S-MAX

レポート

バルミューダ初のスマホ「BALMUDA Phone」を写真と動画で紹介!こだわりのサイズ感やデザイン、独自アプリなどをチェック【レポート】


バルミューダがスマホ事業に参入!初号機「BALMUDA Phone」をチェック

既報通り、バルミューダが同社初のスマートフォン(スマホ)「BALMUDA Phone」を11月26日に発売しています。同機には同社直販のオープンマーケットモデル「X01A」(以下、メーカー版)と、ソフトバンクが携帯電話サービス「SoftBank」にて販売するキャリアモデル「A101BM」(以下、SoftBank版)があります。

販路はメーカー版が旗艦店「BALMUDA The Store Aoyama」やBALMUDA 松屋銀座・阪急うめだ本店、バルミューダオンラインストア、SoftBank版がソフトバンクショップや量販店といったSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などで、価格(金額はすべて税込)はメーカー版が104,800円、SoftBank版が143,280円です。

またSoftBank版は端末購入プログラム「新トクするサポート」によって実質負担額2,985円/月×24回(総額71,640円)となるほか、ソフトバンクオンラインショップやソフトバンク電話店ではキャンペーン「【オンライン限定】web割」によって他社から乗り換え(MNP)なら21,600円割引となり、2021年12月31日(金)までに購入し、2022年1月9日(日)までに専用Webページから応募した場合にバルミューダオンラインストアで使える10%OFFクーポンをプレゼントするキャンペーンを実施しています。

一方、バルミューダではバルミューダ各店舗およびバルミューダオンラインストア限定でメーカー版を予約開始日から12月31日までに購入し、購入日より30日以内に申し込めば、満足できなかった場合に購入金額を全額返金するキャンペーンを実施し、補償サービス「BALMUDA Phone Care」(2年間、24,200円)に申し込んだ場合にはその料金も返金対象で、本体および補償サービスを合わせて返金上限は142,560円となるとのこと。

なお、メーカー版だけでなく、SoftBank版も購入時にSIMロックのかかっていないSIMフリー製品となっており、SoftBank版もソフトバンクショップなどの店舗では単体購入も可能となっています。そんなBALMUDA Phoneですが、販売開始直前の11月19日にオープンした同社初の旗艦店「BALMUDA The Store Aoyama」にて展示が行われているので実際に実機を確認してきたので写真や動画を交えて紹介します。

続きを読む

KDDIが東北初の「音のVR」収録!東日本大震災から10年の福島県双葉町で中高生の吹奏楽演奏を収録。2022年春公開へ【レポート】

VR00
東北初の360°動画による音楽VRコンテンツ収録!

KDDI東北総支社は28日、福島県双葉郡双葉町の東日本大震災・原子力災害伝承館にて、福島県立ふたば未来学園中学校・高等学校、福島県立原町高等学校吹奏楽部ならびに、猪苗代湖ズの渡辺俊美さんによる演奏を、360°8Kビデオ・360°3Dオーディオで撮影・収録する「音のVR」の収録を行いました。東北地方では初の収録となります。

音のVR」は360°動画を動かし、好きなパートに近づくことによってそのパートの音を集中的に聴くことなどができる、新しい音楽試聴体験ができる技術です。

KDDIは東日本大震災から10年が経過した今年、2月14日に合唱による「音のVR」収録を予定していましたが、前日に大規模な地震が東北地域を襲ったことから収録を断念していました。今回は無事に演奏収録が行われ、2022年2~3月、専用アプリ(iOS対応機器のみ対応)によりコンテンツ配信されます。

今回は収録の様子をレポートします。

続きを読む

Google、新スマホ「Pixel 6・6 Pro」にfeature drops第7弾を含む2021年12月のソフトウェア更新を提供開始!adb sideloadで導入してみた


フラッグシップスマホ「Google Pixel 6・6 Pro」に2021年12月分のソフトウェア更新を導入してみた!

既報通り、Googleが同社のスマートフォン(スマホ)「Pixel」シリーズに提供する新機能「Pixel feature drops」( http://g.co/pixel/updates )の第7弾およびAndroidの月次セキュリティーパッチの2021年12月分を含むソフトウェア更新を順次提供しています。当初は最新機種「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」を除く「Pixel 3」シリーズ以降に提供していました。

その後、12月13日(現地時間)よりPixel 6およびPixel 6 Proにもソフトウェア更新が順次提供開始されており、12月15日(現地時間)にはPixel 6とPixel 6 Pro向けのファクトリーイメージも公開されており、パソコンと接続してAndroid Debug Bridge(adb)を利用して「adb sideload」で差分アップデートが可能となっています。

更新後のビルド番号はグローバル版が「SQ1D.211205.016.A1」、アメリカ版が「SQ1D.211205.017」、イギリス、アイルランド、フランス、ドイツといったEMEA版が「SQ1D.211205.016.A4」、オーストラリア版が「 SQ1D.211205.016.A5」とのこと。

なお、日本版についてはPixel 6やPixel 6 Proを販売しているau(KDDI・沖縄セルラー電話)やSoftBank(ソフトバンク)から案内がないことからGoogle ストアで販売されているメーカー版(SIMフリー製品)を含めて日本ではまだネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)は配信されていない可能性も高く、実際にTwitterなどのSNSでもOTAが来ないといった投稿が多く見られます。

一方、グーグル(以下、Google Japan)が12月20日にサポートWebページを更新し、日本版もグローバル版と同じビルド番号「SQ1D.211205.016.A1」であることを記載しています。筆者の手持ちのPixel 6とPixel 6 Proにも現在まで該当するOTAは配信されてきませんが、本記事ではファクトリーイメージを導入してみましたのでその模様を紹介します。

続きを読む

NTTドコモ、電力事業「ドコモでんき」のサービス内容を正式発表!CO2排出量実質ゼロのGreenなら最大10%ポイント還元【レポート】

dd01
ドコモでんきがついにベールを脱いだ!Greenなら最大10%ポイント還元に

NTTドコモは23日、オンラインにて「ドコモでんき提供開始に関する説明会」を開催し、今年9月28日に2022年3月より電力事業に参入すると発表してた「ドコモでんき」について詳細なサービス内容を発表しました。

ドコモでんきの料金プランは「Green」と「Basic」が用意され、特にドコモでんき Geenでは地域電力+500円の料金で再生エネルギー(以下、再エネ)由来の二酸化炭素(CO2)排出量実質ゼロの電気を使え、同社の携帯電話サービスの料金「ギガプラン」(ギガホ・ギガライト)や「ahamo」などを契約し、さらにクレジットカード「dカードGOLD」会員なら電気料金の10%のdポイントが還元されます。

一方、ドコモでんき Basicは地域電力と同料金で、ギガプランやahamoなどを契約している人なら電気料金の3%のdポイントが還元されるとのこと。またギガプランやahamoなどの同社の携帯電話サービスを契約していない場合でもドコモでんき Greenで3%、ドコモでんき Basicで2%のdポイントが還元されます。本記事ではドコモでんきのサービス内容を詳しく見ていきます。

なお、同社ではドコモでんきのサービス開始を記念して2022年1月12日(水)からdポイント(期間・用途限定)を5,000ポイントもらえる「『ドコモでんき』先行予約キャンペーン」を実施するほか、ドコモでんき GreenのテレビCMを放映し、ドコモ代々木ビルを1月19日(水)までの毎日16:45~23:59の時間帯に「Green」のライトアップを行います。

続きを読む

日本政府公式の「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」を使ってみた!マイナンバーカードがあれば簡単&すぐに登録可能【レポート】


日本政府公式の新型コロナワクチン接種証明書アプリを設定みた!

既報通り、内閣 デジタル庁は日本政府が公式に提供する新型コロナワクチン接種証明書を発行(申請)や提示(表示)、読み取りができる「新型コロナワクチン接種証明書アプリ(英語名:COVID-19 Vaccination Certificate Application)」(短縮名「接種証明書」)を12月20日に公開しました。

動作環境はAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)以降およびiOS 13.7以上の「マイナンバーカード」が読み取れるNFC Type B対応機種とのこと。これにより、申請から約2分で電子証明書を交付できるほか、紙のワクチン接種証明書を持ち歩かなくてもスマートフォン(スマホ)で提示できるようになります。

ということで、筆者もマイナンバーカード発行済み、ワクチンも接種済みなので本記事ではさっそくは実際に日本政府公式の新型コロナワクチン接種証明書アプリで新型コロナワクチン接種の電子証明書を取得してみましたので、申請方法を中心に紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。