S-MAX

楽天モバイル

楽天モバイル、楽天回線エリアにおける関東地方の5G(Sub6)を2024年内に最大1.6倍まで拡大に!共用帯域における衛星通信との干渉調整条件の緩和により


楽天モバイルが関東地方の5G(Sub6)を2024年内に最大1.6倍まで拡大!

楽天モバイルは18日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )において通信品質向上の取り組みとして関東地方(栃木県および群馬県、茨城県、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、山梨県)における5G(Sub6)エリアの広さを2024年5月から年内を目途に2024年1月比で最大1.6倍まで順次拡大することをお知らせします。

同社では共用帯域における衛星通信との干渉調整条件の緩和によって関東地方における既存の5G基地局の電波出力を上げることが可能となったことに伴い、今回の取り組みを通してSub6(3.7GHz帯)の5Gエリアを順次拡充して高品質な通信サービスを提供していくとのこと。

また楽天モバイルではすでに2023年に東海地方(岐阜県および静岡県、愛知県、三重県)や近畿地方(滋賀県および京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)でも同様の対策を推進し、これらの地域では2023年8月比で2023年12月までに東海地方では約1.7倍、近畿地方では約1.1倍の5Gエリア拡大を行うなど、Sub6における5Gエリア拡大に取り組んでいるとしています。

なお、同社では2020年9月に5Gサービスの提供を開始し、2023年12月末時点で全47都道府県に合計1万1592局の5G屋外基地局(Sub6マクロ基地局のみ)を展開しており、グローバル分析会社のOpensignalが2023年10月に発表した「モバイル・ネットワーク・ユーザー体感レポート」では日本市場の「モバイル・ネットワーク・ユーザー体感レポート」における「5Gアップロード・スピード」で単独受賞、「5Gダウンロード・スピード」では他社と共同受賞するなどと通信速度においても高い評価を獲得しています。

続きを読む

楽天モバイルが新たな基地局を3月16〜31日に全国37都道府県165市区町村で設置!サービスエリアマップを更新して5GのSub6やミリ波も表示に


楽天モバイルが2024年3月16〜31日に設置した基地局リストを公開!サービスエリアマップも更新

楽天モバイルは15日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )において2023年7月より実施している「Rakuten最強プラン」プロジェクトとして新たに2024年3月16日(土)から3月31日(日)までに全国37都道府県165市区町村で基地局を設置したとお知らせしています。

また合わせて同日にサービスエリアマップ( https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/ )も更新されており、データは2024年2月13日(火)時点のままですが、新たに4G(LTE方式)に加えて5G(NR方式)のSub6エリアおよびミリ波エリアを表示できるようになっています。

同社では新料金プラン「Rakuten最強プラン」の開始に合わせて4Gについては楽天回線エリアとパートナー(au)回線エリアを合わせた「データ高速無制限エリア」として表示するようになっていますが、楽天回線のみの4Gエリアについてはホームルーターサービス「Rakuten Turbo」で利用できるサービスエリアマップ( https://network.mobile.rakuten.co.jp/internet/turbo/area/ )にて公開されており、今回はこのサービスエリアマップについても更新されて4Gおよび5Gが2024年2月13日(火)時点のデータで表示されるようになっています。

その他、同社ではパートナー(au)回線のサービスエリアマップ( https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/map_partner.html )も個別に公開していますが、こちらは楽天回線エリアとパートナーエリアの個別表示となっており、パートナーエリアだけを確認したい場合にはKDDIが公開している楽天モバイル向けローミングサービス提供エリア( https://www.kddi.com/corporate/kddi/public/roaming/area/ )をご確認ください。なお、こちらは2024年3月29日(金)時点に更新されています。

続きを読む

楽天モバイル、法人向け「Rakuten最強プラン ビジネス」と「Buddycom」のセットプラン「楽天モバイルBuddycomセット」を特別価格にて提供開始


楽天モバイルが法人向けに「楽天モバイルBuddycomセット」を特別価格にて提供開始!

楽天モバイルおよび楽天グループ、サイエンスアーツは11日、楽天モバイルが移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )における法人向け料金プラン「Rakuten最強プラン ビジネス」とサイエンスアーツが開発・提供するIP無線アプリ「Buddycom」を通常価格から割り引いた特別価格にて提供するセットプラン「楽天モバイルBuddycomセット」を提供開始したとお知らせしています。

楽天モバイルBuddycomセットは楽天グループが運営する旅行予約サービス「楽天トラベル」( https://travel.rakuten.co.jp/ )を通じて宿泊施設向けに販売され、宿泊業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)と業務効率化を促進するとのこと。なお、楽天モバイルではBuddycomを2024年1月より法人向けに提供しており、これまでに現場で働くデスクレスワーカーの法人利用者に好評となっていたということです。

続きを読む

楽天モバイル、Rakuten最強プランが月110円OFFになる「最強家族プログラム」を同一名字以外も対象に!事実婚や同性パートナーなどでもOK


楽天モバイルの「Rakuten最強プラン」における家族割引が幅広い家族の形態で利用可能に!

楽天モバイルは10日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )における料金プラン「Rakuten最強プラン」の「最強家族プログラム」を2024年4月10日(水)より幅広い家族の形態で利用できる仕様にアップデートしたとお知らせしています。

最強家族プログラムは適用するとRakuten最強プランの月額料金から月110円(金額はすべて税込)が割り引かれる家族割引で、今年2月に提供開始されてからこれまではグループの代表者と同一名字の家族が対象でしたが、アップデートによって同一名字に限る制限が撤廃され、法律上の結婚のみならず、離れて暮らす家族や親戚、事実婚や同性パートナーなども対象となりました。

これにより、最強家族プログラムを適用するにはオンラインサポート「my 楽天モバイル」において代表者(1人)がグループを作成後に招待用リンク(URL)を送り、該当リンクより家族が参加することによって1回線あたり110円の割り引きを受けることができるようになります。なお、代表者としてグループを作成できるのは18歳以上の契約者のみで、招待される人は18歳以下の契約者も対象となっており、1グループ最大20回線まで参加できます。また料金プラン「Rakuten最強プラン(データタイプ)」は対象外。

続きを読む

楽天モバイル、スマートウォッチ「Apple Watch Ultra」を2万4100円値下げして9万5800円に!ただし、公式 楽天市場店ではさらに安い8万6320円で販売中


楽天モバイルがApple Watch Ultraを値下げ!

楽天モバイルは10日、同社が販売するスマートウォッチ「Apple Watch Ultra」(Apple製)の公式Webサイトおよび楽天モバイルショップにおける価格(金額はすべて税込)を2024年4月10日(水)9時より改定したとお知らせしています。これにより、改訂前の119,900円から24,100円値下げされて改定後は95,800円となっています。

ただし、すでに紹介しているように同社では総合Webモール「楽天市場」( https://www.rakuten.co.jp/ )にて運営している公式Webショップ「楽天モバイル公式 楽天市場店」ではApple Watch Ultraを4月4日より86,320円で販売しており、さらに楽天市場店なのでSPUなどの楽天ポイントによる還元も受けられてよりお得になっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。