S-MAX

レポート

縦折りな新フォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip6」を写真と動画で紹介!電池持ちやカメラ画質、処理性能の向上、防塵対応など【レポート】


新フォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip6」をフォト&ムービーレポート!

既報通り、Samsung Electronics(以下、Samsung)は10日(現地時間)、フランス・パリにて新製品発表会「Galaxy Unpacked July 2024: Galaxy AI Is Here」を開催し、新しいフォルダブルスマートフォン(スマホ)「Galaxy Z Fold6」および「Galaxy Z Flip6」、スマートウォッチ「Galaxy Watch Ultra」および「Galaxy Watch7」、完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds3」および「Galaxy Buds3 Pro」などを発表しました。

このうちのGalaxy Z Flip6はアメリカや韓国などの1次販売国・地域で2024年7月24日(水)に発売され、発売に先立って7月10日(水)より予約受付が実施されており、価格は欧州では1,330ユーロ(約232,000円)からとなっています。また同社の日本法人であるサムスン電子ジャパンは11日、日本市場にてGalaxy Z Flip6を2024年7月31日(水)に発売すると発表し、合わせて日本でGalaxy Z Flip6を取り扱う移動対通信事業者(MNO)であるNTドコモやKDDIおよび沖縄セルラー電話からも案内がありました。

日本ではサムスン電子ジャパンからオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)「Galaxy Z Flip6(型番:SM-F741Q)」、NTTドコモから「Galaxy Z Flip6 SC-54E」、KDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」から「Galaxy Z Flip6(型番:SCG29)」がそれぞれ7月31日に発売され、発売に先立って7月17日(水)9時より予約受付が実施されています。

販路はメーカー版が公式Webストア「Samsung オンラインショップ」および「Galaxy Harajuku」、「Galaxy Studio Osaka」、「Galaxy Experience Space」、NTTドコモ版がドコモショップや量販店、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」など、au版がauショップやau Style、量販店、公式Webストア「au Online Shop」などとなっています。なお、各社で販売されるモデルや本体色、価格、キャンペーンについては以下の記事をご参照ください。

Samsung、電池持ちが向上した新フォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip6」を発表!日本では7月31日発売、7月17日予約開始。価格は15万9700円から - S-MAX
NTTドコモがGalaxy Z Fold6・Z Flip6・Watch Ultra・Watch7・Buds3・Buds3 Proを7月31日に発売!予約開始で価格も案内 - S-MAX
auがGalaxy Z Fold6・Z Flip6・Watch Ultra・Watch7・Buds3・Buds3 Proの取扱を発表!7月31日発売、7月17日予約開始。価格も案内 - S-MAX

その他、Galaxy Z Flip6などの新製品を実際に手に取って体験できる特設イベントとしてGalaxy Experience Spaceを実施が「SHIBUYA TSUTAYA」(東京・渋谷)にて2024年7月11日(木)から8月6日(火)まで開催されています。今回はそんなGalaxy Z Flip6の日本向け製品をメディア向けイベントなどで実際にタッチ&トライする機会がありましたので、外観や特徴を中心に写真や動画を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

シャオミ初のオープンイヤータイプ!快適な装着感と豊かな音質を備えた完全ワイヤレスイヤホン「Xiaomi OpenWear Stereo」を試す【レビュー】


オープン型完全ワイヤレスイヤホン「Xiaomi OpenWear Stereo」をレビュー!

完全ワイヤレスイヤホン(TWS)はノイズキャンセルに対応した密閉型のクローズドイヤータイプのイヤホンが主流ですが、スポーツやリモートワークなどで利用するイヤホンとして、耳を塞がない開放型のオープンイヤータイプのニーズも高くなっています。

そんなオープンイヤータイプの完全ワイヤレスイヤホンとして小米技術日本株式会社(以下「シャオミ・ジャパン」)は4日、同社が展開する「Xiaomi」ブランドの新商品として「Xiaomi OpenWear Stereo(型番:M2319E1)」(Xiaomi Communications製)を2024年7月4日(木)に発売すると発表しました。

Xiaomi OpenWear StereoはXiaomiブランド初となるオープンイヤータイプの完全ワイヤレスイヤホンで、洗練された美しいデザインによって1日中快適に装着できるだけでなく、強化された低音ドライバーとワイヤレスでもハイレゾ音質を楽しめるようになっています。

価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格が14,980円で、発売日から7月17日(水)までは期間限定の早割価格12,980円で販売されています。本体色はコズミックグレーとスタンドストーンベージュの2色展開です。今回、そんなXiaomi OpenWear Stereoをシャオミ・ジャパンよりお借りして実際に使ってみましたのでその模様を紹介します。

続きを読む

モトローラの新ミッドハイスマホ「motorola edge 50 pro」とソフトバンク向けの「motorola edge 50s pro」を写真と動画で紹介【レポート】


125W超急速充電にも対応した高機能スマホ「motorola edge 50 pro」「motorola edge 50s pro」をチェック!

既報通り、モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)は3日、都内にて「モトローラ・モビリティ・ジャパン新製品発表会」を開催し、5Gやおサイフケータイ(FeliCa)、125W超急速充電などに対応したミッドレンジスマートフォン(スマホ)「motorola edge 50 pro(型番:XT2403-4)」および「motorola edge 50s pro(型番:A402MO)」(いずれもMotorola Mobility製)を2024年7月12日(金)に発売すると発表した。

オープン市場向けとなるmotorola edge 50 proの販路は公式Webショップ「MOTO STORE」のほか、Amazon.co.jpヨドバシカメラ、エディオン、上新電機、ビックカメラ、ヤマダデンキなどのECサイトおよび量販店、さらに仮想移動体通信事業者(MVNO)のインターネットイニシアティブが展開する携帯電話サービス「IIJmio」( https://www.iijmio.jp )でも取り扱う。

ECサイトや量販店では現在予約受付中で、価格(金額はすべて税込)はオープンながら希望小売価格およびMOTO STOREでの販売価格は79,800円となっている。またIIJmioでは、一括払いの通常価格が69,800円、24回払いで2,916円。2024年9月2日(月)までの期間は「のりかえ価格」(サマーキャンペーン【スマホ大特価セール】)として、他社からの乗り換え(MNP)でギガプランの音声通話機能付きSIMとセット購入で一括払いが49,800円、24回払いが2,076円となる。

またソフトバンクの携帯電話サービス「SoftBank」向けとなるmotorola edge 50s proの価格は公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などの直営店では85,584円(分割では1〜12回:1円/月、13~48回:2,377円/月)で、販売施策「新トクするサポート(バリュー)」を利用して24回目の支払いの後に返却すると残りの割賦金の支払いが免除されて実質負担額が1円/月×12回(総額12円)となっている。こちらも現在予約受付中だ。

今回はそんなmotorola edge 50 proおよびmotorola edge 50s proについて発表会のタッチ&トライで試すことができたので、外観や基本機能などを中心に写真や動画を交えて紹介していく。

続きを読む

高コスパなミニPC「GEEKOM XT13 Pro」は高速処理でメインPCにもオススメ!Core i9・i7や32GB RAM、独自冷却システムなどを搭載【レビュー】


高コスパのミニPC「GEEKOM XT13 Pro」をレビュー!左にあるのは大きさ比較のiPhone SE(第3世代)

パソコン(PC)市場ではノートPCが主流となっているものの、最近では小型筐体のミニPCの人気が高くなっています。以前はデスクトップPCと言えば、タワー型が平置きで大型なモデルが主流でしたが、ノートPCで使われているプロセッサーを使ったコンパクトなミニPCがリリースされるようになってきましたことも背景にあるようです。

またミニPCながらもハイエンドノートPCと同等の機能を持つ高機能な製品もリリースされており、ノートPCをメインPCとして利用する人なら十分な機能を搭載しています。そんなミニPCの新商品として台湾のメーカーであるGEEKOM(ギコム)から「GEEKOM XT13 Pro」が2024年5月にリリースされました。

GEEKOM XT13 Proは第13世代のIntel Core i9-13900H(以下、i9-13900H)またはIntel Core i7-13620H(以下、i7-13620H)というプロセッサーを搭載する2機種が販売されており、価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格および同社の公式Webサイト( https://geekom.jp/ )内にある公式Webストアではi9-13900H搭載モデルが137,000円、i7-13620H搭載モデルが94,900円となっています。

なお、当ブログメディア「S-MAX」の読者向けに割引コードをご提供いただきましたので、ご購入の際には是非ともご活用ください。割引コードは公式Webストアでは両モデルともに「XT13smax5000」で5,000円OFF、大手Webストア「Amazon.co.jp」ではi9-13900H搭載モデルなら「XT139smx5off」、i7-13620H搭載モデルなら「XT137smx5off」でそれぞれ5%OFFになります。なお、期限はそれぞれ2024年7月30日(火)までとのこと。

今回、そんなGEEKOM XT13 Proのi9-13900H搭載モデルをGEEKOMよりご提供いただきましたので、実際に使ってみた模様を紹介します。なお、内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージはi9-13900H搭載モデルが32GB RAM+2TB SSD、i7-13620H搭載モデルが32GB RAM+1TB SSDで、両機種ともに3年保証(無料)となっています。

続きを読む

防水&FeliCa対応な新フラッグシップスマホ「ASUS Zenfone 11 Ultra」の外観や同梱品、基本機能などを写真や動画で紹介【レビュー】


エイスースの新フラッグシップスマホ「Zenfone 11 Ultra」を写真や動画を交えてレビュー!

既報通り、ASUS JAPAN(以下、エイスース)は3日、最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Zenfone 11 Ultra(型番:AI2401_H)」(ASUSTeK Computer製)のメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)を日本のオープン市場にて2024年7月5日(金)に発売すると発表しました。販路は公式Webショップ「ASUS Store」や「ASUS Store 楽天市場店」のほか、Amazon.co.jpやエディオン、コジマ、Joshin、ソフマップ、ノジマ、ひかりTVショッピング、ビックカメラ、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラといった量販店やECサイトのほか、一部の仮想移動体通信事業者(MVNO)などとなっています。

日本で販売されるモデルは内蔵メモリー(RAM)および内蔵ストレージの違いによって複数あり、価格(金額はすべて税込)はオープンながら希望小売価格およびASUS Shopなどでは12GB RAM+256GBストレージモデルが139,800円、16GB RAM+512GBストレージモデルが159,800円で、本体色は12GB RAM+256GBストレージモデルがエターナルブラック(型番:ZF11U-BK12S256)およびスカイラインブルー(型番:ZF11U-BL12S256)、ミスティグレー(型番:ZF11U-GY12S256)、デザートサンド(型番:ZF11U-OR12S256)の4色、16GB RAM+512GBストレージモデルがエターナルブラック(型番:ZF11U-BK16S512)およびスカイラインブルー(型番:ZF11U-BL16S512)の2色となります。

なお、海外にて新たに発表された新色「バージャーグリーン(Vendure Green)」は台湾などの特定の国・地域限定で販売予定ですが、現時点で日本への導入予定はないとのこと。またZenfone 11 Ultraは先に発売されたゲーミングスマホ「ROG Phone 8」シリーズとベースは同じで主な仕様は共通となっており、ROG Phone 8シリーズが同シリーズ初の防水・防塵(IP68)やおサイフケータイ(FeliCa)に対応しましたが、Zenfone 11 Ultraも同様に対応していますが、一方でゲーミング的な背面が光る機能や急速冷却用ヒートシンクなどの要素は省かれ、その分だけ薄型・軽量化され、それゆえにケースや周辺機器も共通ではなく、外付け冷却クーラー「AeroActive Cooler X」もZenfone 11 Ultraは非対応となっています。

さらにASUS StoreではZenfone 11 Ultraの発売を記念して3つの購入者特典が用意され、まずは送料無料、次に専用ケース「Zenfone 11 Ultra RhinoShield SolidSuit Case(standard version)」をプレゼント、そして最後にZenfone 11 Ultraと同時購入で対象アクセサリーが15%OFFとなっています。そこで本記事ではASUS JAPANより先行してZenfone 11 Ultraの製品版をお貸し出しいただき、実際に試用してみたので、実機を用いて外観や同梱品、基本機能、ベンチマークなどを写真や動画を交えて紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。