ケーブルをつまむだけのアンテナが開発!2021年度上期に5Gのミリ波で検証を開始

NTTドコモは20日、ケーブルをプラスチック小片でつまむだけで通信エリアを構築できるアンテナを世界で初めて開発したと発表しています。また合わせてこのアンテナを用いて60GHz帯域での実証実験に成功したということです。

開発の背景には現在、5Gサービスで利用している28GHz帯(ミリ波)に加え、今後、6Gに向けて開拓を進めているさらなる高周波数帯の電波は直進性が強いため、基地局から見通せない場所や周囲を障害物で囲まれた場所の通信エリア化が課題となります。

そうしたことから今回開発したアンテナを活用することで、5G以降で利用される高周波数帯の安定した通信エリアをきめ細かく構築することが可能になり、人や機材が遮蔽物となりえる工場やオフィスでのレイアウトフリー化など、高周波数帯の電波を活用した利用シーンを拡大できるとしています。

なお、このアンテナについてはオンラインにて2021年2月4日(木)~7日(日)に開催される「docomo Open House 2021」にて公開予定となっており、同社では2021年度上期から5Gサービスで利用しているミリ波でのこのアンテナによる通信エリア構築の検証を開始し、実用化をめざします。

続きを読む