S-MAX

Apple

Apple、タブレット向け次期プラットフォーム「iPadOS 18」を発表!iPad(第6世代)や12.9インチ(第2世代)と10.5インチのiPad Proは対象外に


アップルがタブレット向け次期プラットフォーム「iPadOS 18」を発表!

Appleは10日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニア州クパチーノにある同社本社およびオンラインにて開発者向けイベント「WWDC 2024(Worldwide Developers Conference 2024)」の基調講演を開催しました。なお、WWDC 2024は現地時間(PDT)の2024年6月10日(月)から6月14日(金)まで実施され、すべてのコンテンツをオンラインで視聴可能となっています。

同社はその中でタブレット「iPad」シリーズ向けのプラットフォーム「iPadOS」の次期バージョン「iPadOS 18」を発表し、Apple Developer Programを通じて開発者向けベータ版が同日から提供開始され、Apple Beta Software Programを通じて一般向けベータ版が7月から、正式版は今秋に提供予定であることを明らかにしました。

iPadOS 18はより多くの方法でホーム画面やコントロールセンターをカスタマイズできるほか、写真アプリにこれまでで最大の再設計が施され、メッセージでは新しい方法で自分を表現でき、Apple Pencilのために設計された計算メモに対応した「計算機」アプリが追加され、これまでの「メモ」アプリも新しい手書きツールが利用可能になり、そしてパーソナルインテリジェンスシステムである「Apple Intelligence」を導入などの多くを備えたメジャーリリースとなっています。

アップデート対象機種はiPadOS 17とは異なり、iPad(第7世代以降)およびiPad mini(第5世代以降)、iPad Air(M2)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro(M3)、12.9インチiPad Pro(第3世代以降)、11インチiPad Pro(第1世代以降)の21機種にて無料でOSバージョンアップが可能となっており、iPadOS 17の対象機種だったiPad(第6世代)と12.9インチiPad Pro(第2世代)、10.5インチiPad Proは対象外となっています。

なお、Apple IntelligenceはiPhone 15 ProおよびiPhone 15 Pro Max、M1以降を搭載したiPadとMacでSiriと製品の言語を英語(米国)に設定している場合に今秋よりベータ版として利用できるようになるとしています。

続きを読む

Apple、スマホ向け次期プラットフォーム「iOS 18」を発表!iPhone XS以降が対象で正式版が今秋登場。Apple IntelligenceやChatGPTを導入


アップルがスマホなど向け次期プラットフォーム「iOS 18」を発表!

Appleは10日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニア州クパチーノにある同社本社およびオンラインにて開発者向けイベント「WWDC 2024(Worldwide Developers Conference 2024)」の基調講演を開催しました。なお、WWDC 2024は現地時間(PDT)の2024年6月10日(月)から6月14日(金)まで実施され、すべてのコンテンツをオンラインで視聴可能となっています。

同社はその中でスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズ向けのプラットフォーム「iOS」の次期バージョン「iOS 18」を発表し、Apple Developer Programを通じて開発者向けベータ版が同日から提供開始され、Apple Beta Software Programを通じて一般向けベータ版が7月から、正式版は今秋に提供予定であることを明らかにしました。

iOS 18はまったく新しいカスタマイズオプションや写真のかつてないほどの大幅な再設計、メールの受信ボックスの新しい管理方法、衛星通信経由のメッセージ、つながりを保つためのパワフルなアップデート、そしてパーソナルインテリジェンスシステムである「Apple Intelligence」を導入などの多くを備えたメジャーリリースとなっています。

アップデート対象機種はiOS 17と同様で、iPhone XSシリーズやiPhone XR以降やiPhone SE(第2世代)以降の合計24機種にて無料でOSバージョンアップが可能となっています。iPhone 8やiPhone 8 Plus、iPhone Xは対象外となりました。なお、Apple IntelligenceはiPhone 15 ProおよびiPhone 15 Pro Max、M1以降を搭載したiPadとMacでSiriと製品の言語を英語(米国)に設定している場合に今秋よりベータ版として利用できるようになるとしています。

続きを読む

複合現実に対応したゴーグル型ディスプレイ「Apple Vision Pro」が日本などで6月28日に発売!6月14日10時に予約開始、価格は59万9800円から


Apple Vision Proが日本や中国本土、香港、シンガポール、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、イギリスでも発売!

Appleは10日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニア州クパチーノにある同社本社およびオンラインにて開発者向けイベント「WWDC 2024(Worldwide Developers Conference 2024)」の基調講演を開催しました。なお、WWDC 2024は現地時間(PDT)の2024年6月10日(月)から6月14日(金)まで実施され、すべてのコンテンツをオンラインで視聴可能となっています。

同社はその中で現実の物理空間と仮想空間を融合させたMR(複合現実)技術に対応したゴーグル型ヘッドマウンドディスプレイ(HMD)「Apple Vision Pro」を新たに日本や中国本土、香港、シンガポール、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、イギリスにて販売すると発表しました。発売日は日本や中国本土、香港、シンガポールでは日本時間(JST)の2024年6月28日(金)、オーストラリアやカナダ、フランス、ドイツ、イギリスでは日本時間の2024年7月12日(金)とのこと。

発売に先立って日本や中国本土、香港、シンガポールでは日本時間の6月14日(金)10時から、オーストラリアやカナダ、フランス、ドイツ、イギリスでは日本時間の6月28日(金)21時から予約注文を開始します。販売されるモデルは各国・地域ともに内蔵ストレージが256GBおよび512GB、1TBがラインナップされており、価格は日本では599,800円(金額はすべて税込)からとなるとのこと。

また有償の補償サービス「AppleCare+ for Apple Vision Pro」は89,800円。なお、Apple Vision Proにはソロニットバンドおよびデュアルループバンド、2つのライトシーリングクッションが付いたパーソナライズされたライトシーリング、Apple Vision Proカバー、ポリッシングクロス、バッテリー、USB-C充電ケーブル、USB-C電源アダプタが付属しています。

さらに視力矯正が必要な人のために光学機器メーカーのZEISSと連携してApple Vision Proにマグネットで装着する「ZEISS Optical Inserts」を開発し、ディスプレイの驚異的なシャープさと鮮明さを最大限に活用できるようになるとのことで、価格はZEISS Optical InsertsのReaders版が16,800円、Prescription版が24,800円となるとしています。

加えて、Apple Vision Proトラベルケースが34,800円で販売されるということです。なお、Apple Vision Proを注文する際に「Face ID」とiPhoneまたはiPadを使ってスマートフォン(スマホ)など向けアプリ「Apple Store」の最新バージョンで顔のスキャンを行いま、このスキャンによって自分に正確にフィットする最適なライトシーリングとヘッドバンドのサイズを見つけられるようになっています。

その他、Apple Vision Proのこれらの国・地域での発売時にはOSにvisionOS 1.2」をプリインストールし、これらの国・地域の言語に対応しており、さらに今年の秋には次期バージョン「visionOS 2」の正式版が無料でソフトウェアアップデートとしてすべてのApple Vision Proに提供される予定となっています。

続きを読む

Apple、マイナンバーカード機能のiPhoneへの搭載を来春より提供!岸田首相とティム・クック氏がテレビ会談で確認。アメリカ以外では初


スマホ用電子証明書搭載サービスのiOS対応は来春に!

Appleは30日、同社のスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズにおいて日本のデジタル庁と協力して「マイナンバーカード」の機能を搭載する「スマホ用電子証明書搭載サービス」を2024年春の後半から利用できるよう準備を進めていると発表しています。またデジタル庁は31日、日本の内閣総理大臣(以下、首相)を務める岸田 文雄氏とAppleのCEOを務めるTim Cook(ティム・クック)氏がテレビ会談を行い、同機能のiPhoneへの搭載についての取り組みを進めるという確認が行われたとお知らせしています。

これにより、マイナンバーカードを所持している人はiPhoneのAppleウォレットにシームレスに追加し、追加後は「ウォレット」アプリを開いて自分のマイナンバーカードを選択し、iPhoneのサイドボタンをダブルクリックしてFace IDまたはTouch IDで認証して読み取り機にiPhoneをかざすだけで対面で身分証明書を提示でき、物理的なマイナンバーカードと同じようにコンビニエンスストアで公的な証明書などを発行したりできます。

また行政手続のオンライン窓口「マイナポータル」にiPhoneからマイナンバーカードを読み取ることなくアクセスしてサービスを受けるなど、常にiPhoneの高いセキュリティーによって安全に利用可能となります。なお、すでにスマホ用電子証明書搭載サービスはAndroidにて2023年5月より提供されているほか、Appleウォレットの身分証明書機能をアメリカ以外で展開するのは日本が初となるということです。

またデジタル庁ではマイナンバーカードの券面記載事項についてもスマホに搭載できるよう法改正案を提出しており、法案の成立を前提としてマイナンバーカードと同様にさまざまなシーンの本人確認や年齢確認、住所確認に使えるようになる予定だとし、さらに必要な制度的・システム的手当を前提として本人が持っている資格や証明書をスマホの画面に表示できるようになるとしています。

続きを読む

Apple、スマートウォッチ「Apple Watch」にて「心房細動履歴」機能を日本でも提供開始!Apple Watch Series 4以降のwatchOS 10で利用可能


日本でもスマートウォッチ「Apple Watch」の「心房細動履歴」機能が利用可能に!

Appleは22日、同社が展開しているスマートウォッチ「Apple Watch」において日本でも「心房細動(AFib)」を記録できる「心房細動履歴」機能が利用できるようになったと発表しています。利用するにはiOS 17.0以降のiPhoneとペアリングしたwatchOS 10.0以降のApple Watchにて房細動履歴機能を有効にします。対応機種はApple Watch Series 4以降とのこと。

これにより、心房細動の兆候を示した時間の推定値などの重要な情報にアクセスでき、週ごとに通知を受け取って心房細動に関連する可能性がある生活習慣要因の詳細な履歴をヘルスケアアプリで確認することが可能となり、さらにかかりつけの医療機関とのより詳しい情報に基づいた会話のために心房細動と生活習慣要因の履歴が記載されたPDFをダウンロードできるようになります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。