S-MAX

Google

Google、スマホなど向け次期OS「Android 12」のベータ版第2弾を公開!Pixel 3以降などで利用可能。プライバシー ダッシュボードなどが追加


GoogleがAndroid 12 Beta 2をリリース!正式版はQ3後半に

Googleは9日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 12」における一般向けベータ版第2弾「Android 12 Beta 2」を公開したとお知らせしています。すでに同社のスマートフォン(スマホ)「Pixel」シリーズにおける「Pixel 3」シリーズ以降で利用可能です。

対象のPixel製品では一般向けベータ版「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )にアクセスし、対象製品をAndroid Beta Programに登録すれば、通常のソフトウェア更新と同様にネットワーク経由でアップデート(OTA)ができます。なお、Pixelシリーズ以外の他のメーカーの製品についても順次配信されるようになる見込み。

Android 11 Beta 2はPixel製品ではビルド番号が「SPB2.210513.007」となっており、Pixel製品以外でもAndroidエミュレーターでも試せます。またAndroidセキュリティーパッチレベルは「2021年6月5日」になり、Google Play servicesも「21.18.16」となっているほか、APIレベルは新たに「S Beta 2」となっています。

なお、Android 12 Beta 2ではプライバシー ダッシュボードなどの新機能が追加されたほか、正式リリースに向けた改善作業が継続されており、動作の安定性が増し、各種不具合も修正されています。同社ではアプリなどの開発者に向けて最終的にAndroid 12に対応したアップデートに着手し、正式版のリリースに間に合うように対応するよう促しています。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期OS「Android 12」のベータ版を公開!Pixel 3以降やZenFone 8などで利用可能。新デザイン「Material You」に


GoogleがAndroid 12 Beta 1をリリース!Pixel 3以降で利用可能に

Googleは18日(現地時間)、オンラインにて2020年5月18日(火)から20日(木)までの3日間に渡って開催される開発者向けイベント「Google I/O 2021」( https://events.google.com/io/ )の基調講演を行い、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 12」について新たに大幅にデザインを変更して新たに好みの色などにできる「Material You」を導入すると発表しています。

また同日より一般向けベータ版「Android 12 Beta 1」を公開したとお知らせし、すでに同社のスマートフォン(スマホ)「Pixel」における「Pixel 3」シリーズ以降にて一般向けベータ版「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )からネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)で導入できます。

Android 12 Beta 1はPixel製品ではビルド番号が「SPB1.210331.013」となっており、Pixel製品以外でもAndroidエミュレーターでも試せます。またAndroidセキュリティーパッチレベルは「May 2021」になり、Google Play servicesも「21.12.13」となっているほか、APIレベルも正式版の「S Beta 1」となりました。

なお、Pixelシリーズ以外の他のメーカーの製品についても今後数週間のうちに利用できるようになるとしており、対応予定のメーカーとしてASUSやOnePlus、OPPO、realme、SHARP、TECMO、TCL、vivo、Xiaomi、ZTEが挙げられていました。その他、基調講演の他に「What's new in Android」もすでに公開されています。

続きを読む

GoogleとSamsungがスマートウォッチ向け「Wear OS」と「Tizen OS」を統合!Google Playでアプリ追加できて電池持ちが良くなる


ウェアラブル向けプラットフォーム「Wear OS」と「Tizen OS」が統合!他のメーカーも搭載可能

Googleは18日(現地時間)、オンラインにて2020年5月18日(火)から20日(木)までの3日間に渡って開催される開発者向けイベント「Google I/O 2021」( https://events.google.com/io/ )の基調講演を行い、Samsung Electronics(以下、Samsung)と提携して両社が採用するスマートウォッチ向けプラットフォーム「Wear OS by Google」と「Tizen OS」と今年後半に統合すると発表しています。

統合後の新しいWear OSはアプリの起動が速く、電池持ちが良くなるほか、Google マップやYouTube Music、Google アシスタントなどをはじめ、Google Playにてさまざまなアプリを追加でき、GoogleやSamsung以外の他のメーカーも採用できるオープンプラットフォームとして公開され、Google傘下となったFitbitからも新しいWear OSを搭載したスマートウォッチが登場する予定だとしています。なお、既存のWear OS搭載機種へのアップデートについては各メーカーごとに案内がある見込み。

続きを読む

ソフトバンクがGoogleスマホ「Pixel 4a」を値下げして3万6720円に!トクするサポート+利用なら実質1万8360円。MNPなら2万1600円OFF


SoftBankにてGoogleスマホ「Pixel 4a」が12,960円値下げして36,720円に!

ソフトバンクが携帯電話サービス「SoftBank」にて販売しているGoogle製スマートフォン(スマホ)「Pixel 4a(型番:G025M)」を値下げしています。公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などの直営店ではこれまで49,680円(金額はすべて税込)でしたが、12,960円値下げされて36,720円となっています。

また48回分割払いで購入することで24回分の残債を免除できる「トクするサポート+」の対象となっているため、特典を適用することで実質負担額が765円/月×24回(総額18,360円)となるほか、キャンペーン「【オンライン限定】web割」にてソフトバンクオンラインショップおよびソフトバンク電話店では他社から乗り換え(MNP)で21,600円割引となっています。

各社ともにMNP転出手数料が無料となっているのでMNPでの購入がオススメですが、Pixel 4aはSoftBank以外にはGoogleの公式Webショップ「Google ストア」にてSIMフリー製品が販売されていますが、こちらの価格は42,900円となっているため、SoftBankの方が安くなっており、直営店と同価格で単体販売してくれるところがある場合には単体購入でもGoogle ストアより安く手に入るケースがあるかもしれません。

続きを読む

Google、Soliによるジェスチャー操作対応のスマートディスプレイ「Nest Hub(第2世代)」を発表!日本では5月5日発売で、価格は1万1000円


ジェスチャー操作対応のスマートディスプレイ「Google Nest Hub(第2世代)」が登場!

Googleが快適な睡眠や目覚めをサポートする「Google アシスタント」を搭載したスマートディスプレイ「Google Nest Hub」シリーズの新製品「Google Nest Hub(第2世代)」を3月16日(現地時間)に発表し、同日より1次販売国・地域であるアメリカやカナダ、イギリス、ドイツ、フランス、オーストラリアにて販売開始しています。価格はアメリカでは99.99ドル(約11,000円)。

またグーグル(以下、Google Japan)は22日、日本にてGoogle Nest Hub(第2世代)を5月5日(水)に発売するとお知らせしています。価格はオープンながら希望小売価格および公式Webストア「Google ストア」では11,000円(税込)で、販路は他にイオンやエディオン、ケーズデンキ、上新電機、ノジマ、PCデポ、ビックカメラ、ベイシア、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、楽天ブックス、コストコとなっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。