リバースチャージもOK!デカくてタフでバッテリーお化けなスマホが国内初登場

中国・深圳を拠点として「Blackview」ブランドのスマートフォン(スマホ)やタブレットなどを開発・販売しているメーカーであるDoke Electronicsが新たなミッドレンジクラスの4G対応タフネススマホ「Blackview OSCAL S80」を発表しました。

Blackview OSCAL S80はスペックこそミドルレンジクラスホとなっているものの、大きな特徴としてIP68相当の防水・防塵に加え、IP69K(四方から高圧洗浄機の水流を浴びせても平気)というさらに高い耐久性を備え、さらに13000mAhという非常に大容量のバッテリーとそれを活かした外部機器へのリバースチャージ機能を搭載しているなかなか強烈な個性を持った製品となっています。

すでに公式Webサイト内( https://jp.blackview.hk/ )や総合Webストア「AliExpress.com」内にある公式ショップにて販売しているほか、同社の日本法人であるBlackview Japanが3月中旬以降より総合Webストア「Amazon.co.jp」でも販売開始する予定だとのこと。

価格(金額はすべて税込)は公式Webサイト内では34,188円が発売記念特価で28,933円となっており、またAliExpress.com内でも2023年2月17日(金)までの期間限定で41,443円が発売記念特価で40%OFFの24,866円で販売されています。

今回、Amazon.co.jpでの販売開始に先立ち、Blackview JapanからBlackview OSCAL S80を提供いただいたので実際に試してみて外観や基本機能や性能、特徴、使ってみて気が付いた点などを写真を交えて紹介したいと思います。

なお、今回試用したBlackview OSCAL S80は評価用のサンプル機のため、一部のアプリや仕様などが実際の製品と変わっている可能性があることを予めご了承ください。

続きを読む