S-MAX

AQUOSsense6

シャープ、5Gスタンダードスマホ「AQUOS sense6」のメーカー版「SH-M19」を発表!11月26日より順次発売、価格は4万円台前半から


5Gスタンダードスマホ「AQUOS sense6」のメーカー版「SH-M19」が登場!

シャープは17日、同社の5Gに対応した最新スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense6」におけるオープンマーケット向けメーカー版「AQUOS sense6 SH-M19」を発表しています。内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージの異なる4GB RAM+64GBストレージと6GB RAM+128GBストレージが販売されます。

発売日は4GB RAM+64GBストレージモデルが2021年11月26日(金)より順次で、6GB RAM+128GBストレージモデルが2021年12月中旬以降となっており、それぞれ量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などにて取り扱われます。価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格は4GB RAM+64GBストレージモデルが4万円前半、6GB RAM+128GBストレージモデルが4万円台後半となるとのこと。

すでに予約注文を受け付けているヨドバシ.comやビックカメラ.comなどの量販店では4GB RAM+64GBストレージモデルが45,320円の10%(4,532ポイント)還元で実質40,788円相当、6GB RAM+128GBストレージモデルが49,830円の10%(4,983ポイント)還元で実質44,847円相当となっています。

またMVNOではNTTコミュニケーションズの「OCN モバイル ONE」とセットで販売しているNTTレゾナントが運営する「goo Simseller」では通常価格は4GB RAM+64GBストレージモデルが31,460円、6GB RAM+128GBストレージモデルが34,347円で、他社から乗り換え(MNP)なら14,300円が割り引かれます。

またgoo Simsellerでは期間限定の発売記念特価が用意され、4GB RAM+64GBストレージモデルでは発売日から12月27日(月)11:00までとなっており、発売記念特価は販売開始当日に公開予定となっています。一方、オプテージの「mineo」では4GB RAM+64GBストレージモデルのみが取り扱われ、価格は42,240円となっています。

なお、AQUOS sense6はすでにNTTドコモ版「AQUOS sense6 SH-54B」およびau版「AQUOS sense6(型番:SHG05)」、楽天モバイル版「AQUOS sense6(型番:SH-RM19)」がそれぞれ11月4日より順次販売開始されており、それぞれSIMロックのかかっていないSIMフリー製品で、メーカー版ではau版や楽天モバイル版と同様にnanoSIMカード(4FF)とeSIMのデュアルSIMに対応しています。

続きを読む

楽天モバイル、5G対応スタンダードスマホ「AQUOS sense6 SH-RM19」を発表!11月11日発売、価格は3万9800円の最大2万ポイント還元


Rakuten Mobileからも5Gスマホ「AQUOS sense6」が登場!11月11日発売

楽天モバイルは11日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT VI」に対応した新たな5G対応のスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense6(型番:SH-RM19)」(シャープ製)を発表しています。

発売日は2021年11月11日(木)で、販路は楽天モバイルショップや量販店などの楽天モバイル取扱店および同社の公式Webサイト( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )、スマホなど向けアプリ「my 楽天モバイル」、「楽天モバイル公式 楽天市場店」となっています。

価格(金額はすべて税込)は本体価格が39,800円で、分割では1,658円/月×24回(総額39,792円)または楽天カード限定の829円/月×48回(総額39,792円)となっており、楽天カードなら分割手数料0円とのこと。またRakuten UN-LIMIT VIの回線契約とセットで購入すると最大20,000ポイント還元の実質19,800円となります。

なお、AQUOS sense6はすでにNTTドコモ版「AQUOS sense6 SH-54B」およびau版「AQUOS sense6(型番:SHG05)」おがそれぞれ11月4日より順次販売開始されており、楽天モバイル版ではSIMロックのかかっていないSIMフリー製品でnanoSIMカード(4FF)とeSIMのデュアルSIMに対応し、単体販売も行われています。

続きを読む

5G対応スタンダードスマホ「AQUOS sense6」が11月4日より順次発売!価格はNTTドコモ版「SH-54B」が5万7024円、au版「SHG05」が4万470円


5G対応スタンダードスマホ「SHARP AQUOS sense6」が11月4日より順次発売!

NTTドコモは1日、今冬および来春に発売する「2021-2022冬春モデル」のうちの5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense6 SH-54B」(シャープ製)を2021年11月4日(木)より順次発売すると発表しています。販路はドコモショップや公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などのすべてのドコモ取扱店。

発売日はドコモオンラインショップ限定カラー「ブルーメタリック」は先行して11月4日に発売され、それ以外の色は11月11日(木)となっており、価格(金額はすべて税込)はドコモオンラインショップなどの直営店では57,024円で、残価設定方式「いつでもカエドキプログラム」の対象なので24ヶ月目に返却して特典を利用した場合の実質負担額は1,733円×23回 (総額39,864円)となります。早期利用特典は300円/月。

また他社から乗り換え(MNP)の場合には「5G WELCOME割」によって22,000円が割り引かれます。なお、同社ではすでに事前予約受付を実施しており、ドコモオンラインショップではブルーメタリックは11月4日10時に購入手続きが開始され、11月6日(土)より順次お届け、それ以外の色は発売日に先立って11月8日(月)10時より購入手続きが開始され、11月11日より順次お届けとなっています。

またKDDIおよび沖縄セルラー電話は1日、携帯電話サービス「au」向け5Gスタンダードスマホ「AQUOS sense6 SHG05」(シャープ製)を11月4日に発売すると発表しています。こちらもすでに事前予約受付を実施しており、販路はauショップやau Style、量販店などのau取扱店および公式Webストア「au Online Shop」などのすべてのau取扱店です。

価格はau Online Shopなどの直営店では40,470円で、同じく残価設定方式「スマホトクするプログラム」の対象なので24ヶ月目に返却して特典を利用した場合の実質負担額は1,410円×23回 (総額32,430円)となり、機種変更では「5G機種変更おトク割」で5,500円割引(au Online Shopでは5,500円相当のau PAY残高による還元)となるとのこと。

またau Online Shopでは「au Online Shopお得割」で新規契約なら11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)なら22,000円割引となります。さらにシャープでは「AQUOS sense6 購入キャンペーン」を実施し、AQUOS sense6 SH-54BまたはAQUOS sense6 SHG05を購入&応募した人の中からそれぞれ抽選で1000人に10,000円相当がプレゼントされます。

キャンペーンはAQUOS sense6 SH-54Bはdポイントで10,000ポイント付与、AQUOS sense6 SHG05はau PAY残高で10,000円相当(不課税)還元となります。またAQUOS sense6 SH-54Bではさらに購入後にd払いで500円以上支払うともれなくdポイント1,000ポイントが追加でプレゼントされ、さらに購入した人にもれなく「使いこなしガイドブック」(なくなり次第終了)をプレゼントするキャンペーンも実施されます。

続きを読む

有機ELや操作性などが大幅進化の5Gスタンダードスマホ「AQUOS sense6」を写真とともにシャープの発表会から細かい仕様をチェック【レポート】


5G対応スタンダードスマホ「SHARP AQUOS sense6」を細かく紹介!

既報通り、シャープが新しい5G対応のスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense6」を開発し、2021年11月上旬以降に各販路にて順次発売されると発表しました。現時点ではNTTドコモから「AQUOS sense6 SH-54B」とauから「AQUOS sense6 SHG05」がそれぞれ2021年11月上旬以降に発売されることが案内されています。

一方、AQUOS sense6 SH-54BとAQUOS sense6 SHG05はともに4GB内蔵メモリー(RAM)と64GB内蔵ストレージであり、シャープでは6GB RAM+128GBストレージモデルもあることが案内されているため、他からも販売されると見られます。

なお、両機種ともにすでにドコモショップやauショップ、量販店、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」などのドコモ取扱店やau取扱店にて予約受付が実施されており、価格はともに現在は明らかにされておらず、後日案内されるとのこと。

本機は5G対応かつ前機種の「AQUOS sense5G」から大画面化した6.1インチIGZO OLED(有機EL)ディスプレイを搭載しながらも軽さ156gを実現しているほか、カメラの暗所撮影性能の強化やシャープ製家電の操作機能など新機能も多数搭載しています。今回は低価格帯の人気スマホの新機能についてシャープが開催した発表会の内容からより詳しく見ていきたいと思います。

続きを読む

スタンダードモデルの新基準として汚名返上なるか!?シャープの5Gスマホ「AQUOS sense6 SH-54B」を写真と動画で紹介【レポート】


AQUOS sense6、ファーストインプレッション!

既報通り、NTTドコモが「2021-2022冬春モデル」として5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense6 SH-54B」(シャープ製)を発表しました。販路はドコモショップや公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などのドコモ取扱店すべてで、価格は未定ですが、9月28日より事前予約受付を開始しており、11月中旬以降の発売を予定しています(価格や発売日の詳細は後日案内)。

使いやすさと購入のしやすさで安定した人気を誇るシャープの「AQUOS sense」シリーズもついに6機種目。前機種では5代目である点とシリーズ初の5G対応をかけ合わせて「AQUOS sense5G」と名前が冠されましたが、今回は順当に数字のみの「6」へ回帰しました。

最新の3Dゲーム利用に耐えられるような尖った処理性能こそないものの、日常利用を想定した性能としては必要十分以上の高品質を維持してきた本シリーズですが、本機ではディスプレイ品質や生体認証技術などで大幅な改良が加えられ「全くの別物」という印象さえ受けます。

パッと見では大きな変化を感じられない筐体デザインでも実は衝撃的なほどの変化があり、従来機種を利用してきた人ほど手に取った瞬間に「え!?」と驚くこと間違いなしです。前機種のAQUOS sense5Gは同時期に開発された「AQUOS sense4」のボディーに何とか5Gを詰め込んだこともあってか故障や不具合などが多くなってしまっているようですが、新設計の本機は汚名返上できるでしょうか。

今回、NTTドコモでは10月6日にメディア向けに新商品を説明する「2021-2022冬春 新商品に関する記者説明会」をオンラインにて開催し、併せて都内にてタッチ&トライが開催され、筆者も参加して実機にAQUOS sense6 SH-54Bに触れる機会を得ましたので、写真や動画とともにその魅力をご紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。