S-MAX

GalaxyZFold5

Galaxy S23・S23 Ultra・Z Fold5・Z Flip5・Tab S9・Tab S9+・Tab S9 Ultraの日本向け製品にもGalaxy AIやOne UI 6.1が提供開始


Galaxyの既存の日本向け製品にもGalaxy AIなどが4月18日より順次提供!

サムスン電子ジャパンは18日、同社が展開する「Galaxy」ブランドにおける最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S24」および「Galaxy S24 Ultra」(ともにSamsung Electronics製)にて導入された新機能「Galaxy AI」を含む独自ユーザーインターフェース「OneUI 6.1」を既存の日本国内向け製品に対しても2024年4月18日(木)より順次提供開始するとお知らせしています。

まずは同日より「Galaxy S23」および「Galaxy S23 Ultra」、「Galaxy S23 FE」、「Galaxy Z Fold5」、「Galaxy Z Flip5」、「Galaxy Tab S9」、「Galaxy Tab S9+」、「Galaxy Tab S9 Ultra」の日本向け製品に対してオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)だけでなくNTTドコモや楽天モバイル、KDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」から販売されている製品にもソフトウェア更新が提供開始されています。

これにより、翻訳・要約・検索・画像編集などをAIの力で劇的にラクにできる最先端AI技術であるGalaxy AIに対応するほか、新しいOne UI 6.1の機能によって写真や動画を表示・管理・編集できるアプリ「ギャラリー」の検索が改善されたり、ロック画面に設定できるウィジェットが増えたり、ビデオコールのエフェクトとマイクモードの利用がより簡単になるなどのより便利に使えるようになっているということで、詳細は同社の公式Webページ『One UI 6.1でアップグレードされた新機能について』をご確認ください。

なお、同社ではさらに「Galaxy S22」および「Galaxy S22 Ultra」、「Galaxy Z Fold4」、「Galaxy Z Flip4」、「Galaxy Tab S8+」、「Galaxy Tab S8 Ultra」の日本向け製品についても同様に2024年5月下旬以降にGalaxy AIを含むOne UI 6.1へ対応するためのソフトウェア更新を順次提供予定だとしています(これらの機種は海外では2024年5月上旬より順次提供予定)。

続きを読む

KDDI、au向けGalaxy S23・S23 Ultra・Z Fold5・Z Flip5にAndroid 14へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


au向けGalaxy S23やGalaxy S23 Ultra、Galaxy Z Flip5、Galaxy Z Fold5がAndroid 14に!

KDDIは11日、携帯電話サービス「au」にて同社が販売する「Galaxy」ブランドにおけるフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S23 SCG19」および「Galaxy S23 Ultra SCG20」やフォルダブススマホ「Galaxy Z Fold5 SCG22」および「Galaxy Z Flip5 SCG23」(ともにSamsung Electronics製)に対して最新プラットフォーム「Android 14」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2023年12月12日(火)10時より順次提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電回線(4G/5G)によるネットワーク経由(OTA)での方法のほか、パソコン(PC)と接続して行う方法が用意されており、更新後のビルド番号はGalaxy S23 SCG19が「UP1A.231005.007.SCG19KDU1BWK2」、Galaxy S23 Ultra SCG20が「UP1A.231005.007.SCG20KDU1BWK2」、Galaxy Z Fold5 SCG22が「UP1A.231005.007.SCG22KDU1BWK9」、Galaxy Z Flip5 SCG23が「UP1A.231005.007.SCG23KDU1BWK9」。

ビルド番号の確認方法は「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア情報」→「ビルド番号」から確認可能。更新時間および更新ファイルサイズは本体のみではGalaxy S23 SCG19が約15分および約約3.0GB、Galaxy S23 Ultra SCG20が約15分および約2.9GB、Galaxy Z Fold5 SCG22が約15分および約2.7GB、Galaxy Z Flip5 SCG23が約20分および約2.8GB、パソコンと接続する方法ではGalaxy S23 SCG19が約65分および約7.9GB、Galaxy S23 Ultra SCG20が約65分および約8.0GB、Galaxy Z Fold5 SCG22が約60分および約7.9GB、Galaxy Z Flip5 SCG23が約60分および約7.6GB。

主な更新内容はauでは以下のように案内されており、Android 14へのOSバージョンアップとともに独自ユーザーインターフェース「One UI 6」にもバージョンアップされ、これらについてはメーカーの公式Webページ『One UI 6の新機能 | Samsung Japan 公式 JP』をご参照ください。なお、更新後のAndroidセキュリティパッチレベルは「2023年11月」となるということです。

<アップデート内容>
◯Android 14による機能・操作性の向上
・Android 14共通の特長について、詳細は下記よりご確認ください。
 OSアップデートとは?
 ※機種によっては一部機能に対応しない場合やメーカー独自の変更が加えられる場合があります。
◯Android 14以外の機能向上や操作性改善
・詳細は下記ページをご確認ください。
 One UI 6の新機能
 One UIとは


続きを読む

NTTドコモ、Galaxy S23・S23 Ultra・Z Flip5、Z Fold5にAndroid 14へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


docomo向けGalaxy S23やGalaxy S23 Ultra、Galaxy Z Flip5、Galaxy Z Fold5がAndroid 14に!

NTTドコモは5日、同社が販売する「Galaxy」ブランドにおけるフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S23 SC-51D」および「Galaxy S23 Ultra SC-52D」やフォルダブススマホ「Galaxy Z Flip5 SC-54D」および「Galaxy Z Fold5 SC-55D」(ともにSamsung Electronics製)に対して最新プラットフォーム「Android 14」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2023年12月5日(火)10時より提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)での方法のほか、パソコン(PC)と接続して行う方法が用意されており、更新後のビルド番号はGalaxy S23 SC-51Dが「UP1A.231005.007.SC51DOMU1BWK5」、Galaxy S23 Ultra SC-52Dが「UP1A.231005.007.SC52DOMU1BWK5」、Galaxy Z Flip5 SC-54Dが「UP1A.231005.007.SC54DOMU1BWKA」、Galaxy Z Fold5 SC-55Dが「UP1A.231005.007.SC55DOMU1BWKA」。

更新時間は本体のみではGalaxy S23 SC-51Dが約45分、Galaxy S23 Ultra SC-52Dが約43分、Galaxy Z Flip5 SC-54Dが約41分、Galaxy Z Fold5 SC-55Dが約43分、パソコンと接続する方法ではGalaxy S23 SC-51Dが約96分、Galaxy S23 Ultra SC-52Dが約96分、Galaxy Z Flip5 SC-54Dが約92分、Galaxy Z Fold5 SC-55Dが約95分。

主な更新内容はNTTドコモでは以下のように案内されており、Android 14へのOSバージョンアップとともに独自ユーザーインターフェース「One UI 6」にもバージョンアップされ、これらについてはメーカーの公式Webページ『One UI 6の新機能 | Samsung Japan 公式 JP』をご参照ください。なお、更新ファイルサイズは明らかにされていませんが、手元のGalaxy S23 Ultra SC-52Dでは3218.72MBとなっています。

<主なアップデート内容>
◯Android 14に対応
 詳細は下記ページをご確認ください
 https://www.docomo.ne.jp/support/android_os_update/android_14.html

◯Android 14以外の機能向上や操作性改善
 詳細は下記ページをご確認ください。
 https://www.samsung.com/jp/one-ui/features/

◯改善される事象
・より快適にご利用いただけるよう品質を改善いたします。
・セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2023年11月になります。)


続きを読む

サムスン電子ジャパン、最新フォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold5」と「Galaxy Z Flip5」のオープン市場向けメーカー版を発表!12月7日発売


最新フォルダブルスマホ「Galaxy Z Fol5」と「Galaxy Z Flip5」の日本向けSIMフリーモデルが搭乗!

サムスン電子ジャパンは28日、同社が展開する「Galaxy」ブランドにおける最新フォルダブルスマートフォン(スマホ)「Galaxy Z Fold5」および「Galaxy Z Flip5」(ともにSamsung Electronics製)の日本におけるオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)を発表しています。

メーカー版は「Galaxy Z Fold5(型番:SM-F946Q)」の1TBモデルと「Galaxy Z Flip5(型番:SM-F731Q)」の512GBモデルで、両製品ともに日本市場向けハードウェアが採用されており、おサイフケータイ(FeliCa)に対応しているほか、本体色が限定カラー「グレー」となっており、新たに最新プラットフォーム「[Andoroid 14」がプリインストールされており、さらにカスタマイズして使え、利用者をより保護したり補助する機能を強化することができます。

発売日は両製品ともに2023年12月7日(木)となっており、発売に先立って11月28日(火)より予約受付が行われています。販路は同社が運営する公式Webストア「Samsungオンラインショップ」のみで、価格(金額はすべて税込)はGalaxy Z Fold5 SM-F946Qが298,200円、Galaxy Z Flip5 SM-F731Qが179,900円となっています。

また発売を記念してキャンペーンが実施され、両製品を2024年1月4日(木)23:59までに購入した場合にはSamsungオンラインショップで次回以降の買い物に使えるクーポン(Galaxy Z Fold5 SM-F946Qは16,000円分、Galaxy Z Flip5 SM-F731Qは11,000円分)がプレゼントされます。クーポンの受取期間は2024年1月9日(火)23:59まで、有効期間は2024年2月29日(木)23:59まで。

その他、Galaxy Z Fold5 SM-F946QとGalaxy Z Flip5 SM-F731QはGalaxyにおける世界最大級のショーケース・旗艦店「Galaxy Harajuku」(東京・渋谷)やなんばマルイ1Fにて期間限定で開催されている「Galaxy Studio Osaka」(大阪・難波)にて12月初旬より順次展示する予定だということです。

続きを読む

最新フォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold5」のオープン市場向けメーカー版が日本でも発売へ!未発表型番「SM-F946Q」が技適通過


最新フォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold5」のオープン市場向けメーカー版と見られる「SM-F946Q」が技適取得!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにSamsung Electronics(以下、Samsung)が「SM-F946Q」(認証番号:005-103359)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2023年9月15日(金)付けでテュフ・ラインランド・ジャパンを通じて取得しています。

SM-F946Qは未発表製品ながら型番規則から最新フォルダブルスマートフォン(スマホ)「Galaxy Z Fold5」のメーカー型番「SM-F946*(*は任意の英字など)」に相当し、過去に末尾「Q」はプレミアムスマホ「Galxy S23 Ultra」が日本のオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリー」製品)として「Galaxy S23 Ultra(型番:SM-S918Q)」などが販売されているため、このSM-F946Qもオープン市場向けメーカー版「Galaxy Z Fold5(型番:SM-F946Q)」として発売される可能性が高そうです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。