S-MAX

レポート

SoftBankが独占販売するLeica監修の1型センサーカメラ搭載で高性能な新スマホ「Leitz Phone 3」を写真で紹介!価格は19万5696円【レビュー】


Leica監修のSoftBankスマホ「Leitz Phone 3」の外観を中心にフォトレビュー!

既報通り、ライカカメラジャパン(以下、ライカ)は11日、Leica Camera(以下、Leica)が機能やデザインなどをトータルで監修するスマートフォン(スマホ)「Leitz Phone」シリーズの新商品として「Leitz Phone 3(型番:LP-03)」(Sharp製)を発表しました。同機はソフトバンクが提供している携帯電話サービス「SoftBank」にて日本限定で独占販売するとのこと。

発売日は2024年4月19日(金)で、販路はソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店における一部店舗( https://www.softbank.jp/mobile/products/smartphone/leitz-phone3/?modal=shoplist )や公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」となっており、価格(金額はすべて税込)はソフトバンクオンラインショップなどの直営店では195,696円(分割払いでは1〜12回:4,995円/月、13〜48回:3,771円/月)です。

また販売施策「新トクするサポート(プレミアム)」の対象となっており、13カ月目に対象機種の回収・査定が完了すると、13〜48回の分割金(合計135,756円)の支払いが免除されて実質負担額が4,995円/月×12回(合計59,940円)となります。さらにソフトバンクオンラインショップなどでは他社から乗り換え(MNP)なら「オンラインショップ割」が適用されて割引が実施される見込み。なお、購入時点からSIMロックがかかっていないSIMフリー製品として販売されるとのこと。

その他、ライカストアでのLeitz Phone 3の販売はありませんが、ライカストア(大丸東京店・大丸心斎橋店・銀座店・阪急うめだ店・伊勢丹新宿店・岩田屋福岡店・京都店・松坂屋名古屋店・そごう横浜店など)やライカオンラインストアにてアクセサリーが販売されるということです。本記事では店舗にて実機展示が行われていましたので、外観を中心に写真を交えて特徴などを紹介したいと思います。

続きを読む

アクティビティーに最適な超軽量スマートウォッチ「Amazfit Active Edge」を試す!価格は約2万円ながら見た目も機能もハイエンド【レビュー】


超軽量スマートウォッチ「Amazfit Active Edge」をレビュー!

スマートウォッチで大型ディスプレイ搭載モデルは視認性は良いのですが、サイズが大きく重くなるため、日常付けていると負担に感じることがあります。またアクティビティーを記録するために利用する場合は少しでも軽いモデルのほうがそのアクティビティーに集中できるといったことがあります。

今回はそういった用途に最適な大型ディスプレイを搭載しつつも軽量なスマートウォッチ「Amazfit Active Edge」を紹介します。Amazfit Active EdgはZepp Healthが展開している「Amazfit」ブランドの最新モデルとして日本では2024年3月29日(金)に発売され、価格(金額はすべて税込)はオープンながら希望小売価格および公式Webサイト内の公式Webストア「Amazfit|日本公式オンラインストア」では19,900円となっています。

本体色はラバブラックおよびミッドナイトパルス、ミントグリーンの3色展開で、国際的に権威のあるデザイン賞の一つである「iF デザインアワード 2024」を受賞しており、多くのデジタル製品に見られる均質なデザイン言語から脱却した若くエネルギッシュな人のためにデザインされたとして高く評価されているとのこと。なお、記事中で利用しているのはAmazfitよりお借りした製品となります。

続きを読む

強力なノイズキャンセルと快適な装着感が両立した完全ワイヤレスイヤホン「Jabra Elite 10」を試す!約4万円のフラッグシップモデル【レビュー】


ジャブラの完全ワイヤレスイヤホンのフラッグシップモデル「Jabra Elite 10」をレビュー!

GN Audioはデンマーク・コペンハーゲンを拠点とするオーディオ機器メーカーで、同社が展開している「Jabra(ジャブラ)」ブランドではビジネス向けに電話オペレーター向けのヘッドセットに搭載されているノイズキャンセリング技術や骨伝導マイクなどの技術、6万人の耳の形による装着研究などの専門的な知識と技術でイヤホンを開発しています。

そんなJabraにて完全ワイヤレスイヤホンのフラッグシップモデル「Jabra Elite 10」が日本法人であるGNオーディオジャパンから昨年10月に登場しました。当初はチタニウムブラックおよびクリーム、ココア、マットブラックの4色展開でしたが、今年1月には新色のグロスブラックが追加されて5色展開となっています。価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格および同社の公式Webサイト内の公式Webストア「Jabraオンラインストア」では39,600円となっています。

今回はそんなJabraのフラッグシップモデルであるJabra Elite 10をお借りして実際に使ってみましたのでその模様を紹介します。なお、マットブラックはJabraオンラインストアおよび大手Webストア「Amazon.co.jp」のみでの販売となっています。

続きを読む

アウトドアでも3Dオーディオを楽しめるポータブルスピーカー「シーイヤーパヴェ」を試す!世界初Snapdragon Sound対応。価格は3万9800円【レビュー】


3Dオーディオ対応ポータブルスピーカー「シーイヤーパヴェ」をレビュー!

3Dオーディオと呼ばれる立体音響技術があります。音が立体的に聴こえるように音源を作り出す技術となっており、スマートフォン(スマホ)などでも「Dolby Atmos」などの技術がよく採用されています。今回はこの3Dオーディオのうちの立体音響技術「Cear Field」に対応し、9.5cm角の立方体と小型で手軽に楽しめるCear(シーイヤー)のポータブルスピーカー「Cear pavéシーイヤーパヴェ)(」を紹介します。

シーイヤーパヴェは他にもQualcomm製チップセット(SoC)「Qualcomm S5 Gen 2」を搭載してポータブルスピーカーとしては世界初の「Snapdragon Sound」に対応しており、ワイヤレスで最高レベルの音質が楽しめます。クラウドファンディング「GREEN FUNDING」にて2024年5月31日(金)まで資金募集をしており、支援額はStandardにおいてリワードとしてシーイヤーパヴェが1台が届く39,800円などで、すでにプロジェクトは目標金額に達しています。

クラウドファンディングでは2024年6月以降に出荷予定ですが、本記事ではシーイヤーよりサンプルをお借りして実際に試してみたのでその模様を紹介します。なお、シーイヤーパヴェは「二子玉川蔦屋家電+」(東京・二子玉川)やシーイヤー本社(東京・台東)にて試聴展示が実施されているということなので試してみたい人は是非チェックしてみてください(シーイヤー本社での視聴会は予約制)。

続きを読む

新プレミアムスマホ「Galaxy S24 Ultra」を写真と動画で紹介!メーカー版「SM-S928Q」とドコモ版「SC-52E」、au版「SCG26」が発売【レビュー】


新プレミアムスマホ「Galaxy S24 Ultra」の日本向け製品をレポート!

既報通り、サムスン電子ジャパンは3日、同社が展開する「Galaxy」ブランドにおける最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S24」および「Galaxy S24 Ultra」(ともにSamsung Electronics製)を日本市場にて2024年4月11日(木)に発売すると発表しました。日本向け製品は両機種ともにおサイフケータイ(FeliCa)に対応し、Galaxy S24 Ultraは内蔵メモリー(RAM)が12GBで5Gのミリ波(mmWave)に対応していますが、Galaxy S24は8GB RAMでミリ波に非対応となっており、両機種ともFMラジオには非対応です。

また日本ではオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)「Galaxy S24(型番:SM-S921Q)」および「Galaxy S24 Ultra(型番:SM-S928Q)」に加え、NTTドコモ向け「Galaxy S24 SC-51E」および「Galaxy S24 Ultra SC-52E」、KDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」向け「Galaxy S24 Ultra(型番:SCG25)」および「Galaxy S24(型番:SCG26)」が販売されます。

各社から販売されるモデルの内蔵ストレージおよび価格(金額はすべて税込)はメーカー版ではGalaxy S24 SM-S921Qの256GBが124,700円、512GBが139,000円、Galaxy S24 Ultra SM-S928Qの256GBモデルが189,700円、512GBが204,100円、1TBが233,000円、NTTドコモ版ではGalaxy S24 SC-51Eの256GBが145,970円、Galaxy S24 Ultra SC-52Eの256GBが218,460円、512GBが232,804円、1TBが261,580円、au版ではGalaxy S24 SCG25の256GBが144,800円、512GBが157,800円、Galaxy S24 Ultra SCG26の256GBが224,800円、512GBが237,800円、1TBが259,800円。

なお、NTTドコモではGalaxy S24 Ultra SC-52Eの512GBと1TBが公式Webストア「ドコモオンラインショップ」限定、auではGalaxy S24 SCG25の512GBおよびGalaxy S24 Ultra SCG26の512GBと1TGが公式Webストア「au Online Shop」限定での販売となっており、メーカー版は公式Webストア「Samsungオンラインショップ」のみでの販売となります。その他、各種の割引や販売施策、キャンペーンなどが実施され、詳細は『新スマホ「Galaxy S24」や「Galaxy S24 Ultra」の日本向け製品が発表!NTTドコモ版やau版、メーカー版がともに4月11日に発売。予約受付中 - S-MAX』をご確認ください。

本記事では同日に都内にて開催された「Samsung国内新製品発表会」の展示会場にて実際にGalaxy S24 Ultraの日本向け製品をタッチ&トライしてきましたので、外観や特徴を中心に写真や動画を交えて紹介していきます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。