S-MAX

富士通コネクテッドテクノロジーズ

FCNT、法人向けSIMフリースマホ「arrows BZ02」を発表!8月下旬発売予定。3ヶ月から3年まで貸出可能なレンタルサービスも開始


FCNTから法人向けスマホ「arrows BZ02」が登場!8月下旬発売予定

FCNT(旧:富士通コネクテッドテクノロジーズ)は9日、同社が展開している「arrows」ブランドのスマートフォン(スマホ)における法人向け新製品「arrows BZ02(型名:ASMB02001)」を発表しています。発売時期は2021年8月下旬を予定し、価格はオープンとなっているとのこと。

また同社は11日、このarrows BZ02や既存機種の「arrows BZ01」を法人向けに貸し出す「arrows BZ レンタルサービス」を2021年6月11日(金)より開始するとお知らせしています。貸出期間は最短3ヶ月〜最長3年までで、arrows BZ02は発売日以降に貸出が可能になる予定。

貸出中にレンタル品が壊れたりしても負担金5,500円(金額はすべて税込)のみで正常品と交換できる「ワイド保証制度」にも対応しています。一方、契約期間終了後の期間延長も可能ですが、最終的にレンタル期間終了後にレンタル品が返却されない場合は33,000円/台を請求するとしています。

続きを読む

NTTドコモが5Gスマホ「arrows NX9 F-52A」にAndroid 11へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


docomoスマホ「arrows NX9 F-52A」がAndroid 11に!

NTTドコモは6日、昨年12月に発売した「2020-2021冬春モデル」のうちの5Gに対応しつつも価格を抑えたミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「[[arrows NX9 F-52A]]」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)に対して最新プラットフォーム「Android 11」を含むソフトウェア更新を2021年5月6日(木)より提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話回線(5G・Xi)によるネットワーク経由(OTA)が用意されており、更新にかかる時間は約23分で、更新ファイルサイズは明らかにされていませんが、サイズが大きいと思われるため、Wi-Fiでのダウンロードが推奨されます。更新後のビルド番号は「V36R037A」。

主な更新内容は以下の通りですが、電源メニューにデバイスコントロール画面が追加されるほか、各種の改善や機能追加を行っているとのことで、メーカーであるFCNTの公式Webページ『arrows 5G F-52A Android 11 OSバージョンアップトップ - FMWORLD.NET(個人) : FCNT』も合わせてご覧ください。

○主なアップデート内容
1)チャットやSNSなどに関する通知の強化
2)プライバシー強化
3)スクリーンレコード追加

○改善される事象
4)セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティーパッチレベルが2021年3月になります。)

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

富士通コネクテッドテクノロジーズが社名を4月1日より「FCNT」に変更!既存のらくらくスマートフォンやarrowsに加え、次世代機も開発へ


富士通コネクテッドテクノロジーズが社名を「FCNT」に変更!

富士通コネクテッドテクノロジーズは1日、社名を「FCNT株式会社」(以下、FCNT)に2021年4月1日(木)より変更したと発表しています。社名を新たにスタートし、ミッションとして「Creating New “Connects”」を掲げてこれまで以上に魅力的な製品を開発していくとのこと。

同社ではこれまで「らくらくスマートフォン」や「arrows」シリーズなどの製品を提供してきましたが、今後はこれらに加えて5G IoT時代に向けた次世代製品の開発やソリューション、新たなサービスビジネスへの展開を加速させ、人々の常識を超える発想と先進テクノロジーで、人・物・コトをもっと快適につなぎ、新たな価値を創造していくとしています。

またFCNTが有する通信事業者との長年の信頼関係、製品提供で培ってきたブランド力および幅広い技術力、シニア向けのサービスで築いてきた利用者とのつながりを最大限に活かした事業展開を今後とも継続すべく一層の努力をする所存だとしています。

続きを読む

洗える&割れにくい!アルコール除菌もできるようになったNTTドコモ向け5Gスマホ「arrows NX9 F-52A」を写真や動画で紹介【レポート】

01
ちょうど良い性能に日常の機能をタップリ詰め込んだarrows NX9

既報通り、NTTドコモが12月18日に5G対応Androidスマートフォン「arrows NX9 F-52A」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発売した。販売価格は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などの直営店では76,032円(税込)としており、同じくミッドハイレンジクラスの5Gスマホ「Pixel 5」(Google製)の74,800円(Google ストアにおける価格)に近い設定である。

主なスペックはチップセット(SoC)にPixel 5と同じQualcomm製「Snapdragon 765G」を採用し、8GB内蔵メモリー(RAM)や128GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大1TB)、約6.3インチFHD+ (1080×2280ドット)有機ELディスプレイ、3600mAhバッテリー、防水(IPX5およびIPX8)、防塵(IP6X)、おサイフケータイ(FeliCa)などとなっている。

また富士通ブランドのスマホとしては今夏に発売された初の5G対応スマホ「arrows 5G F-51A」では「arrows」シリーズの売りでもあった“タフネス”仕様を封印していたが、本機では再び“洗えるスマホ”となっており、価格を抑えながら使いやすさをプラスした5Gに対応したモデルとなっている。

そこで本記事では11月5日に行なわれた「2020-2021冬春 新サービス・新商品発表会 docomo collection 2020-21」の後にメディア向けに実施されたタッチ&トライイベントにてarrows NX9 F-52Aの実機を試すことができたので、写真や動画を交えながら紹介したいと思う。

続きを読む

NTTドコモ、5Gスマホ「arrows NX9 F-52A」を12月18日に発売!価格は7万6032円。キャンペーンでFire TV Stickや3千ポイントをプレゼント


docomo 5Gスマホ「arrows NX9 F-52A」が12月18日発売!

NTTドコモは11日、今年11月5日に発表した「2020-2021冬春モデル」のうちの5Gに対応しつつも価格を抑えたミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「arrows NX9 F-52A」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を2020年12月18日(金)に発売すると発表しています。

すでにドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて予約受付が実施されており、ドコモオンラインショップでは発売に先立って12月15日(火)10:00に購入手続きが開始され、お届けは発売日以降となっています。

価格(税込)はドコモオンラインショップなどの直営店では76,032円で、36回払いで購入することで最大12回分の支払いが不要になる「スマホおかえしプログラム」を利用した場合の実質負担額2,112円/月×24回(総額50,688円)となっています。

また他社から乗り換え(MNP)の場合には「5G WELCOM割」が適用され、本体価格から直接22,000円が割り引かれて54,032円となり、スマホおかえしプログラム利用時の実質負担額は1,500/円×24回(総額36,032円)となります。

さらにarrows NX9 F-52Aを予約して購入の上、応募した人のうちの先着1万人に「Amazon Fire TV Stick」をプレゼントする『「arrows NX9 F-52A」予約&購入キャンペーン』と、arrows NX9 F-52Aを購入して応募した人のうちの先着2万人にdポイント3,000ポイントをプレゼントする『「arrows NX9 F-52A」購入キャンペーン』が実施されます。

2つのキャンペーンは重複適用可能で、期間は予約&購入キャンペーンが2020年11月5日(木)~発売日前日までに予約し、発売日~2021年1月31日(日)に購入・応募、購入キャンペーンが発売日~2021 年1月31日(日)に購入・応募となっています。詳細はキャンペーンWebページ( https://arrows5g-cpn.com/f52a )をご確認ください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。