S-MAX

レポート

Googleのスマホなど向け次期OS「Android 12」の新機能を紹介!全画面キャプチャーや新デザインなど。最終APIになったベータ3が提供中【レビュー】


Googleのスマホなど向け次期OS「Android 12」の新機能をスクリーンショットや動画でまとめてチェック!

既報通り、Googleは14日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 12」における一般向けベータ版第3弾「Android 12 Beta 3」を公開しました。同社のスマートフォン(スマホ)「Pixel」シリーズにおける「Pixel 3」シリーズ以降やAndroidエミュレーターで利用可能なほか、ASUSやOPPO、Xiaomi、ZTEなどの各メーカーにおける対応製品で利用でき、日本国内向け製品ではシャープがSIMフリースマホ「AQUOS sense5G SH-M17」向けに提供しています。

対象のPixel製品では一般向けベータ版「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )にアクセスし、対象製品をAndroid Beta Programに登録すれば、通常のソフトウェア更新と同様にネットワーク経由でアップデート(OTA)ができ、Android 12 Beta 3はPixel製品ではビルド番号が「SPB3.210618.013」となっており、Androidセキュリティーパッチレベルは「2021年7月5日」、Google Play servicesも「21.24.13」となっています。

またAndroid 12 Beta 3ではスクロールスクリーンショットなどの新機能が追加されたほか、プライバシーインジケーターAPIや強化された自動回転などの追加に加え、最終的なAndroid 12におけるAPIとSDKも含まれており、APIレベルは新たに最終APIということでベータが外れて「API 31」となりました。そこで今回はほぼ新機能は実装し終わったと思われるため、ざっくりと「Pixel 4a (5G)」でAndroid 12 Beta 3を試してみましたので、Android 12の主な新機能を紹介したいと思います。

続きを読む

NTTドコモの5G対応スタンダードスマホ「Xperia 10 III SO-52B」をファーストインプレッション!無難に使えるけど、ちょっとお高い?【レビュー】


docomoから発売された5G対応スタンダードスマホ「Xperia 10 |II SO-52B」をレビュー!

既報通り、NTTドコモが「2021年夏モデル」として5Gに対応したスタンダードスマートフォン(スマホ)「Xperia 10 III SO-52B」(ソニー製)を6月18日に発売しました。価格(税込)は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」など直営店では本体価格が51,480円となっています。

また他社から乗り換え(MNP)の場合に「5G WELCOME割」によって22,000円が割り引かれて29,480円となります。一方で珍しく「スマホおかえしプログラム」は対象外となっています。今回はそんなXperia 10 III SO-52Bを実際に試す機会があったため、外観や同梱品、カメラなどの基本機能を中心に写真や動画を交えて紹介します。

なお、購入キャンペーンも実施されおり、ソニー製純正カバーとともに2021年7月31日(土)までに購入して応募すると、dポイント3,000ポイントがプレゼントされます。加えて2021年9月21日(火)までに購入・応募すると音楽配信サービス「Deezer」または「Nuggs.net」、「mora qualitas」のいずれかが3ヶ月無料で使えるキャンペーンも実施されています。

続きを読む

NTTドコモから発売された低価格スマホ「Xperia Ace II SO-41B」をファーストインプレッション!FeliCaや防水、電池長持ちはグッド【レビュー】


Xperiaの低価格スマホ!docomoから発売されたXperia Ace II SO-41Bをレビュー

既報通り、NTTドコモが「2021年夏モデル」として4Gに対応したエントリースマートフォン(スマホ)「Xperia Ace II SO-41B」(ソニー製)を5月28日に発売しました。価格(税込)は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」など直営店では本体価格が22,000円と低価格なのが魅力です。

また発売時より他社から乗り換え(MNP)の場合には「端末購入割引」によって16,500円OFFの一括5,500円となっているほか、すでに紹介しているように7月16日からは新規契約でも同様に16,500円OFFの一括5,500円となるため、さらに購入しやすくなります。今回はそんなXperia Ace II SO-41Bを実際に試す機会があったため、外観や同梱品、カメラなどの基本機能を中心に写真や動画を交えて紹介します。

なお、発売に合わせて購入キャンペーンも実施され、購入した人にもれなく「簡単ガイドブック」(なくなり次第終了)をプレゼントするほか、Xperia Ace II SO-41Bと純正カバーを購入して2021年7月31日(土)までにプリインストールされている専用アプリで必要事項を入力して応募するとdポイント3,000ポイントをプレゼントしています。

続きを読む

NTTドコモの5G対応スタンダードスマホ「Xperia 10 III SO-52B」を写真や動画で紹介!価格は5万1480円とライバル機よりお高い?【レポート】


docomo 5Gスマホ「Xperia 10 III SO-52B」を写真と動画でチェック!

既報通り、NTTドコモが「2021年夏モデル」として5Gに対応したスタンダードスマートフォン(スマホ)「Xperia 10 III SO-52B」(ソニー製)を6月18日に発売した。価格(金額はすべて税込)は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」では51,480円だ。

また他社から乗り換え(MNP)の場合に「5G WELCOME割」によって22,000円が割り引かれて29,480円となる。なお、スマホおかえしプログラムは対象外となっている。さらに購入キャンペーンも実施されて2021年7月31日(土)までにソニー製純正カバーとともに購入して応募すると、dポイント3,000ポイントがプレゼントされる。

加えて2021年9月21日(火)までに購入・応募すると音楽配信サービス「Deezer」または「Nuggs.net」、「mora qualitas」のいずれかが3ヶ月無料で使えるキャンペーンも実施されている。今回はそんなXperia 10 III SO-52Bを実際に試したので、まずは外観を中心に写真や動画を交えて紹介する。

なお、同機はソニーの最新ミッドレンジスマホ「Xperia 10 III」のNTTドコモ版で、Xperia 10 IIIは日本では他にもau版「Xperia 10 III SOG04」が同じく6月18日に発売され、さらにY!mobile版「Xperia 10 III(型番:A102SO)」が7月2日に発売される予定で、これらの日本向け製品はおサイフケータイ(FeliCa)に対応している。

続きを読む

NTTドコモの新料金プラン「ahamo」を契約前から解約まで絶対知っておくべき7つのTipsを紹介!オンライン専用だけでない違い【ハウツー】


ahamoを契約前から契約後まで絶対知っておくべき事柄をまとめてチェック!

NTTドコモが今年3月に提供を開始したオンライン専用の新料金プラン「ahamo」( https://ahamo.com )。月間高速データ通信容量20GBと1回5分までの国内宛通話(一部除く)が回数制限なく無料で行えて月額2,970円(金額はすべて税込)と、これまでの料金プランよりも安いことで注目を集めている。

そんなahamoをこれから契約する人は多いと思われるが、実際にどういったサービスなのか詳細部分まで確認する方法が意外と少ない。そこで本記事では、NTTドコモの既存プランとの比較案内だけでは見えてこないahamoの本当に知りたい細かい機能や、ahamoロゴのSIMを入手できるパターンについても見ていこう。

なお、まだahamoの基本的なサービス内容を知らない場合は同社の公式Webサイト内に掲載されている「ギガプランとahamoを比較する」のページ( https://www.nttdocomo.co.jp/charge/promotion/compare/ )を見るとわかりやすいのでまずは確認してみて欲しい。その上で、より細かい内容について触れていく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。