S-MAX

Google

開発者向けイベント「Google I/O 2021」がオンラインで5月18〜20日に開催!事前登録を受付開始し、無料で参加可能。恒例のパズルも公開


Google I/Oが復活!Google I/O 2021はオンラインで5月18〜20日に開催

Googleは7日(現地時間)、開発者向けイベント「Google I/O」( https://events.google.com/io/ )を今年はオンラインで「Google I/O 2021」が2021年5月18日(火)から5月20日(木)までの3日間に渡って開催するとお知らせしています。昨年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によって開催が中止されましたが、復活しました。

なお、オンラインであるため、誰でも無料で参加可能で、事前登録受付を開始しており、ワークショップやAsk Me Anythingセッション(AMA)、パーソナライズされたコンテンツ、セッション中のライブQ&A、I/Oアドベンチャーでのチャットなどが実施されます。

すべてのスケジュールは4月下旬までに案内される予定で、同社ではGoogle I/O 2021が開催されるまでは「Google I/O 2021 puzzle」に挑戦しているよう案内しています。恐らくAndroidの次期メジャーバージョン「Android 12」の詳細な説明や各Googleサービスの近況や新機能が発表されるものと見られます。

続きを読む

AndroidのGmailやLINEなどの多くのアプリが起動できない問題が解消!Googleが「AndroidシステムのWebView」と「Chrome」の修正版を提供


AndroidのWebViewに不具合で多くのアプリがクラッシュする問題が発生!すでに改善済み

Googleは23日(現地時間)、Android向けアプリ「Android System WebView(AndroidシステムのWebView)」の不具合によってこの機能を組み込んでいる他のアプリがクラッシュする事象が起きていると案内しています。実際にGmailやLINEなどの多数のアプリが影響を受けていたとのこと。

同社では日本時間(JST)の同日15時頃に不具合を解消したAndroidシステムのWebViewの最新バージョンを提供開始し、合わせて
Webブラウザーアプリ「Chrome」とともに最新版に更新することで各アプリがクラッシュする事象も解消されるということです。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:理想と現実。Googleの「STADIA」が直面した課題と戦略転換からクラウドゲーミング技術の未来を考察する【コラム】


クラウドゲーミングの未来について考えてみた!

Googleは2月1日、クラウドゲーミングプラットフォーム「STADIA」専用のゲーム開発スタジオ「Stadia Games & Entertainment」(SG&E)の解散(閉鎖)を発表しました。日本ではまだサービスすら開始されていないSTADIAですが、このニュースは「始まる前に終わってしまった」と、日本のゲーマーから大きく落胆される結果となりました。

ゲーマーコミュニティを中心としたネット界隈では「クラウドゲーミングはやっぱり上手く行かないんだ」、「Googleでもダメならどこがやってもダメだろう」などといった悲観論が大勢を占めていたように思われますが、果たして本当にクラウドゲーミングの未来は暗いのでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はSTADIAの課題や可能性から、クラウドゲーミングの未来について考察します。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期プラットフォーム「Android 12」の開発者向けプレビュー版第2弾を公開!背景ぼかしダイアログなどが導入


Googleがスマホなど向け次期OS「Android 11」の開発者向けプレビュー版第2弾をリリース!

Googleは17日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 11」における開発者向けプレビュー版の第2弾「Android 12 Developer Preview 2」(以下、DP2)を公開したとお知らせしています。

提供されているのは今年2月に公開された「Android 12 Developer Preview 1」(以下、DP1)と同様にAndroidエミュレーターのほか、Pixel 3、Pixel 3 XL、Pixel 3a、Pixel 3a XL、Pixel 4、Pixel 4 XL、Pixel 4a、Pixel 4a (5G)、Pixel 5でテストするためのファクトリーイメージやSDKが含まれています。

ファクトリーイメージ( https://developer.android.com/preview/download )から手動で導入するようになっているほか、すでにDP1またはその後に提供開始されていた不具合修正版の「Android 12 Developer Preview 1.1」を導入している場合はネットワーク経由のソフトウェア更新(OTA)も提供されます。

DP2ではPixelシリーズにおけるビルド番号が「SPP2.210219.008」で、すでにAndroidセキュリティーパッチレベルは「March 2021」、Google Play servicesは「21.06.13」となってろい、エミュレーターでは64bitのx86およびARM v8-Aがサポートされ、APIレベルは「S(DP2)」となっています。

なお、ネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)は現時点では用意されておらず、今後提供が開始される予定の一般向けベータ版「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )によって提供され、ベータ版はPixelシリーズ以外にも従来通りに他メーカーの一部製品にも順次提供される見込み。

続きを読む

Googleスマホ「Pixel 5」と「Pixel 4a (5G)」のデュアルSIM利用時に5Gが利用可能に!2021年3月分のソフトウェア更新で対応【レポート】


Googleスマホ「Pixel 5」と「Pixel 4a (5G)」がDSDVでも5Gを可能に!

既報通り、Googleは1日(現地時間)、同社のスマートフォン(スマホ)「Pixel」シリーズに提供する新機能「Pixel feature drops」の第5弾および2021年3月分のAndroidセキュリティーパッチレベルを含むソフトウェア更新を提供開始しています。Pixel 3シリーズ以降が対象で、日本向け製品では各機種ともにビルド番号は「RQ2A.210305.006」となります。

一方、日本でも昨年10月に発売されたGoogle初の5G対応スマホ「Pixel 5」および「Pixel 4a (5G)」ではnanoSIMカード(4FF)の物理SIMとeSIMを同時に利用するデュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)時に5Gが使えない(4Gおよび3Gのみに制限される)問題がありましたが、今回の2021年3月分のソフトウェア更新によって解消していることが確認できました。

この問題はすでに紹介していたように2月18日(現地時間)より提供されているAndroidの次期バージョン「Android 12」の開発者向けプレビュー版「Android 12 Developer Preview 1(以下、Android 12 DP1)」でも先行してこのDSDV利用時に5Gが使えるようになっていました。

このときにもAndroid 12で正式対応するのか、その前の毎月のソフトウェア更新などで対応するのか不明としてましたが、Android 12の正式版を待たずに今回、手持ちのPixel 5にて物理SIMに5G通信オプションを付けた「mineo」( https://mineo.jp )のAプラン、eSIMに楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT V」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )をそれぞれ設定してみたところ、実際にauの5Gエリアにて物理SIM側で5G通信が可能となっていました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。