S-MAX

楽天回線対応製品

楽天モバイル、楽天回線対応製品に5Gプレミアムスマホ「Xperia PRO-I XQ-BE42」を追加!緊急地震速報などのすべてが利用可能に


5Gスマホ「Xperia PRO-I XQ-BE42」が楽天回線対応製品に追加!

楽天モバイルは15日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT VI」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応する製品(以下、楽天回線対応製品)を更新して新たに5G対応スマートフォン(スマホ)「Xperia PRO-I(型番:XQ-BE42)」(Sony製)を追加しています。

これにより、Xperia PRO-I XQ-BE42が楽天モバイルの相互接続性試験を完了し、楽天モバイルの4Gでの音声通話(VoLTE)やSMS、データ通信および5Gでのデータ通信、ETWS(緊急地震速報、津波警報など)などのすべての機能に対応しています。動作確認時のビルド番号は「61.0.A.20.26」。

続きを読む

楽天モバイル、楽天回線対応製品に5Gスマホ「OPPO Find X3 Pro」のSIMフリー版「CPH2173」を追加!緊急地震速報などのすべてが利用可能に


5Gスマホ「OPPO Find X3 Pro CPH2173」が楽天回線対応製品に追加!

楽天モバイルは25日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT VI」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応する製品(以下、楽天回線対応製品)を更新して新たに5G対応スマートフォン(スマホ)「OPPO Find X3 Pro(型番:CPH2173)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を追加しています。

これにより、OPPO Find X3 Pro CPH2173が楽天モバイルの相互接続性試験を完了し、楽天モバイルの4Gでの音声通話(VoLTE)やSMS、データ通信および5Gでのデータ通信、ETWS(緊急地震速報、津波警報など)などのすべての機能に対応しています。動作確認時のビルド番号は「CPH2173_11_A.22」。

なお、OPPO Find X3 Proは日本市場では今回追加されたSIMフリー製品のメーカーモデルのほか、au版「OPPO Find X3 Pro(型番:OPG03)」も販売されていますが、OPPO Find X3 Pro OPG03は楽天回線対応製品には追加されておらず、楽天回線への対応状況確認にも掲載されていません。

続きを読む

楽天モバイル、楽天回線対応製品に5Gスマホ「Google Pixel 5a (5G)」と「ASUS Zenfone 8」を追加!緊急地震速報などのすべてが利用可能に


5Gスマホ「Google Pixel 5a (5G)」と「ASUS Zenfone 8」が楽天回線対応製品に追加!

楽天モバイルは27日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービスにおける正式プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応する製品(以下、楽天回線対応製品)を更新して新たに5G対応スマートフォン(スマホ)「Pixel 5a (5G)」(Google製)および「Zenfone 8」(ASUSTeK Computer製)を追加しています。

ともに日本市場向け製品のPixel 5a (5G)は型番「G4S1M」、Zenfone 8は型番「ZS590KS」が楽天モバイルの相互接続性試験を完了し、両機種ともに楽天モバイルの4Gでの音声通話(VoLTE)やSMS、データ通信および5Gでのデータ通信、ETWS(緊急地震速報、津波警報など)などのすべての機能に対応し、Pixel 5a (5G)はeSIMも利用可能です。

すでにZenfone 8については発売直後のソフトウェア更新によってASUS JAPANから公式に楽天モバイルの相互接続性試験が完了したことが案内されていましたが、楽天モバイルからも公式に楽天回線対応製品として「ZenFone 7」や「ZenFone 7 Pro」に続いて楽天モバイルの公式Webページ「楽天回線対応製品」に掲載されています。

またPixel 5a (5G)もこれまで「Pixel 4」および「Pixel 4 XL」、「Pixel 4a」、「Pixel 4a (5G)」、「Pixel 5」が楽天回線対応製品となっていますが、同様に楽天回線対応製品として掲載されたことで安心して利用可能となりました。なお、確認時のソフトウェアバージョン(ビルド番号)はPixel 5a (5G)が「RD2A.210605.006」、Zenfone 8が「WW_30.11.51.112」となっています。

続きを読む

楽天モバイルから5Gスタンダードスマホ「Xperia 10 III Lite」が登場へ!公式サイトの対応確認ページに掲載。SIMフリーモデル「XQ-BT42」と同一か


楽天回線対応製品として「Xperia 10 III Lite」が公式Webサイトに掲載!写真はXperia 10 III

楽天モバイルが移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT VI」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応する製品(以下、楽天回線対応製品)を更新して新たに5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「Xperia 10 III Lite」(ソニー製)を追加しています。

Xperia 10 III Liteは現時点では未発表の製品で、すでにNTTドコモやau、Y!mobileから販売されている「Xperia 10 III」の廉価版と見られ、楽天モバイルから楽天回線対応製品として5GやETWSなどを含めたすべてのRakuten UN-LIMIT VIのサービスに対応して発売されることになるようです。

なお、Xperia 10 IIIはSIMフリーモデル「XQ-BT42」の存在も噂されており、Xperia 10 III LiteがXQ-BT42と同一製品かどうかは不明ですが、Type Numberから考えると同一である可能性も高く、Xperia 10 III Lite XQ-BT42として楽天モバイル以外からも販売されるのではないかと思われます。

続きを読む

楽天モバイル、お買いものパンダデザインの4Gモバイルルーター「Rakuten WiFi Pocket 2B」を発売!価格は7980円でキャンペーンで実質0円以下


オリジナルモバイルルーター「Rakuten WiFi Pocket 2B」が登場!

楽天モバイルは29日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT VI」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )において新たに4G対応モバイルルーター「Rakuten WiFi Pocket 2B(読み:ラクテン ワイファイ ポケット ツービー、型番:ZR02M)」(ZTE製)を発表しています。

発売日は2021年7月29日(木)で、販路はオンライン(公式Webサイト)および全国の楽天モバイルショップ(量販店を含む)となっており、価格は7,980円(金額はすべて税込)。合わせて「Rakuten WiFi Pocket 2 本体価格1円キャンペーン」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/rakuten-wifi-pocket-2b/ )を実施します。

これにより、初めてRakuten UN-LIMIT VIを契約する申込とセットで購入すると価格が1円となる他に「【Rakuten UN-LIMIT VIお申し込み特典】だれでも5,000ポイントプレゼント」との併用で実質0円以下となります。さらにRakuten UN-LIMIT VIの基本使用料が3カ月無料になるキャンペーンにも利用できます。

なお、Rakuten WiFi Pocket 2Bは「Rakuten WiFi Pocket」に続いて楽天の公式キャラクター「お買いものパンダ」がデザインされたオリジナルの楽天回線対応製品で、楽天モバイルで販売されている製品はSIMフリーとなっており、本製品もSIMフリーで販売され、単体販売も行なわれています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。