S-MAX

Google

Google、スマホなど向け次期プラットフォーム「Android 15」を発表!開発者向けプレビュー版を公開。Pixel 6以降やPixel Tabletなどで導入可能


Googleがスマホなど向け次期OS「Android 15」の開発者向けプレビュー版をリリース!

Googleは16日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 15」(開発コード名:VanillaIceCream)を発表しています。合わせて開発者向けプレビュー版「Android 15 Developer Preview 1」( https://developer.android.com/about/versions/15 )を公開しています。

今回提供されたAndroid 15 Developer Preview 1はAndroidエミュレーターのほか、同社が「Made by Google」として自社ブランドで展開する「Pixel」シリーズの「Pixel 6」以降のスマホや「Pixel Tablet」でテストするためのファクトリーイメージやSDKが含まれており、まずはこれらのPixelシリーズではファクトリーイメージからパソコン(PC)と接続して「Android Flash Tool」を使って導入するようになっています。

なお、ネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)は現時点では用意されておらず、今後提供が開始される予定の一般向けベータ版「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )によって提供され、ベータ版はPixelシリーズ以外にも従来通りに他メーカーの一部製品にも順次提供される見込みです。

Android 15 Developer Preview 1のビルド番号は「AP31.240119.016」で、Androidセキュリティーパッチレベルは「February 2024」となっており、Google Play servicesは「24.02.15」となります。またエミュレーターではx86(64bit)とARM(v8-A)がサポートされ、APIレベルは「V DP1」となっているということです。

続きを読む

ワイモバイルにてGoogleスマホ「Pixel 7a」が2月22日より販売!2月19日予約開始。価格は5万5440円で最大2万3120円割引


Y!mobileにてGoogleスマホ「Pixel 7a」が2月22日に発売!

ソフトバンクは19日、携帯電話サービス「Y!mobile」の新商品として5G対応スマートフォン(スマホ)「Pixel 7a」(Google製)を2024年2月22日(木)に発売すると発表しています。販売されるモデルはすでに携帯電話サービス「SoftBank」などで取り扱われている製品と同様に日本向けモデル(型番:G82U8)となっており、おサイフケータイ(FeliCa)に対応しています。

発売に先立ってすでに2月19日(月)10時より事前予約受付を実施しており、販路はワイモバイルショップや量販店などのY!mobile取扱店および公式Webストア「ワイモバイルオンラインストア」などで、価格(金額はすべて税込)はワイモバイルオンラインストアなどの直営店では55,440円(分割払いでは1,540円/月×36回または2,310円/月×24回)となっています。

またワイモバイルオンラインストアでは他社から乗り換え(MNP)や新規契約では最大23,120円割引、機種変更では6,200円割引などの割引施策が実施されています。なお、Y!mobileでは本体色がSeaおよびSnow、Charcoalの3色のみで、Coralは販売されず、Y!mobileにてGoogleが「Made by Google」として展開している「Pixel」ブランドの製品を取り扱うのは今回が初めてだということです。

続きを読む

Googleの生成AIは「Bard」から「Gemini」へ!Androidアプリがリリースされ、iPhoneなどでもGoogleアプリから利用可能。来週より日本語も


Googleの生成AIは「Bard」から「Gemini」へ!モバイルアプリなども提供開始

Googleは8日(現地時間)、同社が開発・提供してきた生成AIサービス「Bard」を新たに「Gemini」( https://gemini.google.com/ )として展開していくと発表しています。引き続き、GeminiのPro 1.0モデルは40以上の言語で230以上の国・地域にて無料で利用できるほか、新たにより高性能なUltra 1.0モデルに対応したGemini Advanced(現時点では英語版のみ)を提供し、さらにAndroid向け「Gemini アプリ」をリリースを含むモバイルアプリも提供開始しているということです。

Gemini Advancedは同日より日本を含む150以上の国・地域で英語版を利用でき、利用可能言語は今後順次拡大する予定となっており、料金はクラウドストレージサービス「Google One」新しいプラン「AI Premium Plan(以下、AIプレミアムプラン)」として月額19.99ドル(日本では税込2,900円/月)で提供され、初めて使えう場合には2カ月の無料トライアルも用意されており、Google Oneの既存の2TBプランと同等のすべての特典が含まれるとのこと。

またAIプレミアムプランでは間もなくGmailやGoogle ドキュメント、Google スライド、Google スプレッドシートなどで「Gemini for Workspace(旧:Duet AI)」を使えるようになるということです。なお、Gemini Advanced の公開に先立って同社では広範な信頼性と安全性のチェックを実施しており、これには外部のレッドチームへの参加も含まれるとしています。

一方、モバイルアプリについてはAndroid向けGeminiアプリが同日より配信開始されているほか、iPhoneなどのiOS向け「Google アプリ」(英語版のみ)でもGeminiやGemini Advancedを同日より今後数週間以内に順次利用可能になるとし、また来週より日本を含むさまざまな国・地域では英語版に加えて日本語版と韓国語版のAndroid向けGeminiアプリとGeminiに対応したiOS向けGoogle アプリの提供が開始されるということです。

続きを読む

KDDI、au向け最新Googleスマホ「Pixel 8」の128GBを9万3600円に値下げ!返却で7万1553円免除や最大2万2000円割引で実質47円から


auにてGoogleスマホ「Pixel 8」の128GBが値下げ!実質負担額47円からに

KDDIおよび沖縄セルラー電話は7日、携帯電話サービス「au」にて販売している5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Pixel 8」(Google製)の旗艦店「au Style SHINJUKU」や公式Webストア「au Online Shop」などの直営店における価格(金額はすべて税込)を改定したとお知らせしています。

これにより、Pixel 8はauでは発売日から128GBが117,900円(1,850円/月×23回+75,350円)、256GBが127,900円(2,200円/月×23回+77,300円)となっていましたが、改定後は93,600円(971円+958円/月×22回+71,553円)、256GBが127,900円(2,500円/月×23回+70,400円)となっており、128GBについては値下げされています。

またスマホトクするプログラムの対象となっているほか、キャンペーン「5G機種変更おトク割」で機種変更なら5,500円割引、「au Online Shop お得割」で新規契約なら11,000円割引(22歳以下なら22,000円割引)、他社から乗り換え(MNP)なら22,000円割引が実施されます。なお、5G機種変更おトク割は直近の購入機種を12カ月目以上利用などが条件となっているのでご注意ください。

続きを読む

Googleがアップデートサポート期限が切れた「Pixel 5」と「Pixel 4a (5G)」にソフトウェア更新を提供開始!セキュリティー修正と動作安定性向上


Googleスマホ「Pixel 5」と「Pixel 4a (5G)」に2023年11月以来のソフトウェア更新が提供開始!

既報通り、Googleは5日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」における月次セキュリティーパッチの2024年2月分を告示し、合わせて同社が開発・販売する「Pixel」ブランドにおいて2024年2月分のソフトウェア更新を同日より提供開始したとお知らせしています。

ソフトウェア更新はネットワーク経由によるアップデート(OTA)が配信開始されているほか、ファクトリーイメージも公開されており、対象となるスマホ「Pixel Tablet」および「Pixel Fold」、「Pixel 8」、「Pixel 8 Pro」、「Pixel 7a」、「Pixel 7」、「Pixel 7 Pro」、「Pixel 6a」、「Pixel 6」、「Pixel 6 Pro」、「Pixel 5a (5G)」、スマートウォッチ「Pixel Watch 2」および「Pixel Watch」となっています。

一方、すでに紹介しているようにさらに古い「Pixel 5」および「Pixel 4a (5G)」についてはセキュリティー更新のサポート期限がそれぞれ2023年10月および2023年11月までであるため、これまでソフトウェア更新が2023年11月分を最後に提供されていませんでしたが、今回、2023年2月分についてはPixel 5およびPixel 4a (5G)についても配信されています。

Pixel 5およびPixel 4a (5G)の更新後のビルド番号は両機種ともに「UP1A.231105.001.B2」で、更新内容は詳細な内容は不明ですが、Pixel 5およびPixel 4a (5G)を販売していたソフトバンクでは「セキュリティの向上」および「動作安定性の向上」、Pixel 5を販売していたKDDIでは「UIの改善」と案内しており、更新にかかる時間はソフトバンクでは最大20分程度、auでは約25分とし、auでは更新ファイルサイズが約10MBだとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。