時から121,680円(分割では1〜24回:1,326円/月、25~48回:3,744円/月)でしたが、24,480円と大幅に値下げされて改定後は97,200円(分割では1〜24回:917円/月、25~48回:3,133円/月)となっています。また販売施策「新トクするサポート(スタンダード)」を利用して24回目の支払いの後に返却すると残りの割賦金の支払いが免除されて実質負担額が917円/月×24回(総額22,008円)となります。

さらにソフトバンクオンラインショップでは「オンラインショップ割」によって他社から乗り換え(MNP)なら21,984円割引となるため、新トクするサポートと併用すると実質負担額1円/月×24回(総額24円)となります。その他、Motorola Mobilityの日本法人であるモトローラ・モビリティ・ジャパンが「PayPayガチャキャンペーン」を2024年3月31日(日)まで実施しており、購入前にキャンペーンWebページでガチャを回し、購入後に専用ページから応募した場合に2万円相当・1万円相当・5,000円相当・3,000円相当のいずれかのPayPayポイントがプレゼントされます。

続きを読む

新エントリースマホ「moto g24」が日本発売へ!未発表製品「XT2423-5」が技適通過。5Gに非対応な低価格モデルながら高級感のある外観に


モトローラの新エントリースマホ「moto g24」が日本で発売へ!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにMotorola Mobility(以下、Motorola)が未発表製品「XT2423-5」の相互承認(MRA)による工事設計認証(いわゆる「技適」)を2023年11月30日(木)付でCTC advancedを通じて取得しています。認証番号は「202-JKM118」。

XT2423-5は未発表製品ながら型番規則から同じ「XT2423」で始まる「XT2423-2」(Type Name:MC415)および「XT2423-3」(Type Name:MC416)が欧州向けに「moto g24」として発表されているため、恐らく同社の日本法人であるモトローラ・モビリティ・ジャパンがmoto g24を日本で発売する準備を進めているのだと思われます。

またXT2423は米連邦通信委員会(FCC)でも認証を通過しており、少なくとも「XT2423-6」(FCC ID:IHDT56AP1)まであることが判明しています。なお、Motorolaではmoto g24を欧州で129ユーロ(約21,000円)からで販売しており、ラテンアメリカや中東、アジア太平洋地域の一部の国・地域にて順次発売するとしています。

続きを読む

折りたたみスマホの価格破壊!10万円以下で購入できる「motorola razr 40」を試す。FeliCaにも対応したSIMフリーモデル【レビュー】


比較的購入しやすい価格帯のフォルダブルスマホ「motorola razr 40」をレビュー!

スマートフォン(スマホ)の中でも注目の高いディスプレイが折り畳めるフォルダブルスマホですが、価格が高く入手しにくいのが難点です。現状ではディスプレイの折り畳み技術がハイエンドモデルに限定されていることもあり、価格帯を引き上げる結果となっています。

既報通り、そのような状況の中でより入手しやすい価格帯のフォルダブルスマホが日本でもリリースされました。モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)の「motorola razr 40」です。何と、おサイフケータイ(FeliCa)にも対応し、実際の購入価格として10万円を切る価格帯となっています。今回、そんなmotorola razr 40をモトローラよりお借りしましたので紹介します。

なお、日本では11月22日より販売されているオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)「motorola razr 40(型番:XT2323-4)」に加え、ソフトバンクの携帯電話サービス「SoftBank」からも同等製品となる「motorola razr 40s(型番:A303MO)」も12月8日(金)に発売され、基本的な仕様は両製品ともに同じですが、本体色はmotorola razr 40がバニラクリームとセージグリーンの2色、motorola razr 40sがバニラクリームとセージグリーン、サマーライラックの3色となり、motorola razr 40sにはSoftBank向けのアプリがプリインストールされています。

続きを読む

KDDI、5GやFeliCaに対応したフォルダブルスマホ「motorola razr 40」の相互接続性試験(IOT)を完了!公式にau回線での利用が保証


motorola razr 40の日本向け製品がKDDIのIOTを完了!

KDDIは22日、同社が提供している携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」、「povo」や仮想移動体通信事業者(MVNO)が提供するau回線を用いた携帯電話サービスなどのau回線で利用できる相互接続性試験(IOT)をクリアしたIOT完了製品に新たにモトローラ・モビリティ・ジャパンが発売した5G対応フォルダブルスマートフォン(スマホ)「motorola razr 40(型番:XT2323-4)」(Motorola Mobility製)を追加しています。

これにより、mororola razr 40の日本向け製品がau回線のネットワークに公式に対応し、auなどにて音声通話やデータ通信が利用できることがKDDI公式に案内されました。なお、現時点ではまだUQ mobileやpovo2.0における動作確認機種としては掲載されていませんおらず、MVNOについても最終的には各MVNOの公式Webサイトなどで公開されている動作確認機種をご参照ください。

続きを読む

モトローラ、iCracked Storeにて対象スマホの即日修理を12月8日より開始!純正パーツを使ってデータそのままで最短60分での修理が可能に


Motorolaスマホの即日修理が12月8日よりiCracked Storeにて可能に!

モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)は20日、都内にて「新製品発表会」を開催し、iCracked Japanの運営する全国のモバイル機器修理ショップ「iCracked Store」を「モトローラ修理パートナー(正規部品取扱店)」として認定すると発表しています。これにより、モトローラのスマートフォン(スマホ)の即日修理が2023年12月8日(金)よりできるようになるとのこと。

モトローラのスマホ即日修理はモトローラが定めた修理・検査手順に従って純正パーツのみを使用した修理となり、落下・水没・破損時にデータはそのままで最短60分での修理が可能なほか、修理後3カ月以内に修理箇所で不具合が発生した場合はiCracked Storeにて無償で再修理(落下や水濡れによる故障は対象外)を行えます。

また他の非正規修理店での修理のように「モトローラの修理やサポートを受けられなくなる可能性がある」という心配もないため、安心して利用できるということです。なお、現時点において日本国内でモトローラの正規部品で修理を行える修理店はiCrackedのみだとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。