S-MAX

楽天モバイル

楽天モバイルがセット購入でオリジナルスマホ「Rakuten Mini」の一括1円キャンペーンを再開!Rakuten Link利用で7千ポイントプレゼントも


楽天オリジナルスマホ「Rakuten Mini」が再び本体価格1円に!7千ポイントプレゼントも併用可能

楽天モバイルは22日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している携帯電話サービスの正式プラン「Rakuten UN-LIMIT V」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )において新たに「Rakuten Mini本体価格1円キャンペーン」を2021年1月22日(金)9:00から実施するとお知らせしています。現時点では終了日時は未定となっており、終了する場合は事前に案内するとしています。

キャンペーンでは楽天モバイルのオリジナルコンパクトスマートフォン(スマホ)「Rakuten Mini(型番:C330)」をRakuten UN-LIMIT Vの契約とセットで購入した場合に本体価格(通常税込18,700円)が1円となり、さらに別途実施している『「【Rakuten UN-LIMIT Vお申し込み特典】だれでも5,000ポイントプレゼント」と「Rakuten UN-LIMIT Vお申し込みで、通常のお申し込み特典に加えて、さらに2,000ポイントプレゼントキャンペーン」』で開通後に専用アプリ「Rakuten Link」を利用すると楽天ポイントが合計7,000ポイントもらえます。

続きを読む

楽天モバイルがRakuten UN-LIMIT VのSIMのみ契約で2月2日まで7千ポイントプレゼント!対象のスマホをセット購入で最大+2万ポイント還元


Rakuten UN-LIMIT Vの申し込みで2千ポイント追加で合計7千ポイントプレゼント!

楽天モバイルは22日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している携帯電話サービスの正式プラン「Rakuten UN-LIMIT V」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )において新たに申込件数が200万回線を突破した記念として「Rakuten UN-LIMIT Vお申し込みで、通常のお申し込み特典に加えて、さらに2,000ポイントプレゼントキャンペーン」を実施するとお知らせしています。

これにより、すでに実施しているキャンペーン「【Rakuten UN-LIMIT Vお申し込み特典】だれでも5,000ポイントプレゼント」と合わせてRakuten UN-LIMIT Vを新規に申し込んで契約し、開通後に専用アプリ「Rakuten Link」を利用すると楽天ポイントが合計7,000ポイントもらえます。期間は2021年1月22日(金)9:00から2月2日(火)8:59まで。

またRakuten UN-LIMIT Vの申し込みと合わせて対象製品を購入すると最大20,000ポイントが還元される「Rakuten UN-LIMIT V+製品購入でポイント還元キャンペーン」と合わせると最大27,000ポイントとなり、arrows RXやOPPO A5 2020が実質負担額0円以下となるほか、個別に実施されているオリジナルスマートフォン(スマホ)「Rakuten Hand」や「Rakuten Mini」のキャンペーンと併用でともに実質負担額0円以下となっています。

続きを読む

楽天モバイルが4Gのエリアマップを更新!東京都小平市や神奈川県厚木市などの地域が追加。3月末および今夏以降の拡大予定も案内


楽天モバイルのエリアマップが更新!2021年3月末・夏以降の拡大予定が案内

楽天モバイルは20日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービスの正式プラン「Rakuten UN-LIMIT V」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )において新たに北海道や青森県、秋田県、宮城県、福島県、新潟県、茨城県における11地域が楽天回線エリアに追加されたとお知らせしています。

合わせて同社では公式Webサイトにて公開しているサービスエリア( https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/ )を更新し、これまでは対応予定エリアについては「2021年2月末」と「2021年春以降」となっていましたが、新たに「2021年3月末」と「2021年夏以降」に変更されています。

続きを読む

結局横並び?違いはある?NTTドコモのahamoやauのpovo、SoftBank on LINE、Rakuten UN-LIMIT Vを比べてみた


オンライン専用の新料金プラン「ahamo」や「povo」、「SoftBank on LINE」、そして「Rakuten UN-LIMIT V」を比較!

昨年12月にNTTドコモが発表したオンライン専用の料金プラン「ahamo(アハモ)」に続き、ソフトバンクがグループ会社となった「LINE」ブランドを活用した料金プラン「SoftBank on LINE」(仮称)を、そして昨日にau(KDDIおよび沖縄セルラー電話)が料金プラン「povo(ポヴォ)」を発表しました。

これらはともにオンライン専用の料金プランとなっており、申し込みや各種手続きはすべてWebやアプリなどのオンラインのみで行い、ドコモショップやauショップ、ソフトバンクショップといったキャリアショップの実店舗では取り扱われません。

代わりにそれらにかかるコストを削減し、月間高速データ通信容量20GBながら月額2,480円や月額2,980円(金額はすべて税抜)で提供されます。一方、これら3者の移動体通信事業者(MNO)を追う楽天モバイルでは自社回線による携帯電話サービスとして月額2,980円の料金プラン「Rakuten UN-LIMIT V」を提供しています。

そこで本記事ではこれらのahamoおよびpovo、SoftBank on LINE、Rakuten UN-LIMIT Vをわかっている範囲で比べてみました。結局横並びとなったのか?それとも違いはあるのか!?

続きを読む

楽天モバイル、オリジナルスマホ「Rakuten Hand」が実質0円以下になるキャンペーンを開始!本体価格2万円の最大2万4999ポイント還元


Rakuten Handが早くもRakuten UN-LIMIT Vとセットで実質0円以下に!

楽天モバイルは7日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している携帯電話サービスの正式プラン「Rakuten UN-LIMIT V」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )において販売しているオリジナルブランドの4G対応スマートフォン(スマホ)「Rakuten Hand(型番:P710)」(Tinno Mobile Technologies製)を実質0円以下で販売するキャンペーンを実施すると発表しています。

Rakuten Handは本体価格(金額はすべて税込)が20,000円ですが、これまでにも「Rakuten Hand 発売記念キャンペーン」などによって実質1,980円などで販売されてきました。今回、新たに「Rakuten Hand19,999ポイントプレゼントキャンペーン」を実施し、Rakuten UN-LIMIT Vをはじめて申し込む場合に5,000ポイントがプレゼントされる「【Rakuten UN-LIMIT Vお申し込み特典】だれでも5,000ポイントプレゼント」と合わせて第際24,999ポイント還元となり、実質0円以下となります。

なお、だれでも5,000ポイントプレゼントはRakuten UN-LIMIT Vに新規契約または他社から乗り換え(MNP)、楽天モバイルの仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービスのNTTドコモ回線・au回線からの料金プラン変更にて申し込み、対象製品を利用して開通後に専用アプリ「Rakuten Link」を利用する必要があります。

このだれでも5,000ポイントプレゼントのRakuten UN-LIMIT Vの申し込みの際にセットでRakuten Handを購入した場合にRakuten Hand19,999ポイントプレゼントキャンペーンによって19,999ポイントが楽天ポイントにて還元されます。Rakuten Hand19,999ポイントプレゼントキャンペーンの期間は2021年1月7日(木)9:00から終了日未定で、終了日時が決まったら案内するとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。