S-MAX

レポート

超小型3インチのFeliCa対応SIMフリースマホ「Unihertz Jelly 2」をファーストインプレッション!外観や同梱品、基本機能を紹介【レビュー】


ついにおサイフケータイに対応!SIMフリースマホ「Unihertz Jelly Pro」が届いた

既報通り、Unihertzが昨年年7月よりクラウドファンディングサイト「Kickstarter」などにて資金募集をしていた超小型スマートフォン(スマホ)「Jelly」シリーズの新モデル「Jelly 2」について日本向け製品の発送を1月6日より順次開始しました。

当初は香港から日本へまとめて運び、日本から一斉に発送することで一気に出荷する予定でしたが、税関などの問題で香港から日本へ何回かに分けて輸送するため、出資者への発送は出資順(バッカー番号順)となり、一部に出資者は少しお届けが遅くなるとしているものの、同社では1月中にすべての配送を終了するよう務めるとしています。

Jelly 2はクラウドファンディングによるリワード(返礼品)のため、現時点ではすでに資金募集を終了しており、これから新たにすぐに手に入れることはできませんが、同社では日本向け製品についても一般販売を予定しており、公式Webサイトに販売ページが掲載され、販売価格は219.99ドル(約23,000円)を予定しているようです。

そんなUnihertzの最新機種となるJelly 2を筆者もクラウドファンディングに出資し、発送の翌日1月7日に届きましたのでまずは開封して外観や同梱品、基本機能などを写真を交えながら紹介したいと思います。

続きを読む

本体価格2万円で実質4980円!楽天モバイルの4G対応スタンダードスマホ「Rakuten Hand」を紹介。外観や同梱品、基本機能など【レビュー】


楽天モバイルオリジナルスマホ「Rakuten Hand」を写真や動画でチェック!

既報通り、楽天モバイルは8日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )において今年9月に発表していたオリジナルブランドの4G対応スマートフォン(スマホ)「Rakuten Hand(型番:P710)」を2020年12月8日(火)より順次販売しています。

当初は公式Webサイトによるオンライン販売のみでしたが、その後、12月12日(土)からは全国の楽天モバイルショップおよび楽天モバイルショップ(量販店を含む)といった店舗でも販売されており、価格は一括で税抜18,182円(税込20,000円)、分割で税抜378円/月×48回または税抜757円/月×24回となっています。

また発売を記念して「Rakuten Hand 発売記念キャンペーン」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/rakuten-hand/ )を実施し、正式プラン「Rakuten UN-LIMIT V」の申し込みとセットで購入した場合にすでに実施されている「Rakuten UN-LIMIT Vお申し込みキャンペーン」の5,000ポイントと合わせて最大15,020ポイントの楽天ポイントをプレゼントしているため、実質4,980円で購入できるようになっています。

今回は楽天モバイルよりRakuten Handをお借りしたので、パッケージを開封して外観や同梱品、基本機能などを写真や動画を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

洗える&割れにくい!アルコール除菌もできるようになったNTTドコモ向け5Gスマホ「arrows NX9 F-52A」を写真や動画で紹介【レポート】

01
ちょうど良い性能に日常の機能をタップリ詰め込んだarrows NX9

既報通り、NTTドコモが12月18日に5G対応Androidスマートフォン「arrows NX9 F-52A」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発売した。販売価格は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などの直営店では76,032円(税込)としており、同じくミッドハイレンジクラスの5Gスマホ「Pixel 5」(Google製)の74,800円(Google ストアにおける価格)に近い設定である。

主なスペックはチップセット(SoC)にPixel 5と同じQualcomm製「Snapdragon 765G」を採用し、8GB内蔵メモリー(RAM)や128GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大1TB)、約6.3インチFHD+ (1080×2280ドット)有機ELディスプレイ、3600mAhバッテリー、防水(IPX5およびIPX8)、防塵(IP6X)、おサイフケータイ(FeliCa)などとなっている。

また富士通ブランドのスマホとしては今夏に発売された初の5G対応スマホ「arrows 5G F-51A」では「arrows」シリーズの売りでもあった“タフネス”仕様を封印していたが、本機では再び“洗えるスマホ”となっており、価格を抑えながら使いやすさをプラスした5Gに対応したモデルとなっている。

そこで本記事では11月5日に行なわれた「2020-2021冬春 新サービス・新商品発表会 docomo collection 2020-21」の後にメディア向けに実施されたタッチ&トライイベントにてarrows NX9 F-52Aの実機を試すことができたので、写真や動画を交えながら紹介したいと思う。

続きを読む

Googleスマホ「Pixel 5」と「Pixel 4a (5G)」が楽天モバイルの5Gに対応したので実際に試してきた!最大通信速度は順次高速化中【レポート】


Googleスマホ「Pixel 5」で楽天回線の5Gを東京・二子玉川エリアで試す!

既報通り、楽天モバイルは9日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービスにおける正式プラン「Rakuten UN-LIMIT V」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )における5GにGoogleのスマートフォン(スマホ)「Pixel 5」(型番:G5NZ6)および「Pixel 4a (5G)」(型番:G025H)が対応したとお知らせしました。

楽天モバイルでは今年9月30日より5Gサービスを提供開始しており、開始当初からSub6だけでなく、ミリ波(mmWave)にも対応し、Sub6では3.8~3.9GHz(n77)の100MHz幅、ミリ波では27.0GHz~27.4GHz(n257)の400MHz幅で提供されています。今回、実際にPixel 5で楽天モバイルの5Gを試してきましたのでその模様を紹介します。

続きを読む

シャープの新定番!スタンダードスマホ「AQUOS sense4 SH-41A」を実際に使ってみて気が付いたポイントをまとめてみた【レビュー】


実際に使って気が付いたAQUOS sense4のチェックポイントを紹介!

既報通り、NTTドコモから4Gに対応したコストパフォーマンスの高いスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense4 SH-41A」(シャープ製)が11月6日より順次発売されました(通常カラーは11月16日発売。先行発売の限定カラー、レッド、ブルー、イエローは11月6日発売)。

本体価格は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などの直営店においては37,224円(金額はすべて税込)で、他社からの乗り換え(MNP)では16,500円引きの20,724円と、スタンダードモデルながら十分な性能のスマホとしては購入しやすい金額となっているのも特徴と言える1台です。

この「AQUOS sense4」はNTTドコモ以外にもSIMフリーモデル「AQUOS sense4 SH-M15」が量販店や仮想移動体通信事業者(MVNO)などから販売されているほか、AQUOS sense4シリーズとして複数の派生・廉価モデルがさまざまな販路で販売されており、昨年に最も売れたAndroidスマホとなった先代モデル「AQUOS sense3」からの高い評価を引き継いだスマホでもあります。

筆者もNTTドコモ版のAQUOS sense4 SH-41Aを購入し、これまでに開封して外観やプリインストールアプリなどの基本機能の紹介ベンチマーク性能およびカメラのレビューをお送りしてきましたが、本記事では実際にAQUOS sense4を使っていて気が付いたポイントをまとめてみましたので紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。