S-MAX

FCNT

NTTドコモの5G対応エントリースマホ「arrows We F-51B」を写真と動画で紹介!シンプルやジュニアなどの幅広い世代が安心して使える【レポート】


エントリーモデルの5Gスマホ「arrows We F-51B」をチェック!

NTTドコモは5日、FCNT(旧:富士通コネクテッドテクノロジーズ)製の5G対応エントリースマートフォン(スマホ)「arrows We F-51B(アローズ ウィー エフゴイチビー)」を2021年12月上旬以降に発売すると発表した。

また同社は6日、オンラインにて「2021-2022冬春 新商品に関する記者説明会」を開催し、arrows We F-51Bを含む8機種のスマホと1機種のノートパソコン(PC)を「2021-2022冬春モデル」としてラインナップすることを発表した。

すでに発売に先立ってドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」では事前予約を開始している。本体価格は2万円程度を見込んでいるということで低価格帯ではあるものの、現時点での詳細な販売価格は未定となっている。

今回はこの記者説明会の後に開催されたメディア向けタッチ&トライ会場でarrows We F-51Bの実機を試すことができたので、写真や動画を交えながらレポートする。なお、FCNTの「arrows We」はNTTドコモの他にもau向け「arrows We FCG01」およびSoftBank向け「arrows We」も販売される予定だ。

続きを読む

コロナ禍だからこそ検討したい!エントリー向け4G対応スタンダードスマホ「arrows Be4 Plus F-41B」の魅力を写真と動画で紹介【レポート】


arrows Be4 Plus F-41Bを改めて紹介!

2021年夏モデル(春夏モデル)として発売されたスマートフォン(スマホ)は、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの大手移動体通信事業者(MNO)だけでも約30機種にのぼりますが、その中でも比較的安定した販売数を維持しているのが富士通コネクテッドテクノロジーズ(FCNT)製の「arrows Be4 Plus F-41B」(F-41B)です。

BCN+Rが毎週公開しているランキングによれば、発売から2ヶ月が経つ7月19日~7月25日の週でも24位となっており、コストパフォーマンスで激戦を繰り広げる低価格帯スマホの中でも健闘しています。

F-41Bが支持される理由とは一体何でしょうか。5月に行われたNTTドコモの「2021夏 新サービス・新商品発表会」の写真とともに、その魅力などを振り返りつつご紹介します。

続きを読む

富士通コネクテッドテクノロジーズが社名を4月1日より「FCNT」に変更!既存のらくらくスマートフォンやarrowsに加え、次世代機も開発へ


富士通コネクテッドテクノロジーズが社名を「FCNT」に変更!

富士通コネクテッドテクノロジーズは1日、社名を「FCNT株式会社」(以下、FCNT)に2021年4月1日(木)より変更したと発表しています。社名を新たにスタートし、ミッションとして「Creating New “Connects”」を掲げてこれまで以上に魅力的な製品を開発していくとのこと。

同社ではこれまで「らくらくスマートフォン」や「arrows」シリーズなどの製品を提供してきましたが、今後はこれらに加えて5G IoT時代に向けた次世代製品の開発やソリューション、新たなサービスビジネスへの展開を加速させ、人々の常識を超える発想と先進テクノロジーで、人・物・コトをもっと快適につなぎ、新たな価値を創造していくとしています。

またFCNTが有する通信事業者との長年の信頼関係、製品提供で培ってきたブランド力および幅広い技術力、シニア向けのサービスで築いてきた利用者とのつながりを最大限に活かした事業展開を今後とも継続すべく一層の努力をする所存だとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。